唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享决定不哭的日子 07日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(美樹)わたしは 仲原さんのことは忘れます。 わたしたちは もう 終わったんです。 (仲原)彼女と 結婚するよ。 (美樹)お願いします。 わたしに仕事をください。 (桐野)新しく取り扱う これらの商品を クライアントに紹介するフェアを行う。 その企画をコンペで決めたい。 チャンスは誰にでも平等にある。 年齢も勤続年数も関係ない。 (愛)外出なんて久しぶりだから 楽しみで もう待ちきれなかった。 よかった。 (愛)あっ ここだよ お姉ちゃん。 ここのお店 マンゴープリンが すっごい おいしいんだって。 へ~。 今ね 会社で ホールトマトを使った企画を 考えてるんだ。 (愛)企画? うん。 イタリアから輸入した 新製品なんだけど どんなふうに食べたら おいしいかを 考えるんだよ。 (愛)ふ~ん 何か面白そう。 うん。 (池田)お待たせいたしました。 (愛)マンゴープリンだ。 (池田)こちら タピオカのアイスクリームは お米でできております。 お米? (愛)あっ ここにも載ってる。 お~。 へ~。≪(有希子)わたしは その企画がいいと思います。 発想が新しいですし クライアントも拡大できると 思います。 まあ 内容的に まだ 甘いところは ありますけれど チャレンジしようという気概と 可能性を感じます。 あの マネジャー 企画書が通った人を責任者にと おっしゃってましたけど この企画 角田さんのなんです。 (桐野)この企画に決めたいと 思ってます。 ≪(部長)別に奇をてらったことは しなくてもいいんじゃないの? (桐野)これは新人の企画です。 詰めの甘いところもあります。 しかし 部門にこだわらない この案は 新人ならではの ユニークな発想だと思いました。 新規の卸売業者など 顧客開拓に つながる可能性もあります。 葵井商事のこれからのための 大切な一歩になるはずです。 (桐野)食品チームの フェアの企画が 決定した。 (桐野)「イタリア料理と中華料理のコラボレーション」 (桐野)角田の企画だ。 (西島の舌打ち) (西島)無理に決まってんだろ。 (桐野)企画が通った者が フェアの責任者だ。 しかし 角田は新人だ。 1人では難しいので サポートを付けたい。 次点は 西島の トマトダイエットの企画だった。 西島 角田のサポートを頼む。 はい。 よろしくお願いします。(有希子)招待するクライアントの リストアップは アジア食品部門に お願いしておいたから 後で 2人あてにメールが届くはずよ。 はい。 (有希子)じゃあ 角田さん よろしくね。 ありがとうございました。 シェフは 俺が選別して交渉するから。 えっ ちょっと…。 お前は クライアントの リストアップだけやっとけ。 あの この企画を考えたときに ヒントを頂けた中華料理店が あるんです。 もし企画が通ったら そのお店に頼みたいなって ずっと思ってて…。 じゃあ 勝手にしろ。 ≪(ドアの開閉音) [TEL](男性のイタリア語) (有希子のイタリア語) [TEL](男性のイタリア語) (ため息) (有希子)《おかしいと 思われませんか?》 (梅沢)《この件は わたしに預けてくれ》 [TEL](中村)はい お電話 代わりました 店長の中村ですけど。 葵井商事の角田と申します。 お忙しいところ恐れ入ります。 このたび 弊社で 新商品をご紹介するイベントが ございまして…。 [TEL]あのね 今 忙しいんだけど。 あの 一度 お時間 頂けませんか? [TEL]そういうのは お断りしてるんだよね。 あっ あの…。 お電話 代わりました。 お忙しいところ恐れ入ります。 西島と申します。 部を挙げての 一大イベントなんです。 