唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

日语近义词总结もの和こと的区别

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

もの和こと的区别

(一)、二者的来源
「もの」汉字写作「物」,与之相对「こと」汉字写作「事」首先从这个写法上我们就不难看出二者的偏重有所不同。前者无疑是指“事件”“情况”……而后者则是指“事物(具体)”“东西”“道理”…… 例:
仆のいう事を闻いてくれ!(听我说!)
……という事だ(是……的一回事)
……というもの(叫做……的东西)
ものの知らないやつ(不明事理的家伙)
当然二者意义上重合的地方也有,后者作为“事件”使用的情况也有。在这个时候二者可以通用,只是在语感上尚稍有不同。
……を物としない
……を事としない
这两个惯用型的意思可以说非常相近,几乎可以替换。只是在语感上稍有区别罢了。在这个用法上「もの」的意思就是“事情”“事件”和前者是一样的。

(二)、在作为形式名词上的区别
1)、作为最基本的形式名词的用法二者的意思和作为普通名词的用法很接近。
例:言うことはやさしいが、行うことは难しい(说起来容易做起来难)
旅行のことはもう话すのをやめよう(关于旅行的事别说了)
物の分かった人(明事理的人)

2)、「するものだ」と「することだ」
前者表示的是“应该”“按照道理来讲理所当然”
后者表示的意思是“建议”“最好”
大人の言うことは闻くものだ(闻くべきだ)(大人的话应该听啊)
虹は太阳の反対侧に出るものだ(彩虹总是出现在太阳的对面)
健康をねらうなら、早起きすることだ(要想健康就得早起)
そんなこといわないことです(这个事还是别说的好)

3)、することが(も)ある・したことがある(ない)・することはない・ことができる・ことになっている・ことにしている
したい(形容词)ものだ・したものだ・するものがある・ものか(もんか)
朝は电车に乗れないことが(も)ある(有时候也坐不上车)(表示有时有某种情况)
日本へ行ったことがある(ない)(我(没)去过日本)(表示经历)
今更そんなことを言うことはない(到现在已经没有必要说这种话了)(没有必要)
日本语を话すことができる(我会说日语)(表示能力)
朝八时授业が始まることになってる((学校规定)早上8点开始上课)(事实规定)
これからネットをやらないことにしてる(我决定以后不上网了)(自己决定)
一度世界各国を旅行したいものだ(我太想去周游世界一次了)(表示强烈的希望
月日のたつのは早いものだ(时间流逝实在是快啊)(表示感慨)
この川で君とよく游んだものだ(记得以前和你经常在这个河边玩的)表示回忆
この本は読むものがある(这本书实在值得一读(有值得读的东西))
君にそんなこと分かるものか(もんか)?(这些事(是)你懂的(东西)吗?)(表示反驳的语气)

(三)、作为终助词的用法
二者均常为女性用语或是儿童用语
こと
きれいだこと(女性用语)感慨を表す
食事の前に手を洗うこと(命令、言いつけを表す)
もの
理由を话すとき使う、甘えのニュアンスが含まれる
どうして行かないんですか?
だっていやですもん。
补格助词当中,に和で的用法是最多的。这里专门介绍一下に的用法。在学习的初期,这些内容不一定都能明白,学习多少能理解多少就可以了。尤其是最后一部分内容,已经是属于中级知识范围了。

「に」和「で」的区别

日语近义词总结