唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享爱无罪02日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多
(佳音)お母さん! お母さん! 
(耀司)佳音! 行っちゃ 駄目だ!
(新庄)両親を 殺してるんだ。
あの子の 兄ちゃん。
(池田)お兄さん 事件前まで ずっと 引きこもりだったんだよね?
(佳音)兄が 2人を…。 父と母を 殺したなんて あり得ません。
(殉也)写真 撮ろう。
えっ?
笑って。 せーの。
お兄ちゃん。
わたし 好きな人ができた。
(耀司)うわあーっ!
(看守)何 やってんだ!? お前は!
(義道)大丈夫か?
(美月)大丈夫です。
いつか きっと わたしに 振り向きますから。
(昴)ごめんね。
俺 好きな人 いるんだ。
ねえ? 聖花。
どうすれば 笑ってくれんのかな?
(美月)家の前に オルゴールが 置いてあった?
うん。 プレゼントみたいにさ。
うん…。
誰か 子供の いたずらなんじゃない?
ほら。 ルリ子ちゃんとか。
ルリちゃんねぇ。
だって 殉ちゃんのこと 好きでしょ? あの子。
でも 昨日 ルリちゃんから プレゼント もらったよ。
そっか。
ってことは
ほかにも 殉ちゃんのことが 好きな子 いるんじゃない?
うーん。
あっ。 緑ちゃん。
いや 待てよ。 春子ちゃんかな…。
もてもてだね 殉ちゃん。
そんな ちっちゃい子ばっか もてても しょうがないじゃん。
お願いします。
(男性)山田 加奈子さん 19歳。 清掃員の経験は あるんだね?
はい。 あります。
(男性)今日から できるの? 
はい。 よろしく お願いします。
(藤堂)秋山。 食事だ。
(藤堂)昨日は どうした?
暴れたりして。
(藤堂)もったいないよな。
お前 仮釈放の 上申 したところなのに。
これで どうなるか 分かんないぞ。
先生。
(東野)あっ。
変わりはないですよ 特に。
(東野)自発呼吸も 弱いですし 不安定な状態が 続いています。
急変したら すぐに 連絡してください。
あっ…。 はい。
(昴)よっ。
おう。
聖花の顔 見に来たよ。
うん。
聖花。
昴が 花 持ってきてくれたよ。
(昴)聖花。
メリー クリスマス。
昴。
悪いんだけど
来週 聖歌隊の慰問コンサートで 1日 留守にすんだよ。
聖花のこと 見ててくれるかな?
ああ もちろん。
サンキュー。
うん。
コーヒー 入れてくる。
うん。
(昴)あれから 3年になるんだな。 
うん。 あっという間だったけどな。
奇麗なままだな。 聖花。
きっと お前に 愛されてるせいだよ。
俺は 聖花のこと 愛してんのかな?
何 言ってんだよ?
時々 思うんだ。
聖花の体は 確かに ここにある。
けど もし 心が ここに ないとしたら…。
だとしたら 俺は 聖花の 何を 愛してんのかなって。
はい!
あっ 美月。
慰問コンサートの 譜面 持ってきたの。 はい。 これ。
ありがと。
あっ。 わたし 帰るから。
あっ…。 うん。
(昴)俺も 帰るよ。
じゃあね。
うん。
(美月)じゃあね。
うん。
(美月)わたしには 会わせてくれないんですよね。
(昴)えっ?
(美月)聖花さんのこと。
(昴)ああ…。
(美月)殉ちゃん 全然 話してくれなくて。
(昴)そう…。
(美月)専用の 部屋まで つくって。
何で あんなに 一生懸命 面倒 見れるのかな?
もう 3年でしょ?
これから先の 殉ちゃんのこと 思うと
心配になっちゃって。
(昴)俺も それは あるけどね。
(美月)どんな人だったんです?
聖花さん。
(昴)うん…。 聖花は そんなに いい女じゃなかったよ。
優しくもなかったし 誠実でもなかった。
いい奥さんに なるような タイプじゃなかった。
そんな人を あんなに?
そういう女だからこそ
好きに なるっていうことも あるんじゃないかな。
(義道)神の慈しみに 信頼して あなたの罪を 告白してください。
(美月)今日 わたしは 大きな罪を 犯しました。
(美月)ある人の…。
ある人の死を こいねがいました。
その気持ちが どうしても 消えません。
(義道)神は どんな罪も 許してくださいます。
悔い改めの祈りを 唱えなさい。
(美月)神の子 主 イエス。
もう あなたの子と 呼ばれる資格は ありません。
罪人の わたしを 哀れんでください。 アーメン。
(智代)お待たせしました。
(智代)秋山さん。 日本の裁判では 一度 罪状が 確定すると
なかなか 覆らないのよ。
お兄さん もうすぐ 仮釈放なんでしょ?