新メニューの開発や商品化に つながる可能性もありますし 清龍さんにとっても いいお話になると思います。 ありがとうございます。 では 明日の3時に お伺いしますので。 失礼します。 ありがとうございます。 できもしないのに でかい口 たたくんじゃねえよ。[TEL](バイブレーターの音)[TEL](呼び出し音) [TEL](静香)はい。 (梅沢)もしもし 山内さんですか? [TEL]ええ。 わたし 葵井商事の梅沢です。 もしもし? [TEL]あの… 何でしょう? ご協力いただきたいことが ありまして。 愛。 (愛の すすり泣き) どうしたの? (愛)何で わたしだけ こんな思いしなきゃいけないの? (愛)何で わたしだけ…。 愛のケガは…。 ≪(愛の落下音) (愛)《痛いよ!》 お姉ちゃんのせいなんだ。 ごめん。 覚えてる。 お姉ちゃんのせいじゃないよ。 愛。 でも…。 しばらく来ないでほしいんだ。 (小松)自分を 責めないでください。 あなたは 今 できることを 精いっぱいやっています。 今の わたしは 愛に言える言葉がなかった。 《今ね 会社で ホールトマトを使った企画を 考えてるんだ》 (愛)《何か面白そう》 (西島)《できもしないのに でかい口 たたくんじゃねえよ》 何か言える自分になりたいです。 ≪(美穂)ねえねえ 角田さん。 はい? (美穂)企画 通ったんでしょ? あっ はい。 (舞)すごいね 新入社員なのに。 ≪(井上)ホント 尊敬しちゃうな。 ありがとうございます。 (井上)おめでとう。 (美穂)トマトラーメンでしょ? (舞)おいしそうですね。 (美穂)食べたい。 西島さん 今日 伺うお店の企画書以外に 予算資料とかも 用意しておきますか? (西島)そんなのいらねえよ。 お前は 隣で 俺の話を聞いてりゃいいんだよ。 はい。 (西島)あと 俺は 11時から冨永フーズだから 先に行ってろ。 店には3時に直行する。 はい。 (梅沢)佐野君は 君が 就業時間中に逃げ出したと 言ってた。 しかし 佐野君は 当てにならないと思ってね。 (梅沢)君も 自分に非があると 思われ続けるのは悔しいだろ。 もし いじめのようなものが あったのなら…。 彼女に責任を取らせる。 今後 犠牲者を出さないためにもね。[TEL] (千秋)お世話になっております 葵井商事でございます。 お疲れさまです 角田です。 (千秋)お疲れさま。 今 お店の前で 西島さんを待ってるんですけど 携帯が つながらないんです。 [TEL](千秋)約束の時間は? 3時です。 (千秋)先に行った方がいいかも。 分かりました ありがとうございます。 ≪(受話器を置く音) 失礼します。 (中村)おい。 (中村)お待ちしておりました。 どうぞ。 失礼します。 (中村)今日は あんた1人? 電話で 昨日 話した人は? 申し訳ありません。 一緒に来る予定だったのですが。 (ため息) (中村)で 何でしたっけ? イベントの話でしたっけ? はい。 この企画なんです。 イタリア食材の新製品 ご紹介フェアなんですが 中華料理とのコラボレーションを 考えておりまして。 トマトラーメンね。 ほかにも 色々なメニューを 考えたいと思っております。 ご協力して いただけないでしょうか? (中村)それじゃあさ 拘束期間は どれくらい? 予算は? 人件費の保証は? 商品化って 例えば どんなプランがあんの? 答えて。 それは… あの…。 戻って また確認してきます。 (中村)ちょっ ちょっ ちょっ ちょっと待てよ。 じゃあさ あんた 今日 ここに何しに来たの? ねえ 見てよ。 こっちはさ 忙しい中 こうして 全員 揃えたでしょ? なのに 基本的なことも話せない 社員1人 よこされても こっち困るの。 申し訳ありません。 (中村)あんた 商売なめてるでしょ。 本気でやる気 あんの? はい すいませんでした。西島さん わたし ずっと待ってたんですよ? (西島)フェアの説明は ちゃんと できたのか? 何だ できなかったのか? 