唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享不结婚11日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(春子)素直になりなよ 千春 (春子)それが あなたの 持ち味でしょうが (春子)今 動かなかったら 今度は 一生 許さないよ (千春)分かりました ああ… 春子さん? 春子さん!? 痛っ… うっ ああ… ハァ… 春子さん!? (瑞希)お待たせしました (純平)ああ いや 春子さん 行かなきゃ 許さないって 言ったでしょう いいんです だって ううん いいんです ごめん ごめん はい 友達が倒れて 救急で 病院に 付き添ってるんです それで 行けなくて ごめんなさい はい はい また (看護師)桐島さん 目を覚まされましたよ はい 気分は どうですか? 千春 ごめん 行けなかったね 私のせいで 違いますよ 行けなかったんじゃない 行かなかったんですから これで いいんです 純平君の夢を 邪魔したくないから (谷川)休業? (医師)出血は 現在 ほとんど 止まっているようですし 状態も 安定してるので このまま 午後には 退院していただいて 大丈夫でしょう ありがとうございます (医師)ただ… (医師)ご家族の方ですか? ああ いえ 私は… あっ 彼女は 大丈夫です (医師)原因は やはり 子宮筋腫だと思います 手術は 早い方が よろしいかと その場合は 全摘出っていうことですか? (医師)筋腫のある場所や 大きさを考えると もちろん 最終的には ご本人の判断に お任せしますが (医師)まあ ご自宅で じっくり 考えてみてください はい ありがとうございました 一晩中 付き合わせちゃったね 帰り 一人で 大丈夫だから じゃあ 会社 終わったら 夕食 作りに行きます 一人で 大丈夫なんて 言わないでください あっ いや そのう 私が行っても よければなんですけど ありがとう フフッ フーッ じゃあ 後で うん (麻衣)どうぞ ごめんね お休みなのに 来てもらっちゃって (麻衣)いえ ちょうど 花の手入れで 寄ろうと思ってたので (麻衣)それに 店長が戻ってきて 花が しおれてたら 怒られちゃうんで ありがとう あっ お見舞いの花 何にしますか? うん これ 何か カワイイ花だね ダイヤモンドリリーです ダイヤモンドリリー? 名前も すてきだね 日の光を浴びて きらきら輝くから そういうらしいですよ へえー じゃあ これで 花束 お願いしようかな はい この花 花言葉は 何ていうのかな ああ 純平さん いないんで すいません そっか そうだよね (ドアの開閉音) おかえり ただいま 体調 どうですか? うん 落ち着いてる そうですか よかった 今日は 体が あったまる 鍋でも どうですか? いいね 何か 手伝う ああ いいです いいです 座っててください はい これ 私から お見舞いです ありがとう ダイヤモンドリリー はい 麻衣ちゃん お店が休みなのに お花の手入れとかしてて 頼もしかったですよ 何か 小さな春子さんみたいで そう? フフッ すぐ 夕飯 作りますから ちょっと待っててくださいね 手術 どうしたもんかな ええ おかしいよね 私にとっては 庭と そのお庭に 集まってくれる人たちが 子供 そう思ってるし この先も 子供を産む気はない なのに 全摘出なんて 言われちゃうと 迷ってしまう おかしくなんか ないです 誰だって そうだと思います 子供を産む可能性が ゼロになるのが 怖いのかな まだ 私 産みたいと どこかで 思ってるんだろうか? 