しっかり反省して 更生する道を 選んだ方が 賢明ですよ。
兄は 何も してないんです。
(智代)正直 今 揃ってる証拠だと 裁判での 勝ち目はないですよ。
(女性)島田さん。
(智代)はい。 ちょっと失礼します。
(佳音)お兄ちゃん。 元気ですか?
わたしは元気です
そして 毎日が 楽しいです
好きな人がいる。
ただ それだけで
好きな人が この街にいる。
ただ それだけで
「こんにちは」って 声を掛ければいい。
お兄ちゃんは そう思いますか?
でも あの人が わたしのことを 知ってしまったら…
本当に 知ってしまったら…
ほかの みんなと 同じように
あの人も きっと わたしから 離れていくでしょう
だから これで いいんです
あの人を 遠くから こうして 見詰めていられる
ただ それだけで
(藤堂)秋山。 面会だ。
池田 次郎っていう 雑誌記者 知ってるか?
(池田)初めまして。
先日 妹さんにも お会いしてきたんだけど。
率直に言って 君を 助けたいと 思ってる。
刑務官の人にも 言われてるんだろ?
事件のことを 振り返って
深く 反省しているということを 伝えれば 仮釈放も 早くなるって。
その相手 僕にしてみたら どうだろう?
(耀司)悪いことをしたと 言えと いうんですか?
それは できません。
(池田)どうして?
何も してないからです。
君は 逮捕後 すぐに 両親の殺害を 自白。
ところが 裁判では 一転 無罪を主張して
それを 押し通した。
僕は この事件には 複雑な 事情があると みてるんだよ。
(池田)ホントは 言いたいのに
言えないことが あるんじゃないのか?
君は 両親を殺害し その後 証拠を消すために
灯油をまいて 火事に 見せかけた。
調書には そう ある。
目が覚めたとき 父と母は すでに 殺されていました。
灯油を まいたのは
2人の 無残な姿を 妹に 見せたくなかったからです。
じゃあ 誰が 殺したんだろう?
分かりません。
(池田)お父さんの胸には ナイフの 刺し傷があった。
その ナイフからは 君の指紋しか 検出されてないんだよ。
その ナイフと 同じ刺し傷が お母さんの 腹部にもあった。
状況証拠からは 君が やったとしか 思えない。
僕は…。
やっていません。
(春江)はい。 ええ。
父が またですか。
ああ。 でも 今 抜けられないんですよ。
もうしばらく 待っていただ…。 いや…。 はい。 分かりました。
はい。 すぐ 伺います。
君 誰?
何してんの? ここで。
君は 辞めたんじゃ…。
(昴)殉也!
何も とられてないか 見て。
ああ。
これ 動かしたのも 君?
何で 勝手に 上がりこんだりなんか…。
(昴)警察 呼ぼう。
一度 写真 撮ってあげたんだよ。
写真?
うん。 アルバムから 写真 抜き取ろうとしてたから
写真 欲しいんなら 一緒に 撮ろうって。
ハァー。
完全に 女ストーカーだな。
お前 優し過ぎるから 付け込まれるんだよ。
でも よかったな。
このドア 開けられずにすんで。
うん。
おい。 殉也!
うん?
聖花。
笑ってる。
聖花。
聖花。
聖花。 聖花。
聖花! 聖花!
聖花!
(吉田)秋山は 今日は 風邪 ひいて 会えんそうです。
風邪?
(吉田)今日は
お引き取りください。
すいませんが。
(藤堂)おい。
(藤堂)本当に 会わなくていいのか?
遠くから 会いに来たのに。
気の毒じゃないか。
お兄ちゃん。
風邪をひいたって 本当ですか?
ねえ? お兄ちゃん。
空には こんなに たくさん 星が あるんだもの。
その1つが 急に消えて なくなっても
きっと 誰も気付かないよね
はい。
(昴)秋山 佳音さん?
はい。
(昴)この名前で いいんだよね? 山本 和美さんじゃなくて。
よかった。
前の会社に 登録したときと
携帯の番号 変えてなかったんだ。
あっ。
長崎 殉也の 代理の者です。
(昴)こないだは ごめんなさい。
君のこと 誤解してた。
あっ。 あ… いえ。
殉也君の家に
週に 一度 掃除に 来てもらえませんか?
えっ?
今度の週末は どうでしょう?
ほかの仕事の 都合は あるとは思うんだけど。
あっ ああ。
はい。 大丈夫です。
ああ。
では よろしく お願いします。
ああ。
あっ。 来るの 見えたから。
あっ。 どうぞ。
掃除機は ここね。
はい。
あと もう一度 言うけど あのドアには 触らないで。
ああ はい。
うん。
この部屋と 台所と お風呂と トイレを掃除して。
で 時間が余ったら 好きなこと してていいから。
好きなこと?
歌ったり 踊ったり。
いや あの。 冗談なんだけど。
ああー。
ねっ? あっ。 まあ いいや。 じゃあ よろしく お願いします。
はい。
うん。
あの!
