唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享孤独的美食家第二季10日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

五郎:渋いなあ… 連綿と 続いているんだよなあ… フッ ほお~ 人呼んで 演芸場通り商店街 こっちは 十条銀座商店街 ああ…。 外回りは 寒さが応える季節に なってきたなあ… おっ。 おしるこで あったまっていくか いらっしゃいませ! 田舎がつくと 「しるこ」が 「じるこ」になる いらっしゃいませ。 どうぞ。 あちらが 全部 かき氷のメニューになります。 いや そうじゃなくて えっ!? 今は こちらもやってます。 へえ~ りんごに いちじく。 初めて聞いた くりも あるんですよ。 くり? ええ くりをすり潰して 和三盆と合わせたんですよ。 あ じゃあ その くりのかき氷ください。 はい くりのかき氷ね! はい。 いかん… 俺は温まりに この店に 入ったんじゃなかったのか いらっしゃいませ! お待たせしました。 くりのかき氷 ビックリ。 季節デタラメ ハンドボールくらいある う~っ…。 <時間や社会に とらわれず 幸福に 空腹を満たすとき つかの間 彼は自分勝手になり 自由になる。 誰にも邪魔されず 気を遣わず ものを食べるという 孤高の行為。 この行為こそが 現代人に 平等に与えられた 最高の癒やしと いえるのである> いただきます。 お~ まごうかたなく くり! 濃い くり氷 くりを かき氷にしてみようって いったい いつ 思いついたんだろう? でも うまい くり あり。 合う くり は~い お待たせしました! ありがとうございます。 あ どうです? くりですね。 でしょう! でもね お客さん少ないし くりを頼む人も少ないから やめようかなと思ってるのよね。 結構 めんどくさいし。 こんなに おいしいのに。 え あら…。 じゃあ もうちょっと 続けちゃおうかしら。 お父さんのかき氷 ちょっと ちょうだい。 うん おいしいよ。 おいしい! ああやって いろいろ食べるのが 楽しいんだよなぁ。 くり アローン この氷 羽毛みたいに軽い。 バクバクいける これだけ食べても 全然 キーンとならない。 さすが くりのかき氷 うん。 最後まで しっかり くり。 かき氷 秋味 ごちそうさまでした。 ほぉ~ ほうじ茶。 ほぉ~ あっ 寒っ! あったまるつもりだったのにな こっから また違う商店街になるのか ここだ なるほど。 電気が消えれば 提灯がつくってことか。 山田君 座布団1枚 ごめんください。 は~い。 お電話させていただいた 井之頭と申します。 (菅沼)ああ どうぞどうぞ。 おじゃまします。 海外で使うっていう 話でしたね。 ええ。 来年の3月 ドイツのミュンヘンで日本の PRイベントが開催されるんですが そこの出店屋台に提灯を飾りたい という依頼がありまして。 なるほど。 じゃあ こういう弓張りではなくて 吊提灯ということになりますね。 はい。 型と大きさは どうお考えなんでしょう? すみません。 私 提灯素人なものですから。 どういう型と大きさが あるんでしょうか? そうですね。 丸型とか卵型って いうのが一般的なんですが その他にも 特殊な形もありますし 大きさも9号から号 号 号と…。 まぁ いろいろありますね。 はぁ。 これは卵型の号です。 色は だいたい赤か白ですよね。 まぁ他にもできますが 祭りの 屋台やなんかで使うとなると まぁ 赤か白がいいでしょうね。 はい。 外国の人が提灯を使ってくれる ってのは嬉しいですね。 ええ。 あっ 別に日本の伝統文化が どうのこうのって いうんじゃないですよ。 なんていうかな 提灯の光が 暖かいって言い方しますよね。 でも 蛍光灯は暖かいとは 言いません。 まぁ そういうことだと思うんです。 そうですね。 あっ そうだ。 ちょっと今 資料持ってきますね。 それに赤提灯って…。 腹にくるな すみません 今日はありがとうございました。 それではまた。 失礼します。 井之頭さん。 あれ? いない。 店を探さなければ なんとなく こっちに来てしまったが 見切り発車もいいところだった。 腹は減っているが 何が食いたいのか まったく わからん あっ 惣菜屋。 うまそう… あっ。 終点…。 あせるんじゃない。 俺は腹が減っているだけなんだ あっ いの…。 仲通り。 