唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享白色荣光2 11日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多
(田口公平)あっ… 佐々木さん!?
(遥)速水先生?
速水先生!
(滝沢)速水先生 熱 計ります。
(佐藤)速水先生
血ガス 取りますね。
(長谷川)肺は特に問題ないですね。
(佐藤)ああ。対光反射なし。死亡確認しました。
(看護師)午後9時23分です。佐々木さんの死亡が
確認されました。
(白鳥圭輔)はぁ~。
速水は?
まだ 意識が はっきりしません。
(武田)2人を発見したのは
近くでスケボーをしていた
若者たちです。
佐々木英二は 胸をナイフで
一突き されていました。
(回想)((うわっ!))
((おい 大変だ!
救急車 呼べ。 救急車。))
(武田)速水先生の体調が回復次第
事情聴取させていただきます。
(立花)ちょっと すいません。
失礼します。
(滝沢)シバリングです。
毛布 持ってきて。
(永山)はい。
(弥生)ちょっと 困ります。
速水。
聞こえるか 速水!
はぁはぁ…。
速水!
速水先生!
(佐々木)((速水先生。))はぁはぁ… 佐々木が…。
一緒に いたんだよな?
知ってるはずだろ。
死んだのか?
ああ。 ナイフで刺されてな。
何があった?
(美和)やめてください。
お話なら安定してから…。
どうして佐々木と2人で会ってた!?
はぁはぁ… 佐々木に…
呼び出されて…。
((おれが寺内さんを殺した。
おれが殺したんだ!))
((ピーーッ!))
佐々木が…
寺内さんに オピオイド…。
それで?
はぁはぁ… はぁ…。ほかに… 何か 大事な話を…。
速水先生?
思い出せないんですか?
はぁはぁ…。
お2人共
もう いいかげんにして…。
何があったんだ 速水!
はぁはぁ…。
速水!おれかもしれない。
えっ?
佐々木を殺したのは…
おれかもしれない。はっ はっ はっ…。
(佐藤)痙攣だ。 長谷川 鎮静。
永山は 酸素10リットル。
(永山)はい。
(長谷川)ジアゼパム 5mg。
(救急隊員)お願いします。
(遥)40代女性。 落下してきた
看板の下敷きになって受傷。
レベル20。
左上下肢に挫創あり。
浅野先生
右上腕にライン確保して。
CT後に洗浄するから
用意 お願い。
(一同)1 2 3。
(救急隊員)ストレッチャー出します。
(美和)お願いします。
はっ はっ はっ…。
(遥)目に光 当てますね。(滝沢)発熱に頻脈… 速水先生
単なる過労とは思えませんね。
(長谷川)記憶障害も出てるし
あの痙攣は気になりますね。
(佐藤)ああ。 CTはまだか?
(永山)今 浅野が行ってます。
そろそろ戻るかと。
(佐藤)熱の原因は?
(滝沢)ワイセは 19800。
リンパ球の上昇と
若干 好酸球も上昇。
血液培養のグラム染色も陰性です。
ウイルス感染じゃないでしょうか。
(永山)各種ウイルス抗体価は
チェックして検査に回しています。
(滝沢)さっきのあれ
熱のせいなんですかね。
おれが殺したって。
((佐々木を殺したのは…
おれかもしれない。))
(遥)当たり前でしょ。 速水先生が
人 殺すなんて そんなはず…。
絶対ないとは言い切れないよね。
寺内さんは僕たちに ある秘密を
伝えようとしていて殺された。
そして今度は 同じ秘密を
知っていた佐々木が殺された。
この2つの殺人事件は
その秘密に大きくかかわっている
同一人物による
犯行の可能性が高い。
(佐藤)でも さっき 速水先生は
寺内さんを殺したのは
佐々木さんだって。
まあ 速水の言葉を信じるならね。
秘密って? 何なんですか?
