唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享爱无罪04日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(殉也)聖花! 聖花! (佳音)だったら わたし 祈ります。 あなたに 幸せに なってほしいから。 (耀司)妹に 近づくな。 これ以上 妹の周りを かぎ回ったら お前を殺す。 (佳音)お兄ちゃん。 ごめんね どうしてか よく 分からないけど わたしは あの人に お兄ちゃんのことを 見られたくなかった あっ…。 遅いよ お兄ちゃん。 どこ 行ってたの? (耀司)ああ…。 うん。 まっ いっか。 早く 座って。 今 準備 するから。 あしたから 仕事だね。 保護司の松下さんが 迎えに来てくれるって。 そっか。 うん。 ごめんね。 わたしも ついていきたいんだけど 新しい仕事が 入ってて。 仕事? うん。 ピアノ・バーの ウエートレス。 時間は 遅いんだけど 心配しないで。 ホステスとかじゃないから。 それに 紹介してくれた人も すごく いい人だし。 あいつか。 うん? ああ いや…。 おっ。 うん。 うまいよ この漬物。 ホント? うん。 自分で 漬けてみたんだけど なかなか お母さんの味に なんなくて。 (昴)あっ…。 やったのは 俺だよ。 お前には お前の人生を 生きてほしいんだ (昴)返すよ。 聖花の 部屋の鍵。 こんな危ない男 二度と 聖花に 近づけられないだろ。 昴。 はたからは どう見えても 聖花は 俺の目には 生きてるし 笑ってる。 大げさじゃなく 俺の 命なんだ。 分かったよ。 だったら 大丈夫。 昴が いたから ここまで やってこれたんだ。 俺 1人だったら くじけてたかもしれない。 来週 聖花の誕生日なんだ。 うちに 来てくれるよね? あっ…。 ああ…。 (岩崎)秋山君は ある罪を 犯して 長野の刑務所に 服役していたんだが 服役中の態度が よかったので 仮釈放が 認められたそうだ。 色々と 助けてやるように。 秋山です。 よろしく お願いします。 (宮川)秋山 佳音ちゃん。 19歳か。 いいよ。 殉也の紹介なら 間違いないだろう。 ありがとうございます。 よろしく お願いします。 でも まだ 未成年だよね? 親御さんの了承 取ってんの? あっ あの。 わたし 親は いないんです。 へぇー。 じゃあ 殉也と同じだ。 ハハハ…。 秋山さん。 佳音でいいです。 あっ…。 じゃあ 佳音ちゃんで。 はい。 お父さんと お母さん 亡くなったの いつ? 6年前。 13歳のときです。 家が 火事で…。 きょうだいは? ずっと 1人? はい。 今まで どうやってきたの? 中学を 卒業するまでは 親戚の お世話になって それからは いろんな バイトして。 でも 働くの 好きだから。 偉いんだね。 僕は 父が 教会の パイプオルガンの職人で 周りの人が よくしてくれて 音楽学校を 出られたんだ。 あんまり 恩返し できてないけどね。 でも 1人で 頑張れるなんて ホントに 偉いね。 (卓夫)秋山さーん。 (卓夫)ねえ。 ある罪って 何やったの? ねえ? 教えてよ。 こんばんは。 新しい職場は どう? 気に入ってる? はい。 とっても。 ここなら ずっと 殉也のそばに いられるしね。 えっ? ああ…。 答えなくていいから。 あっ…。 お水 持ってきます。 (ユキオ)久しぶり。 すごい 久しぶりだよね。 何年ぶりかな? (昴)ああ…。 そうだな。 (ユキオ)今 1人? もしかして 恋人 いるの? それ まさか 女ってこと ないよね? 違うよ。 (ユキオ)僕ね 時々 ここの店 来るんだ。 あの人の弾く ピアノが好きで。 (ユキオ)まあ 気が向いたら 連絡して。 僕 今 フリーだから 一応。 見てたよね? 今のは 秘密ね。 君にも 人に言えない 秘密 あるでしょ。 秘密? お兄さんのこと。 すいません。 君と僕だけの 秘密だよ。 ただいま。 お兄ちゃん。 ほら。 布団 敷いて 寝ないと 風邪 ひくよ。 ずいぶん 遅いんだな。 ああ…。 うん。 でも その分 時給もいいから。 そうか。 君と僕だけの 秘密だよ あっ ねえ。 あした 休みだから 一緒に どっか 行かない? 全部 持ったね。 お財布でしょ。 ガイドブックでしょ。 あっ はい。 (卓夫)あれ? 間違えたかな? あの…。 兄に 用ですか? おい! いるんだろ? (耀司)何の用だ? (卓夫)こういうもん 買わないかなぁと思って。 いらないよ。 (卓夫)ふーん。 まじめなんだね。 妹さん カワイイじゃん。 妹に 手を出したら 殺す。 うわっ。 物騒なこと 言うね お宅。 何やったの? もしかして 殺し!? (耀司)さっさと 行け。 準備 できたか? うん。 行こうか。 あっ。 ここだー! あっ。 肉まん おいしそう! 買おうか? (耀司)高いんじゃないか? いいよ。 持ってて。 うん。 やっぱり 中華街の肉まんは コンビニとは 違うね。 (耀司)そうなのか? 「そうなのか」って そうじゃん。 (耀司)よく 分かんないからさ。 お兄ちゃん。 これからは ずっと 一緒にいようね。 うん? こうやって 一緒に おいしいもの 食べたり 奇麗な景色 一緒に 見たりしよう。 お父さんと お母さんが 生きてたころみたいに。 うん。 (耀司)いや よせよ。 恥ずかしい。 いいじゃん たまには。 子供のころ よく こうやって 歩いたよね。 こっちに お母さんか お父さんがいて わたしが 「ブランコ して」って言うと こうやって びゅんって 持ち上げてくれてさ。 そうだっけ? いつごろからかな…。 いつから 家族で 手を つながなくなったのかな…。 (耀司)佳音? 佳音 どうした? 佳音。 佳音? 佳音? いい家族だったよ 俺たちは。 仲良くて 楽しくやってた。 いっつも 一緒で いっつも 笑ってた。 佳音。 佳音 覚えてるだろ? なっ? 佳音! うん。 そうだよね。 うん。 よし。 行こうか。 うん。