唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享初恋 03日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(三島)私に 任せてくれ。 絶対に 歩いて帰す。 (潤)俺たち ほんとに 運が良かったんだよな。 主治医として言ってるんだ。 乗って。なんか… 道 間違えちゃったみたい。 (緑)えっ? どうやって行けばいいか分かる? いや… 参ったな~。 日本の道 運転するの 久しぶりだから。 あの… カーナビ 使いませんか? えっ? あ~。使った事ないんですか? うん? うん。 パリじゃ 病院とアパートの往復だけだから。 「4月18日…」。 わっ ビックリした。 しゃべった! 「目的地を入れて下さい」。 先生って 手術以外は 駄目なんですね。 いや…。 [TEL] (健太)おじいちゃん 電話だよ! [TEL] (勝)はい もしもし。 お~ 潤くん。 どうした? えっ? 緑と はぐれた? すいません。 仕事で遅れちゃって。 何度も かけてるんですけど つながらないんですよ。 また かけます。 はい。 富士山ってさぁ こんなに大きかったかな? 郷愁って言うのかな? こういうの。 郷愁ですか? こんな気持ち 一生 縁が無いと思ってたけど やっぱり 富士山 見ると 懐かしいね。 あの町には 戻ってないんですか? うん。 あっという間だった。  回想  合格 おめでとう。 でも… 東京の医大 行っちゃったら 勉強 忙しくて この町の事なんか 忘れちゃうね。ドリ。忘れない。 絶対 忘れない。ごめん。 困るんだ こういうの。 悪いけど もう来ないでくれ。 三島くん! 大事な話が… ちゃんと聞いてほしいの! 君を好きだと思った事は 一度も無い。ずっと謝りたかった。ありがとうございました。 ここは 何も変わらないなぁ。 君も。 (健太)あっ ママ! 健太! (健太)おじいちゃん ママが帰ってきたよ! (勝)おっ 帰ってきたか! (健太)ママ~! 健太! おいで! 健太~! 健太 寂しかった? 健太 会いたかったよ~。 誰? ママの事 手術して下さった スーパードクター。 (勝)おっ 緑! 潤くんと はぐれたんだって? どうやって帰ってきたんだ? 三島先生に送って頂いたの。 えっ あちらが? ご無沙汰してます。 (勝)えっ? ご無沙汰…。 ひょっとして… あの三島くん? はい。 酒屋の三島です。 (勝)いや~ 世界的名医に 緑が 助けられたって聞いてたけど 三島くんだったのか~。 お前 どうして ちゃんと言わないんだよ? 言おうと思ってたんだけど…。 こんなとこでは 何ですから 店 入って。 さあ さあ さあ! どうぞ どうぞ。 退院祝い 緑の。 僕も持つ! じゃ これ持ちなさい。 じゃあな 早く 早く。 良かったな~。 (健太)うん。 ドリ。 今日は失礼するよ。 来月の検診 外来で待ってる。 えっ? パリに 戻られるんじゃないんですか? もうしばらく 君の予後を見守りたい。 じゃ おじさんに よろしく。 三島先生。 ありがとうございました。 本当に 言葉にならないくらい 感謝してます。 でも… 私は もう 昔のドリじゃありません。 失礼します。 いや~ さっきは 腰抜かしそうになったぞ。 あの酒屋の せがれがな~ 緑の命 救ってくれるとはな。 ママ ごはん! (広瀬)そりゃ ビックリしますよね。 三島 来たんだ。 うん。 車で送ってくれたの。 何で引き止めなかったんだよ? 広瀬くんだって 久しぶりに 会いたかったよな? おじさん もういいじゃないですか。 あいつは この町 捨てたヤツですよ。 