速水先生たちが作ろうとしていた
M・A・Hの療養施設予定地は
PCBという化学物質で
土壌汚染された
危険な土地だったんだ。
メディカル・アソートは
その事実を隠して
強引に療養施設を
作ろうとしていた とすると
その秘密をバラされて困るのは
メディカル・アソートの佐々木か
療養施設にこだわっていた 速水だ。
速水先生が
2人を殺したっていうんですか?
普通は そうなるんじゃないの?
肝心の佐々木殺しに関しても
何か都合よく
記憶が途切れちゃってるしさ。
田口先生も同じ?
あの速水先生が
人 殺したりできるって
本気で思ってんの?
思いたくないよ。
あんなに命を救うことに
必死だった先生が
人の命を奪うなんて。
だったら…。
でも
バチスタ事件だって そうだった。
人の命を必死で救いつづけてきた
先生たちが
ちょっとした弱さから
命を奪ってしまった。
(美和)あの…。
よろしいですか?
どうぞ どうぞ。
花房師長のお話を伺いたいな~
と思ってたところなんですよ。
寺内さんが殺された時間の
速水のアリバイ。
あれ 花房師長の証言だけで
辛うじて成り立ってるんですよね。
いいえ。 速水先生のアリバイは
これが証明します。
これは?
寺内さんが殺された時間
速水先生は
MRI室にいらっしゃいました。
(美和)速水先生ご自身のものです。(佐藤)これは…。
(長谷川)膿瘍かな?
いや でも
速水先生には 項部硬直はないし
局所的な神経所見もなかった。
だとすると これって…。
(佐藤)脳腫瘍…。
(長谷川)ええ。
それも この
リングエンハンス状の病変から
転移性の脳腫瘍の疑いが
ありますね。
(佐藤)痙攣も記憶障害も
これのせいか…。
そういえば 佐藤先生
前に言ってましたよね。
速水先生の机に
患者名の入っていない
検査データがあったって。
(佐藤)ああ。
それは 何の検査だった?
(佐藤)血液検査です。
確か 著しい貧血の進行と
白血球の上昇が。
つまり あいつは 以前から
自分の体に異常を感じていて
こっそり調べていた。
そういうこと?
はい。
で? 速水自身は自分の病気の
確定診断は ついてたの?
わかりません。
わからないって 何?
そのことだけは 何も
教えていただけませんでしたから。
(佐藤)とにかく 原因を探そう。
全身の検索を急ぐんだ。
(滝沢・永山)はい。(彩子)ここ… ここ どこ?
(弥生)病院ですよ。
もう大丈夫ですからね。
だから はぁ… どこの病院?
東城医大ですけど。
あぁ… あぁ…。
(弥生)斎藤さん?
斎藤さん!誰か お願いします。
(遥)どうしました?
(彩子)帰ります!
(滝沢)田口先生 お願いします。
(弥生)落ち着いてください。
(彩子)出してください!
私 帰ります!
ここ… ここ 嫌なんです!
どうしたんですか?
(弥生)斎藤彩子さんです。
うちの名前を出した途端に…。
東城医大だけは 絶対 嫌なんです。
斎藤さん。
心療内科の田口といいます。
はぁ はぁ…。
あっ。
あなた…。
あれ? 彩子ママ?
((お客様のプライベートを
かぎまわるような行為は
ご遠慮いただいております。))
あなた 厚労省の…。
どうして ここに?
いや~ いろいろあって。
それより 何でそんなに
東城医大を嫌うんですか?
斎藤さん?
娘が… 死んだの。
ここで 15年前
城東デパート火災のときに…。
だから
この病院だけは嫌なんです。
わかりました。
(滝沢)田口先生?
できるだけ早く
転院していただけるようにします。
でも 必要最小限の治療だけは
させていただけませんか?
ここは
救命救急センターですから。
先生たちも
一度 受け入れた患者さんを
そのまま ほうり出すわけには
いかないんです。
お願いします。
ううっ…。
(彩子)はぁ はぁ…。だから あのとき
教えてくれたんですね。15年前のデパート火災で
英雄に祭り上げられた速水を
あなたは恨んでた。
だから 鴨志田と速水のつながりを
僕に教えてくれたんでしょ。(彩子)
午後には この病院 出られる?
