唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享孤独的美食家第二季08日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

五郎:両国… 相撲の街。 昔の男の子は もれなく 相撲と野球に夢中だった。 テレビの前で 手に汗握ったっけ。 単純で 無邪気な時代だったなぁ。 昔の子供が好きだったもの。 巨人 大鵬 卵焼き。 俺は野球よりも 断然 相撲だった。 今や ゲーム サッカー ファストフードか。 なんだかなぁ… <時間や社会に とらわれず 幸福に 空腹を満たすとき つかの間 彼は自分勝手になり 自由になる。 誰にも邪魔されず 気を遣わず ものを食べるという 孤高の行為。 この行為こそが 現代人に 平等に与えられた 最高の癒やしと いえるのである> ここんとこ やたらと ため息ばかり ついている気がする あぁ…。 小口の商売ばかり 続いているからかなぁ。 それとも 秋だから…。 な~んちゃって あれが回向院か。 よく時代劇に出てくるやつだ。 ちょいと覗いてみようか ありがとうございました。 あんこあられ。 あんこ… あられ? 回向院 中止 いらっしゃいませ。 甘じょっぱいのかな… 納豆だから ねばりごし。 両国ネーミング 上 いいですか? はい どうぞ。 おぉ くずきり。 ところてんも おせんべい アイスのせクリームあんみつ。 盛ってくるなぁ… 失礼します。 お決まりでしょうか? え~と… だんごセットください。 はい かしこまりました。 店名といい いかにも両国な店だなぁ あんこあられといい おせんべいアイスといい 戦わせるよなぁ。 これも 両国スタイルか お待たせしました。 だんごセットです。 どうぞ。 おぉ… 画になるなぁ。 三役 揃いぶみ いただきます。 まだ あったかい あぁ… あんこに癒やされてる みたらし… 好きなんだ うん…。 みたらしって 名前どおりの味がする いそべも いいやつだ。 刻み海苔タイプは珍しい。 いそべ君 おぉ~ うまいぞ いそべ このための さじか…。 ナイス 全部うまい。 勝敗 つけがたし やっぱり 締めは いそべ君 ちょっと 元気出たかも ここだなぁ 今日も 小口の客。 いかん いかん 大事な お客様だ 失礼します。 (美奈子)いらっしゃいませ! お荷物 お預かりしますね。 あの…。 ごめんなさい。 上着 お預かりしますね。 はい どうぞ。 えぇとね あの…。 こちらへ どうぞ。 あの…。 失礼します。 あの… 私 あの…。 苦しいです? すみません。 そうじゃなくてですね。 あの… えぇとですね…。 はい 今日は どのようにしましょうか? 私 清水様のご紹介で お伺いしました 井之頭と申しましてですね。 あぁ。 清水さんの お知り合いの方ですか。 そうなんですけど… いや そうじゃなくてですね 私 オルゴールをお届けするお約束を いただいた者なんですけど…。 あ… やだ! それならそうと 早く言ってくださればいいのに。 言う隙を まったく 与えてくれなかったじゃないか オルゴールなんですが メールで お送りした画像の他に いくつか お持ちしました。 オルゴールですよね? えぇ。 大ちゃん! 大ちゃ~ん! (横山)は~い。 こちら オルゴールの人。 (横山)お世話になります。 え? こっち? 私 清水様から ご紹介いただきました 井之頭です。 横山です。 でかい… かわいい。 え~!? あぁ 音もいいですね。 ?(オルゴール) はぁ…。 これも いいなぁ。 でも 変な奴だと 思ってるでしょう? 井之頭さん。 ギクリンコ いいですよ 気を遣わなくても。 まぁ そりゃそうですよね。 このガタイで この顔ですから。 