昔の同級生に会っても うっとうしいだけですよ。 (ゆり子)私たちの結婚式にも 招待したけど 来てくれなかった。 昔 一度 こいつ連れて 東京の 下宿に 行った事あるんですけど 冷たく あしらわれちゃいました。 そうだったね。 医学部 入って 人が 変わっちゃったみたいで。 こんばんは! あっ パパ! 緑 大丈夫だった? このとおり 無事に帰って参りました~! (健太)パパ 何やってんだよ! ごめん。 お客さんに つかまっちゃって…。 もういいってば。 それより 心配 掛けて ごめんね。 スーパードクターが すっごい車で ママを送ってくれたんだよ。 えっ… 三島先生が? うん。 あの… 病院の外で たまたま会ってね。 ほら みんな集まったからさ 乾杯しようよ! 潤ちゃん あがって あがって。 乾杯しよう! これ使ってね。 その前に…。 退院 おめでとう。 おめでとう! ありがとう パパ! ありがとう 健太! ありがとう ゆりちゃん 広瀬。 お父さん ありがとう。 きれい! はい。 偉いね~ 健太。 1人で寝られるようになったんだ。 うん! 「ママが 病院で1人で寝てるから お前も頑張れ」って パパが。 そう。 やっぱり 今日は 健太が寝るまで ママも一緒に寝ようかな~。 (健太)やった~! やった~! ねえ どっちが早く寝るか 競争しよう。 3 2 1。帰ってきたんだな~。掃除も洗濯も 全部 俺が やるから 何もしちゃ駄目だよ。 え~? じゃあ 先に お風呂 入ってもいい? お風呂? えっ… 大丈夫だっけ? うん。 病院でも入ったし。 いや あの~。 手術の傷? うん。 もう抜糸したから大丈夫。 何センチぐらい? えっとね…。 このくらい。 見たい? いや… いいよ。 あ~ 風呂ね。 ありがとう。 うん。[TEL] はい。 (幸絵)ちょっと 車貸してあげたら 富士山まで ドライブ? 楽しそうね。 怖いな~。 カーナビって そんな事まで分かっちゃうんだ。 患者の肝臓しか愛せない 三島先生が どういう風の吹き回し? 送った先が たまたま 富士山の ふもとだった。 それだけだよ。 私… あの人と どっかで 会ったような気がするんだけど。 用が無いんだったら 切るよ。 今ね 面白いテレビ やってるから。 あなた テレビなんか見ないじゃない。 おやすみ。(高野)しばらく ここに残る? (前田)パリに帰るのは 延期したそうです。 (菅原)いつまで? さあ? まだ 決まっていないみたいですけど。 (蛯名)三島くんに診てほしい という 外来の患者が 大勢 来ている。 学生たちも 彼の講義を聴ける いい機会じゃないか。 失礼します。 お呼びでしょうか? 三島先生。 ちょっと 何ですか? よろしいですか? ここに滞在して頂くための 条件といいますか その… いくら 報酬を お支払いしたらいいのか 院長から 先生の要望を お聞きするようにと。 …と申しましても 先生の名声ほどは お支払いできないんですけど。 部屋を1つ。 部屋? それと 昼寝できる 大きめのソファーを。 それだけです。 失礼します。 (ドアの開閉音) 広瀬。 昨日はさ いろいろ 気遣わせちゃったみたいで ごめんね。 いいよ。 あっ 三島ってさ 俺みたいに 腹 出てた? えっ? 頭 薄くなってた? 白髪か? う~ん… あんまり 変わってなかったかな。 何だよ。 かっこいいヤツは 年くっても かっこいいんだな。 俺の事 何か言ってた? ううん だって 患者と医者だよ。 緊張しちゃって そんな話どころじゃなかったよ。 そっか。 うん。 緑。 余計な お世話 かもしれないけど 潤ちゃんには 三島の事 黙っといた方がいいぞ。 でも このまま 黙ってる訳にもいかないでしょ。 