唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享不结婚10日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(春子)どうして あなたは ちゃんと 自分の道を 歩こうとしないの? (千春)お世話になりました (瑞希)帰りたくない ホントに 私と 一緒にいてくれますよね? (千春)駄目です 私なんか (高原)俺が 居場所になるよ (純平)あっ 河野 (瑞希)ハァー やだな 私 何 焦ってんだろう (瑞希)パリに行ったら ずっと 一緒にいられるのに (純平)うん あれ? (高原)おはよう あっ おはようございます (高原)どうしたの? アハッ ねっ 何か どうしたんでしょうね? きっと ほっとしたんだと 思います フフッ うん そうです (高原)大丈夫 ずっと 一緒にいるから 高原さん 結婚前提で 付き合えないかな? 俺たち 幸せにするから (春子)うわ ハァー (純平)ごめん 起こしちゃった? (瑞希)おはようございます (純平)朝ご飯 買ってくるよ コンビニで いいかな? (瑞希)はい すいません (純平)ちょっと待ってて (純平)じゃあ 行ってくるね (瑞希)はい 花? 奇麗 (落ちる音) (高原)はい ありがとうございます じゃあ 後で 会社で はい 会社で (紀子)千春? ああっ お… お母さん (紀子)どうしたの? (高原)おはようございます 朝早くから 申し訳ありません 千春さんと 同じ会社に 勤めております 高原と申します (紀子)あっ… どうも はあ 千春さんとは よい お付き合いを させていただいております えっ? 高原さん!? こんな形で ご挨拶することに なってしまい 申し訳ありません いずれ あらためまして ご挨拶に伺いますので あっ… どうも ご丁寧に (高原)では 失礼します じゃあ あっ はい どういうこと? あっ え… えーと (千夏)おめでとう お姉ちゃん そんな まだ 分かんないって (千夏)でも 結婚を前提に 付き合ってんでしょ? まあね (千夏)えー じゃあ やっぱ おめでとうじゃん ねえ? いや まあ うん… (千夏)ほら あっ それでね だからっていう わけじゃないんだけど 私 しばらく こっちに 戻ってきてもいいかな? (紀子)えっ? 戻る? 春子さんも また ガーデン デザインの仕事 始めるみたいで 忙しくなりそうだから (卓)そうだな やっぱり 千春にも この家から 嫁にいってもらいたいからな (千夏)ねえねえ 結婚式 私に 手伝わせて 恩返しさせてよ まだ 気が早いって (卓)照れてるよ (千夏)あっ ブーケ あの人に 作ってもらおうよ きっと すてきなの できるよね (陽一郎)うん 気が早いな (純平)ちょっと待ってて (瑞希)あっ はい 先輩 (純平)うん? これも 送っちゃいましょうか? (純平)えっ? 私の作品も 今日 送るんです よかったら 一緒に (純平)あっ うん じゃあ 包んじゃいますね (純平)ああ おはようございます (一同)おはようございます おはようございます おはよう うん? (真里子)あっ (森田)千春さん どうしたの? (真里子)あっ あのう 千春さん そのう 何て言ったらいいか (森田)昨日 みんなに 話があって 店長から (真里子)千春さんの 契約更新は しないって そっか 聞いたんだ (真里子)あのう 会社も 千春さんだったら 外に出しても 大丈夫だろうって あっ いや 違うな あっ そうだ 千春さんだったら 結婚退職っていう道も… いや 何 言ってんだ 私 やだな どうしたの? 真里子ちゃんらしくないよ (真里子)でも… 別に 真里子ちゃんのせいじゃ ないんだから ほら もうすぐ 開店の時間だよ 私 表 掃いてくるわ おはよう おはようございます あのさ あしたの夜って 時間あるかな? ああ あしたですか? はい 大丈夫です よかった じゃあ 空けておいて はい すいません (麻衣)あーあ ホントに もう行っちゃうんですね (春子)さみしくなるね (麻衣)うん あっ あした 送別会しませんか? 