女性ではなくなってしまう 気がするのかな フフッ 笑っちゃうよね 笑いません どの気持ちもあって 当然だと思います 春子さんは 春子さんです 手術をしても しなくても 春子さんは 春子さんです フフフ 昨日みたいなことが あっても 私が どこからでも飛んできて 春子さんのこと 守りますから スーパーマンじゃないんだからさ アハハ スーパーマンだって なりますよ うーっ フフッ ありがとう 決めなきゃね 私の進む道 ちょっと待ってて はい これ 工藤君から預かった スケッチブック ありがとうございます ご飯 できたら 呼んで 私の進む道か おはよう あっ おはようございます これ よかったら チンして 食べてください あのう お昼ご飯と 夜ご飯の分も 作り置きしておいたんで ありがとう 春子さん うん? 考えたんです 私も 私の進む道って 何だろうって 高原さんに 正直に話して 謝ってきます こんな気持ちのまんま 結婚しようとしてたこと どう謝っても 許されるような ことじゃないと思うけど もう 誰かに頼らなくても ちゃんと 一人で 歩けるように まずは 資格を 取ろうと思うんです それが 私の進む道なのかなって そう 私もね 決めたよ 手術 受けることにする そうですか うん これからの 私の人生は 一つでも 多くの庭を造って お客さまに 花を届けること やっぱり そこに 行き着くんだよね そのためには いつ倒れるか ひやひやしながら 過ごすより 手術を受けて 庭のことだけを 考えられるようにする 分かりました 手術の日は 付き添います うん ごめんなさい 私 高原さんとは 結婚できません (高原)どうして? 他に 好きな人がいます だから… ごめんなさい 高原さんには 誰よりも 感謝しています 高原さんのおかげで 仕事も 前向きに頑張ろうって 思うようになりました 感謝しても しきれないくらい 救われました それでも 心の中には 僕じゃない人がいる (高原)うすうす 気付いてはいたんだ 感謝してるとは 言ってくれても 俺のこと 好きだとは 言わなかったから 申し訳ありませんでした (千夏)高原さんと 結婚しない? 期待させたのに ごめんなさい (卓)いや 謝るより 何があったんだ? (千夏)そうだよ 結婚を 前提にって 言ってたのに ねえ? (陽一郎)うん まあ… 私 年齢とか 仕事とか いろんな焦りから 逃げて 高原さんに 甘えてた でも やっぱり それじゃ 駄目だって やっと 気付いたの これからは ようやく見つかった 目標を ちゃんと 見詰めていこうって 思ってる まず 資格を取って それから 研修 受けて いずれは 旅行業界に 再就職したいと 思ってるの (卓)そっか ごめんね お父さん 花嫁姿 せっかく 楽しみにしててくれたのに 何か ちょっと 驚いたな 千春が こう生きていきたいって はっきり言うなんて 初めてだから ねえ? (紀子)そうね 少しだけ 強くなったみたいな気がするわ ありがとう ええ 復帰は 2週間後になるかと それまでは お店の方も ホントに 私事で 申し訳ありません 規則表から… 規則表から 正規運賃は 途中降機 1回無料? 経由型運賃は 途中降機 1回 無料か わざわざ 資格試験の日に 手術 ぶつけなくてもいいのに まあ いいじゃないの でも 大事な日なのに 付き添いたかったな 千春が 頑張ってるから 私も 頑張れるの だから 今日にしてもらったの ほら 遅刻しないように 早く 行きなさい うん 分かってます じゃあ いってきます うん いってらっしゃい いってきます うん 頑張れ (試験官)では 始めてください 大丈夫ですか? うん そっちは? ちゃんと 頑張ってきた? ええ 春子さんに 負けないように 春子さんも 頑張りましたね うん 先生が 頑張ったんだけどね また そんな 強がり言って でも 千春が いてくれて 千春に 出会えて ホントに よかった 私の方が 春子さんに出会えて よかったです ありがとう (ドアの開く音) ああ お母さん (陽子)あら 千春さん 初めまして 春子の母です このたびは ホントに お世話になりまして 初めまして 田中です あのう いつも 色々と お世話になっています この人ったら 手術が終わってから 知らせてきたんですよ えっ? 