唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

日本小故事『ホジャおじさんの金貨裁判』

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

日本小故事『ホジャおじさんの金貨裁判』

むかしむかし、トルコの国に、ナスレッディン・ホジャと言う、とても変わった人がいました。
そのホジャおじさんの隣に、お節介焼きで人の事にうるさく口出しをする、お金持ちの商人が住んでいました。
ホジャおじさんは、いつかその悪いくせを治してやろうと考えていました。

ある日の事、ホジャおじさんは、
「神さま、どうかこのホジャめに、金貨をお授け下さい。それも、きっかり百枚です。一枚でも足りなければいりません」
と、わざと大声でお祈りを始めました。
思った通り、隣の商人がこれを聞きつけました。
「よし、ホジャをからかってやろう」
商人は九十九枚の金貨を袋に入れて、ホジャおじさんの家の庭へ投げ込みました。
「おや?おおっ!これは金貨ではないか!ありがたい。神さまはさっそく、願いを聞き入れて下さった」
ホジャおじさんは、さっそく袋の金貨を数え始めました。
「・・・九十七、九十八、九十九、おや、一枚足りないぞ」
隣の商人はニヤニヤしながら、ホジャおじさんがどうするかのぞき込んでいます。
「うーむ、きっかり百枚はないけれど、そこは偉大な神さまの事だ。そのうち残りの一枚も下さるだろう」
ホジャおじさんは、そのまま金貨の袋を持って家へ入って行きました。
あわてたのは、商人です。
さっそく、ホジャおじさんの家へ駆け込みました。
「ホジャ、お前が今拾った金貨は、冗談のつもりで、わしが投げ込んだのだ。返してくれ」
「え?そんな金貨なんか、知りませんよ」
商人がいくら頼んでも、ホジャおじさんは返してくれません。
「ようし、それなら裁判所に訴え出て取り返すが、それでもいいのか!」
「いいですとも、どうぞお気の済む様に。でも、わたしは貧乏だから、裁判所に着て行く着物を持っていません。それに、あんな遠くまで歩いて行くのはごめんですね」
そこで商人は仕方なく、ホジャおじさんにきれいな着物とロバを貸してやりました。
さて、裁判が始まりました。
商人は、裁判官に頼みました。
「裁判官さま。どうか、わしの金貨を取り返して下さい」
すると裁判官は、ホジャおじさんに尋ねました。
「この商人の言う事に、間違いないのか?ホジャ、そちの言い分は?」
「はい、その男の言う事なんてでたらめですよ。
考えてもみて下さい。
今時、百枚近い金貨を、訳もなくくれる人がどこにいるものですか。
それにその男ときたら、今わたしが着ている着物も、自分の物だと言いはるような奴でして」
「何を言うか!その着物はわしの物じゃ!」
「ほらね。そのうちに、わたしが乗って来たロバも、自分の物だって言い出しますよ」
「何を言うか!あのロバはわしの物だ!」
このやりとりを見て、裁判官が言いました。
「なるほど、これはひどいうそつきだ。この商人の言う事は信用出来ない。よって金貨は、ホジャの物とする」
「そっ、そんなー」
商人は裁判に負けて、しょんぼり家へ帰って行きました。
次の日、ホジャおじさんは商人に、ロバも、着物も、金貨も、全部返してやりました。
その時から商人は、二度と人の事に余計な口出しはしなくなりました。

日本小故事『ホジャおじさんのぬれない秘密』

日本小故事