定休日だし (純平)いや そういうのは いいよ みんな 忙しいのに 悪いし (麻衣)そんなこと 言わないで やりましょうよ 私 あしたなら 夕方には 大学 終わりますから (春子)そうだね 工藤君の予定が合えば (純平)じゃあ ありがとうございます (麻衣)やった あっ また 店長の家がいいな (春子)ああ (麻衣)千春さんも 一緒に みんなで わいわい 楽しく やりましょうよ (春子)千春は… (麻衣)千春さん どうかしたんですか? あっ いや あのう ほら 旅行代理店って 年末が 繁忙期でしょう だから あのう うちに いないの (純平)いない? じゃあ どこに いるんですか? ご実家かな えっ? あっ それ 手伝おうか? すいません あれ? はさ… 2階だ ごめん 奇麗ですね シンビジウム 奇麗なのが入ってたから 仕入れてみたんだ シンビジウムの花言葉って 何ですか? ああ 素直な心 素直か 最近 友達に よく 素直になれって 言われるんです どうして? 好きな人に 素直に 気持ち 伝えたらって そっか じゃあ これ 僕からの餞別 頑張って ありがとうございます ハァー フゥー (従業員)田中さん お客さまです はい 麻衣ちゃん こんにちは バイト帰りに 寄ってみました そうなんだ どうしたの? あのう あしたの夜って 千春さん 忙しいですか? ああ ちょっと やっぱり 忙しいから 実家に 戻られてるんですもんね えっ? (麻衣)店長が そう言ってましたけど あっ うん そう そうなの (麻衣)あした 純平さんの 送別会 やるんです 店長の家で 夕方から 駄目もとで お誘いに来たんですけど 送別会? (麻衣)パリに行ったら 次 いつ みんなで会えるか 分からないし (麻衣)この前やった パーティー 楽しかったから うん そうだね さみしくなっちゃいますね 純平さん 行っちゃうと うん でもさ うれしいことだよね ホントは うれしい? うん 純平君も 一歩 踏み出したんだなって 一歩 遠く離れても どこかで 彼が 頑張ってる そう思うと 私も 頑張れる そんな気が するんだよね (麻衣)そうですね ああ やっぱり 千春さんに 送別会 来てほしかったな (高原)送別会 行っておいでよ こっちは ずらせばいいから いや でも… 友達の送別会なら 行った方がいいよ ねっ? (麻衣)はい ありがとうございます じゃあ できるだけ 行くようにするね 楽しみにしてます あっ お仕事中 すいませんでした (医師)自覚症状は 以前から あったんですね? ええ あのう 立ち仕事なので 貧血かと思ってまして (医師)かなり 大きくなっていますね 子宮筋腫 子宮筋腫 (医師)手術が必要かと思われます ああ… (医師)筋腫の大きさによっては 子宮を 全摘出する可能性も 否定できません (医師)桐島さん どうして こんな状態になるまで 我慢していたんですか? (医師)今後のこと 相談できる 家族や パートナーは いらっしゃいますか? (呼び出し音) [電話](アナウンス)「ただ今 電話に出ることが できません」 「ピーッという発信音の後に お名前と…」 (通話を切る音) ハァー パートナーか (麻衣)ああー (朋美)来たよ 麻衣 頑張って (山田)何? 麻衣ちゃん 話って (佐藤)何 何? (朋美)もう あんたは いいから (朋美)ほら 麻衣 頑張って (佐藤)ちょっと 何だよ? (朋美)いいから ちょっと 邪魔なの (山田)どうしたの? (麻衣)あのう 私 山田君のことが… 好きですあっ はい [電話](沢井)ご無沙汰しています 沢井です (沢井)驚きましたよ パリに 一緒に 行かれるそうですね ええ (沢井)てっきり 瑞希は 一人で行くものと 思っていたので 絵を もう一度 挑戦しようと思って (沢井)向こうに行って 成功できるとでも お思いですか? (沢井)とは もう 言いませんよ 実は あの女性に 言われましてね あの女性? あなたと 一緒に 夜中 絵を取りに来た 女性です あの後 謝りに来ましてね 騒いで すまなかったと そうだったんですか そのとき 言われました 人の可能性は 無限なのに 才能がないと 決め付けるのは おかしいと 絵を知らない人が 何を言うんだと 笑い飛ばしたら 食い下がられましてね 今は まだ 輝いてなくても 今日より あした あしたより 年後に 努力と 情熱で 才能が開く 可能性はあるときた ハハッ まあ 反論できませんでした パリに行かれる前に 一言 そのことを 伝えておこうと思いまして あなたは もう 立派な画家ですよ ちゃんと ファンが いるんですから (チャイム) 開いてるよ! お邪魔します どうぞ (麻衣)お邪魔します お花 持ってきました わぁ ありがとう 上がって 上がって では 工藤君の前途を祝して 乾杯 (麻衣)乾杯 ありがとうございます 分かってると思うけど 出来合いのもので ごめんね いえ そんな ありがとうございます おいしそう いただきます どうぞ いただきます あっ やっぱり 千春さん 来れないのかな 千春さん? 