普通はね 知らせるのは 手術の前でしょ? いいじゃない 終わってからの方が 気が楽で これですもの 気が強いっていうか 頑固っていうか ちょっと 誰に似たのって話よ もう 元気になると すぐ これですから でも 少し変わったわね うん? へえー 春子さんがですか? ええ 私に似て 素直じゃなくって 弱音を吐けない 甘えられない そんな子でしたから でも 春子さん 私のことは 自分のことみたいに 心配してくれます 本気で 怒ってくれますし きっと あなたのおかげね いえ そんな まあ 本人は 素直になったなんて 絶対 認めないと思うけど さあ どうぞ 召し上がって ありがとうございます ちょっと 言ってやってよ ほら 言ってやって そうですね 頑固ですから 頑固 頑固 あなたに似たんでしょって まあ その元気があったら 大丈夫 ねっ (谷川)《残りの人生の時間を 僕と 一緒に 過ごしてもらえませんか?》 (谷川)《静かに 添い遂げるというのも いいものだなって》 《待ちます》 ありがとうございました (森田)千春さん (森田)これ 僕宛てのに 紛れ込んでました あっ ありがとう (森田)はい (瑞希)「千春さん いかがお過ごしですか?」 「実は どうしようかと 迷ったのですが やはり 千春さんには きちんと お伝えしなければと思い 手紙を 書くことにしました」 (瑞希)「私が パリに発った あの日…」 (瑞希)《お待たせしました》 (純平)《ああ いや》 (瑞希)《ホントに 先輩と パリに行けるなんて》 《これから ずっと 一緒に いられるんですね》 (瑞希)《行きましょうか》 《先輩?》 (純平)《ごめん 俺 やっぱり 行けない》 《えっ? 何 言ってるんですか?》 《ここで 一緒に行ったら 河野を もっと 傷つけるから》 《俺 やっぱり 自分の力で ゼロから 歩き始めないと》 《私に 気持ちが ないからですか?》 《ごめん》 《クリスマス前に エージェントが 会いたいって 言ってるなんて 嘘なんです》 《先輩が 私を見てないことぐらい 気付いてました》 《だから 早く パリに 連れていきたかった》 《何となく こうなる気がしてたから この絵 送りませんでした ごめんなさい》 《これで いいんですよね?》 《私 負けません》 《先輩が 追い付けないくらいの いい絵 描きます》 《河野》 《だから 先輩も 頑張ってください》 《ありがとう》 (瑞希)「悔しいですけど 先輩のことは 諦めます」 「今は 先輩の幸せを 心から願っています」 「河野 瑞希」 (アナウンス)「お客さまが おかけになった 電話番号は 現在 使われておりません」 (遼平)すっかり 片付いたな うん 自分の気持ちを 整理しておきたくて (遼平)これから どうするんだ? 大学時代の先輩が 北海道で 絵画教室してるんだ そこで 画家を目指してる 若い人間を 講師として集めて 創作活動もしてる (遼平)じゃあ そこに行くのか? うん 親孝行は また できなくなっちゃうけど (遼平)お前が 好きな道を 諦めないことが 一番の 親孝行なんじゃないか? ありがとう 兄貴 北海道か フッ 寒いだろうな 体に 気を付けろよ いったん 横浜に戻ってから 行くよ 大切なことを 忘れてきたんだもしもし 純平君? 千春さん 突然 呼び出して すみません ううん 私も… 純平君に 会わなきゃと 思ってたから えっ? 瑞希さんがね 手紙 くれたの ああ 自分 一人で ゼロから 歩きださなくちゃ いけないと 思ったんです 北海道に行こうと 思います 北海道? そこで 絵に 人生を 懸けてみようと 思ってます そのためにも 千春さんに ちゃんと 自分の思いを 伝えないといけないと 思って 千春さんが 結婚して 幸せになるのは 知ってるけど でも 僕は僕で 思いを伝えようって 高原さんとは 結婚しないことになったの 私も 自分の思いに 向き合ったから 僕も 自分の思いを 伝えようと 思って 気付いたんです 大切なことを 忘れてきてしまったことを 見せるって 約束したから これ… もしかして ノバラ? 