唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享决定不哭的日子 06日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

[TEL](仲原)俺には もう きゅうちゃんと 一緒にいる資格がない。 (美樹)どういうことですか? [TEL]直接 会って 話がしたい。 (ため息) (万里香)《わたし 妊娠してるんです》 (仲原)《妊娠?》 (万里香)《産みます》 (万里香)《1人でも産んで 育てます》 《そう決めたんです》 (ため息)(美樹)おはようございます。 ≪(ドアの開く音) ≪(桐野)角田。 (美樹)はい? (桐野)あしたのプレゼンを手伝え。 今日中に このホールトマトの サンプルと資料を準備しておけ。 (桐野)いいな? (美樹)はい。 (西島)何で あいつなんだよ。 ≪(鈴木)いや~ びっくりした。 ≪(井上)拍手。 ≪(拍手) (舞)まさか 先 越されると 思わなかったな。 (美穂)ホント。 (井上)でも めでたいじゃないすか。(鈴木)きっかけは何なの? (琴美)何 あれ。 どうしたの? (千秋)結婚だって。 (琴美)結婚? 誰が? (千秋)立花さん。 (琴美)へ~。 (千秋)経営企画部の 仲原さんとだって。 (鈴木)新しい出会いが 欲しいのよ 今。 (井上)合コン こないだ行ったって言ってたじゃない…。(万里香)わたしね妊娠してるの。 ≪(森田)仲原 これから 春日製鉄の役員がいらっしゃる。 お前も同席しろ。 (仲原)えっ わたしがですか? 午後から会議が…。 (森田)欠席しろ。 先方の ご指名なんだ。 (仲原)はい。 (万里香)美樹は 仲原さんに何があったのかも どんなに傷ついてたのかも 知らないんだよね? 仲原さんね 遺伝子組み換えダイズを輸入した 証拠のデータを盗んだの。 上司の命令で。 それが 結局は 坂東さんを自殺に追い込むことに つながってしまった。 仲原さんは自分を責めてた。 傷ついてた。 つらかったんだよ すごく。 わたしは 仲原さんのことが ずっと好きだった。 あんな姿を見たら 放っておけるわけなんてない。 わたし 産むって決めたの。 1人でも 不安でも…。 そう決めたの。 (森田)お待たせいたしました。 (和也)君が仲原君か? はい。 (森田)春日製鉄の常務取締役の 立花さんだ。 立花 万里香の父です。 (和也)昨日の夜 妻に 娘から電話があったようでね 驚いたよ。 まあ その話は後日ゆっくり。 週末 家にいらっしゃい。 はい。 きゅうちゃん。 きゅうちゃん! 万里香に聞きました 全部。 こんな形で きゅうちゃんを 傷つけてしまって ホントに ごめん。 昨日の電話は こういうことだったんですね。 ホントに 俺…。 でも こんなことになっても 俺は まだ きゅうちゃんのことが…。 やめてください。 何 勝手なこと言ってるんですか。 もう 無理に 決まってるじゃないですか。 仲原さんは 自分のことしか考えてない。 わたしのことも万里香のことも 全然 考えてない! わたしは…。 仲原さんのことは忘れます。 わたしたちは もう 終わったんです。(万里香)昨日 仲原さんと わたしが 話していたときに 部の誰かが通り掛かって 話を聞いていたらしいんです。 わたしが出社したときには もう 噂に…。 そう。 今日 お父さんに会ったよ。 「週末 話をしよう」って。 お父さんには…。 (万里香)ごめんなさい。 仲原さんは きっと わたし以上に 戸惑ってるはずなのに 本当に ごめんなさい。 あっ いや 謝らなきゃいけないのは 俺の方だよ。 (桐野)お手元にございます サンプルは サルーノ・ノチェラ平野の アスタリータ農園で栽培された 完熟トマトの缶詰でございます。 どうぞ 試食しながら お聞きください。 角田 この商品の売りを ご紹介しろ。 わたしがですか? あの…。 イタリアントマトは…。 失礼いたしました。 今回 新しく契約に至りました アスタリータ農園のトマトは 徹底した品質管理の下 有機栽培 手摘みに こだわって 作られております。 そのため 希少性も高く…。 プレゼンどうだった? できませんでした。 (西島)まさか 足 引っ張ったとか? まあ お前に プレゼンなんて 100年 早かったってことだよ。 失礼します。 あの 桐野マネジャー…。 雑用が お前の仕事か? いえ。 振られた仕事を こなすなんて 誰にでもできる。 そこから何を考えていくかで 自分なりのものに できるか どうかが 決まってくるんじゃないのか。 生半可な気持ちでいられても 迷惑だ。 中途半端なやつに 任せられることなんて 一つもない。 すいませんでした。 仕事を なめるな。 ≪(陽子)どうぞ。 ようこそ いらっしゃいました。 (仲原)ありがとうございます。 (和也)驚いたよ。 まさか 大学を卒業した よくとしに 結婚とは。 (万里香)お父さん。 順番は違うが仕方ないか。 万里香のことを よろしく頼む。 (万里香)話を急がないで。 わたし 結婚するなんて 一言も言ってない。 どういうことだ? (万里香)子供の父親が 仲原さんだから 会ってもらったけど わたし 1人で育てようと思ってる。 いや これから この先の話を…。 (和也)人の娘を こんな目に遭わせて 男として恥ずかしくないのか! (万里香)お父さん やめて! (和也)放せ! (陽子)万里香! 万里香 大丈夫? (陽子)ごめんなさいね。 (仲原)あっ いえ。 (陽子の ため息) (陽子)ただね わたしたちは 万里香が 生まれた日から今日まで あの子の将来を 一番に考えてきたの。 (陽子)大切に育ててきた娘に 幸せな結婚をして 幸せな家庭を 築いてほしいっていうのは…。 普通の親の心だと思うんです。 (万里香)大丈夫? (陽子)すぐに冷やしたから あとにはならないと思うわ。 よかった。 (愛)ねえ お姉ちゃん 今度 来るときは 仲原さんも連れてきてよ。 仲原さんとは別れたんだ。 (愛)えっ? わたしが いけなかったんだと 思う。 自分のことばっかりで 仲原さんのことを考えることが できなかったから。 (万里香)あの 父のことは気にしないでください。 (仲原)いや 当然だよ お父さんの気持ち 考えたら。 (万里香)わたしは 大事に育ててくれた両親を 大切に思ってます。 でも 仲原さんを責めるなら 敵に回してもいい。 言ったじゃないですか。 わたしは 何があっても 仲原さんの味方だって。 仲原さんの幸せが わたしの幸せなんです。 (ため息)(仲原)《何事も 一日にして成らずだな》(たか子)その 立花さんっていう人は 「産みたい」って言ってる。 だけど あなたは結婚したくない。 そういうことね? いや…。 (たか子)以前の彼女とは 終わってるのよね? (たか子)う~ん。 ≪(チャイム) (たか子)ホントに 何と言ったらいいのか…。 あの わたしを 被害者のように 思わないでください。 わたしは 少しも後悔なんてしていません。 あのときの わたしは 仲原さんを 放っておけなかったんです。 (万里香)今日は 仲原さんの様子が気になって来たんですけど…。 (万里香)もし よかったら これ 食べてください。 (ため息) (仲原の ため息) (たか子)放っておけなかったって どういう意味なの? あの日は色々あって…。 (仲原)それで 俺は 彼女に 甘えてしまったのかもしれない。 確かに 強い人ね。 ≪(美穂)これ すぐ始めないと 間に合わないよ。 立花さん ごめん 先 行くよ。 (万里香)あっ はい。 (田沢)立花さん。 (田沢)嘘なんでしょ? 妊娠。 (万里香)《あのときの わたしは 仲原さんを 放っておけなかったんです》 (万里香)《言った じゃないですか》 《わたしは 何があっても 仲原さんの味方だって》 《仲原さんの幸せが わたしの幸せなんです》 (仲原)しばらくは ここでいいかな? 立花さん 俺たち これから ずっと…。 (万里香)違うの。 (仲原)えっ? 間違いだった。 ごめんなさい 妊娠は間違いだった。 もう一緒にいられない。おはようございます。 (田沢)おはよう。 角田さん 知ってる? 立花さんが…。 妊娠してないってこと。仲原さん!仲原さん 万里香のこと…。 間違いだった 彼女の妊娠。 (仲原)俺 あの日のことは 覚えてないけど でも 俺は 彼女の強さに 支えてもらったんだと思う。 だから…。 これからは 俺が彼女を守る。 彼女と…。 結婚するよ。あっ ごめんなさい。 