誘ったの? はい 駄目もとで そしたら 行くようにするって (純平・春子)ホント? あっ 何か うれしそうですね 2人とも あっ いや 別に 来れるといいな 千春さん (麻衣)遊びに行ったら 案内してくださいね うん もちろん あっ でも 純平さん 瑞希さんは 彼女じゃないって 言ってたじゃないですか ここだけの話なんですけど 私 実は 千春さんと お似合いだなって 思ってたんですよね えっ? ほら 前に ここに来たときに すごい 気が合ってたから ねっ? 店長 うん? あっ ねえ? いや そんなことないよ あっ 店長も パリに来てくださいよ 千春さんと一緒に 仲良し姉妹の旅 待ってますから ありがとう あっ (麻衣)あっ 純平さん 私が 洗いますから ゆっくりしててください いいよ 僕が やるから 置いといて 後で 私 洗う… どうしたんですか? あっ ごめん 何か ちょっと 酔っぱらっちゃったみたい ほら 私に任せてください ああ ありがとう じゃあ ちょっと 外の空気 吸ってくるね ハァー 大丈夫ですか? ああ ごめん 大丈夫 大丈夫 はい どうぞ ありがとう これも どうぞ すいません フフッ 千春さん やっぱり 来なかったですね さすがに 私に 会いたくなかったんだろうな えっ? 実はね 千春と やり合って それで 出ていったの でも 何で ケンカに? いつまでも ここにいたら あの子 自分の道 探せないでしょ なのに 情けないな 私も えっ? あの子がいる間は 煩わしくさえ 思うときもあったのに いなくなってみると さみしい? 不思議だよね いたら いたで いらいらすることも 多いのに だからじゃないですかね 誰かが いることを 知ってしまったからこそ さみしさも 知ってしまうんじゃないですか? そうかもね おせっかいで ずうずうしくて 一人が好きな 私の世界に ずかずか 入りこんできて 自分のこと 棚に上げて 人のことばっかり 心配して 何にでも 突っ込んでいって 揚げ句 傷ついて ホント めんどくさい子 でも どこまでも 素直 はい あの子のおかげで 私 ホントは ずいぶん 救われてたんだ 僕もです (麻衣)結局 千春さん 来ませんでしたね やっぱり 忙しかったんじゃないのかな そうですね 一歩 えっ? ああ 千春さんが 言ってたんです 純平さんは 一歩 踏み出そうとしてるんだって だから 遠く離れちゃっても どこかで 純平さんが 頑張ってるって思えば 千春さんも 頑張れるって 私も 一歩 踏み出しましたよ 純平さんのおかげで 僕のおかげ? 好きな人に 告白できたんです 教えてくれたじゃないですか 素直な心って じゃあ 私 こっちなので 気を付けて 今日は ありがとう 素直にか (高原)おっ! いい景色 フフフ (高原)横浜って いい デートスポットが たくさん あるんだなぁ そうですね (高原)あのさ 話があるんだ 話? うん? 高原さん? 中途半端な気持ちじゃないって 言ったの 覚えてるかな? あっ はい 結婚してください いや でも あのう 私 なんです 知ってるよ それが どうかした? だから 色々 結婚の条件とかに 合わないんじゃないかなと思って 俺の条件は 俺が この人ならって 思うことだけだよ でも そのう 子供とか… たくさんは 難しいかも? 何 言ってるの 今は 医学も進んでるし 代で 産んだ人だって いるんだよ それに もし 子供が できなくたって 俺は構わない 2人だって 家族だよ いや でも 失業間近だし 仕事も 人生の目標も 曖昧なままで 本当に やりたいことは これから 探せばいいよ それまでは 俺が支えるから 大切にするよ だから 結婚しよう 急だと 思うかもしれないけど 結婚は タイミングだと思うから 真剣に 考えてほしい (携帯電話を 閉じる音)もしもし えっ? 