しかも 元力士だし。 えっ そうだったんですか? まっ ケガをして 廃業してしまったんですが。 こう見えて 将来有望で ファンもいたんですよ。 私もその一人だったんですけどね。 そんなんだったから 廃業した時は もう 荒れちゃって 荒れちゃって。 ちょうど その頃 子供ができたばっかりで 下を向いて 愚痴や ため息ばっかり ついてる場合じゃないぞ! って思いまして。 そうそう あのジャイアント馬場さんも 野球がダメになったときに 下向かずに頑張ったから プロレスで大成功したんだもんね。 おいおい なんで最後は 野球とプロレスの話ばっかりに なっちまうんだよ。 あっ ごめん ごめん。 でも私 力士の大ちゃんを 好きになったけど 今の 床屋の大ちゃんのほうが かっこいいって思ってるから。 いいよ 無理に 挽回しようとしなくても。 あっ バレた? バレた。 バレバレバーレー彗星。 (笑い声) 笑っていれば 道は拓ける いいご夫婦だなぁ… 元気をもらえた なんだか いい気分だなぁ。 元気が出てくると 人間ってどうにも 腹が減るんだな しかも 時間いっぱい 待ったなしだ。 急いで店を探そう 両国で食う飯といったら ちゃんこだ。 今日はもう その一点張りでいこう ただ どの店で食うか そこが迷いどころだ。 さすが両国 石を投げれば ちゃんこ屋に当たる う~ん…。 こっちは なさそうだな この うわついていない構え。 よし 取り組みは この店に決めた いらっしゃいませ。 いらっしゃいませ。 すみません 一人なんですけど。 大丈夫ですよ ちゃんこも 一人前から ありますので。 じゃあ。 よかった~ いらっしゃいませ。 カウンター席で よろしいですか? ええ。 どうぞ。 はい。 はい どうぞ。 ありがとうございます。 へぇ~ こんなに種類があるのか。 業師だなぁ すみません。 はい。 ちゃんこ鍋は どれが おすすめですか? おすすめは 鶏がらで醤油味の 鳥そっぷですね。 うちで いちばん出てますよ。 じゃ それ お願いします。 はい かしこまりました。 鳥そっぷの準備 お願い。 はい。 天ぷら… あっ くさやがあるぞ。 一品料理も 結構あるなぁ (森田)失礼します。 取り組み前に 何か 軽~く入れとくか すみません。 はい! 山芋の千切り お願いします。 山芋の千切りですね。 はい かしこまりました。 後ろから失礼します。 おお 野菜たっぷり具だくさん 火 いれますね。 あったまるまで お待ちください。 はい。 森田さん こちらの お席お願いしますね。 はい。 大活躍だな~ 森田さん 広々とした店だな。 いかにもの ちゃんこ屋。 両国場所中は 混むんだろうな はい 山芋です。 はい。 おお 卵が ついているのか いただきます。 ?~ うん 山芋の卵のせ 正解。 体が欲してた味 こういうものが 必要だったんだ あらあら すいません。 大丈夫でしたか? ええ。 大の大人が 鍋の沸騰ごときで 慌てふためいて 立ち会いで 転がされたようなものだ。 落ち着け すいませんでした。 煮えたんで 具を入れていきますね。 お願いします。 お~ いい色だ ?~ 野菜は 下茹でしてありますんでね やわらかいんですよ。 ?~ おうおう ぎゅうぎゅう詰めに なってきたぞ うちは 白菜じゃなくて キャベツを使ってましてね。 甘いんですよ。 ほ~ キャベツできたか おっ 横綱の土俵入り 締めは おじやか おうどんか お餅ができますんでね。 お餅…。 その手もあるか… じゃあ これで煮えるまで お待ちくださいね。 はい。 仕切りか…。 徐々に闘争心を 高めていく儀式… いらっしゃいませ。 予約入れました 花田ですが。 はい お待ちしておりました。 どうぞ どうぞ。 そろそろいいですよ はい。 