バカ… お前 言う気か? うん。 今度の検診の時までには ちゃんと話そうと思ってるよ。 駄目 駄目。 自分の愛する妻が 元の彼氏に 肝臓の手術 受けるなんて…。 ああ… うわっ 絶対 無理 無理! そんな…。 お前が思ってるより 男ってのは ずっと か弱い生き物なんだぞ。 じゃあな。 ありがとね 広瀬。 は~い。 良かったよなぁ 三島先生に手術してもらえて。 俺たち ほんとに運が良かったよ。 また言ってる。 神様だね あの人は。 潤ちゃん。 うん? 見てほしいの。 私… こんなに なっちゃったけど…。 前と… 違うね。 大丈夫。 悪い所 全部 取れたんだから。 全部 今までどおり。潤ちゃんの 「J」だね。潤ちゃん ありがとう。 うん 大丈夫。 [TEL] 潤ちゃん。 うん? お電話です。 [TEL] あ~ 田口さんだ。 えっ? もしもし。 ちょっと落ち着いて下さい。 どうしました? 契約直前で? あ~ なるほど。 それは相手が悪かったですね。 いえいえ… いえいえ 笑ってませんよ。いや それは大丈夫ですよ。 何とかなります。あっ…。 (医大生)先日の肝臓外科の講義 大変 感激しました。 質問 よろしいですか? うん いいよ。 では あの…。 [TEL] あっ ちょっと ごめん。 はい。 [TEL](女性職員)先生 パリ医科大学の ベネッソン学長から お電話です。 あ~ つないで。 おいしい! あ~ 良かった。 ちゃんと 「頂きます」したか? はい ありがとう。 まだ 無理しちゃ 駄目なんじゃないの? 大丈夫! だって 明日 1か月目の検診だよ。 検診って? 検診っていうのはね テストの結果が出るのと同じかな。 ママ いい点 取れるといいね。 絶対 大丈夫! やっぱり 俺 明日 仕事 休んで 送っていくよ。 パパは 会社 サボっちゃ駄目。 (健太)サボっちゃ駄目! ね~ 駄目だよね~。 (看護師)村上さ~ん。 どうぞ お入り下さい。 はい。 失礼します。 (野田)おはようございます。 どうぞ お掛け下さい。 はい。 どうですか? 食欲は ありますか? 前から比べると 8割ぐらいです。 元に戻るまでに もう少し かかりますね。 熱は? 今朝は 6度2分です。 痛みは? 時々 ちょっと ひきつれるような 痛みが あります。 あの~ 何となく 右の胸が重いような…。 胸水かな? あの…。 まあ 大丈夫でしょう。 もういいですよ。 はい。 ありがとうございました。 お大事に。 次の検診は 1か月後です。 はい。 (野田)お大事に どうぞ。 (ドアが開く音) 1時間だけ… ちょっと つきあってくれない? えっ? どうぞ。 入って。 なんか 広いでしょ。 昼寝できる大きめのソファーって 言ったら こんなの来ちゃって。 あっ こっち こっち。 どうぞ。 はい どうぞ。 うわ~。 この間さ 退院祝い 失礼しちゃったから。 ワイン? 検診の結果も 問題なし。 主治医が保証する。 飲んでも 全然 大丈夫。おめでとう。 ありがとう。大丈夫だから。おいしい。 じゃ 頂きます。 どうぞ。 頂きます。 先生 午後も 診察 あるんじゃないんですか? その「先生」っていうの やめてくれない? 今だけ ため口にしよう。あいつ… 広瀬 どうしてる? 商店街で お弁当屋さん やってて 先生… 三島くんの事 聞かれました。 へぇ~ 何て? おなかは出てないか 頭は ハゲてないかって。 (笑い声) あんまり変わってないって 言ったら ガッカリしてたけど。 楽しかったな~ あのころは。 あいつと いつも つるんで バカな事ばっかり やって。 あの公民館 まだ あるの? あります。 もう ボロボロだけど。 