唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享Bitter Sugar09日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(江島市子)4月末日 締め切りで 2,000文字ですね? 書かせて頂きます。 (耕太朗)至急 会場 押さえます。 耕太朗。 市子。 一瞬 分かんなかった。 元気そうだね。 うん。 市子も。 あ そうだ。 えっ? 結婚 おめでとう。 結婚したんでしょ? 辻 房恵さんと。 ああ… 結婚した相手は 俺じゃないけど。 えっ? また 独りになった。 でも おなかの赤ちゃんは? 残念ながら 俺は 父親じゃなかった。 忙しそうだね。 ああ。 じゃあ また。 もしもし。 はい。 自分は 辻 房恵のおなかの子の 父親ではなかった。 そう告げた耕太朗の さみしそうな顔が 意外だった 恋の あの甘さを もう一度 味わいたい。 でも あの苦さは もう二度と味わいたくないできちゃってから 籍入れれば いいじゃん。 順序が 逆だろ。 だって そうでもしないと 耕太朗 結婚しないし。 ごめん。 だったら 耕太朗と別れて ほかの人の子ども 産む。 そうか。 ほかの人の子どもか。 (内藤)おお~ うまそうだな。 (橋本まり)花嫁修業は バッチリだよ。 まり。 うん? やっぱり 結婚っていう形に とらわれる事 ないんじゃないかな? 私 内藤さんと出会って 初めて 子どもが欲しいって思った。 子ども? うん。 内藤さんと私の子ども。 子どもったって 俺 もう50だよ。 私は もうすぐ 40だよ。 私と結婚したら 奥さんに会えなくなるから? 何で 別れたのに 会ってるの? すまん。 でも… 娘の事もあるし。 娘って…。 えっ? 言ってなかったっけ?そんなの 聞いてないの 決まってんじゃない! (チャイム) どうしたの? 家出してきた。 家出って? 自分ちから? 今は 私と内藤さんち。 何か 変? 「出てって」っていうのが まりの いつものパターンじゃない? 結婚する気になったら 迎えに来てって 内藤さんに言った。 迎えにって ここに? プロポーズされるまで いさせて。 お願い! ちょっと…。 冷えたワインとかない? もう パ~ッと飲みたい。 (チャイム) (五十嵐奈津)ヤッホー! ワイン買ってきちゃった。 それ 冷えてる? え? お~。 え~ さんざん お騒がせしましたが 私 五十嵐憲吾と 正式に離婚しました。 これからは 美月と親子2人 たくましく 生きてまいります。 私の離婚に 乾杯! めでたいの? 結婚も 離婚も 似たようなもんでしょ。 ここから 新しい人生が始まるの! 飲も。 飲もう! じゃあ 奈津の新しい人生に 乾杯。 (2人)乾杯。 う~ん! しみるね 昼間のワイン。 美月 どうしてんの? 名字が変わるのが嫌だとか 言ってたけど 今は 楽しそうに 学校行ってるよ。 友達と一緒にね ティーンズ雑誌の 読者モデルに 応募したんだって。 モデル? フフフフフッ。 スーパーのモデルになれなかったママの 敵取るとか言っちゃってさ。 いい子だね。 私も もう一度 就職活動 頑張ってみようかな。 大丈夫? 無理してない? 全然 してないよ。 別れたら 変な気兼ねしなくなってさ 今度 美月と一緒に 信州行こうって 話してんの。 へえ~。 そういうの迷惑なんだよね。 何が? 内藤さんも 別れた奥さんと 時々 え? 今でも 会ってんだって。 何で 別れた妻が ウロチョロする訳? 何? それ。 内藤さんにもね 別れた奥さんとの間に 娘がいるんだって 中学生の。 なのに 私と内藤さんの間には 何にもない。 誰か ついでよ。 手酌する女は 行き遅れるの。 グラスが空いても 気付かれない女は 魅力ないってね~。 フフフッ。 悪かったわね。 あ~ もう 世の中 不公平だ! 市子と私が 一回も結婚できないのに 辻 房恵なんか 3回も結婚して 子どもまで できてさ。 それも よりによって 耕太朗と。 まり。 ごめん。 ううん。 違うんだって。 辻 房恵の結婚相手は 耕太朗じゃなかったんだって。 え? 何で そんな事 知ってんの? 実は 耕太朗に バッタリ会った。 偶然? 偶然。 久しぶりすぎて 何 しゃべったらいいか 分かんなくて 「結婚 おめでとう」って言ったら 「また 独りになった」って。 でも おなかの子は? 父親は 別な人。 え? じゃあ 耕太朗が父親じゃないって 分かってたのに 彼に 責任 取らせようとしてたって事? ひどい話じゃない? ホントのところは どうか分かんないよ。 聞いてみる? 本人に。 (2人)え? 呼び出したところで 辻 房恵は 来ないと思ったのだけど… (房恵)御無沙汰してます。 恵です。 いらっしゃい。 どうぞ。 かわいい。 だっこしていい? どうぞ。 