また違う商店街なのか あら。 こっから先は 完全に住宅街だな。 いかん… 十条の樹海に 迷い込んでしまった なぜだろう。 今日は ビシッと腹に響くものがない。 優柔不断ではないんだが… ここは 演芸場通り商店街。 いったい 十条には商店街が いくつあるんだ? 商店街のクモの巣に 引っかかったみたいだ 赤提灯。 しかも これって… 提灯屋さんにあったのと 同じじゃないか。 そうか 俺は赤提灯が 心に引っかかってたんだ。 飲まないから ピンとこなかったけど 今日の俺は 珍しく 赤提灯気分だったんだ。 この縄のれんにも 今日は妙にそそられる よし その家庭的とやらに 身をゆだねてみるか いらっしゃいませ。 いらっしゃいませ。 ここ いいですか? どうぞ どうぞ。 はい どうぞ。 すみません。 確かに… ほっとしちゃう雰囲気 もう1本つける? うん。 ははっ… 目が とろ~んとしちゃってるよ メニュー多いなぁ… こっちにも あれ? あっちのメニューと少し違う でも 同じもんもあるし…。 メニューで神経衰弱ができそうだ お決まりでしたら お伺いしますよ。 すみません もうちょっといいですか? えぇ。 メニュー多いですね。 ねぇ。 腰を据えてかからないと いつまでも決まらないぞ。 よし とりあえず こっちの壁に集中しよう。 天ぷらに… どじょうの唐揚げか…。 忘れてたよ どじょう。 おにぎりがあるってことは ご飯があるってことだよな。 よし! おいおい あんこう鍋に しょっつる鍋。 鍋が こんなにもあるのか。 本当に なんでもあるな あれは きりたんぽか… 鯖のくんせい? 細かい配慮だ う~ん… 持ち駒が多すぎる。 どう攻める。 そうだ 聞いてみよう すみません。 はい お決まりですか? 普通のご飯ってのは ありますか? ありますよ。 お味噌汁もセットでつけられますよ。 そうですか。 あと ももハムとキムチ っていうのは何ですか? キムチをハムで巻いちゃうんで。 巻いて食べるんですよ。 キムチで巻く? そうそう とにかく巻いちゃうの。 常連さんと話してるうちにね なんか できちゃったのよね。 そうそう。 サラダ感覚っていうのかしらね。 そうそうそう。 鯖のくんせいっていうのは 鯖をくんせいにしたものですか? はい はい。 珍しいでしょ。 おいしいんですよ。 秋田のものが多いんですね。 ここの主人の先代がね 秋田出身だからなんですよ。 あっ それとね 茨城の料理も多いんですよ。 なんか近い はい あがったよ。 は~い! はい お待ちどおさま。 稲庭バターね。 何だ? それ 何? それ。 裏メニュー。 稲庭うどんの釜揚げを バターで絡めちゃったの。 うまそうだねぇ。 確かに うまそう カルボナーラっつうのかな? まさに あんな具合で うまいんだよねぇ。 あぁ… 迷わせる店だなぁ あの…。 はい。 鯖のくんせいと ももハムとキムチ それに カキフライと とんぶりしらす。 それに ご飯と味噌汁の セットをお願いします。 はい。 お飲み物 どうされます? えっと ウーロン茶ってありますか? はい ありますけど お酒は? 私 飲めないんです。 あら~ まぁ! 見えないわよね? ほんとねぇ。 よく言われます…。 鯖のくんせいと カキフライ とんぶりしらすに ももハム お願いしま~す。 はい ウーロン茶と お通しです。 お酒飲まれなくても こういうの大丈夫ですか? むしろ 大好きです。 あら よかった。 いただきます。 はい 召し上がれ。 うん… 久々の おくら。 ありがたき幸せ うんうん。 よそん家の肉団子って感じ はい いらっしゃいませ! ここ 大丈夫ですか? はい どうぞ。 そういえば このへん 大学も結構あるんだよなぁ とりあえず 生の小4つと あと 牛スタミナ焼き1つと オニオンポークスパゲッティ。 はい かしこまりました。 え? え~!? そんなもんまで? あ… あった。 最初は 絶対に そんなメニューなかったはずだ。 いわゆる なりゆきで できちゃったメニューだろう はい お待たせしました どうぞ。 鯖はね 醤油かけないで このままでおいしいから。 そうですか。 おぉ くんせいだ くんせい くんせい。 感動的に 鯖くん。 はぁ~ 塩焼きよりも 味噌煮よりも ごはんに合うんじゃないか? これ こいつも 初対面 巻くんだよな? へぇ おもしろいなぁ。 これ ぶっとい ももハムってのが 肝なんだろうな。 