自分にできないことを 人のせいにすんじゃねえよ。 ねえ? (千秋)えっ? 西島さんが いらっしゃると 思ったから。 (有希子)んっ 何かあった? (西島)いえ。 ちょっと 行き違いがあっただけです。(有希子)行き違い? (西島)はい。 でも もう大丈夫ですから。 (梅沢)佐野君 ちょっと来てくれ。 はい。 (有希子)えっ 山内さんに会われたんですか? (梅沢)ああ。 彼女が辞めた理由 君の報告とは ずいぶん違ってた。 ひどいことがあったらしいね 君のチームで。 (有希子)いや あの…。 (梅沢)いじめだよ いじめ。 あっ。 あっ 確かに 彼女は少し孤立した…。 (梅沢)山内君は いじめにより 職を奪われたと言ってる。 よく考えたら 思い当たることが あるんじゃないのか? 会社を訴えかねない様子だった。 (有希子)失礼します。 (梅沢)裁判を起こされて またマスコミざたになったら 大ごとだよ。 これは 全て 君の管理不行き届きだよ。 彼女ね心の傷が今も癒えてない。 誰も信じられず働くことが怖いと 言ってる。 この罪は重いよ。 君が辞めれば気が済むそうだ。 (ため息) お疲れさまです。 (仲原)お疲れさま。 (仲原)あっ おめでとう。 今回のフェア きゅうちゃんの企画なんだって? あっ ありがとうございます。 (仲原)うまくいってる? う~ん…。 頑張んなきゃ。 (仲原)えっ? 失礼します。 (仲原)もしかしたら 新人だし 多少なりとも やっかみとか 足の引っ張りみたいなのが あるのかもしれないなあ。 まあ 俺の勝手な勘だけど。 人が集まると 色々なことが起こるからなあ。 (万里香)優しいね。 そういうとこ すごくいいと思う。 食べよう。 (仲原)うん。 (仲原・万里香)いただきます。 (ため息) わたしも 今度 注意して見てみるね 美樹のこと。 (仲原)うん。≪(梅沢)佐野君。 昨日の話 決心はついたの? 君も 事が公になって 会社に迷惑を掛けるのは 本意ではないでしょう? (桐野)おはようございます。 (梅沢)あっ おはよう。 (有希子の ため息) (有希子の ため息) (西島)お前じゃ 当てになんないから クライアントのリストアップだけ やっとけ。 リストアップは もう終わりました。 ちなみに もう シェフは決めたから。 えっ? 決めたって どこのお店に…。 (西島)どこだっていいんだよ そんなもん。 よくないです。 そんなもんって 言わないでください。 (西島)お前の企画なんて そんなもんで十分なんだよ! 何で こんなこと…。 何で こんなことするんですか? わたしは できないことを怒られたり 失敗して怒られたりするのは 当たり前だと思ってます。 でも成功させるために 一緒にやってるのに マイナスになるようなこと しないでほしいんです。 いいかげんなことされたり 投げ出されたりするのは 嫌なんです。 そんな気持ちで やってほしくないんです。 文句あんだったら 全部 自分でやれよ。 分かりました。 全部 わたし1人でやりますから もう いいです。 (ため息) (社員たち)お疲れさまです。(ため息)あっ! (ため息) ≪(桐野)帰ってないのか? わたし…。 全部1人でやるって言いました。 だけど こんなに たくさん できるわけないです。 企画が通って うれしかったです。 チャンスだと思いました。 だけど 邪魔されて うまくいかなくなるくらいなら…。 わたしが担当じゃない方が いいのかもしれません。 逃げ出さないことが チャンスを 生かすってことじゃないのか? 1人でできないって 分かってるなら どうすれば うまくいくのか 何が プロジェクトのためになるのか しっかり考えるんだな。 ≪(ドアの開閉音)(琴美)角田さん。 おはようございます。 (田沢)はい。 あっ ちょっと お待ちください。 角田さん 外線。 はい。 角田です。 [TEL](杏子)白石です 元気? はい。 [TEL]今日 面接で 会社の近くまで行くの。 一緒に お昼ご飯でも どうかなと 思って。 