唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

日本小故事『ワニの贈り物』

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

日本小故事『ワニの贈り物』

むかしむかし、ある村に、とても優しくて子守り歌の上手なおばあさんが住んでいました。
ある日、おばあさんが川へ行くと、ワニが声をかけてきました。
「おばあさん、頼みがあるんだよ。泣いてばかりいるうちの子を、うまく寝かしつけてもらえないかね?」
「それなら、まかしといて!」
おばあさんはワニの背中に乗って、向こう岸ヘ渡りました。
なるほど、茂みの中では子ワニが、わんわんと泣いています。

おばあさんは、草をかき分けてかけ寄りました。
「よしよし、可愛い坊やね。安心おし。わたしが来たからもう大丈夫」 おばあさんは子ワニの頭をなでて、さっそく子守り歌を歌い始めました。
バユーバイバユバイ。
子ワニちゃん。
お眠りなさい。
可愛い子ワニちゃん。
おばあさんの歌を聞くと、子ワニはピタリと泣き止みました。
それから、 「フワーーッ。ムニャムニャ・・・」 と、大きなあくびをして、可愛い寝息(ねいき)をたて始めました。
でもおばあさんは、まだしばらく歌い続けました。
やがて子ワニが、本当にグッスリと眠ったのを確かめて立ち上がりました。
「さて、そろそろ帰るとしましょうか」 すると親ワニが、魚のいっぱい入ったカゴを持って来てくれました。
「ありがとう、おばあさん。お礼に、これを持って帰って」
「これは、ありがたいわ。わたしは魚が大好きなのよ」
おばあさんは大喜びで、またワニの背中に乗り、川を渡って帰りました。
おばあさんが家へ着くと、隣のおばあさんがやって来ました。
「おや、おいしそうな魚だねえ。いったいどこで手に入れたの?」
「川で、ワニにもらったのよ」
おばあさんは、これまでの事を全部話しました。
「へえー、それじゃあ、わたしも行ってみよう」
隣のおばあさんは川ヘ行くと、ワニに向かって言いました。
「さあ、お前の子を寝かせに来てやったよ」
「いえ、子どもはよく眠っているから、けっこうですよ」
「ふん!子どもなんて、じきに目を覚ますに決まってるよ。さあ、わたしを背中に乗せて連れてお行き!」
無理矢理向こう岸へ渡ったおばあさんは、子ワニを見て顔をしかめました。
「うへー!何てまあ、汚くて、臭いんだ!」
そして、寝ていた子ワニを足で蹴飛ばしました。
子ワニはビックリして、目を覚ますと泣き出しました。
「ほら、やっぱり泣いただろう」
隣のおばあさんは、横でハラハラしながら見ている親ワニに言いました。
「何をグズグズしているんだい!早く魚を捕っておいでよ。その間に、子どもを寝かしつけておくからさ」
そして、隣のおばあさんは歌い始めました。
バユーバイバユバイ。
さっさとお眠り汚い子。
早くお眠り臭い子よ。
子ワニは眠るどころか、ビービーと大泣きです。
親ワニは怒って、カゴを差し出しながら言いました。
「これをやるから、もう帰っておくれ!」
隣のおばあさんは、カゴを受け取るとニヤニヤ笑いながら、
「そうかい。それなら、また川を渡しておくれ」
と、言って、またワニの背中にまたがって帰って行きました。
家へ着くと、窓や戸を全部閉めました。
大事な土産物を、誰にも見られたくなかったからです。
そして、いよいよカゴを開いた途端、
「ギャーッ!」
おばあさんは、悲鳴を上げて気絶しました。
カゴの中に大きなヘビが入っていて、シュルシュルと、おばあさんの体に巻き付いたからです。

日本小故事『赤ずきんちゃん』

日本小故事