見たいって 言ってたから ありがとう (谷川)今日は 店を開けるんだね? (麻衣)教授? 今日はって えっ? まさか 教授 毎日 いらしてたんですか? ああ いや (麻衣)まだ 営業は できないんですけど 掃除しておこうかなって思って 店長 今日 退院なので そうか よかった うん ああ よかった なら いいんだ うん (麻衣)えっ? 教授? (ノック) はい ありがとう はーい どうぞ 見せに行かなくて いいんですか? フフッ せっかく 出来上がったのに ねえ? 春子さん うん? 今度は 私が言う番かも しれないですね 行ってみたら どうですか? 教授のところに 私の道は ずっと 一本道なのに 私なんて 自分の道があることすら 分かってなかったですよ でも ホントは 誰にでも あるんですよね それぞれの 自分の道 うん 迷うこともあるけど それは 見えなくなってるだけで うん ちゃんと 歩き始めようとして 初めて 見えてくるのかも しれないですね そうかもしれないね (谷川)ああー こりゃ 終わらんな よいしょ あーあ ホント こりゃ 一人じゃ 終わらんな フフッ こんにちは いらっしゃい どうぞ ありがとうございます ああー 一人じゃ 無理かもしれませんけど 2人なら 何とかなるかも しれませんよ 相変わらず 自信は ありませんが まあ ゆっくり やりましょう お互いに そうですね フフッ 寒くなったね うん 向こう もっと 寒いんだろうな そうだね 頑張るよ 千春さんに 誇れるような絵を 1枚でも多く 描けるように フフッ うん (谷川)結婚 それは 単に 制度にすぎない だが この制度のために 多くの人が 悩み 翻弄される だが たとえ 結婚という 結び付きが なかったとしても そこに 愛が育まれれば 家庭が 築かれる 心から 通じ合う人がいれば 制度に とらわれることは ないのでは ないだろうか さて 少しは 君たちの結婚観も 変わったかな? これで 僕の ことしの講義は 終わりです ああ ちなみに 来年は 離婚についても 話すから (学生たち)ハハッ (谷川)では よい お年を (山田)描けた? (麻衣)んっ? うん 今日のは これ (山田)うまいね ねえ? 今日 中華街 行かない? (麻衣)えっ? 行きたい (朋美)いいな カップル成立か (佐藤)幸せそうだな (麻衣)中華街で… (山田)肉まん 肉まん? 肉まんと じゃあ… (山田)刀削麺は? あっ 食べれる 食べたい (山田)食べれる? (店長)えー 田中さん お疲れさまでした (一同)お疲れさまでした お疲れさまでした 頑張って 応援してるよ ありがとうございます (真里子)ああー 千春さん ああー (真里子)お疲れさまでした ありがとう (森田)お疲れさまでした どうも ありがとう あのう 千春さん うん ちょっと ご報告なんですけど うん (真里子)森田が 彼女と 別れてですね それで そのう (森田)僕たち 付き合うことに なりました (一同)えっ!? (真里子)ちょっと! 声がでかい! おめでとう! 2人 お似合いだよ! わあー! (目覚まし時計の音) んっ! フゥ あっ すいません (谷川)ガーデンデザインの仕事? そう お店が 今日は お休みだから こっちに集中 ふーん どこの庭? 後輩の家の庭 新築したからって 頼まれて へえー すごいね でも あまり 無理しないで はい フフッ ところで 試しに もらってきてみたんだけど でも まあ 僕らには 必要ないよね? ですね へえー (チャイム) 来た (麻衣)すごいね (山田)わー バラ 奇麗 (麻衣)カワイイ (山田)カワイイ (麻衣)すごい (山田)あっちも すごい 千春も お疲れさまだったね ありがとうございます でも まだまだ これからっていう感じです 資格は取れたけど もっと 勉強しなくちゃいけないし 新しい就職先も まだ 決まってないんで (谷川)大丈夫ですよ きっと あっ そうだ 春子さん うん? これ 今月分の家賃です 仕事 決まってからで いいよ いえいえ そういうわけには じゃあ ありがとうございます フフフ で? 