はい。 面接 どうですか? (杏子)やっぱり大変。 でも 大丈夫。 めげないことにしたから。 フフッ。 (杏子)あっ 今日は これから外出? はい。 フェアで料理を頼むお店に 行こうかと思って。 (千秋)あの人 どうするつもりなんだろ? あんなこと言っちゃって。 (琴美)イタリアンと中華の コラボか。 でも わたし 正直 目の付けどころがいいなって思った。 (早苗)はい わたしも そう思いました。 (琴美)でも 1人でできるわけないよね。 (杏子)フェアが 一番 楽しい仕事だったな。 どういうところがですか? (杏子)んっ? 誰かの ちょっとした発言から 1人じゃ 考えつかないようなことが 生まれたりするんだよね。 それで新規の顧客が増えたり 色々な店で うちを通して 輸入した物を見たりすると ホントうれしくて。 仕事のやりがいって 本来は そういうところに あるものなんだよね。あの… この間は 本当に申し訳ありませんでした。 (中村)うん。 今日は どうしても 見ていただきたいと思いまして。 人件費や拘束期間についての案と サンプルのトマトを 持ってきました。 あの…。 (池田)よろしければ どうぞ。 本日の賄いです。 こないだ企画書を見てから みんなでアイデアを出し合って 作ってみたんです。(中村)これ あんた1人で作ったの? はい。 あのね どんな仕事でも 成功させるためには チームワークっていうのが 必要なんだよ。 1人じゃ何もできない。 あんたが 会社で どんなに頑張っても 1人じゃ限界があるってことを 分かってんだろ? (中村)俺は こいつら 従業員の生活を背負ってんだよ。 こいつらのためにも 絶対 失敗することできない。 受け入れる土台が ちゃんとしてないなら 無理だね。 こんな状況じゃ協力はできない。(中村)《どんな仕事でも 成功させるためには チームワークっていうのが 必要なんだよ》 《1人じゃ何もできない》 (杏子)《1人じゃ 考えつかないようなことが 生まれたりするんだよね》 《仕事のやりがいって 本来は そういうところに あるものなんだよね》(桐野)《1人でできないって 分かってるなら どうすれば うまくいくのか しっかり考えるんだな》あの…。 こないだは あんなこと 言ってしまいましたけど わたし1人じゃ何もできません。 入社してから色々あって たくさん失敗しました。 たくさん 迷惑も掛けてしまいました。 伝えられなかったことも たくさんあると思います。 だけど わたしは ここで頑張りたいと思ってます。 ちゃんと 仕事ができるように なりたいって思ってます。 このフェアを 何とか成功させたいんです。 いまさらかもしれないけど… だけど… 手を貸していただけませんか。 仕事を教えていただけませんか。 わたしには 皆さんの力が必要なんです。 お願いします。(西島)バカじゃねえの? 田沢さん 行きましょう。(ため息)(中村)この企画はですね 5年前から始まってまして え~ 今回 5回目でですね…。 お忙しいところ申し訳ありません。 (中村の ため息) (中村)あのね 何度 来てもらっても困るんだよ。 わたし この企画に 協力してもらうために 社内で頑張ります。 少し 時間はかかるかもしれないけど それまで 待ってていただけませんか? 断る。 どうか お願いします。 (中村の ため息) 駄目だね 帰ってくれるかな。 どうしても このフェアだけは 成功させたいんです。 帰れ! (中村)え~ 今回のイベントの 目玉として 予約…。葵井商事の栗田と申します。 藤田です。 (早苗)工藤です。 今回の企画 どうしても成功させたいんです。 そのために 中村さまのお力が必要なんです。 ご協力 お願いできませんでしょうか。 新たな人件費の見積もりを ご用意させていただきました。 メニューの商品化など 今後の展開についても ご相談させて いただけないでしょうか。 角田が責任者ですが わたしどもで支えながら チーム全員で頑張ります。 