唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

日本小故事『桃源郷』

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

日本小故事『桃源郷』

むかしむかし、大きな川のそばに、小さな村がありました。
その村に、黄(おう)という漁師が住んでいました。
ある日の事、黄は、ふと思いました。

「この川の水は、どんな所から流れて来るのだろう?・・・よし、見に行こう」
黄は仕事をやめて、川上の方へ舟をこいで行きました。
どこまでもどこまでも、こいで行くと、川幅はだんだん狭くなっていきます。
川底もだんだん浅くなって、舟はとうとう進めなくなりました。
「仕方がない。ここから先は歩いていくか」
黄は木に舟をつなぐと、そのままどんどん歩いて行きました。
するとやがて、目の前に広い桃の木の林が広がりました。
花は満開で、桃の良い香りが一面に流れています。
「ほう。こんなところがあったのか」
黄がそのまま川縁を歩いて行くと、とうとう川の始まりのところに着きました。
その先は高い岩山で、岩の間から水がちょろちょろ流れています。
「ここが始まりの様だが、どうせなら岩山の向う側も見て見たいなあ」
さいわい小さな洞穴があったので、黄は体をかがめて奥へ奥へと入って行きました。
長い間進んだ黄は、やっと出た向う側を見てびっくり。
目の前には広い野原が広がっていて、畑も湖も森も、そして家もたくさんあります。
黄の姿を見つけた犬が、大きな声で吠えました。
その声で畑にいた人も家にいた人も、みんな黄の周りに集まりました。
そして一人の老人が、黄の前に進み出て言いました。
「わたしは、ここの村長です。
ここは桃源郷(とうげんきょう)と言って、普通の人の知らないところです。
よくここまで、来る事が出来ましたな。
さあ、お疲れでしょう。
わたしの家まで、おいでください」
黄は、村長のあとについて行きました。
村長は、色々なごちそうをしてくれました。
「ところで黄さん、この村の出来た訳を話しましょう。
むかし中国には、秦(しん)の始皇帝(しこうてい)と言う王さまがいた事は知っていますね。
わがままで、乱暴で、大勢の人を殺したひどい王さまだったそうです。
その時に殺されそうになった人たちが、こっそりここに逃げて来たのです。
そしてその人たちが、この村を作ったのです。
それが、わたしたちの先祖です。
ここには、けんかも争いもありません。
みんなが楽しく暮らしている、とても平和な村です。
ですから黄さん、あなたがここに来た事は、絶対に誰にも言わないでください。
約束してください。 お願いです」
「はい。絶対に、誰にも言いません」
黄は村長に、固い約束をして帰りました。

さて、自分の村に帰った黄ですが、あれ以来、あの美しい平和な村が忘れられません。
そこで友だちと酒を飲みながら、つい、しゃべってしまったのです。
するとその友だちが、また友だちにしゃべったのです。
こうして桃源郷のうわさは、役人にまで知られてしまいました。
「黄、お前は桃源郷という所に行ったそうだな。おれを、そこに案内しろ!」
仕方なく黄は、役人を舟に乗せて川をのぼって行きました。
そして、あの美しい桃の林も通りました。
ところがどうした事か、どこまで行っても、あの時の岩山も洞穴も見つからないのです。
「おかしいな。道に迷うはずはないのだが」
それからも黄と役人は何度か桃源郷を目指しましたが、桃源郷を見つける事は出来なかったそうです。

日本小故事『キツネとネコ』

日本小故事