唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

日本小故事『花とお日さま』

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

日本小故事『花とお日さま』

それは、寒い寒い冬の事です。
雪の混じった冷たい風が吹いていましたが、部屋の中は気持ち良く温まっていました。
ここは、地面の中の部屋です。
そこには、花が眠っていました。
ある日、雨が降りました。
雨のしずくは土の中まで染み込んで行き、花の根っこをゆすぶりました。

「起きなさい、起きなさいな」 「う、うーん・・・」 花の根っこは、なかなか目を覚まそうとしません。
そのうちに春が来て、温かいお日さまの光がさす様になりました。
お日さまの光は土の間をくぐって、花の根っこの所まで入っていきました。
そして花の根っこを、少しずつ、少しずつ、温めてやりました。
「ああ、体の中がムズムズする。
手足をウーンと、思いっ切り伸ばしたいなあ」 花の根っこは目を覚まして、そんな事を言いました。
また、雨が降りました。
雨は土の中に染み込むと、花の根っこをくるんでいる、薄い皮を濡らして柔らかくして言いました。
「出て来なさい。
早く、出て来なさい」 そこへまた、温かいお日さまの光が入って来て、ポカポカと温めました。
「ああ、もう、ジッとしてはいられないよう」 と、花の根っこは言いました。
間もなく根っこは、白いひげの様な根を出して来ました。
それから、薄緑の芽を伸ばして来ました。
芽はお日さま光をいっぱい浴びようと、お日さまの光が来る方へと伸びて行きました。
そしてとうとう、土の上に出て来ました。
「ああ、なんて明るいんだろう」 芽は、眩しくて困りました。
すると、お日さまは、 「やあ、やっと顔を見せてくれたね」 と、やさしく気持ちの良い光で、小さな芽を包みました。
今度は、そよそよと風が吹いて来て言いました。
「はじめまして、やっと、出て来たんだね」 そして今度は小鳥がやって来て、楽しそうに歌いました。
「芽が出たよ。
芽が出たよ。
可愛い芽が出たよ」 芽は、うれしくなりました。
「よーし、もっと大きくなって、みんなに喜んでもらおう」 芽は頑張って、毎日毎日大きくなりました。
もう、お日さまも眩しくはありません。
グングン、グングン伸びていきました。
「しっかり、しっかり」 「がんばれ、がんばれ」 「その調子だよ」 「もうすぐ、もうすぐ、もうすぐだー」 お日さまも、雨も、風も、小鳥も、みんな励ましてくれました。
そしてついに、芽は可愛いつぼみをつけて、きれいな花を咲かせたのです。
「やったー」 「おめでとう」 「すごく、きれいだよ」 「花が出たよ。
花が出たよ。
可愛い花が出たよ」 みんなに褒めてもらって、花はとても幸せでした。
ほら、あなたのお庭に咲いている花が、その花ですよ。

日本小故事『ミツバチマーヤの大ぼうけん』

日本小故事