首だけ 気を付けて下さい。 うわっ 柔らかい。 あの~ 突然 お呼び立てしたのはですね…。 耕太朗さんの事ですよね? じゃあ 単刀直入に お聞きしますけど 最初から 分かってたんですか? 耕太朗さんの子じゃないって。 耕太朗さんと おつきあいを始めて 私 舞い上がってたんです。 でも 耕太朗さんが また 市子さんと会ってるって 分かって…。 そう あの「第九」コンサートの日。 もう一度…。 もう一度 やり直せたら…。 後ろ。 妊娠すると 喉が渇くんですってね。 ここで引き止めないと 耕太朗さんは 市子さんのところに 戻ってしまうと思いました。 それで とっさに…。 あの子に 引き止めてもらったんです。 あんなに うまくいくとは 思いませんでした。 耕太朗さん 何も疑わないんですから。 今度こそ 耕太朗さんを 手に入れたと思いました。 でも…。 でも? 耕太朗さん 努力してました。 父親になろうって。 なのに 私のおなかが 大きくなるにつれて どんどん苦しそうになって。 耕太朗さんが欲しかったのは きっと… 市子さんとの子どもなんです。 おかしいですよね。 耕太朗さんが 欲しくて欲しくて 子どもまで使って 引き止めたはずなのに。 いつの間にか 私 この子の方が 大事になってたんです。 じゃあ あなたと結婚したのは…。 (房恵)市子さんと まりさんも 知ってる人です。 丹羽さん。 最初に結婚した あの丹羽君? その 再婚した丹羽さんって人が 父親だったって事? 恵を愛してくれる人が 父親なんです。 いいんですよ。 夫婦だって 他人から 家族になるんですから。言い込めるつもりが KO負け? やっぱ ただ者じゃないね。 敵ながら あっぱれ。 うん。 母は強しって事かな。 じゃあ 私 晩御飯の支度あるから 先 帰るね。 辻 房恵みたいに たくましく生きられたら 私たちも つかめるのかね? 女の幸せってやつ。 ホントだね。 ねえ 耕太朗と やり直す気持ちは ないの? 旭と くっつけばって 言ってたくせに。 (チャイム) 市子 呼んでるよ。 はい はい。 「どうも こんにちは」。 あ… ちょっと お待ち下さい。 まり! 内藤さん。 迎えに来た。 婚約指輪 持ってきた? ごめん。 隠してるつもりはなかったんだよ 娘の事。 ただ 微妙な年頃だし せめて 高校卒業するまでは 再婚だとか 子どもだとか…。 そう。 まり。 帰って ちゃんと話し合おう。 なあ? いいの? 帰んなくて。 おなかすいた。 晩御飯 何か作ろう。 具だくさんのパスタにするか。 私 もっと本気で考えてほしいって 思ってた。 40までに結婚しないと 早く子ども産まないとって。 ものすっごく焦ってた。 バカだよね。 自分の事しか考えてなくて。 でも あと4年も5年も 待てないよ。 39にもなって 大人気ない? ううん。 大人気ないのは まりも 私も 辻 房恵も同じかもしれない。 ただ 目の前の幸せをつかもうと ジタバタしているだけだ (あやす声) おなかの子で 耕太朗を 引き止めようとした 辻 房恵は 最初の夫と元のさやに納まり 結婚も 子どもも 手に入れた 結婚を焦る まりは 出産のタイムリミットをちらつかせ 家出という強硬手段に出た 私は 耕太朗と別れて以来 恋というものに 臆病になっている。 このまま一生結婚もせず 一人で 年を取っていくのだろうか。 こんな小説を書いても書いても 出口は見えてこないあ イテテテ…。 はい。 もしもし 市子? ちょっと出てこられない? まり? 今 何時? 何 寝ぼけてんの? いいから 早くおいでよ。 いい男がいるんだ。 いいよ そんなの。 そういう事 言ってると 一生 お一人様だよ。 「発信音のあとに メッセージを どうぞ」。 (発信音) もしもし まり? 着いたんだけど 今 どこにいるの? (発信音) (フランス語で) いえ 結構です。 お待たせしました。 こちらへ どうぞ。 ねえ? いい男でしょ? (耕太朗)中国も ワイン熱は高まってますが 日本のワイン通の評価が 売り上げを左右してます。 そこで 私どもは 今回のワインを まず 日本で紹介してから 中国に送り出すという戦略を 考えております。 じゃあ 後は ごゆっくり。 ちょっと まり!はい。 ビックリしたよ。 会場来たら まりちゃんが ディスプレーやってて そしたら 市子が現れて。 まりに呼び出されたの。 いい男がいるからって。 いた? (笑い声) 知らなかった。 フランス語 できたんだ。 ああ… まあ。 何か 別人みたい。 そう? 髪形のせいかな? …かな? 房恵さんに聞いたの。 何があったのか。 そう。 何て言ったらいいのか。 市子には 謝らなきゃいけないと思ってた。 俺 子どもなんて欲しくないって 言ってたのに…。 その事だったら もう…。 やっと 市子の気持ちが 分かったような気がする。 俺 子ども 子どもって焦る 市子に ついていけなかった。 