唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

日文童话故事『五粒のエンドウ豆』

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

日文童话故事『五粒のエンドウ豆』

エンドウ豆のさやの中に、五粒の豆が並んでいました。
さやも緑色、五粒の豆も緑色、それで五粒のエンドウ豆は、
「きっと世界中が、みんな緑色をしているんだ」
と、思っていました。

やがて、エンドウ豆のさやは黄色になりました。
五粒の豆も、そろって黄色になりました。
そこで、みんなはいいました。
「世界中が、黄色くなった」 それからみんなで、こんなお話を始めました。
「もうすぐ、さやがはじけるよ。そうしたら、ぼくたちは外へ飛び出すんだ」 「外に出たら、どうするの?」
「だれかが、きっと待っているんだ」
すると、そのときです。
突然、みんなの入っているさやを引っぱった者がありました。
小さな男の子の手のひらです。
「あ、さやがはじける」 五粒のエンドウ豆がさけびました。
パチン!コロコロコロ。
五粒のエンドウ豆は、そろって外にころがり出ました。
「うわっ、まぶしい!」
五粒のエンドウ豆は、はじめて見た空と、お日さまの光にビックリです。
ところが、ビックリしたのはそれだけではありません。
男の子はポケットから豆鉄砲を取り出すと、一番めのエンドウ豆を豆鉄砲につめこみました。
そして、
ズドン!
一番めのエンドウ豆はさけびました。
「ぼくはいくよ。もっと広い世界に」 二番めのエンドウ豆も、豆鉄砲につめこまれました。
ズドン!
「ぼくはいくよ。お日さまのところへ」
三番めと四番めのエンドウ豆は、コロコロと逃げ出しました。
「ぼくたちは、ころがっていくんだ。まだ眠いから」
でも、ズドン!ズドン!
やっぱり、豆鉄砲に入れられて撃たれてしまいました。
いよいよ、いちばんおしまいの五番めのエンドウ豆の番です。
「さようなら」
五番めのエンドウ豆は空を飛んでいきました。
そして、小さな屋根裏ベやのまどの下の、ほんの少し、やわらかな土のたまっている所に落ちたのです。
さて、その小さな屋根裏ベやには、貧しいお母さんと病気の女の子が住んでいました。
女の子はお母さんが仕事にいってしまうと、一日じゅう、ひとりでベッドに寝ているのです。
ある日のことです。
お母さんが仕事から帰ってくると、女の子がいいました。
「見て、まどの所に緑色の物が見えるのよ。あれは、なあに?」
お母さんはまどをあけてみました。
えんどうの葉っぱです。
土の上に落ちたエンドウ豆が、芽を出していたのです。
女の子も、お母さんも喜びました。
さびしがっていた女の子は、どんどんのびるエンドウ豆を見ていると、自分も元気になるような気がしました。
そして本当に、一日一日と病気がよくなってきたのです。
「あたし、もう病気がなおったわ。どうもありがとう。エンドウ豆の小さいお花さん」 五番めのエンドウ豆の花は、すっかり元気になった女の子を見て、うれしそうに風にゆれていました。
でも、ほかのエンドウ豆はどうなったでしょう?
一番めのエンドウ豆も、二番めのエンドウ豆も、三番めのエンドウ豆も、ハトに見つかって食べられてしまいました。
でも、ハトが喜んで食ベたので、エンドウ豆も喜んでいました。
ところが、四番めのエンドウ豆はドブに落ちて、こういっています。
「ぼくは、えらいんだ。ドブの水をたくさん飲んで、こんなに大きくふくれてるんだから」

日文童话故事『コマとマリ』

日文童话故事