唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

标准日本语初级笔记

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

日语语法活用形活用形式主要用法

连用形ず以「ず」或「ずに」形式作连用修饰语
终止形终止句子;后续某些助词、助动词
连体形ぬ•ん后续体言,作定语;后续某些助词
假定形ね后续「ば」,构成假定条件

例:ご飯も食べずに寝た。/ 饭也不吃就睡了。
由美子(ゆみこ)さんは知らん顏をしています。/ 由美子佯装不知。
学生ならよく勉強せねばならん。/ 如果是学生的话,就必须好好学习。
3样态助动词「そうだ」
「そうだ」可用于表示事物的状态,通常译作“似乎…”、“像…(样子)”;接在动词之后时常有“几乎(马上)就要…”之意。其接续方式如下。

动词连用形|->そうだ(そうに•そうな•そうで)
形容词•形容动词词干|

(特例:よい•ない→よさ•なさ + そうだ)

例:よさそうな本を買いました。/ 我买了一本(似乎)挺好的书。
山田さんは,元気そうですね。/ 山田先生(看上去似乎)挺精神的。
雨が降りそうになりました。/ 变天了,马上就要下雨了。

样态助动词「そうだ」的否定式比较特别,常用形式有「…そうもない」、「…そうにない」、「…そうにもない」,意为“一点没有…样子”、“根本不像…样子”。当「そうだ」接在形容词、形容动词之后时,有时亦可用「…そうではない」表示否定。

例:雨が降りそうもありません。/ 一点没有要下雨的样子。
李さんは行きそうにありません。/ 小李根本不像要去的样子。
この辺りは静かそうではありません。/ 这一带似乎不安静。
3补格助词「まで」
接体言后,表示终点,意为“到…(为止)”

例:夏休みは七月から八月までです。/ 暑假从七月到八月。
一人で北海道(ほっかいどう)まで行きました。/ 一个人一直到了北海道。
3副助词「だけ」
接体言后,意为“只,仅”

例:部屋に王さんだけいます。/ 房间里只有小王一人。
あさ,ペンだけ食べました。/ 早上只吃了面包。
3副助词「でも」
接体言后,表示让步条件,意为“即使…也…”

例:子どもでも知っています。/ 即使小孩子也知道。
今からでも遅(おそ)くはありません。/ 即使从现在开始也为时不晚。

此外,「でも」与疑问词呼应时,表示全面的肯定,意为“无论…都…”。

例:だれでも知っています。/ 无论谁都知道。
どこへでも行きます。/ 无论哪儿都去。
3接续助词「のに」
接用言连体形后,表示反常的逆接条件,意为“尽管…却(偏偏)…”。

例:病気なのに,薬を飲みません。/ 尽管有病,却不吃药。
寒いのに,薄着(うすき)をしています。/ 尽管很冷,却穿得很少。
3补助动词「(て)くる」、「(て)おる」
3…(て)くる
接动词连用形(五段动词音便形)之后,表示渐进的趋势,意为“…(起)来”。

例:だんだん暖かくなってきました。/ 天气渐渐暖和起来。
本田(ほんだ)さんは毎日六時に帰ってくるそうです。/ 听说本田每天六点回家。
3…(て)おる
接动词连用形(五段动词音便形)之后,表示含自谦内涵的正在进行时态,意为“正在…”。

例:父は外出(がいしゅつ)しております。/ 家父现在外出了。
先生の本をいま読んでおります。/ 我正在拜读先生的大作。
3愿望助动词「たい」
「たい」接在动词连用形后,表示第一人称的愿望。

例:行く→いき•たい/ 想去
飲む→のみ•たい/ 想喝
見る→み•たい/ 想看

动词后续「たい」后,所带宾格助词「を」原则上应改用主格助动词「が」,但口语中亦有不变的。

例:お酒を飲みます。 / 喝酒。
→お酒が飲みたいです。/ (我)想喝酒。
映画を見ます。 / 看电影。
→映画がみたいです。/ (我)想看电影。

「たい」自身可以变化,其活用变化与形容词相同。

例:食べたくありません。/(我)不想吃。
行きたかったです。/(我)以前想去。
李さんも買いたいでしょう。/小李你也想买吧?

