唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

日文童话故事『みにくいアヒルの子』

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

日文童话故事『みにくいアヒルの子』

むかしむかし、あるところに、おほりにかこまれた古いお屋敷がありました。
そのおほりの茂みの中で、一羽のアヒルのお母さんが巣(す)の中のタマゴをあたためていました。
やがてタマゴが一つずつ割れると、中からは黄色い色をしたかわいいひなたちが顔を出します。
ですが、巣の中でいちばん大きなタマゴだけが、なかなか生まれてきません。

しばらくたって、やっとタマゴを割って出てきたのは、たいそうからだの大きい、みにくいひなでした。
みにくいアヒルの子はどこへいってもいじめられ、つつかれて、かげ口をたたかれます。
はじめのうちは、みにくいアヒルの子をかばっていたお母さんも、しまいには、
「ほんとうにみにくい子。いっそ、どこか遠い所へいってくれたらねえ」
と、ため息をつくようになりました。
それを聞いたみにくいアヒルの子は、いたたまれなくなって、みんなの前から逃げ出してしまいました。
あてもない飛び出しましたが、どこにいってもきらわれます。
アヒルの子は人目につかない場所を選んで眠り、起きればまた逃げ続けました。
季節はいつのまにか秋になりました。
そんなある日、みにくいアヒルの子は、これまで見たこともないような美しいものを目にしました。
それは白鳥(はくちょう)のむれでした。
長くしなやかな首をのばし、まぶしいばかりの白いつばさをはばたいて、白鳥たちはあたたかい国へと飛んでいくところでした。
アヒルの子はあっけにとられて、その美しい烏たちが、空のかなたへ去っていくのを見送っていました。
「あんな鳥になれたら、どんなにかしあわせだろう。いや、アヒルの仲間にさえ入れないくせに、そんなことを考えてどうするんだ」 冬がきて、沼には氷が張りはじめました。
アヒルの子は、アシのしげみにじっとうずくまって、きびしい寒さをたえしのびました。
そのうちに、お日さまはしだいにあたたかさをまし、ヒバリが美しい声で歌いはじめます。
ついに春がきたのです。
アヒルの子はからだがうきうきしはじめると、つばさをはばたいてみました。
すると、からだが浮くではありませんか。
「ああ、とんだ、ぼくは飛べるようになったんだ」 アヒルは夢中ではばたくと、やがておほりにまいおりました。
そのとき、おほりにいた白鳥たちが、いっせいに近づいてきたのです。
「ああ、みにくいぼくを殺しにきたんだ。ぼくは殺されるんだ。???でも、かまわない。 みんなからひどい目にあうより、あの美しい鳥に殺された方が、いくらましだかしれない。さあ、ぼくを殺して!」 アヒルの子は、殺されるかくごをきめました。
しかし、そうではありません。
白鳥たちはアヒルの子の回りに集まると、やさしく、くちばしでなでてくれたのです。
そして白鳥の1羽がいいました。
「はじめまして、かわいい新人さん」 「えっ?新人さん?かわいい?ぼくが?」
ビックリしたアヒルの子は、ふと水の上に目を落とすと、そこにうつっていたのは、もう、みにくいアヒルの子ではありません。
まっ白に光りかがやく、あの、白鳥だったのです。
冬のあいだに羽がぬけかわって、美しい白鳥に姿をかえていたのでした。
「あたらしい白鳥が、いちばんきれいだね」
みんなの声が、聞こえてきました。

日文童话故事『五粒のエンドウ豆』

日文童话故事