(遥)
もう少しだけ お待ちください。
私も 15年前のあの日
城東デパートにいたんです。
全然 覚えてないんですけどね。
火事のことも 何にも。
痛くて目を覚ましたら
ベッドの中で
火事から
1週間以上 たってました。速水先生… 私…。
あれ? 2人で何?
秘密のご相談?
失礼します。
お前 知ってたのか?
寺内さんの土地が PCBに
汚染されてたってことだよ。
PCB?
いや。
メディカル・アソートは
最初から理想の施設を
作る気なんてなかったんだよ。
お前を引き抜くために
安い土地に適当な施設を
作ろうとしてただけだ。
お前は 佐々木に
完全に だまされてたんだよ。
違う。
だから 佐々木を殺したんだろ。
そうじゃない。
何が違う!
そうだ…
そんな話を昨日…。
何か思い出したのか?
そんな話を昨日…。
何か思い出したのか?((おれが寺内さんを殺した。))
((おれが殺したんだ!))
((知らなかったんです おれも。))
((寺内さんの土地が
そんな場所だったなんて。))
((それは本当か。))
((当たり前じゃないですか。))
((先生だって知ってるでしょ?))
((おれの父親が寝たきりになって…
惨めな死に方をしたって。))
((だから おれは本気でしたよ。))
((会社は VIP専用の病院にしようとしてたけど
速水先生の名前を利用して
療養施設も無理やり作らせた。))
((本気で先生の言うような
理想の施設を作りたかった。))
((おれが…
初めて持てた夢でした。))
((でも もう おしまいだ。))
((人殺しなんて。))
((療養施設も
そんな土地には建てられない。))
((すべて おしまいです。))
カチッ
((ずっと 死のうと思ってたんです。))
((でも怖くて できないんですよ。))
((だから速水先生 お願いです。))
((おれを殺してくれませんか?))((速水先生…。))
((さっき 何て言った?))
((寺内さんを
どうやって死なせた。))
((オピオイドを一気に投与して
医療ミスに見せかけるために
数値をごまかして 逃げました。))
((ほかには?))
((オピオイドのほかに
寺内さんに何か しなかったか。))
((何の話ですか?))
((それを知らないってことは…
寺内さんの命を奪った人間は
ほかにいる。))
((それは どういう…。))
((はぁはぁ… だから… はぁはぁ…
寺内さんを殺したの…。))
((速水先生? 速水先生!))
速水先生。
オピオイドを投与したのは佐々木。
だが そのまま逃げた。
えぇ?
寺内さんの のどを折ったのは…
寺内さんに とどめを刺した人間は
ほかにいる。
その人間が佐々木さんも…。
もう一度 寺内さん殺しから
洗いなおしてみようか。
案外 簡単に佐々木殺しまで
つながるかもしれない。
お前のことは警察が
最重要容疑者として
取り調べてくれるよ。
何しろ 佐々木と2人で
こっそり会ってたうえに
凶器のナイフから
指紋まで出てるんだからな。
でも 速水先生は
ナイフを受け取っただけで
その場に捨てた。
信じるのか?
熱に浮かされた振りをした
患者のうそかもしれないぞ。
だよな。
まあ でも 警察と同じ方向で
調べても しかたがないしね。
もし 僕とグッチーが
真犯人を見つけられなかったら
お前は おとなしく
警察に逮捕されるんだな。
それまで おれの命が もてばな。
お前 病名わかってんのか?
さあな。
まだ ある。
えっ?
昨日のことで
何か まだ 大事なことが…。
どうして思い出せない?
無理しないでください。
多分 一時的な 解離性健忘です。
記憶のほうは
ゆっくり思い出していきましょう。(技師)速水先生が
MRIを撮った日ですか?
ええ 確かに花房師長が
ご一緒でしたが。
彼女はMRIを撮りおえるまでずっと ここにいた?