あのピアノも まだ あるのかな? ドリ あのころ よく あの曲 弾いてたよね。「STAY GOLD」。この間 郷愁って言ってたけど。 郷愁って 過去の うん。 いいとこ取りですよね。 いい思い出だけ残して あとは消去しちゃう。 時々 その いいとこ取りの 思い出を取り出して 懐かしんで。 そうしてるうちに 過去は どんどん いい事ばかりになって きれいなところしか残らない。 それが 郷愁。 きれい事だらけの思い出か。 俺… まだ 憎まれてるのかな? そういう話は やめましょう。 私は 毎日 バタバタ 仕事と家事に追われて 息子は まだ手が掛かるし 後ろ 振り返ってられないんです。 ねえ 何で 言語聴覚士って仕事 選んだの? 私も 昔話しますけど…。 どうぞ。 若いころ ひどい失恋をしたんです。 恋人だと思ってた人に これ以上 ないっていうくらい 残酷な言葉で 振られました。 でも その失恋のおかげで 目覚めたんです。 言葉の力って すごいって。 人を どん底に 陥れる事も できるし 人を 絶望から 救う事も できる。 それから 2年間 猛勉強して 言語聴覚士の資格を取りました。 やっぱり ドリは強いね。 最初に 診察室で会った時に 「あなたの患者には なりたくない」なんて言って すいませんでした。 あ~ あのまま 戻ってこないのかと思った。 今は 心から感謝してます。 夫も 三島くんの事 神様だって 毎日 言ってます。 ドリは… 今 幸せなんだね。 はい。 とっても。 それ聞けて良かった。 俺… パリに戻るよ。 もう少しで 郷愁に負けて 向こうの病院 クビになるとこだった。ああ 大丈夫。 検診はね 野田くんに ちゃんと引き継いでおくから。ありがとうございました。 じゃあ… 元気で。三島くんも 元気で。ドリ。何か 心配な事が あったら 遠慮なく電話して。 ありがとう。あら あなた この間の…。 はい? 三島の妻です。 元妻ですけど。 あ~ 三島先生には いつも お世話になってます。 知ってます。 特別な患者さんでしょ。 えっ? あなたの手術痕 すごく きれいでしょう。 いつも 助手に おなか開かせてから 手術場に入る彼が あなたの時は 最初から最後まで 全部 自分で やったそうね。 それって すごく珍しい事だから。 (蛯名)幸絵。 お父さん。 また 三島くんの所か。 それじゃ。 あ~ やっと つながった。 どうだった? 検診。 ごめん ごめん。 電源 入れるの 忘れてて。 大丈夫よ 合格。 GOTの数値も 正常になったって。 あ~ ほんと? 良かった 良かった! じゃあ 気を付けて帰っておいで。 こんにちは。 おう。 なんか 緑 検診の結果 すごく良かったみたいです。 お~ ひと安心だな。 はい。 これは 三島くんに 何か お礼しなきゃな。 三島くんですか? いや~ スーパードクターが あの酒屋の せがれとはなぁ。 えっ? この商店街にあった 三島酒店? そう そう そう。 緑が言ってたろ? あいつの同級生の 三島くん。(桃子)あの…。 所長。 うん? これ うちの畑で取れたんです。 気持ちだけですけど。 ありがとう。 所長? あっ… ちょっといい? ちょっといい? あのさ… 酒井さんね。 酒井さんが もし どこかで 同級生に再会したとして その時に 彼氏が 一緒に いたとしたら 同級生の事を 彼氏に紹介する? 同級生って 男の人なんですか? うん。 ただの同級生だったら 紹介しますけど もし 昔 つきあってた人だったりしたら 黙ってます。 つきあってたら…。 男の人って 過去の恋愛にも 嫉妬するじゃないですか。 (アケミ)そう そう。 初恋の相手とかね。 (妙子)初めての男とかね。 (アケミ 妙子)キャ~! 