どうした?(ため息) (ため息) 角田。 はい。 あしたの朝10時に ここに来い。 佐野には言っとく。 はい。 ≪(桐野)角田! (桐野)おかげさまで その後も順調に進んでます。 ホントに ありがとうございました。 (男性)そうですか それは よかった。 これが その缶詰ですか。 へえ~。 (桐野)さっきの人は このハウスの持ち主で 以前 アスタリータ農園で 働いてたんだ。 うちが契約を結ぶまでに 間に入って 色々と力を貸してくれた。 この土 乾いてます。 このトマトは ぎりぎりまで 水を与えない栽培方法で 育てられてる。 水を与えられないと 苗は 自分の力で 土の中の少ない水分を必死で吸い上げようと頑張る。 自分の力で しっかり根を張る。 その頑張りが 糖度の高い おいしいトマトを作る。 つらい環境の中 耐えられなくて 駄目になるトマトもある。 しかし 頑張って実るトマトは たくましい。 人間も同じだな。≪(理学療法士)はい 頑張って。 はい はい ゆっくり はい。(桐野)《つらい環境の中 絶えられなくて 駄目になるトマトもある》 《しかし 頑張って実るトマトは たくましい》 《人間も同じだな》あっ すいません。 (有希子)はい。 ありがとうございます。(千秋)うん お昼 行こっか。 (琴美)うん。あの これ…。 (有希子)うん。 白石さんから引き継いだ 納品一覧表なんですが…。 (有希子)うん。 2006年の仕入れの値段と数が 2005年と一緒なんです。 2006年は ピエモンテ地方は冷害でブドウは不作だったはずなので ちょっと おかしいんじゃないでしょうか。 (有希子)う~ん。 うん 調べてみるわ。 はい。 (有希子)角田さん。 はい? (有希子)お昼 行かないの? あっ 買ってきました。 あっ。 (琴美)葵井商事の栗田と 申します。 営業部のアサイさんと お約束してるんですが。 (受付)少々お待ちください。 (琴美)はい。 [TEL](バイブレーターの音) (受付)葵井商事の栗田さんが おみえでございます。 [TEL](バイブレーターの音) 栗田です。 [TEL](保育士)お世話になっています ひまわり保育園です。 お世話になってます。 (保育士)あの 隼人君が 熱を出してしまったんです。 (琴美)えっ。 [TEL]今日は 延長保育という ことでしたが 今すぐ 迎えに来ていただけませんか? (琴美)ちょっと 今 仕事中で埼玉にいるんです。 すぐというわけには…。 [TEL]そうですか。 では お父様の方に 連絡を取っていただいて…。 あの わたしの方で 何とかしますので 主人には連絡しないでください。 [TEL] はい 葵井商事でございます。 [TEL](琴美)栗田です。 あっ お疲れさまです 角田です。 [TEL]ああ。 あの 千秋はいる? いえ 千秋さんは 工藤さんと午後から高倉屋で その後 直帰です。 (琴美)そう。 どうしよう。 何か あったんですか? [TEL]ちょっと。 もし わたしにできることだったら何でも言ってください。 今 隼人君に会いました。 熱も下がったみたいです。 [TEL](琴美)申し訳ないわね。 いえ。 [TEL]あの… うちのマンションの前に公園があるの。 あと少しで着くから そこにいてほしいんだけど。 はい 分かりました。 ちょっと待って! あっ。 痛~い。 へえ 今日は お弁当だったんだ。 (隼人)うん。 ママが 早起きして作ってくれたんだ。 すごいね 隼人君のママは。 (隼人)うん。 できたよ。 ありがとう。 (隼人)ねえ おトイレ 行きたい。 えっ トイレ? この公園にある? (隼人)ない。 どうしよう。 (隼人)僕 おうちの鍵 持ってるよ。 あっ はいはい。 (隼人)漏れる。 お邪魔します。 大丈夫? お姉ちゃん そっちで待ってて。 は~い。お姉ちゃん 間に合ったよ。 うん よかった。 フフッ。 ≪(玄関のドアの開く音) お邪魔しています。 (勉)どなた? あっ 葵井商事の角田といいます。 隼人君が熱を出してしまって 仕事で埼玉に行っていた 栗田さんの代わりに お迎えに行ったんです。 (勉の舌打ち) ≪(玄関のドアの開く音) (勉)おかえり。 何してるんだ? (琴美)隼人は お部屋へ行っててね。 はい。 (琴美)角田さん ありがとう。 もう 大丈夫だから…。 (勉)仕事は 辞めなさい。 (勉)仕事と家のことが 両立できなければ 辞めるという約束を してるんです。 それなのに こいつは。 (琴美)ごめんなさい。 でも わたし仕事だけは…。 (蹴る音) (勉)口答えするのか? おい どうなんだ! やめてください。 (勉)答えろよ!「使途不明金 22,8…」 あの子のこと…。 何もできない子だって 思ってましたけど わたしが入社1年目のときは ブドウの不作で 仕入れの数字が変わるなんて 思いもしませんでした。 (有希子)おかしなことが あるんです。 普通に考えたら 単価は30%マイナスです。 出荷された2008年度の仕入れ数で 計算すると 2,000万の誤差が生じます。 部長 調査が必要だと思います。 (梅沢)そうだな。 この件は わたしに預けてくれ。 えっ 部長にですか? (梅沢)ああ。 こっちで調べて調査するから。 あっ でも…。 佐野君も忙しいだろ。 大丈夫だから わたしに任せなさい。 (西島)おはようございます。 (琴美)おはよう。 (西島)あれっ 栗田さん 早いっすね。 (琴美)昨日 直帰したからね。 あっ 丸越デパートとヒラタフーズには サンプル 送付しておいた。 やなぎ製菓とは あしたの2時に アポイント 取ったから。 (西島)はい。 (琴美)これ 総務に出しといて。 (西島)はい。 どうしたんすか? 腕。 (琴美)ああ 転んだの。 (西島)また? 栗田さんって ホント どじっすよね。 (琴美)うるさいな。 ≪(琴美)角田さん。 昨日は ありがとう。 あっ いえ。 あの…。 栗田さんは 仕事を辞めようと 思ったことは ないんですか? ないわ。 仕事は わたしと社会との接点だから。 辞めてしまったら わたしには あの家の中の世界だけしか なくなる。 それに 自分の力で 生きていくことができれば 大切なものを守ることができる。(琴美)これ わたしのお守り。まだ 踏ん切りは つかないけど 別れた方がいいって 心から 思ったときに出そうと思って 持ってるの。 1つのことを長く続けてると いろんなことが起きると思う。 でも あなたには あなたの 仕事をしていて よかったって 思う 時が来るはずよ。《誰を失っても…》 《何を失っても…》 《自分らしくあり続けようと 頑張ることが…》 《これからの わたしを つくっていくんだ》(梅沢)白石君。 (杏子)梅沢部長 ごぶさたしております。 (梅沢)元気? (杏子)あっ はい。 (梅沢)あ~ 式まで まだ 時間あるね。 ちょっと お茶でもしよう。 (杏子)あっ。 聞きたいことがあるんだ 佐野君のことで。 (杏子)えっ? あっ。 (早苗)あれっ? 白石さんと梅沢部長。 (有希子)えっ? (千秋)変な組み合わせ。(一同の拍手)(ため息) 仲原さん。 わたし…。 わたしは おめでとうって 心からは言えません。 だけど いつか 心から そう言えるように わたしも頑張ります。 だから…。 幸せになってください。 ≪(たか子)翔太? 万里香さんが待ってるわよ。 (仲原)ああ。 ありがとう。あのっ! わたしには まだまだなところが たくさんあります。 だけど どんなことがあっても 揺るがない 自分の何かを 見つけたいんです。 お願いします。 わたしに仕事をください。 3月に 新しく取り扱う これらの商品を クライアントに紹介する フェアを行う。 その企画をコンペで決めたい。 (西島)コンペですか? (桐野)企画が通った者に フェアの責任者を任せる。 それと 今後 新規開発プロジェクトチームを つくるつもりだ。 フェアが成功したら その責任者を そこに所属させたい。 (千秋)えっ? (早苗)新規開発プロジェクトチーム? (琴美)直属ってこと? (桐野)チャンスは 誰にでも平等にある。 年齢も勤続年数も関係ない。おとなしくしてりゃいいのに。 (鈴木)お前 角田のこと知ってたんだっけ? (仲原)ああ。 彼女が どうしたんだ? (鈴木)えっ? ちょっと ひどいらしいんだわ。 ブログで 先輩社員の悪口を書いたり 財布を盗んだりって。 あっ まあ 噂なんだけどさ。 そんなわけないだろ。 彼女は そんなことするような子じゃない。 何かの間違いだろ。