いえ
5分ぐらいして出られました。
(長谷川)速水先生。
心房細動が続いているので
レートコントロールを開始します。
ああ。1つ 確認したいんだけどね。
寺内さんが殺された時間
速水がMRIに入ってる間
花房師長 席を外したそうじゃない。
その直後のあなたを長谷川先生が
廊下で見かけてるんですよ。
以前のカルテを
取りにいっていました。
カルテ室以外の場所には?
行かなかった?
行っていません。
それ 証明できる?
いいえ。
もう よろしいですか?
どうぞ。あれ?
和泉。 斎藤さんは? 検査?
えっ? そんなはず…。あなたは…。
あなたは…。
斎藤さん
ここで何されてるんですか?
娘は…
黒い紙を置かれたの。
(彩子)救急車で運ばれてきて
助けてもらえると思ったら
体に黒い紙を…。
ブラックタグ… ですね。
治療の優先順位なんですよね。
緑は軽症の意味。
黄色は命には かかわらないが
処置は必要。
赤は命にかかわる
一刻も早い処置が必要な患者。
そして 黒は…
死亡 もしくは救命不可能。
(彩子)娘は もう助からないって
廊下の隅に運ばれて…。
((ピピピ ピピピ…))(心電図の音)
(救急隊員)((通してください。
ストレッチャー通ります!))
((お願いします!))
(彩子)
((助けて!助けて!助けて!))
((この子を診てください!
診て!ねえ…。))
(彩子)((どうか… 診て!
診て お願い!お願い…。))
((助けてくれ~!
おい!))
((助けて~!))
((誰か~!))
((遥 聞こえるか!?))
((まだ息があるんだ!))
((速水先生 娘を診てくれ。
お願いします!))
(彩子)((先生!先生!))
((先生!先生…。))
((この子 診てください…
この子 診て…。 はぁ はぁ…。))
((はぁ はぁ はぁ…。))
((残念ですが もう…。))
((はぁ はぁ はぁ… 先生!))
((この女の子をすぐに運べ!))
((はい!))
(彩子)((助けて~!))
(救急隊員)((聞こえるか?))
((ううっ… 何で!))
(彩子)同じブラックタグなのに
あの女の子は治療してもらえた。
(彩子)お父さんが
あなたと知り合いだったから。
私の子供は
何の処置もされないまま
冷たくなっていった。
(彩子)たとえ だめでも
治療の一つぐらいしてほしかった。
病院にいるのに
何にもしてもらえない。
わかる? この悔しさ。
あなたが…
あの赤ちゃんの
母親だったなんて…。
覚えてないくせに…。
娘のことなんか
覚えてもいないくせに。
お嬢さんは
水色の着ぐるみに
頭まで くるまれていた。
昨日の記憶はないが
患者の記憶は 今も鮮明だ。
救えなかった患者の顔は
忘れられません。
お嬢さんを救えず…。
(彩子)ううっ…。
申し訳ありませんでした。
ううっ…。
はぁ はぁ…。
キンコーン キンコーン…(心電図の音)
(遥)速水先生?
速水先生!
斎藤さん ベッドに戻りましょう。
さあ。
(長谷川)どうした?
今 急に。
何かのアレルギーかな。
失礼します。
長谷川 はぁはぁ…
おれの レートコントロールに…
はぁはぁ… 何の薬 使った?
ベータ・ブロッカーですが。
それだ。 はぁはぁ…。
速水先生
ぜんそくが あるんですか?
はぁはぁ… はぁはぁ…。
すぐ カルシウム・ブロッカーに変更します。
和泉 吸入とステロイドを用意して!
はい。
はぁはぁ… はぁはぁ…。
(長谷川)失礼します。
はぁはぁ… はぁはぁ…。
はぁはぁ… はぁはぁ…。
(鴨志田)ごほっ!ごほっ ごほっ!
コン コン!
どうも 鴨志田先生。
(岡村)白鳥さん
アポイントなしのご面会…。
時間は 取らせませんよ。
ひと言 ご報告があって
伺っただけですから。
報告…。
とうとう
見つけちゃったみたいなんですよ
おっきな秘密を。
何の話かな?