初めてって…。 初めて あるでしょ? 初めての男は 大体 同級生じゃない? (話し声) 三島先生って…。 うん。 うん? …に 何て言われたんだっけ? もう だから さっきも 言ったでしょ 順調だって。 それからね あの先生 もうすぐ パリに帰るみたい。 そうなの? スーパードクター いなくなっちゃうの? 世界一の先生だから 忙しいのよ きっと。 あのさ…。 うん? な~に? パパ。 風呂 入ってくる。 行ってらっしゃ~い。 健太。 は~い。 行ってらしゃ~い。 行ってきま~す!(広瀬)今朝  回想  緑の母ちゃんが死んだ。  回想  (勝)若いもので ガンの進行も早くて。 転移をしていて…。なあ 仕事は まだ早いって。 大丈夫。 病人扱いしないで。 検診の時 三島先生も 少しずつなら 仕事 始めていいって。 あの先生が 何 言おうが まだ駄目だ。 外に出て 気分転換したいの。 パパ~ まだ? ほら パパ 遅刻しちゃうよ。 ほら ほら ほら! ほら! はい 行ってらっしゃい。 行ってきま~す! 行ってらっしゃい! 気を付けて。 パパも早く! ほんとに 無理だけは するなよ。 はい。 行ってらっしゃい。 お疲れさまです。 中山さん。 (中山)退院? はい。 良かった。 待って… ました。 ありがとうございます。 ありがとう… ございます。 中山さん すごい上達しましたね~。 座りましょうか。 先生は… もう いいんですか? はい。 すごい名医に 手術してもらえて ガン すっかり きれいに取れました。 ガンは… きれいに… 取れました。 中山さん またあとで。 (アナウンス)「エールフランス 272便 パリ行きは ただいま ご搭乗の 最終案内を致しております。 15番ゲートより お急ぎ ご搭乗下さい」。どうしよう…。[TEL](呼び出し音)[TEL](呼び出し音) もしもし 村上です。 ドリ…。 もしもし? [TEL]ごめんなさい。 電話しちゃって。 どうした? ううん… 何でもないの。 何でもないじゃないよ。 どうした? 何かあったの? 教えて下さい。 私のガン 全部 取り切れたんですか? ああ きれいに取れたよ。 何も心配いらない。 でも… 右の胸が重いの。 手術してない肺が…。 胸水が 少し たまってるだけだから 心配ない。 三島くん… 優しいウソつかないで。 私… 優しくされると 怖くなる。 ドリ…。 私も 本当は 進行ガンなんじゃないの? もう 肺に転移してるんじゃ…。 違う! 俺を信じて。どうした? 熱が…。 熱? 何度あるの? [TEL]8度8分…。 すぐ行くから。 (グランドスタッフ)三島 匡様。 三島様 いらっしゃいませんか? もしもし ドリ。 大丈夫だよ。 すぐ行くから。 三島くん… 怖いよ。 私… 死んじゃうの? 殺さない 絶対に! 緑が ウソつけないヤツだ っていうのは 俺が 一番 よく知ってるよ。 過去を引きずるのは男の方で 女は 現在進行形の恋愛が全て。 パパが現れなかったら 誰とも結婚しなかったかもね。 (中山)みんな… 秘密が ある。 先生も。 ♪♪「『さよなら』なんて言わない」 ♪♪「恋は 終わらない ずっと」 ♪♪「あなたのいない 時間だけが」 ♪♪「心を連れ去っても」 ♪♪「もしも あの時 あの場所で」 ♪♪「眩しい笑顔に 出会わずにいたら」 ♪♪「きっと こんな 儚い願い」 ♪♪「知らずに いられたかな」 ♪♪「恋しくて 切なくなる」 ♪♪「あなたを 忘れられなくて」 ♪♪「もう一度 あの日の二人」 ♪♪「戻れたら ねえ 何を伝えるだろう」 女の幸せ。 (一同)「ドラクロワ」。 人生を変えた ドラマチックな苦労話 あの…。 ドライブに行きませんか?