如上述最后一例所示,当「たい」之后附上了其他助词(如疑问助词「か」)或助动词(如表示推测的判断助动词「でしょう」)等时,可以表示其他人称的愿望。
4助词「を」
「を」通常作宾格助词,表示他动词的宾语。除此以外,「を」还有一个类似补格助词的特殊用法,即用来表示含有“走”内涵的自动词的移动场所。此时,「を」常可译为“在”或“从”。

例:わたしは朝六時に家を出て会社へ行きます。/ 我早上六点从家里出来,去公司上班。
大学を出て会社に入リました。/ 从大学毕业后进了公司。
飛行机(ひこうき)が空(そら)を飛(と)んでいます。/ 飞机在空中飞。
砂浜を走っています。/(我们)在沙滩上奔跑。
4副助词「くらい•ぐらい」
接于数量词后,表示概数,意为“大约…”、“…左右”。

例:部屋には五人ぐらいいます。/ 房间里有五个人左右。
毎日八時間ぐらい仕事をします。/ 每天工作八小时左右。
4复合助词「までに」
「までに」是由助词「まで」与「に」复合而成,表示限定,意为“在…之前”。

例:論文(ろんぶん)は十日(とうか)までに出さなければなりません。/ 论文必须在十日前交出。
君が帰るまでにぼくは帰ってきます。/ 在你回来之前,我会回来的。
4补格助词「で」
「で」接体言之后可表示原因,意为“因…”。

例:風邪で学校(がっこう)を休んでいます。/ 因感冒没上学。
病気で入院(にゅういん)しています。/ 因病住院。
4补格助词「と」
「と」接在有序排列的数量词及某些名词群后,表示某种有序的状态。

例:二回(にかい),三回(さんかい)と,回を重(かさ)ねています。/ 两次、三次,反复做。
北海道(ほっかいどう),本州(ほんしゅう),四国(しこく),九州(きゅうしゅう)と,北(きた)から南(みなみ)へ行く。/ 北海道、本州、四国、九州,一直从北走到南。
4终助词「な」
「な」接在句末,表示感叹。口语中常见「なあ」形式。

例:行きたいなあ。/ 真想去呀!
雨が降るかな。/ 会下雨吧?
4补助动词「(て)ある」
接他动词连用形(五段动词音便形)后,表示他动词的存续态,意为“…着”、“…有”。此时句中宾格助词「を」应改为主格助词「が」。

例:机(つくえ)の上に本がたくさん置(お)いてあります。/ 桌上放着许多书。
電気(でんき)がつけてあります。/ 灯开着。
4表示时间点概数的「ころ•ごろ」
「ころ」接于(时间点)名词加「の」之后,「ごろ」直接接在(时间点)名词之后,表示大概的时间点。意为“在…(点)左右”。

例:会社は九時(くじ)ごろ始(はじ)まります。/ 公司九点左右开始上班。
子供のころ,よく映画を見みたものです。/ 小时候经常看电影。
4补助动词「(て)おく 」
「ておく」接动词连用形(五段动词音便形)后,表示事先准备,意为“事先…”。

例:友だちが来るから,部屋をきれいに掃除(そうじ)しておきました。/ 因为朋友要来,所以事先把房间打扫干净了。
試驗があるから,復習(ふくしゅう)しておいてください。/ 要考试了,请(预先)复习。

当「ておく」与「まま」或「収める,しまう,おく」等表示“原样不动”或“收藏、收拾、放置”之意的词呼应使用时,便带有“置之不理、束之高阁”的内涵。

例:机の上のものはそのままにしておいてください。/ 桌上的东西请保持原状(不要动)。
大事(だいじ)なものですから,しまっておきましょう。/ 这是很重要的东西,把它收好吧(好好保存)。
4补格助词「に」
「に」接在某些体言之后,可以表示目的,意为“为了…”。