出発の日が? (谷川)すいません 突然 いえ でも 打ち合わせでしたら お店でも 大丈夫でしたのに (谷川)いえ 店では ちょっと (谷川)母も亡くなり 私も 一人になりました お寂しくなりますね (谷川)ええ 以前は 一人でも 平気だったのです 実際 母も ホームに 入所しておりましたし それが どうしたわけか 無性に寂しい 分かります (谷川)この年になってと 笑われるかもしれませんが この年だからこそ 誰かと関わって 生きていきたいと 思うようになりました そうですね 残りの人生の時間を 僕と一緒に 過ごしてもらえませんか? 僕では 駄目でしょうか? ありがとうございます それじゃあ… お気持ちは とても うれしいのですが 私には その自信が ないんです 申し訳ありません いや いえ (紀子)あら おかえり どうかしたの? あっ 何となく コーヒーが 飲みたくなって あれ? 千春 コーヒーなんて 飲んだっけ? うん? 最近ね 好きになったの ふーん ないんだったら 別に いいんだ うん (ノック) はい コーヒー 見つかったから インスタントだけど そんな わざわざ よかったのに あら まあ あの子ったら 恩返しだって へえー いただきます うん どういう方なの? 高原さんって 会社の上司でね 私のこと すごく 買ってくれる人で 仕事もできるし 趣味も一緒だし 話も合う じゃあ 好きなの? その人のこと ハハッ やだなぁ 好きに 決まってるじゃない じゃなかったら 結婚を前提に 付き合ったりしないよ 実はね お母さん ちょっと 後悔してるんだ 後悔? うん 今まで ずっとね 普通に 結婚してくれれば それで いいって 言い続けてきたでしょ? それが 千春を 追い詰めちゃったんじゃ ないかな なんて そんなことないよ ねえ? 千春 結婚って ゴールじゃないのよ えっ? 結婚ってね 一つの通過点に すぎないのよ そこから いつもの毎日が ずっと 続いていくの だからこそ いつもと 変わらない毎日を 一緒に 積み重ねていけるような 人と 一緒になってほしいなって 今は 思うの お母さん 春子さんにでも 相談してみたら? 千春のこと 一番 分かってくれてるんでしょ? (麻衣)純平さん 今日で バイト 最後ですね うん もう 準備できたの? 何とか けさ 荷物も まとめ終えました えっ? 出発は 来週じゃないの? ああ それが 急に 早まって えっ? 今日の夜 仕事が終わったら 9時のバスで 空港に向かいます 向こうの エージェントが クリスマス休暇前に 会いたいって 言ってくれたみたいで このチャンスを 逃す手はないから 急きょ 変更したんです そうなんだ 今日 行っちゃうんですね うん あっ シンビジウム また 入荷したんですね うん カード 書いておきますね ありがとう ホントに 今日 行っちゃうんですね ねえ ありがとうございました (高原)田中さん はい (高原)これ 取引先で 頂いたんだけど 飾ってくれるかな? はい 分かりました (高原)あっ 田中さん 今夜 空いてるかな? こないだの返事 聞かせてほしいんだ はい (高原)9時に 待ってるから お世話になりました じゃあ (麻衣)純平さん お元気で ありがとう あのう 千春に 千春に 会っていかないの? いいえ いいんです これ 千春さんに 渡してください 千春に? 仲直りできると いいですね それじゃあもしもし 工藤君 パリに 行っちゃうよ 知ってますよ 来週でしょ? 違うの 今日 出発するって えっ!? 急きょ 変更したんだって もう いいんですって 私と 純平君は 何でもないんです 関係ないんです 千春 もう ほっといてくださいよ ごめんね 私のことは どんなに 腹を立ててもいい でも 自分の気持ちを 裏切るようなことだけは しないで 工藤君ね 千春のこと 誰よりも 大切に思ってるよ なっ 何 言ってるんですか そんなこと… 工藤君が描いた 千春の絵 すごく 幸せそうに 笑ってる 千春 ちゃんと 選ぶんだよ 自分の未来も 誰かと共に 歩むかもしれない人生も 将来の自分が 後悔しないようにね 春子さん もう! 素直になりなよ 千春 それが あなたの 持ち味でしょうが おせっかいで ずうずうしくて とことん めんどくさくて でも どこまでも 素直なのが 千春でしょうが 今 動かなかったら 今度は 一生 許さないよ 分かりました 頑張れ フフッ ああ… 痛っ…