唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

日文童话故事『花とお日さま』

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

日文童话故事『花とお日さま』

それは、さむいさむい冬のことでした。
雪のまじった、つめたい風がふいていました。
けれども、部屋の中は気持ちよくあたたまっていました。
ここは、地面の中の部屋です。
そこには、花がねむっていました。

おイモのようなねっこの中に、スヤスヤとねむっているのでした
ある日、雨がふりました。
雨のしずくは、土の中までしみこんでいき、花のねっこをゆすぶりました。
「おきなさいな、おきなさいな」
「う、うーん???」
花のねっこは、なかなかめをさまそうとしません。
そのうちに春がきて、あたたかいお日さまの光がさすようになりました。
お日さまの光は、土のあいだをくぐって、花のねっこのところまでもはいっていきました。
そして、花のねっこを、すこしずつ、あたためてやりました。
「ああ、体の中が、ムズムズするわ。手足をウーンと、思いっきりのばしたいわ」 ねっこは目をさまして、そんなことをいいました。
また、雨がふりました。
雨は土の中にしみこみました。
花のねっこをくるんでいる、うすいかわをぬらしてやわらかくしました。
そこへまた、あたたかいお日さまの光がはいってきて、ポカポカとあたためました。
「ああ、もうジッとしてはいられないわ」
と、花のねっこはいいました。
まもなくねっこは、白いひげのようなねをだしてきました。
それから、うすみどりの芽(め)をのばしてきました。
芽はお日さま光をいっぱいあびようと、お日さまの光がくるほうへとのびていきました。
そしてとうとう、土の上にでてきました。
「まあ、なんてあかるいんでしょう」
芽は、まぶしくてこまりました。
するとお日さまは、
「いい子、いい子」
と、やさしくきもちのいい光で、小さい芽をつつみました。
そよそよと、風がふいていきます。
「あっ、芽だよ。芽がでたよ」
どこかで小鳥が、たのしそうにうたいました。
芽はうれしくなりました。
芽は、一日ごとに青色をこくしました。
もう、お日さまもまぶしくありません。
グングン、グングンのびていきました。
「しっかり、しっかり」
と、お日さまがはげましました。
花はまもなくかわいいつぼみをつけ、きれいな花をさかせました。

日文童话故事『赤い靴』

日文童话故事