ああー いえ。
いってらっしゃい。
うん。 いってきます。
何で 雇ってくれたのかなんて 聞くのは よそう。
幸せが 向こうから やって来てくれたんだもの。
大事に扱わなきゃ また 壊れてしまう
ただいま。
(佳音)「冷蔵庫の中のもので 作りました。
よかったら 食べてください」
(昴)で どうよ?
彼女 雇ってみて。
うん。
(昴)聖花に あの反応が出たのは
やっぱり あの子のせいだって 思ってるんだ。
違うかもしれない。
でも そうかもしれない。
(昴)取りあえず 試すだけは 試そうと。
聖花 笑ったの 3年ぶりなんだ。
バカみたいだと 思うかもしれないけど。
いや 思わないよ。
でも 案外 お前の 言うとおりかもしれないよ。
あの家に 若い女の子 入れたの 初めてなんだろ?
うん。
もしかしたら 聖花
嫉妬したのかもな。
嫉妬? 聖花が 俺に?
聖花らしくないけどさ。
お前に 焼きもち 焼かせることは あっても
自分が焼くなんて なかったもんな。
うん。
でも 面白いじゃん。
その聖花が 嫉妬してるとしたらさ。
そうだよ。
俺が 聖花なら こう思う。
あの子は 若いし 健康だし 殉也と 話も できるんだわって。
その思いが高じて むっくり 起き上がったりしたら
面白いよな。
あのな!
ごめん ごめん。 冗談だよ。
冗談でもなぁ。
ただいま。
おかえりなさい。
いいよ 歌って。
えっ?
今 歌ってたでしょ。
歌って。
いや。 でも…。
?「いつくしみ深き 友なる イェスは」
(佳音・殉也)?「罪 とが 憂いを 取り去り給う」
?「心の嘆きを 包まず 述べて」
?「などかは 下ろさぬ 負える 重荷を」
?「いつくしみ深き…」
お疲れさま。
ありがとうございました。
あっ!
サンドイッチ おいしかった。
ありがとう。
いえ。
それと これ。
あのオルゴール 君だよね?
その お返し。
あ…。
ありがとうございます。
(池田)さあ 何でも どうぞ。
(池田)おおっ?
チョコレートパフェ ありますよ。
わっ。 フルーツパフェもある。
あの。
もう やめてもらえますか?
迷惑なんです。
記者さんに うろうろされると。
この前 お兄さんに 会ってきました。
何もしてないの 一点張りでね。
まあ 大したことは 聞けなかったんだけど。
でも お兄さんは 明らかに 何かを隠してる。
冤罪の可能性も あると思うんだ。
そう言ってくれた人は 初めてです。
兄を 助けてくださるんですか?
事実を暴くのが 記者の 仕事だからね。
それが 事実なら そうしますよ。
(ウエートレス)ご注文は お決まりでしょうか?
(池田)ああ。 パフェ 食べる?
はい。
チョコレートパフェ 2つ。
(ウエートレス)はい。
お兄ちゃん。
風邪の具合は どうですか?
毎日 とても 寒いから 心配です
今日 池田さんって 記者の人に 会ったの。
その人が お兄ちゃんを 助けてくれるって。
冤罪かもしれないって
頑張ろうね お兄ちゃん。
横浜に出てきて 本当に よかった。
希望が見えてきたね
あっ。
こんにちは。
(昴)殉也の家の仕事は どう?
あ…。 あっ はい。
(昴)何でも 言ってよ。
待遇に 不満があったら
伝えてくれって 殉也から 言われてるんだ。
不満だなんて とんでもない。
感謝してます。
殉也さんって いい人ですよね。
サンドイッチも 喜んで 食べてくれたし。
(昴)えっ?
あっ。 余計だったでしょうか?
いやー いいよ。
あいつは 忙しいから
健康に 気遣ってくれる人が いた方がいいんだ。
彼女とかは いないんですか?
あっ。 いえ いいんです。
すいません。
いないよ。
1人 忘れられない 恋人がいた。
でも…。
もう いない。
あいつは 独りぼっちなんだ。
殉也のこと よろしくね。
はい。
うん。
(殉也)ただいま!
ただいま。
おかえり。
聖花!
ただいま。
変わり なかった?
うん。
あいつは 独りぼっちなんだ。
殉也のこと よろしくね
お疲れさまでした。
(駅員)お疲れさま。
あ…。 気のせいか。
ごめんね 聖花。
俺 半分 あきらめてたんだ。
ホントは もう 治らないんじゃないかって。
何やっても 無駄なんじゃないかって。
でも 違うんだよな。
聖花は 分かってる。
俺の 迷う気持ちも 全部 感じてる。
お兄ちゃん。 人は どうして 嘘をつくのでしょうか?
誰かを 喜ばせたくて?
それとも 悲しみに 突き落としたくて?
あの人を 見てるだけで 幸せなんて
わたしは 自分に 嘘をついてた