いや 僕ね
昔から ひとを どっきりさせるのが大好きなんですよ。
鴨志田先生にも
いずれ 超どっきりして
いただけるんじゃないかと。
だから… 何の話だ!
まあ その話は
いずれ また改めて。
あぁ それから M・A・Hの件
あれは ちょっと
協力できなくなりそうです。
じゃ どうも。
あっ ちなみに~ 昨日の夜
鴨志田先生は どこで何を?
(岡村)後援会の方々との会合が。
岡村さんも ご一緒で?
ええ。 それが何か?
いや べつに。 失礼しました。
(ドアの開閉音)
(長谷川)すいませんでした。
ぜんそくのこと 知らなくて。
いや…。
それより さっき気づいた。
この辺に しこりがあるよな。
調べてくれ。
頚部リンパ節生検 やりましょう。
だな。
(佐藤)行くぞ。
わかってると思うけど
佐藤ちゃん
おれは 延命治療は望まない。速水先生の病気って 一体…。
佐藤先生。
(佐藤)貧血の進行 白血球の上昇
頚部に しこり。
まさか…。
悪性リンパ腫。
(滝沢)でも 治りますよね。
悪性リンパ腫だとしても
ホジキン型などの低悪性群なら
ステージが進んでいても
今は化学療法や放射線治療で。
低悪性群ならな。
予後は
リンパ腫の種類と進行度による。
だったら 望みは…。
でも
この 速水先生の
脳のMRI所見から考えると
悪性リンパ腫が
脳にまで転移してるとなると
かなり難しい。(遥)この後 受けていただくMRIで
問題なければ
明日には転院できます。
そう。
あの…。
すいませんでした。
(遥)私なんです。
もう1人のブラックタグは
多分 私です。
(遥)父が医者で
速水先生とも顔見知りで
私も もう無理って判断されて
廊下に置かれていたのを
速水先生に頼んで
助けてもらったって聞きました。
どうして… あなたが謝るの?
15年前に亡くなっていたのは
あなたのお嬢さんじゃなくて
私だったかもしれないから。
もし 父と速水先生が
知り合いじゃなかったら…。
それは違うよ。
違わない。
違うって!
和泉 お前
何年 速水先生の下で
働いてんだよ。
速水先生が
知り合いの娘だからとか
そんな理由で患者を選ぶと思う?
僕は 違うと思います。
速水先生にとっては
どの命も平等だから。
お嬢さんのことは
本当に残念でした。
15年前のあの日
ここが どんなだったか
僕には 想像しかできませんが。
一瞬一瞬で
生死を判断するしかない
ぎりぎりの状況だったと
思うんです。
速水先生は その最前線にいた。
大勢の患者さんを診たはずです。
でも 覚えてましたよね 速水先生。
一瞬 診ただけの お嬢さんのこと。
ほんとは 先生自身も
悔しかったんじゃないでしょうか。
お嬢さんに
何もしてあげられなかったこと。
そうやって たくさんの悔しさを
きっと 一生抱えていくんです
速水先生は。生きてたのね。
えっ?
ずっと気になってたの。
あの女の子は
助かったんだろうかって。
それが…
こうして 先生になってたなんて。
良かった…。良かったわね 助かって。
はい… はい。
(彩子)良かった。それ 間違いない?
(弥生)はい 間違いありません。
速水先生が運ばれてくる前の
1時間ぐらいだったと思います。
あっ そう…。 ありがとう。あぁ…。
これで検査終了ですって。
ようやく
この病院から出られるわ。
やっぱり この病院は嫌いですか?
まあね。
でも… 前よりは ずっとまし。
恨みだけじゃないかも。
あなたに
速水先生のことを教えた理由。
(佐々木)((ようやく 上が
OKしましたよ 例の療養施設。))
((ジェネラル・ルージュを呼ぶには
絶対必要だって 強く言ったんで。))
((メディカル・アソート・ホスピタルは
本当に理想の病院に
なるかもしれませんよ 速水先生。))(彩子)速水先生と白鳥さん。
あなたたちが目指してるものって
ほんとは… 似てるんじゃないか
って気がしたの。
さよなら。次は 私が救う番だね。
えっ?
