唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

日文童话故事『親指姫』

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

日文童话故事『親指姫』

むかしむかし、ひとりぼっちの女の人が、魔法使いにたのみました。
「わたしには子どもがいません。小さくてもかまわないので、かわいい女の子がほしいのです」
すると魔法使いは、種を一粒くれました。
女の人が種をまくと、たちまち芽が出て、つぼみが一つふくらみました。
「まあ、なんてきれいなんでしょう」
女の人が思わずキスをすると、つぼみが開きました。
そしてなんと、そのつぼみの中に、小さな女の子がすわっていたのです。
「はじめまして。あなたの名まえは、親指姫よ」
女の人は、親指姫をたいせつに育てました。

親指姫は、お皿の海で泳ぎます。
葉っぱの舟をこぎながら、きれいな声で歌いました。
夜になると、くるみのからのベッドで眠ります。
おふとんは、花びらでした。
さて、ある晩の事です。
ヒキガエルのお母さんが、寝ている親指姫を見つけました。
「息子のお嫁さんにちょうどいいわ。ゲロゲロ」 ヒキガエルのお母さんは親指姫を連れていくと、スイレンの葉っぱにのせました。
「さあ、起きるんだよ。今日からお前はわたしの息子のお嫁さんだよ。そしてこの沼がお前の家さ。息子をつれてくるから、ここにいるんだよ。ゲロゲロ」 ヒキガエルのお母さんは、そういってどこかへいってしまいました。
「ヒキガエルのお嫁さんになるのはいや。ドロの沼もきらいだわ」 親指姫は泣き出しました。
「かわいそうに。逃がしてやろうよ」 近くにいたさかなたちが、スイレンのくきをかみ切りました。
「ありがとう。さかなさん」 スイレンの葉っぱは、流れに流れていきます。
親指姫は、飛んでいたチョウチョウを葉っぱに結びつけました。
チョウチョウはヒラヒラ飛んで、葉っばはどんどん川を下っていきます。
「おや、珍しい虫がいるぞ」 コガネムシが親指姫をつかまえて、森の奥へ連れていきましたが、そのままどこかへ行ってしまいました。
森の奥で、親指姫はひとりぼっちで暮らしました。
花のミツを食ベて、草にたまったつゆを飲んで、葉っぱにくるまって眠ります。
やがて冬がきて、空から雪が降ってきました。
「ああ、なんて寒いのかしら」
ふるえながら歩いていた親指姫は、野ネズミの家を見つけました。
「おやおや、寒い中をかわいそうに。さあお入り。中はあったかいし、食ベ物もたくさんあるよ」 親指姫は、野ネズミといっしょに暮らすことになりました。
さて、野ネズミの家のさらに地面の奥には、お金持ちのモグラが住んでいました。
「なんてかわいい人だろう」 親指姫が気に入ったモグラは、毎日遊びにきます。
ある日のこと、親指姫は倒れているツバメを見つけました。
やさしい親指姫は、毎日ツバメの世話をしました。
「どうか元気になって、もう一度歌って、ツバメさん。わたしは、あなたの歌が大好きよ」 春になると、ツバメはすっかり元気になって、親指姫をさそいました。
「いっしょに、南の国へいきましょう。南の国は、とってもいいところですよ」 「ありがとう。でも、いけないわ」 「どうして?」 「だって、わたしがいなくなったら、お世話になった野ネズミのおばあさんがさびしがります」 「そうですか。では、さようなら」 ツバメは、親指姫に礼を言うと、南の国へ飛んでいきました。
夏がくると、野ネズミがいいました。
「よかったわね。お金持ちのモグラさんが、あなたをお嫁にほしいんですって。秋になったら、モグラさんと結婚するんですよ」 親指姫は、ビックリしました。
モグラと結婚したら、ずっと地面の底で暮らさなければなりません。
モグラは、お日さまも花も大きらいなのです。
夏の終りの日、親指姫は野原でいいました。
「さようなら、お日さま。さようなら、お花さんたち。わたしは地面の底にいって、もう二度とあなたたちに会えません」 親指姫はかなしくなって、泣き出しました。
そのとき、空の上から明るい声が聞こえました。
「おむかえに来ましたよ」 あのときのツバメが飛んできたのです。
「さあ、今度こそいっしょにいきましょう」 「ええ、いきましょう」 ツバメは親指姫を背中にのせて、飛んでいきました。
南へ南へ何日も飛んで、着いたのは花の国です。
ツバメは花の上に親指姫をおろしました。
「ようこそ、かわいい人」 声にふりかえると、親指姫と同じくらいの男の子が立っていました。
花の国の王子さまです。
「さあ、これをどうぞ」 王子さまは、親指姫の背中に羽をつけてくれました。
それから親指姫は、花の国の王子と結婚しました。
二人は花から花へと飛びまわりながら、しあわせに暮らしました。

日文童话故事『人魚姫』

日文童话故事