例:お祝いに,お花をあげるつもりです。/ 为了表示祝贺,打算送上鲜花。
お礼(れい)に,礼状(れいじょう)を出しました。/ 为了表示感谢,寄出了感谢信。
5样态助动词「ようだ」
「ようだ」可以接在用言连体形后,也可以接在「体言 + の」之后,意为“好像…(一样)”。

「ようだ」的活用变化与形容词相同,常用形式有:终止形(原形)、连体形(ような)、连用形(ように)、中顿形(ようで)等。

例:李さんは疲れたようですね。/ 小李好像累了。
この川(かわ)は深(ふか)いようで,危(あぶ)ない。/ 这条河好像很深,危险。
田中さんは元気なようですね。/ 田中先生好像身体不错。
わたしの言うようにしてください。/ 请像我说的那样做。
王さんのようなテレビがほしい。/ 我想要一台像王先生那样的电视机。
5副助词「ほど」
接体言后,表示大致的程度,意为“相当于…程度”、“大约…(左右)”。

例:あれは十日(とうか)ほど前のことでした。/ 那是大约十天前的事了。
目は口ほどに物を言う。/ 眼像嘴一样会说话(会传神)。
5副助词「さえ」
接体言后,表示程度之甚,意为“(甚至)连…都…”。

例:病気で水さえ飲むことができない。/ 病的甚至连水也不能喝。
子どもさえ知っています。/ 连小孩子都知道。
5接续助词「ながら」
「ながら」有两种用法,一为顺接,一为逆接。表示顺接时,「ながら」接在动词连用形后,表示行为动作的同时进行,意为“一边…一边…”。

例:お茶を飲みながら,新聞を読んでいる。/ 边喝茶边看报。

表示逆接关系的「ながら」,可以后续揭示助词「も」,以加强转折语气,其接续范围亦较广。如下所示:

存在动词连用形(あり•い)|
动词 + ている的连用形(てい)|
判断助动词「である」的连用形(であり)|-> + ながら(も)
形容词原形
形容词词干•名词|
称谓•思维动词(言う•思う•考える•感じる)连用形|

表示逆接关系的「ながら」预感强烈,意为“尽管…却…”。

例:時間がありながら,勉強しません。/ 尽管有时间,却不学习。
知っていながら,知らないと言っている。/ 尽管知道,却说不知道。
病気でありながら,休みません。/ 尽管有病,却不休息。
このりんごは大きいながら,あまり甘みがない。/ 这种苹果尽管挺大,可却没什么甜味。
残念ながら,忙しくて行くことができません。/ (尽管)很遗憾,(可却)忙得没法脱身(不能去)。
「いけない」と思いながらも謝りませんでした。/ 尽管认为自己不对,却没有道歉。
5接续助词「ので」
接用言连体形后,表示客观自然的因果关系,意为“因为…所以…”。

例:病気なので,薬を飲んでいます。/ 因为生病,所以在服药。
寒いので,窓をしめました。/ 因为冷,所以关上了窗。
5并列助词「し」
接用言终止形后,表示并列关系,意为“既…又…”,常与提示助词「も」呼应使用。

例:この花はきれいだし,安いし,たくさん買いました。/ 这花又好看,又便宜,所以买了很多。
お茶もないし,ジュースもないし,水しかありません。/ 既没有茶,也没有汽水,只有水。
5接续助词「きり」
接体言或动词(动作动词一般用「~た」形)之后,表示限定,意为“仅…”、“只…”。

例:今の試驗に合格したのは四(よ)人(にん)きりです。/ 此次考试合格的仅为四人。
あの人とは三年前に会ったきりです。/ 和他仅在三年前见过一面。
あれは机一つあるきりの部屋です。/ 那是一个仅有一张桌子的房间。
5补格助词「へ」
「へ」接于体言后,表示方向性。

例:日本へ留学に行きます。/ 到日本去留学
これは母への手紙です。/ 这是写给妈妈的信。
敬语
敬语由尊敬语和自谦语构成。常用动词一般具有相应的专用敬语词汇,而绝大多数动词则采用构词形式构成敬语。
专用敬语词汇
专用尊敬语词汇及其用法
专用尊敬语词汇对照一览表

更多标准日本语初级笔记