どうか よろしくお願いいたします。 (琴美・早苗) よろしくお願いします。 何 ぼ~っとしてるの? あなたも もう一度 ちゃんと お願いして。 よろしくお願いします。 (3人)よろしくお願いします。 《このフェアを 何とか成功させたいんです》 《いまさらかもしれないけど 手を貸していただけませんか?》 《仕事を 教えていただけませんか?》 《わたしには 皆さんの力が必要なんです》角田さん。 はい。 企画書。 えっ? あっ はい。分かりました。 チームワークだね。 ありがとうございます! (泣き声) 《手を伸ばす勇気を 初めて出した》 《そして この手を つかんでもらった》 (千秋)角田さん。 はい。 今の時点で どれぐらい メニュー案 提案してるんだっけ? 今は まだ トマトラーメンだけですね。 (早苗)角田さん アジア部門の担当って誰? (有希子)ほっとしました。 (桐野)ああ。 (有希子)一生懸命 頑張ってきた つもりでいましたけど わたしは いろんなものを見落としたまま ここまで 来てしまったのかもしれません。 (桐野)気が付いたときから 始めればいいんじゃないのか。 (千秋)あっ 少し足りないかも。 角田さん ホールトマトのサンプル持ってきて。 チェダーチーズも。 はい。 《歩み寄ることが わたしにとって…》 《わたしにとって 大切な… 大切な一歩だった》 (仲原)じゃあ 後 よろしく。 (社員)うん。 (社員)頑張ってね。 はい ありがとうございます。(ため息) ホールトマト 置いときます。 (千秋)ありがと。 俺も手伝うよ。 あっ ありがとうございます。(静香)自分の立場を守るために 会いに来たんですか? (有希子) 会社 辞めようと思ってます。 何にも見えてなかったこと…。 見ようとしてなかった自分を 恥じてます。 本当に ごめんなさい。 (静香)佐野さん。 (有希子)んっ? (静香)わたし 許しません。 (静香)今でも…。 (静香)今でも 思い出すだけで 死にたくなるんです。 (静香)他人が怖いんです。 もう 誰のことも信じられない。 (静香)この先 どうやって 生きていけばいいのかも 分からないんです。 (静香)あの会社に入ってたときに 持ってた自信も…。 (静香)やってきたことも…。 (静香)何もかもが 奪われたんです! (有希子)ごめんなさい。 ホントに ごめんなさい。 (静香)あなたに この気持ちが分かりますか!? わたしが どんな気持ちで あの会社にいたか あなたに分かりますか!? ねえ? わたしの人生 返してください。 (静香)ねえ わたしの人生 返して。 お願い お願い。 ねえ お願い。 (静香の泣き声) (美穂)お疲れさまでした。 (舞)お先に失礼します。 (鈴木)お疲れ。 (千秋)携帯の電源 切れてます。 (鈴木)佐野さん どうしちゃったんだろうな。 連絡もしないで 会議に出ないなんて。 (琴美)今まで こんなことなかったよね。 (千秋)ねっ。 (梅沢)角田君が仲原君に? ≪(万里香)はい 主人に その気はないと思うのですが 彼女の方に気があるんだと 思います。 (梅沢)食品チームか。 (梅沢)最初に わたしに 話してくれて よかったよ。 何とかしよう。 (万里香)何とかって どういった 形になるんですか? 角田君を異動させる。 (梅沢)人事に掛け合うよ ほっておけることではないからね。 ありがとうございます。 佐野君は やっぱり 管理能力ゼロだな。(チャイム) (西島)フェアの現地分の発注は 俺が先にやっときます。 (琴美)あっ じゃあ 新製品も含めて 全部 去年と同じ数にしておいて。 (西島)分かりました。 (琴美)よろしく。 お先。 (西島)お疲れさまです。 (琴美)お疲れさまです。≪(瓶の割れる音) (チャイム) 佐野さん 角田です。佐野さん?佐野さん! 佐野さん! 佐野さん! 佐野さん! 佐野さん! 佐野さん! 佐野さん! 佐野さん! 佐野さん! 佐野さん! 佐野さん! 佐野さん!