唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

日本小故事『ネコの名前』

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

日本小故事『ネコの名前』

むかしむかし、ある人がネコを飼う事にしました。
そのネコは、とても美しくて賢いネコだったので、その人は『天(てん)』という名前をつけました。
けれども、ネコに『天』という名前は何だか変なので、その人の息子が、 「ネコに『天』という名前は、立派すぎて変ですよ。
違う名前にしたらどうですか?」 と、言いました。
でも父親は、 「いやいや、このネコは素晴らしいネコなんだ。
だから素晴らしい名前でいいんだよ」 と、言って、息子の話しを聞き入れようとしません。
そこで息子は、隣の家のおじいさんに相談しました。
「お父さんがネコに『天』という名前をつけたのですが、おかしいと思いませんか?」 おじいさんもネコの名前に『天』はおかしいと思い、ネコ好きの人の家へやってきて言いました。
「なぜ、ネコに『天』という名前をつけたのですか?もっとネコらしい名前にした方が、良いのではありませんか?」 するとネコ好きの人は、 「いやいや、うちのネコには『天』という名前がピッタリです。
なぜなら天は、この世の中で一番高い所にありますからね」 と、答えます。
そこでおじいさんは、負けずに言いました。
「だけど、雲はその天を見えないように隠す事が出来ますよ」 「・・・そうか、なるほど!では、ネコの名前は『雲』にかえましょう」 ネコ好きの人がそう言うと、おじいさんは言葉を続けました。
「でも、雲は風に吹き飛ばされてしまいますよ」 「それもそうだな。
では、『風』という名前にかえましょう」 「いや、風はいくら吹いても、壁に止められてしまいますよ」 「よし、それじゃ、『壁』という名前にかえましょう」 「でも、壁はネズミに穴を開けられてしまいますよ」 「じゃあ、『ネズミ』という名前にかえましょう」 「しかし、ネコに『ネズミ』という名前はおかしいでしょう。
それに、ネズミよりも強いのはネコですよ」 「ああ、なるほど。
ネコが一番強いというわけだ。
よし、うちのネコの名前は『ネコ』に決めよう」 「それがいい。
やっぱりネコには、『ネコ』という名前がピッタリですよ」 こうして、ネコの名前は『ネコ』に決まりました。

日本小故事『ワニの贈り物』

日本小故事