唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享孤独的美食家第二季11日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

北千住って すごいことに なっちゃったんだな…。 便利になるのはいいが 駅が どんどん 大きくややこしくなってる。 それにしても 千住って たしか 日光街道と 奥州街道の最初の宿場町だ かの松尾芭蕉も ここから 奥の細道を 歩き出したとか… それにしても…。 腹が減った… 店を探しましょうか <時間や社会に とらわれず 幸福に 空腹を満たすとき つかの間 彼は 自分勝手になり自由になる> <誰にも邪魔されず 気を遣わず ものを食べるという孤高の行為。 この行為こそが 現代人に 平等に与えられた 最高の癒やしと いえるのである> う~ん 何だろうな。 う~ん ほ~ 飴屋さん。 いいな。 でも さすがに飴じゃ 腹が満たされないよな って せんべい屋も一緒か 宿場町の飯 といったら何だろう。 う~ん こっちはどうかな? おっ おいしかったね。 でも あんた食べすぎ。 いいの。 おいしかったから。 女子って タイ料理好き 多いよな。 俺も好きだけど タイか… ((なんか 今日はごめんね。 いろいろ つきあわせちゃって。 おかげでさ いい雑貨 手に入ったわ。 それはよかった。 それにさ ちょっとした デート気分だったしね。 おいおい… 何 真に受けちゃってんの? 私 人妻だよ。 全然 真に受けてないが… ねえ 五郎ちゃんってさ 扱ってる雑貨 ヨーロッパ系が多いの? ま 基本的にはそうだけど 顧客の要望があれば 何でもやってるよ。 この間も アフリカの魔よけ輸入したし。 魔よけ? うん。 どんなの? わかる? わかんない。 ああ そう…。 じゃあ アジア系雑貨とかも 大丈夫なの? もちろん大丈夫だよ。 ほお~。 何で? いや 同級生の女友達がさ アジアンカフェやりたいって 言ってんのよ。 へえ。 それでこの前 雑貨の話になって 五郎ちゃんの話もしちゃったの。 アジア系だったら タイのティーセットなんかいいよね。 ベンジャロン焼きっていう タイの伝統的な焼き物とか あとバッチャンっていう ベトナムの陶磁器なんか人気だよ。 彼女は タイだね。 じゃあ 来週あたり彼女の相談に のってもらってもいい? うん もちろん)) うん ちょうどいい。 タイ雑貨の実地調査にもなって 一石二鳥 よし。 宿場町の飯とは程遠いが ここにしよう おお。 女性客しかいない お待たせしました。 いらっしゃいませ。 こちらの席 どうぞ。 おお あそこにも一匹オオカミ いらっしゃいませ。 ほお~ 悩んでるなあ… すみません! はい。 21番の生春巻きと 54番のレッドカレー炒め。 それから…。 女のほうが意外に スパッて メニュー決めてくるんだよな はい。 あっ… あ… えっと~。 もう少し 待ってもらっても いいですか? かしこまりました。 男のほうが優柔不断。 ん? ((ねえ 五郎ちゃん いつまで悩んでんの? ちょっと待って…。 この黒糖バナナチーズケーキも 捨てがたいんだよなぁ。 はい 時間切れ! じゃあ 私が その黒糖バナナチーズケーキで 彼は フォンダンショコラ バニラアイス添えください。 おいおい…。 ほんと男って 優柔不断なんだから。 すみません。 絶対 おいしいから。 ひと口 あげるから)) すみません。 はい。 注文 いいですか? はい。 イカのタイバジル炒めと…。 えっと…。 あ…。 48番の これ。 はい。 番号で頼むならわしか それと… 64番の これ。 はい。 98番をください。 98… はい。 以上で よろしいですか? はい。 かしこまりました。 ふぅ… よし。 64番 ほぉ~。 98番…。 なるほど そうきましたか ならば こちらは… お~っと サラダだけで こんなに… お勧めシールに グラグラきちゃって 攻め手が決まらない。 この色… タイだ うわ~。 まるごと 魚を揚げちゃったか。 いかにもだ。 飯ものも麺も いっぱいあるぞ ん? まずい…。 ただ 全部見ちゃった こっちの気持が読まれてる。 負けられん。 整理しよう。 まず 野菜を入れよう。 そこに タイらしい辛さもほしい。 うん こんな感じで 攻め込んでみるか すみま…。 はい。 あ すみません。 え~と… カイランの炒めと。 えっと…。 そうだ… 番号注文だった あ すみません。 えっと 37番です。 37番の カイランの炒めと え~ 56番の 牛ひき肉と タイスパイシーハーブ。 はい。 それと…。 え~ 89番のライス お願いします。 はい。 あと すみません。 この3番のタイ北部ソーセージ焼きと 7番のタイ東北部ソーセージ焼き っていうのは どういうふうに違うんですか? あぁ…。 タイ北部ソーセージは 5種類のハーブと 香辛料が入ってます。 で こちらのタイ東北部ソーセージには お肉が多めで にんにくとパクチーが入ってます。 はぁ…。 説明を受けても イマイチ ピンとこないなぁ…。 お勧めシールを信じよう 7番 ください。 はい。 あっ あとね え~ タイティーをください。 タイティー。 はい かしこまりました。 はぁ…。 ゾウは タイでは特別な動物だ。 国の形がゾウの頭に似ていることを タイの人は誇りに思ってるとか ありがとうございました。 またお越しください。 いらっしゃいませ。 そちらの席どうぞ。 