唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享爱无罪07日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(殉也)佳音ちゃん! 佳音ちゃん? あっ。 聖花の 寝返りの時間だ。 聖花。 佳音ちゃんが 花 持って…。 (佳音)どうしました? いやぁ…。 医学的に 説明不可能なことが 起こっていますね。 (東野)ただ 3年間 脳の機能が 低下していた 後ですからね。 脳に 多少の障害が 残っていることは 考えられます。 大丈夫です。 リハビリ 頑張りますから。 (東野)希望を持って 頑張りましょう。 はい。 何でも 言ってくださいね。 わたし 精いっぱい お手伝いしますから。 ありがと。 聖花。 いい天気だね。 聖花 見てごらん。 佳音ちゃんが 持ってきてくれた カサブランカだよ。 聖花 駄目だよ。 お花が かわいそうだろ? あっちの部屋 行こうか。 (昴)信じられないな。 あの状態から そこまで よくなるなんて。 (殉也)だろ? 信じて やってきた かいがあったよ。 (昴)でも 障害は 残んないのか? 本で読んだけど 人間の脳細胞の 回復力って すごいんだよ。 リハビリしたら きっと しゃべれるようになるし。 あの状態から 目が覚めたんだから これから先 何だって 起こるよ。 うん。 そうかもしれないな。 そんなことより 早く 聖花に 会いに来いよ。 昴が来たら 喜ぶよ。 聖花 俺のこと 分かるかな? 何 言ってんだよ!? 分かるに 決まってるよ。 (美月)聖花さん…。 奇跡が 起きたんです。 (義道)よかったな。 神様は お前を お見捨てに ならなかったということだ。 聖花さん スープですよ。 聖花さん。 どうぞ。 あっ…。 どうしたの? あっ…。 聖花さん ちょっと 食欲が なかったみたいで。 あっ。 じゃあ 僕にやらせて。 ほら 聖花。 おいしいよ。 飲んでくれた。 じゃあ もう一口。 はい 聖花。 ほら。 さあ 聖花。 髪 洗おうね。 シャンプーと タオル 持ってきました。 わたし 脚 支えましょうか? ありがとう。 そこ 置いといて。 はい。 聖花。 首 大丈夫かな? 大丈夫? OK? よし。 ちょっと 待ってね。 シャワー 出すけど 熱くないから 大丈夫だからね。 大丈夫? よし。 うん。 (義道)美月。 (美月)心の中に 悪魔が いるんです。 (美月)殉ちゃんのために 喜んで あげるべきなんでしょうけど 喜べないんです。 (義道)人間は 弱いものだ。 その弱さを 神様は 分かっておられる。 ただいま…。 そう 聖花。 立ってごらん。 おい もう少し。 頑張れ! 頑張れ。 脚に 力 入れて。 そう そう そう…。 聖花 よくやったね。 もう少しだったよ。 ゆっくりでいいから 頑張ろうね。 よし。 じゃあ もう1回 やってみようか。 ねっ? よし。 よし おいで。 せーの。 (幸恵)あら。 帰ってきたの? はい…。 もう 帰ってこないと思って 次の契約 しちゃったわよ。 そんな…。 困ります! (幸恵)悪いけど 次のとこ 自分で 探してちょうだい。 敷金は 返すから。 ねっ。 (木内)秋山 順子? (池田)秋山 佳音という生徒の 母親です。 先生 事件の前に 色々と 相談を 受けてらっしゃったんじゃ ないですか? 覚えてますよね? (木内)ああ…。 (池田)あの その当時の 資料 残ってませんか? (木内)7年前でしょ。 そんな古いの 残ってたかなぁ。 佳音ちゃん! 殉也さん…。 どこ 行ってたの? 携帯 かけても つながんないし。 心配で 捜しちゃったよ。 ああ…。 あっ そっか。 着替え 取りに? あのう。 わたし…。 帰ろ。 帰りに 晩ご飯の 買い物していこう。 行こう。 あっ すいません。 聖花さんも 目を覚ましたし わたし もう いない方がいいと 思うんです。 