唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

日本民间故事『猿(さる)の生(い)き肝(ぎも)』

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

日本民间故事『猿(さる)の生(い)き肝(ぎも)』

―鹿児島県―

むかし、竜宮浄土の乙姫さまが病気になられて、いっこうに治らないんだと。神様に見てもらったら、「猿の生き肝を食えばよくなる」と言われた。
「ほうせば、だれが猿を連れて来るがら」
「そら、亀がいい」
そういうことになっての、亀が猿を連れて来ることになったと。
亀が浜辺に泳ぎ着いてみれば、猿は浜の松の木に登っていたと。
「猿どん、猿どん、いつも木にばかりつかまっていねえで、たまには竜宮浄土へ行ってみたあねえか」
「行ってみたいども、おら泳ぐことがならん」
「ほうせば、おらが連れてってやるだ」
ほうして猿は、亀の背中に乗って、竜宮浄土へ行った。

竜宮浄土では、りっぱな部屋に案内され、いい着物(べべ)着せてもろて、たくさんのごっつおだったと。その上、魚の踊りまで見せてもろうた猿は、すっかり気持ちよくなっての、喜んで遊んでいた。
ところが、あんまり食べすぎて、便所へ行きたくなっての、門のところまで行ったらば、門番のクラゲが話しているんだと。
「猿のバカが、手前の生き肝を取られるのも知らんと、いい気持ちになって喜んでいらや」
これを聞いた猿は、赤い顔を青くして驚いた。
<おらの生き肝を取るだと、こらあ大事(おおごと)だと思って亀の処へ飛んで行った。
「亀どん、俺らは大変なことをした。ここ来る時に、大事な生き肝を木の上に干したまま来てしもた。ところが、どうも雨が降りそうだ。生き肝が腐るんでねえかと、俺ら、それが心配で」
「なに、生き肝を木の上に干して来たと。そりゃ大事だ。俺らの背中に乗せて連れてってやるから、木から取り込んで来いや」
「そうしてもらえればありがたい」
そう言って、猿は、また、亀の背中に乗って元の浜辺へ、生き肝を取り込みに戻ったと。
ほうして、猿はするするっと木に登ったまんま、下へおりてこないんだと。
「おおい、猿どん、はや、生き肝を取り込んで来いや」
「何言うているや、俺ら生き肝なんか、ここに干してねえ。生き肝ちゅうは、出したり入れたりしられるもんでねえよ。生き肝を取られれば死ぬに決まってら、そんげな所へ、おら、え-いがんど」
と、持っていた石を、どんどん亀にぶっつけた。
「なに、いて、いてて、誰がおめえの生き肝を取ると言うたや」
「クラゲがそう言うたや」
こうなると亀はどうすることも出来ない。独りで竜宮浄土へ帰って行った。
ほうして、クラゲは、猿に聞かせた罰で骨を抜かれて終ったと。
クラゲに骨が無くなったのは、これからだそうな。
そいぎぃの昔こっこ。

日本民间故事『小三郎池(こさぶろういけ)のはなし』

日本民间故事