さあ 結びの一番 お~ ちゃんこだ。 ちゃんこだ どれ… どれどれ よ~し がっぷり四つで いこうじゃないか いただきます。 染み入るな~ ?~ この 奇をてらってない醤油味。 やっぱり ここに帰ってくるんだ 日本人は…。 落ち着くよ… ?~ 野菜の甘みが優しい。 これは いい! うん…。 キャベツ ?~ うん。 キャベツ うまい! キャベツ 効いてる! さ~て 鶏 うまいじゃないか ちゃ~んと…。 しみてる 味。 しみてる… うんうん ?~ あ~ こたえられない… ?~ つみれも いいじゃないか~。 磐石だ。 横綱相撲の うまさ ?~ つみれとモモ肉の ぶつかり稽古も また よし。 なんだか 嬉しくなってくるな~。 よ~し どんどん いこう ?~ いろんな味を出してくるな~。 技のデパートだ あぁ。 ふぅ~ 大一番だった。 参りました。 国技館に座布団が 飛び交っているところだ すみません。 はい。 うどんをお願いします。 はい。 おうどん お願いします。 はいよ。 はい おうどんです。 はい こちらは 薬味に使ってくださいね。 じゃあ 入れちゃいますね。 これで1~2分したら 召し上がってください。 お母さん! 不在票入ってた。 明日の朝イチの 再配達にしといたから。 ありがとう。 いらっしゃいませ。 息子さんか… よ~し よし たっぷり いっちゃおう う~ん うまそうだ。 さしずめ 弓取り式か うほほほ~ 何なんだ。 この薬味 いい あれだけ ちゃんこを食ったのに いくらでも入っちゃうぞ こいつは 汁に すべてのエキスが溶けてるから とんでもない ごちそうだ。 この 鳥そっぷ汁 すばらしい あれれ… なくなっちゃった。 まだまだ いけそうなのに。 なんだか ちょっと寂しいなぁ 伝統 伝承 稽古。 心・技・体 すべてが充実した鍋だった… あぁ~。 ごっつぁんです この味 しっかり受け継いでください はい ありがとうございました。 またお越しください。 ごちそうさまでした。 ありがとうございました。 (一同)ありがとうございました。 いやぁ。 気合い入れてもらったなぁ。 ちゃんこ 正解。 三好清海入道! よし。 残りの仕事 正面から当たって まわしを取ったら 豪快に 上手出し投げだ… <原作者 久住昌之が 実際に お店訪問> ここですね ちゃんこ 大内。 お~ 古そうないい佇まいだなぁ。 こんばんは。 あ どうも こんばんは。 お久しぶりです。 お久しぶりですね。 <『孤独のグルメ』の 大ファンだそうで。 1940年から50年代で活躍した 元大関 大内山のご家族で経営している ちゃんこ割烹 大内。 伝統を受け継ぐちゃんこのダシが 絶品のお店です> じゃあどうも 乾杯です。 どうも。 乾杯。 (2人)ありがとうございます。 おいしいですね。 この番組見ていただいて…。 そうなんですよ。 ここで。 ここで語って。 < ちゃんこを待っている間に 大将が> これ おすすめの カツオのたたきでございます。 <大将のおすすめ。 お味は?> うまい これ。 おいしい。 うん おいしいね。 < この量で1人前ですよ> 負けちゃうんだ。 土がついちゃう。 それで鳥を使いますんです。 なるほど。 もうそろそろよろしいと思います。 じゃあいただきましょうか。 はい。 おいしい。 もうおいしい。 だんだん 全部の味が出てくるからね。 おいしい。 お酒いただきましょうかね。 いや まいったな。 日本酒になっちゃったよ ついに。 おいしいね。 これでこれだもんね。 何これ? < それがこちら> ?「五郎さん 五郎さん」 宇宙きた! でかさをね 感じました。 嬉しいですね。 <本日登場した お店の情報は アプリ 「たべコレ」で ご覧いただけます。 今すぐ無料でダウンロード>