薄いハムじゃ キムチに負けちゃうよ うん うん キムチを ももハムで巻いて 夜 こいつは おかずの常連さん やっぱり 安定感があるなぁ。 どっしり落ち着いている 今じゃ 一年中食べられるけれど やっぱり この季節のかきフライが いいんだよなぁ しみじみとうまい よしよし とんぶりもすばらしい。 畑のキャビア。 貧乏くさい うたい文句 そろそろ やめてあげようよ とんぶりは とんぶりだ。 しらすが またいい ごちそうさまでした! ありがとうございます! う~ん 何だろう? もう ひと品 欲しいところだな すみません。 はい! 玉子焼きください。 砂糖入り? 砂糖抜き? えっと…。 砂糖入りで。 はい 玉子焼き 砂糖入りで! 私も一緒。 やっぱり 玉子焼きは甘くなくちゃね。 この スパゲッティ おいしい! そこらへんの イタ飯より ぜんぜん おいしいよ。 そうだろう。 でも 青年よ こういう店は どこかと 比べられる味じゃないんだ いらっしゃいませ! いいですか? 奥のほう どうぞ! はい 玉子焼きです。 う~ん 黄色が加わって しっくりきた うん おろし醤油と バッチリ チリバツ! あったまりましたかね? 今日は。 ありがとう。 はい どうぞ。 疲れたよ…。 ありゃ まいったな。 話が違うもんな。 なんか いいなぁ。 こういう雰囲気って 飯をうまくするんだよなぁ う~ん 甘みが切ないほどだ いいじゃないか いいじゃないか あ~ うまかった~ ごちそうさまでした。 酒飲みが 赤提灯に誘われる気持が わかるよ 心が寒くなったら そっと訪ねてみよう <ゲストが この番組に物申す!> <原作者 久住昌之が 実際に お店訪問> はい 原作の久住昌之です。 今日は 十条に来てます。 < すると 店の前にいたのが…> この間は 出ていただいて…。 ありがとうございます。 < そうなんです。 千葉県の飯岡編で ご出演いただきました> ((ご乗車 ありがとうございます)) 結構 噂になってましてね 「あの声は 絶対 そうだ」とかね。 ここですね? 常連なんですよ。 渋いですよ。 珍しいですね。 珍しい。 今まで気がつかなかった。 これを上げて… 縄暖簾を上げて 更に これを開けないと 入れないっていう…。 防備の固い印象の 居酒屋さんですね。 <今回 ドラマの舞台となった 田や。 常連さんのリクエストに 応え続けていたら いつのまにやら メニューは 種類以上に…。 お酒の おつまみは もちろんのこと 五郎さんが 食べた┓ < ご飯のお供にも 嬉しい おかずも 豊富に取り揃えています> < しかし 久住さんたちが頼んだのは やはり おつまみ> ビールで終わらない感じが…。 斎藤さん 何か? 僕はね 実家が お米屋なもんですから┓ (久住)いいですね きりたんぽいいですね。 < きりたんぽも楽しみですが まずは みずのこぶのおしんこから> (久住)これが みずのこぶ? (滝沢さん)はい そうです。 (久住) おもしろいあれですね これ。 これが こぶってわけですね。 (滝沢さん)はい そうですね。 おいしい。 ちょっと とろみがあって。 (滝沢さん)そうですね。 ちょっと ヌルっとしますけど。 (久住)ゴマ油ですか? そうですね。 いい味付けですね。 ねぇ。 <続いてのおつまみは 水だこのお刺身> これは 十条ですね。 十条の水たこです。 おいしい。 おいしい。 ポン酢が 合いますよ。 やっぱり 薄造りって感じの。 (斎藤)そうですよね。 やわらかいから 食べやすいんですよ はい。 これはね┓ < ということで> おいしい ぬぐだ丸。 ぬぐだ丸。 ぬぐだ丸 おいしい。 <斎藤さんのオススメ きりたんぽ> (久住)えっ これで 1人前なんですか? 食べる寸前に この根っこ。 根っこ? (久住)これは セリ? セリの根っこを食べないと きりたんぽ。 (斎藤)おいしいんですよ。 これがないと ダメっていう。 そうですね。 これ 入れさせていただいて。 <入れて間もなく> (久住)早っ! あんまり煮ちゃうと シャキシャキ感が なくなるので。 さっと 食べるんですね。 はい。 ほとんど生ですよ。 おいしい。 (久住)まわりの人 みんな よだれたらしてるもん。 < さて メインのきりたんぽ そのお味は?> (滝沢さん)じゃあ これ 葉っぱのほう いってみますか? おいしい このきりたんぽ。 (滝沢さん)手作りみたいですよ。 秋田のお酒にも 間違いなく合う。 まずいですね これはね。 できれば VSですよね。 顔 作ってたのにね。