工藤君は? 大学の先輩んとこ 行くんだっけ? はい 子供に 絵を教えながら 自分の作品の創作を 続けるつもりです そこで コンクールにも 挑戦してみようかと (山田)へえー コンクールですか (山田)すごいな ねっ? (麻衣)うん 純平さんって いつ 出発なんですか? あしたの朝の 飛行機で (麻衣)そんなに 早く!? 千春さん 寂しくなっちゃいますね (麻衣)純平さんと 千春さん 結婚しちゃえばいいのに えっ? あっ? いや あっ ほら ほら ねっ それぞれの幸せを祈って 乾杯しよっか? ねっ ほら (純平・谷川)ああ はい はい 千春 えっ!? じゃあ それぞれの進む道に 乾杯 (一同)乾杯 まだ 残ってるから 食べて (谷川)行こう 行こう (山田)ありがとうございます よいしょ 食べよう 食べよう フフフ 結婚か 普通 気持ちが通じたら 結婚するって 思うよね 私も そう思ってたし そうだね でもね 気持ちが通じて あらためて 思ったの 私たち 結婚する必要あるのかな? 私ね 今まで ずっと 結婚しないと 幸せから 取り残されちゃうんじゃないかって 思ってた気がするの 焦って 間違いも いっぱいしたし でも それって 自分らしい幸せは 何かを 探そうと してなかったからなんだよね 今 やっと 少し 自分の生き方が 見えてきて そしたら 結婚って ホントに 全てじゃないんだなって うん お互い 思い合って つながってるからこそ それぞれが 信じる道を 歩いていけることもある そんな形が あっても いいんじゃないのかな うん 私たちには きっと そんな形が 合ってる …かな? 僕も そう思う じゃあ 私 こっちだから ここで さよならするね うん じゃあ じゃあ あっ ねえ? 一つだけ 聞きたいことが あるんだけど 何? ダイヤモンドリリーの花言葉って 何ていうの? ああー また 会う日を 楽しみに また 会う日を 楽しみに また 会う日を 楽しみに それじゃあ それじゃあ 来ると思った 飲みたい気分なんじゃないかと 思って 飲みたい気分ですね ちょっと これ これ これ はい ありがとうございます よいしょ おおー ハハハ 乾杯 乾杯 うわー おいしい けど 寒い 確かに 寒っ ねえ 初めて 会ったときはさ まだ あったかかったのにね うーん ホント そうだ これ 見て うん? ほら うわー お初に お目にかかります でしょう だから 持ってきたの こんな欄が あるんだよ はあー ねえ 同居を始めたとき まあ 私には 必要ないからね 飛ばしちゃいましょうか? これ いいね! 飛ぶかな? ぺらぺらですもんね おおー フフッ よし いきますよ んっ! ♬(口笛) (警察官)何だ? うわ!? まずい (警察官)また あんたたちか? お久しぶりです こんばんは ヤバい 逃げましょ 逃げるって どこに? まあ 取りあえず じゃあ うちで コーヒーでも いいね はい ごめんなさい (警察官)何で 逃げんの!? さようなら 速っ! 速い! (警察官)はい? 逃げろ! (警察官)何か 言っただろ! おはよう おはようございます やっぱり 自分の家は よく眠れるね えっ? 春子さんの家は あっちでしょ? えっ? 何 言ってんの? ここは 私のうち 何 言ってんですか? ああ でもさ ここさ ご飯 おいしいから しばらく ちょっと いようかな? ここに やった! 歓迎 何で? だって 鍋ができますもん もう 寒くなってきた… あっ ことしのね はやりは 塩こうじ鍋 塩こうじ鍋 いいね やった 塩こうじ鍋 食べよっ ちょっと ちょっと 工藤君 呼ぶ? イェーイ イェーイ