次の仕事も すぐ見つけます。 アパートも 見つけますから。 何 言ってんの。 佳音ちゃんが いてくれて どれだけ 助かってるか。 佳音ちゃんの おかげなんだ。 聖花が 治るようにって 祈ってくれたから。 祈りが 通じたんだよ。 さっ 帰ろ。 この観覧車の写真 覚えてる? 俺 高いとこ 苦手なのに 聖花が どうしても 乗りたいって 言うから。 これは 横浜の花火大会。 携帯の充電 し忘れちゃって 途中で 写真が撮れなくなって 聖花 めちゃくちゃ 怒ってた。 忘れちゃった? あっ。 これは 知り合ったころ キャンパスで撮った 写真だ。 懐かしいな。 そうだよ。 昴だよ。 やっぱり 覚えてたんだ。 そうだよ 聖花。 あっ…。 聖花。 今日は カボチャのスープだよ。 おいしいよ。 どうしたの? 聖花。 食べないの? あっ。 大丈夫ですか? あっ 大丈夫。 ありがとう。 昴さん。 (昴)ああ 佳音ちゃん。 腹が減ったから 飯でも 食おうと思って。 じゃあ 一緒に 行きましょう。 うん。 昴さん。 聖花さんには 会わないんですか? 忙しくてね。 ちょうど 注文が ばたばた 入っちゃって。 じゃあ 会ったら きっと びっくりしますよ。 早く 会いたいって 思わないんですか? (昴)そんなに よくなったんだ? 聖花。 もう 見違えちゃうぐらい。 あっ。 でも まだ 言葉は 出ないんですけど。 残念だったね。 えっ? 聖花が 元気になって。 そんなこと 言わないでください! わたし 殉也さんが 喜んでる顔 見るのが 一番 うれしい…。 無理するなよ。 俺は 実を言うと そんなに うれしくない。 あっ 昴! (宮川)おお! ちょうど よかった。 店長に 聖花のこと 紹介しようと思ってさ。 聖花。 昴だよ。 (聖花)昴…。 (宮川)あっ 感激。 すごいじゃん。 聖花ちゃん 歩けるんだ!? (バーテンダー)よかったですね。 そうだね。 歩けた。 すごいじゃないか 聖花。 よかったな。 おい。 聖花。 よいしょ。 (昴)聖花…。 さあ 聖花。 着替えよっか。 その服は 汚れてるから ちゃんと 着替えなきゃ 駄目だよ。 万歳して。 ほら。 万歳して。 聖花。 聖花。 駄目だよ 着替えなきゃ。 汚れてるからね。 聖花。 言うこと 聞いて。 聖花。 聖花! 聖花に 怒鳴っちゃった。 自分で 自分が 嫌になるな。 気にすること ないですよ。 ほら。 親だって 子供に 怒鳴るじゃないですか。 すごく 愛してても。 そうだよね。 聖花さん。 お着替えしましょうね。 女の人は 違うのかな…。 後は わたしが やりますから。 じゃあ 俺 あっち 行ってるね。 ボタン 外しますね。 せーの。 聖花! 何してんだよ? 聖花。 どうしました? どうしたんだろう? 子供みたいに ごみ箱 あさっちゃって。 わたしです…。 この写真 ちぎったの わたしなんです。 昴さんと 聖花さんと 殉也さんが 3人で 楽しそうに 仲良くしてたから うらやましくて。 人が 笑ってる写真が 好きだから…。 ホントに? そう。 分かったよ。 さあ 聖花。 ベッドに戻ろうか。 はい。 (殉也)聖花が いなくなった! 聖花さんが!? ちょっと 目を離したすきに 消えてたんだ。 どうしよう。 万が一 事故にでも 遭ってたら…。 わたしも 捜してみます。 聖花さんは? 見つかった。 昴の所にいた。 そうですか。 とにかく 無事で よかった。 けど よく行けたな。 よく 道も 覚えてた。 少しずつ 思い出してるんじゃないですか? いろんなこと。 そうかもしれないね。 迎えに行かないと。 わたしも行きます。 (昴)入って。 聖花。 疲れてるみたいなんだ。 ここまで歩いてくれば 当然だけど。 聖花。 うちに帰ろう。 どうしたんだよ? 聖花。 (昴)今夜は みんなで こっちに 泊まってったら どうだ? お前も たまには 休んだ方がいいよ。 あれだよ たぶん。 