唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

日文童话故事『コマとマリ』

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

日文童话故事『コマとマリ』

コマとマリが、おなじひきだしの中に、はいっていました。
「ねえ、ぼくたちこうして、おなじひきだしの中にいるのだから、なかよくしようじゃないか」
と、コマはいいました。
でも、おしゃれな服をきて、きどっているマリは、ツン!とよこをむいて、返事をしようともしません。
つぎの日、持ち主の坊ちゃんがきて、コマに赤と黄色で、きれいな色をぬりました。
「さあ、ぼくを見てください」 と、コマはいいました。

「これなら、あなたとお友だちになっても、はずかしくないでしょう」
「ふん!」
マリは鼻で笑うと、コマにいいました。
「あなたはなんとでも、ご自分のことをいいように思うがいいわ。わたしはツバメさんとお友だちになるつもりなんですからね。空をとぶツバメさんは、なんてすてきなんでしょう。土の上ばかりはっているあなたなんかと、あそんでいるひまがないのよ」
コマはもう、なにも言うことができませんでした。
ある日、コマは土の上でクルクルとまわりながら、小鳥のように空へとびあがっているマリを見ました。
マリはとくいそうに、何度も何度も空へとびあがっていました。
けれど、それが十ぺんめになると、それっきりかえってきませんでした。
「マリがない。マリがなくなったわ」 おじょうさんが、しきりにさがしましたが、どうしても見つかりません。
「マリはツバメについて、どこかへとんでいってしまったのだ」 コマは、そうおもいました。
それから、ちょうど一年がたちました。
お父さんに金色のこなをもらった坊ちゃんは、コマを金色にぬりました。
コマは、金色のコマになりました。
コマはうれしくて、ブンブンとうなりをたててとびまわっているうちに、ゴミためのなかへとびこみました。
「あっ!コマがどこかへいった」 坊ちゃんは、さんざんさがしましたが、ゴミためのコマを見つけることができませんでした。
「ああ、なさけないなあ。それに、ここはとってもくさい」 コマのまわりには、くさったやさいや、くだもののかわなどが、ゴミといっしょにすててありました。
そのなかに、ふるいリンゴのような、へんな丸いものがありました。
「あっ、マリさん!」
コマはおどろきました。
よく見ると、まえにおなじひきだしにいた、あのマリだったではありませんか。
水ぶくれになって、へこんでいて、すすけているすがたは、まるでもとのおもかげはありません。
「マリさん、いったい、どうしたのです?」
と、コマはききました。
マリははずかしそうに答えました。
「やねのといにひっかかって、一年たつうちに、こんなになってしまいました。これからは、なかよくしてくださいね」
けれど、そこへお手伝いさんがゴミをすてにきて、コマとマリを見つけました。
「あら、坊ちゃんの金のコマだわ」
と、いって、そこにころがっていたコマをひろいあげました。
「あの、わたしもいますよ。わたしもいますってば」
マリは、いっしょうけんめいさけびましたが、お手伝いさんは、くさったリンゴのようなマリには見むきもしないで、さっさといってしまいました。

日文童话故事『彗星』

日文童话故事