それにしてもこの店 女性率 高いな 戦友がいなかったら 相当 心細いことになってたかも お待たせしました。 イカ エビ 鶏。 いいバランスじゃないか ほぉ 立てた戦略が うまくいってるようだ うまそうに食べるな うまい。 にんにくがガツンと効いてるぞ ん? つかの間の戦友が去り 男1人 いらっしゃいませ。 こちらの席どうぞ。 やっぱり女性 すみません。 はい どうぞ。 28番と え~と… 96番のエビチャーハン。 え~と 私は35番。 最初から 決めてきてるんだなぁ 女子は。 常連か 何かで読んできたか。 まずは メニューを組み立てる楽しみ 食の戦略を 楽しんだほうが いいんじゃないのか お待たせしました。 あぁ すみません。 はい。 いただきます。 まずは カイラン。 空芯菜っぽいな うんうん… うまい! カイラン うまい ちょっと おつまみくさいな。 もっとこう フランクフルトみたいに ガブッといきたい気分なんだが でも ドイツよりも 断然 味が濃いぞ 濃い分 こっちのほうが おかずっぽい これが楽しみなんですよ ほぉ…。 ひっ! おう 辛い辛い。 あっ… あとからくる。 辛さが追っかけてくる タイティー 甘い ムエタイだったら いきなり ハイキックもらっちゃったような感じ。 こいつは 牛ひき肉かけご飯にすべきだな 正解。 この戦法 当たり。 いい! これ いいぞ! スパイスのキック力をやわらげながら からめ取っていく感じだ でも やっぱり くるなぁ からっ! 女は こんな辛いもんを よく平気な顔して食うなぁ。 きっと生物学的に 男より刺激に強いんだな。 かなわないよ 失礼します。 お待たせしました。 きたきた。 おいしそう。 ありがとうございます。 わぁ~ おいしそう。 食べよ。 ?~ やっぱり タイカレーは いっときたいかな。 ライスもあることだし すみま…。 はい。 すみません。 78番の 煮込み鶏肉とジャガイモカレーください。 はい かしこまりました。 小気味のいい食べっぷりだ ダイエットしてなかったっけ? いつの話よ それ。 男できた瞬間に やめたから。 マジ? マジ。 で 今の彼 食え食えって。 何それ? もしかして 彼 デブ専? 違うって。 ぽっちゃり好きなだけだから。 あぁ…。 あんた 間違いなく太るわ。 え? ううん。 何か言った? 何も言ってない。 はい お待たせしました。 この容器も感じだなぁ。 それに… この色 この色。 いかにもタイカレーだ ジャガイモ… でかし そうそう タイカレーって 優しい味なんだよなぁ。 さっきの牛ひき肉が 攻めのエスニックなら タイカレーは 守りのエスニックだ うん… やわらかい。 からめ手で攻めてくる カレー味チキン… 嬉しい うん いい。 これ うまい。 今日の戦略 ハズレなしだ カレーは強い。 どこの国の 誰と戦っても 最後は 自分の世界に 引きずり込んで 勝つ。 そして 俺も この香りに あらがえず 気がつけば がっついている ?~ 麺にも気になってるのが あるんだよなぁ… すみ…。 すみません。 は~い。 すみません。 えっと…。 まだ召し上がるんですか? はい 92番をください。 はい 92番ですね。 お待ちください。 お初 あ… 何だろう? 甘辛醤油。 思ってたのと違う 初対面なのに すぐに 打ち解けてくるような味だ 確かに 異国味なのに なんとも ちょうどいい味付け ?~ あ~。 ごちそうさまでした。 ありがとうございました。 あっ…。 ((ねぇ 五郎ちゃんてさ 男なのに 甘いもん好きだよね。 まぁ。 甘いものに 男も女も ないと思うが 彼女が アジアンカフェやりたいって 言い出したのも タイのスイーツに ハマったからなんだって。 おいしいんだって。 へぇ~)) やっぱり ココナッツミルクなんだろうなぁ。 ってことは カノムトイってのか 焼きプリンか カノムトイください。 はい。 かわいい あっつ! あっ 甘い。 うまい。 アツアツ さて こっちは… あれ? 味が違うような…。 見た目は同じなんだが 気のせいかな… ?~ はぁ~ うまかった。 ちょっと深入りして 食い過ぎたが 今日の戦は 俺の大勝利と言えよう 久しぶりの タイ料理 楽しかったなぁ ここから芭蕉が 歩いて東北か あれ? そういえば 今日 俺って 何の用事で 北千住に 来たんだっけ? あっ そうだ。 このまま帰る ところだった。 いかん いかん。 あそこに行って あれを見て…。 間に合うかな? < このあとは タイのビールも進んでしまう 辛めの料理が 続々登場> <原作者 久住昌之が 実際に お店訪問> <ドラマの舞台となった タイ料理 ライカノ。 本場 タイで修業を積んできた コックさんが作るメニューは…> <料理を待つ間 久住さんはというと 当然> タイのビールですね。 シンハー。 しようがないなぁ! <人気メニューのひとつ < お酢につけた パプリカ レモングラスの葉をとかした ソースなどで仕上げています> おいしい これ! 歯ごたえがすごい いい。 <続いて頼んだのは お店の一番人気という 空芯菜炒め> 砂糖 唐辛子 タイ風ガーリックソースで炒めることで しっかりとした味と辛さに 仕上がるとか> これは 初めて食べるぞ。 おいしい! 中華料理の空芯菜と ぜんぜん違うんですね。 もっとね 香ばしいっていうか…。 <ラストは <鶏肉 タケノコ ピーマン パプリカなど 具だくさんな ひと品> ココナッツが効いてる カレーなんだ。 タケノコとかね 彩りも すごくいいでしょ。 辛いからって どんどん飲んじゃいますね。