唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

日文童话故事『月の見ていた話二十六夜』

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

日文童话故事『月の見ていた話二十六夜』

こんばんわ。
わたしは、高い空の上にいる月です。
タ方から朝になるまで、いろんな国のいろんなところをながめます。
では、ゆうべ見たことを、話してあげましょう。
夜明けのことです。

大きな町のどの煙突(えんとつ)も、まだ煙(けむり)をはいていません。
だってまだ、みんな眠っている時間ですもの。
でも、わたしはただ一つ、おきている煙突を見つけました。
ただし煙突から出てきたのは煙ではなく、とびきり元気のいい男の子の口笛(くちぶえ)でした。
煙突からピョコンと男の子が顔を出したとき、わたしは思わずふき出してしまいましたよ。
だって、おでこと鼻の頭と右のほっぺが、すすでまっ黒なんですもの。
でも、そんなことは気にしない様子で、男の子は煙突のふちに両手をかけると、いきなり大きな声でさけびました。
「ばんざいー!」
この子は、煙突掃除屋(えんとつそうじや)さんだったのです。
男の子は生まれて初めて、煙突の中をてっぺんまでのぼってきたのです。
そのときちょうど、太陽が東の空に姿を現わしました。
男の子は、明るくなった町を見わたして言いました。
「町がおいらを見てる!」
そして、わたしを見あげて言いました。
「お月さんも、おいらを見てる!」
それから、
「お日さまも、おいらを見てる!バンザーイ!」
ほうきをクルクルふりまわしながら、とってもうれしそうでしたよ。

日文童话故事『ソバとゆうだち』

日文童话故事