その… 自分が親になるのが 想像できないっていうか… 怖かったっていうか。 だから 房恵と あんな事になって 俺の子じゃないって言われた時 何か はしごを外されたような 気持ちになって。 それで 分かった。 俺 父親になろうと してたんだなって。 なりたかったんだなって。 もし 市子との子どもを 授かってたら…。 言っても詮ない事だよ 今更。 そうだな。 あ そうだ。 俺 今度 海外に 転勤が決まってさ。 えっ? フランス? うん。 市子に近づいた男って みんな 海外行くんだね。 偶然でしょ。 行っちゃえば? フランス。 えっ? もうちょっと 前のめりになっても いいと思うよ。 ほら よく言うじゃない。 運命の女神は 前髪しかないって。 市子はさ 女神が 背中向けてから 手を伸ばしてる感じなんだよね。 でも どうやったら分かんの? 何が? その運命の女神が こっち向いてるって。 今日。 さっきが そうだったんじゃないの? えっ? フフフ! 大丈夫。 また チャンスはあるよ。 え~? でも 耕太朗 やっぱり いい男だったじゃん。 あれだけ振り回されたのに 辻 房恵の悪口 一切 言わないなんてさ。 それどころか 彼女に感謝してた。 感謝? 今日の仕事も 彼女のコネが 役に立ったんだって。 辻 房恵 恐るべしだね。 うん。 何か むなしくなっちゃうな。 私は 耕太朗に 何をあげられたのかなって。 子ども 子どもって プレッシャー 与えてただけだったのかな? 私も 同じ事してた。 つい 言っちゃうの。 子ども 子どもって。 その度に 内藤さん ホントに困った顔するんだけど 私 その顔が見たくて それ言ってた気もして。 運命の女神の前髪 つかみ損ねちゃったかな? まだ チャンスはあるよ。耕太朗に 子どもが欲しいと 迫った あのころ 私は 何を あんなに 焦っていたのだろう。 父親になりたい。 耕太朗が そんなふうに思えるまで どうして待てなかったのだろうか 私 今日辺り 帰ろうかなと 思ってる。 そう。 会えないと さみしいし。 うん。 羨ましい。 そう思うんだったら 耕太朗に連絡してみれば? うん。 (チャイム) どうも。 いらっしゃい。 どうぞ。 すいません。 まりは…? まり! 内藤さん 来たよ。 まり! (子猫の鳴き声) あ…。 そこの橋の所に 捨てられててさ。 猫 お好きなんですか? いやいや 全然。 飼いたいと思った事ないんだけど。 じゃあ 何で拾ってきたの? こいつ見た瞬間 まりの顔が思い浮かんだんだ。 まりと俺とで 猫のジャングルジムみたいなの作ってさ 床に寝っ転がって こいつ 遊ばせるの。 それが 妙に楽しそうでさ。 気が付いたら 連れてきちゃった。 あ… まりに聞いてからにすれば よかったね。 あ~ ちょ ちょ ちょっと… 潰れちゃうよ~。 ごめん。まりが待っていた幸せは 思いがけない形で やって来た そして 私は… じゃあ 2人の再会に。 乾杯。 乾杯。 向こうでは どんな仕事するの? 契約してるワイナリー見て回ったり 新規の取引先 発掘したり…。 まあ 早い話が 飲み歩き。 映画の取材とかで来る事あったら 連絡してよ。 そんな おいしい仕事が あったらね。 市子の好きそうな いい雰囲気の街 いっぱいあるよ。 通訳ガイドつきなら 遊びに行こうかな? 歓迎する。 いつまで 行ってるの? う~ん 3~4年かな? じゃあ 帰国する頃には フランス人の 奥さんと一緒だったりして。 俺の前任者は そのパターン。 そうなんだ。 その間に 市子も結婚してたりして。 それは ないような気がするな。 旭君とは そういう話になってないの? 旭? 一緒に住んでんだろ? あ そうか。 旭と会ったんだよね。 ああ。 写真撮らせてくれって言われてさ。 旭君 どうしてんの? 彼 旅に出たの。 旅? 今も 地球のどこかで 写真撮ってるはず。 そうなんだ。 俺 てっきり…。 一時 居候してただけ。 葉書の一枚ぐらい 送ってくれたっていいのにね。 じゃあ 俺にも チャンスあるのかな? えっ? いや…。 市子が 独りだと思ってなかったから。俺と フランスへ行かないか?運命の女神が 振り向いたかもしれない「駅へ向かう街路樹の 隙間から覗く」 「少し高いヒールなら 空に近づける」 「あぁ この手をすり抜けた 切なさの数だけ」 「答えが わかればいいのに」「ため息まじりに続くストーリー」 「フィルムの中 ヒロインのように」 「誰も自分のラストを知らない」 「静寂のバスルームで独り」 「鏡の中 ためらう君に」 「『大丈夫だよ』と 言ってあげたい」 (三宅)40歳からの グループホーム宣言ってのは どう? みんなで 年を取っていける仲間が 欲しいって事でしょ? もっともっと 人生を楽しみます。 もう少し ゆっくり考えたくて。 これから 私は 自分の気持ちに 素直に生きていく。