唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

日文童话故事『世界一美しいバラの花』

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

日文童话故事『世界一美しいバラの花』

むかしむかし、えらい女王さまがいました。
そのお庭には一年じゅう、その時々の一番美しい花や、世界じゅうの国々から持ってきた花が咲いていました。
けれども、女王さまのとくにお気に入りの花はバラの花です。
ですから、バラの花ならば、リンゴのにおいのする緑色の野バラから、プロヴァンスの一番美しいバラの花まで、ありとあらゆる種類のバラの花を持っていました。

それらのバラは、お城の壁をはいあがり、柱やまどわくにからみつき、廊下から天井伝いに広間という広間の中までのびて行きました。
そして、どの花も、においや形や色がそれぞれちがっていました。
ある日、女王さまが重いご病気になってしまいました。
お医者たちも、もうお亡くなりになるのを待つほかはないと言いました。
「しかし、女王さまをお助けする道がひとつございます」 お医者たちのうちで、一番えらい人が言いました。
「それは、女王さまに世界一の美しいバラの花を差しあげることです。それは、この上もなく気高く、この上もなく清らかな愛をあらわしたものでなければなりません。女王さまのお目の光が消えないうちに、そのようなバラの花をご覧に入れることができれば、女王さまはお亡くなりにはなりません」
さあ、これを聞いて、みんなは自分たちの庭に咲いている一番美しいバラの花を持ってきました。
けれども、どの花も捜し求めているのとはちがいました。
それは、愛の花園からつみとってきた花でなければなりません。
でも、愛の花園のうちのどの花がいったい、この上もなく気高く、この上もなく清らかな愛の象徴でしょうか?
歌びとたちは、世界一の美しいバラの花をうたって、めいめい自分の花こそそれだと言いました。
ですが、
「まだだれも、求める花を名ざしてきた者はない!」 と、医者は言いました。
「だれひとり、その花の美しく咲き出る場所を示した者はない。それは、ロメオとジュリエットのひつぎに咲くバラの花でもなければ、また、ヴァルボルの墓に咲き出た花でもない。たとえ、これらのバラの花は、永久に伝説や詩歌のうちにかおってはいるが。また、ウィンケルリートの血のしたたる槍の先から、祖国のために死んだこの英雄の胸から、神々しくも涌く彼の血のなかから、咲き出たバラの花でもない。たとえ、いかなる死もあれ以上に楽しい死はなく、どのようなバラの花も、あの時流された血よりも赤くはないけれど。また、それは、人が日を重ね年を重ねて、長いいく夜を眠らずに、ひとり部屋のなかで若い命を捧げつくして育てる、あの不思議な花。学問という魔法のバラでもない」
「私はその花の咲いているところを存じております!」
と、乳飲み子をだいた幸福そうな母親が、女王さまの床のそばにきて言いました。
「私は、世界一の美しいバラの花のありかを存じております!この上もなく気高く、この上もなく清らかな愛の象徴であるバラの花、それは私のかわいい坊やのつやつやしたほおに咲き出るのでございます。この子が眠りからさめて、きげんよく目をパッチリと開いて、愛そのもののように私に笑いかけます時、その花は開くのでございます」
「なるほど、そのバラの花は美しい。だが、もっと美しい花があるはずじゃ」
と、医者は言いました。
「はい、もっとずっと美しいのがございます」
と、侍女の一人が言いました。
「私はそれを見たことがございます。それよりも気高い神々しいバラの花はどこにも咲いておりません。けれども、それはコウシンバラのように青白うございました。女王さまのほおの上に、私はそれを見たのでございます。いつぞや、女王さまは王冠(おうかん)をおぬぎになり、ご病気のお子さまをお抱きになって、長い悲しみの一夜をまんじりともなさらずに涙をお流しになっては、お子さまにキスをなさっていらっしゃいました。そして、世の母親が悲しみのおりにいたしますように、神さまにお祈りなさいました」
「悲しみの白いバラの花には、たしかに神々しくも不思議な力がこもっている。だが、今求めている花はそれではない」
「おお、それそれ!わしは、世界一の美しいバラの花を、主の聖壇の前で見ましたぞ」
と、年とった信心深い司教が言いました。
「わしは、それが天使(てんし)の顔のようにかがやくのを見ました。若い娘たちが主の聖餐台の前に進み出て、洗礼の聖約を新たにいたしました。その時、娘たちのみずみずしいほおにバラの花が赤らみ、また、青ざめました。さて、そのなかにひとりの娘がおりましたが、この娘は、純潔と愛とに満ちた魂をいだいて神を仰いでおりました。これこそ、この上もなく清らかな、この上もなく気高い愛の象徴でありましたぞ」
「神の恵み、その娘の上にあれ!」
と、賢者は言いました。
「だが、あなたがたのうち、まだだれも世界一の美しいバラの花を名ざしたものはありません」
その時、一人の子供が部屋のなかにはいってきました。
それは女王さまの小さな王子でした。
見れば、涙が目にあふれほおに流れていました。
王子は大きな本をひろげて持っていました。
ビロードの表紙には大きな銀の金具がついていました。
「お母さま!」
と、小さい王子は言いました。
「ねえ、ぼくが今読んだ言葉を聞いてちょうだい!」
こう言って王子はベッドのそばに腰をおろして、主の書。世の人びとを、いえ、まだ生まれてこない後の世の人びとをも、救うためにすすんで十字架におかかりになった主の書のなかの一節を読みました。
「これよりも大きな愛はない!」
その時、女王さまのほおの上にバラ色の光がさしてきました。
そして、目が大きく、そして、明るく開かれました。
なぜなら、女王さまはその本のぺージのなかから、世界一の美しいバラの花が浮かびあがってくるのをご覧になったからでした。
それは、十字架の上に流されたキリストの血のなかから咲き出た、あのバラの花のすがたでした。
「私にはバラの花が見えます!」
と、女王さまは言いました。
「この世で一番美しいバラの花を見たものは、けっして死ぬことはありません」

日文童话故事『月の見ていた話二十六夜』

日文童话故事