15年前
速水先生が私の命を救ってくれた。
今度は私が。
速水先生にブラックタグを
付けるのは まだ早すぎる。
違う?
違わない。
(遥)また あの ごきぶり厚労省。
何なの あいつ。
速水先生の同期なんでしょ?
それなのに
あんなふうに かぎまわって。
どうしても 速水先生を
悪者にしたいわけ?
逆だよ。
悪者にしたくないから
調べてるんだ。
何 それ。
ひねくれた人だから
誤解されちゃうんだけどさ。
一番 速水先生を
信じたいと思ってるのは
ほんとは
白鳥さんなんじゃないかな。
どうも ありがと。
ゆうべは どこに?
速水が運びこまれてくる前の
1時間ほど
花房師長の姿が見えなかったって
言ってる人がいるんだけどね。
仮眠室で 休んでいました。
仮眠室。 1人で?
ええ。
それが何か?
いや べつに。
ただ ちょっと確認をね。寺内さんが殺された時間
花房師長には アリバイがない。
そして ゆうべも
1時間ほど仮眠室に行くと言って
ICUを出てる。
でも まさか師長が…。
[TEL](着信音)
[TEL]
はい。
えっ?
(弥生)速水先生が
いなくなったんです。
わかりました。
速水先生が いなくなったそうです。
((まだ ある。))
((昨日のことで
何か まだ 大事なことが…。))
今のあいつが行く場所は
1つしかないよ。
あっ。
行くよ グッチー。
はい。(佐々木)((本気で先生の言うような
理想の施設を作りたかった。))
((おれが…
初めて持てた夢でした。))
((お願いです。))
((おれを殺してくれませんか?))はぁ はぁ…。
((はぁはぁ はぁはぁ…。))((コツコツ…))(足音)速水!
ここへ来たんじゃ
なかったんでしょうか?白鳥さん!
速水先生!
速水。
救急車 お願いします。
場所は城東デパート跡地です。
声…。
えっ?
佐々木を呼ぶ声が聞こえて…。
そのときには もう
佐々木の胸に ナイフが…。
声って 誰の声だ?
速水先生。
((佐々木さん。))
((コツコツ…))
♪♪「いくつの夜明けを数えたら」速水 しっかりしろ!
速水先生。
速水先生
今 救急車 来ますからね。
誰の声だ? お前 何を見た?
声… 何の話だ?
今 お前が言ったんだろ。
昨日 ここで誰かの声を聞いたって。
いや 聞いていない。
えっ?
うそだな。
お前は誰かの声を聞いた。
昨日 ここで!
それは
佐々木を殺した犯人の声だ!
お前が かばうとしたら 相手は…。
(救急隊員)ストレッチャー出します。
(佐藤)多発外傷の疑いがある。
(長谷川)エコー準備して。
(永山)はい。
(美和)ボタン外しますね。
(弥生)モニター着けます。
(遥)ライン確保します。
Aライン取りますか?
(佐藤)やってみろ。
挿管するぞ。
用意しました。
(滝沢)レントゲン撮りますか?
(長谷川)頭部 胸腹部 骨盤。お前 誰をかばってるんだ!?
速水!
はぁ…
おれだよ。
えっ?
全部
思い出した。
佐々木を
殺したのは…
おれだ。
うっ…。
速水先生!
速水!
速水!
速水先生!
くっ…。
速水先生 速水先生!
(佐藤)心不全の原因は
心筋梗塞じゃなかった。
(長谷川)カテーテルでは
治療のしようがない。
IABPでもPCPSでも入れて。
そんな簡単な話ではないんです!
くっ!
佐々木さんを殺したのは…。
僕は 僕の仕事をしてくるよ。
僕も やれるかぎりのことを。