お前が リハビリとか 一生懸命 やり過ぎるから それで 聖花 ちょっと 逃げたくなったんだよ。 そうかな…。 もしかしたら 聖花は ずっと前から…。 ずっと 俺から 逃げたかったんじゃないのかな。 (昴)何 言ってんだよ? やっぱり あれは 自殺だったんじゃないのかな…。 絶対に そんなことない! 昴。 友達なら ホントのこと 言ってくれよな。 聖花は お前が 好きなんじゃないか? 今の聖花は 子供みたいに 正直だから お前が 好きな気持ちを 隠せないでいる。 そう考えると ふに落ちるんだ。 何もかも すとーんって。 思い違いだよ。 ほかに 好きな男がいたら プロポーズ 受けたりしないだろ。 何で わざわざ そんなこと するんだよ? 思いを 断ち切るため。 バカバカしい。 もう こんな話 やめよう。 (昴)やっぱり お前ら 帰った方がいいよ。 タクシー 呼んでやるから 帰れよ。 聖花。 帰ろうか。 聖花。 聖…。 寝た。 この部屋にいると 思い出すなぁ。 よく 3人で 会ってたころのこと。 聖花さんとは どうやって 知り合ったんですか? 俺たちは みんな 同じ大学で 聖花は もともと 昴の友達だったんだ。 昴と 待ち合わせをしたときに 聖花が ついてきたんだ。 それが 最初だった。 何で 聖花の分まで おごん じゃあ 負けなければ よかったじゃん 殉也 初めまして。 聖花です  長崎さんは 何科なんですか? その年の クリスマスイブに 付き合ってくれって 申し込んだんだ。 2人 付き合うことに した⇔おいしいよ そうなのかなぁ? パンツが 脱げちゃった 誰か 取ってくんないかな? 取ってくれた人と 結婚してあげる プレゼント 欲しい うん⇔お 風船? はい ありがとう 風船 好きなの? 大丈夫。 僕が持ってる 殉也さん? ちょっと 寒くないかな? ああ そうですね…。 あっ。 でも 大丈夫です。  もう1枚 毛布 持ってくるよ。 昴。 世話になったね。 ありがとうございました。 さあ 聖花。 帰ろっか。 あ…。 聖花。 聖花 帰ろう。 聖花。 聖花。 あっ…。 (昴)聖花。 じゃあな。 (昴)じゃあな。 うん。 昴! (昴)うん? あした 聖花の 快気祝いやるんだ。 来てくれるよね? (昴)なるべく 行く。 必ず 来いよ。 分かったよ。 じゃあ。 聖花。 奇麗だよ。 今ごろ 聖花 喜んでるだろうなぁ。 聖花の喜ぶ顔が 見たい。 ずっと そう 思ってたんだ。 ハァー。 バカだよなぁ。 ずっと 一緒にいたのに 聖花が 一番 喜ぶこと 何なのか 気が付かなかったんだ。 昴の家で 手紙を 見つけたんだ。 手紙? 遺書だよ。 聖花の。 薬を飲んで 眠ってる 聖花を 一番 最初に見つけたのは 昴だったんだ。 式の前の日…。 2人は 会ってた。 聖花は 昴に 言ったんだって。 最後の思い出に 一度だけ 抱いてって。 昴 どうしたと思う? 抱いて それから さよならって 言ったんだって。 何 考えてんだよ! 昴。 そこまでしたなら どうして 一緒に 逃げてやらなかったんだ!? かわいそうじゃないか。 聖花が。 かわいそうじゃないか! 聖花が! かわいそうじゃないか! (池田)こんばんは。 ああ。 すぐ 失礼します。 ちょっと 確認したいことが ありまして。 秋山 佳音の 過去について。 (池田)秋山 佳音の母 秋山 順子。 彼女も 先生の 患者さんだったんですね。 先生 彼女に 不眠症のための 睡眠薬 処方してます。 当然 当時の悩みも 聞いてらしたんでしょ? 実は 彼女 学校の カウンセラーの 先生にも 相談してましてね。 その内容が 日誌に 残されてました。 (池田)結構ですよ。 何も おっしゃらなくても。 こちらは 先生の反応が 見たいだけですから。 秋山 佳音は 父親から 性的虐待を受けていた。 そうですよね? (佳音)お兄ちゃん。 人は どうして 祈るのでしょう? 時には 祈りが 聞き届けられないと 分かっていても