唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享三叶草01日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

桃浜 ファイト。 桃浜 ファイト。 桃浜 ファイト。 桃浜 ファイト。 桃浜 ファイト。 (悲鳴) えっ 何? (ハヤト)うぉ~ う~ん。 (加藤)おい 邪魔だ 邪魔だ そこ どけ。 (吉本)こら ぶっ殺すぞ こら。 うぉ~。 あ~っ。 うぉっ。 いてっ。 あっ 金ちゃん。 あ~ いてっ てめえ 何してんだ この野郎。 悪い わざとじゃねえんだよ。 わざとじゃねえんだって。 ふざけた頭しやがってよ。 うぁっ。 よぉ 奈良 1万 どうした? あ~ん? お前 朝シャンの刑か この野郎。 気持いいだろう てめえ 朝シャンしてやってんだよ ほら。 おい 加藤 全然 入ってねえぞ。 てめえ ふざけんなよ おい 明日には必ず持ってこいよ。 今日は ツイてねえな。 朝から変な野郎にぶつかるしよ。 ああ おい 次 どこの集金 行くよ。 (トモキ)あっ。 (ユイ)あっ。 奈良君 もう帰るの? うん 帰ってやることあるし。 風邪ひくよ これ 使って。 いいよ すぐ乾くし。 おお 友よ。 誰? 俺だよ 俺 美咲隼斗。 美咲隼斗? 8年ぶりだな トモキ。 ハヤト? 嘘だろう? つうかさ このオンボロは何? お前の? ちょっと 何やってんだよ! お~ 悪い 悪い。 勝手に触んなよ 大事なバイクなんだから。 相変わらず ひとりで 暗いことやってんのな 乗れもしねえのによ。 乗れるよ 中免取ったし。 これさえ直れば。 これ 何? だから 勝手に触んなって。 もう なんだよ! お前 久しぶりの再会じゃねえかよ。 せっかく桃浜 帰ってきたんだから もっと こう なんかさ…。 こんちわ 一太さん。 よう ツレか? 何で ついてきてんだよ。 はぁ? だって 俺ら 8年ぶりの再会じゃん。 もう帰れって。 あっ 俺 今日から トモキんち 住むことになったから トモキの母ちゃんも いいって 言ってたし。 はぁ 何でだよ ふざけんなよ! 奈良がそんな いらだってんの 初めて見たな。 こいつ 誰? バカ! 一太さんは高校の先輩だよ。 すみません こいつ。 気にすんな おもしれえツレだな。 いやいや それほどでも。 だから 帰れって。 だから ついてくんなって。 もう トモキ 怒んなって 謝ってんじゃねえかよ。 てめえ 今朝の編み込み。 奈良 てめえのツレか? いえ。 あいつら トモキの知り合いか? いや どっちかっていうと 会いたくないほう。 おっと あ~。 とうっ。 おら! (2人)うわ~。 (悲鳴) (2人)あ~。 ハハッ 朝の分 それで あいこにしといてやるよ。 おいおい ちょっと待てよ トモキ。 ふざけんなよ 全部 台なしじゃねえか。 俺なりに あの2人 うまくかわしてたのに…。 いや でも あれで朝の分 あいこになるんだよ。 何 言ってんだよ。 急に帰ってきたくせに 友達ヅラして迷惑なんだよ。 てめぇ 友達ヅラって何だよ。 うっとうしいんだよ。 俺は ひとりがいいんだよ。 そうかよ そんなにひとりが いいんだったらな 消えてやるよ。 さっさと消えろよ 二度と顔見たくねえ。 ほんっとにいいんだな!? 引き止めんならな 今のうちだぞ!? だから 消えろって! 何だよ このカネ…。 (佳恵)トモキ。 何だよ!? ちょっと来てくれる? 困ってんのよ。 あれ ハヤト君が うちに置いてくれって言って きかないんだけど すっごい 邪魔で。 ハヤト君に ちゃんと言っといてよね。 ((トモキも早く彫れって名前 俺の横に。 (トモキ)なんで? バカ野郎 残すんだよ。 俺たちがずっと 友達だって証し。 何だよ 急に めんどくせぇ。 俺… 明日 転校すんだ。 えっ!?)) マジかよ… あいつ。 (金属音) おい。 よう トモキ。 おめぇにも ダチいたんだな 昨日の奴。 あんなの… ダチじゃないよ。 ケジメつけなきゃ 気がすまねえんだよ。 呼んでこいや。 呼んでこいや。 呼んでこいや おりゃ。 だから 俺 あいつと関係ないって。 てめぇ そんな嘘 通用しねえんだよ この野郎。 てめぇ。 おりゃ。 俺だって 迷惑なんだから あいつは 昔から 面倒ばっかり…。 うるせんだよ てめぇは ごちゃごちゃ言ってねえで さっさと連れてこいよ。 この野郎。 連れてこいよ ごらぁ。 おらぁ。 ((お前 字下手だな。 うるせぇな 黙ってろよ もう。 もう ちょっと きれいに書けねえのかよ。 書けねえよ。 文句 言うんじゃねえよ。 いつも本 読んでんだから それとまったく同じ…)) おい! てめぇ 何か言えよ この野郎。 うっとうしいな。 そんなに呼び出したかったら 自分で行けよ! おりゃあ! うわっ。 (悲鳴) 白…。 変態! 最悪。 変… そっちが勝手にお前…。 近づかないで。 それ以上 近づいたら 警察 呼ぶから。 俺だってな メガネザルのパンツなんか 見たくねえんだよ。 メガネザルって何よ!? あぁ!? こらぁ 捜したぞ 編み込み。 あっ? 何だ おめぇ。 奈良友基のケータイだ。 桃浜公園に来い。 何だよ トモキなんて知らねえよ。 てめぇの代わりに フルボッコになってっかんな。 奈良君!? ん? あんの野郎…。 ちょっと!? 何してんの!? ねぇ それ 私の自転車。 ちょっと。 (一同)おらっ。 素直に呼び出しゃいいものを 変な意地 張りやがってよ。 よっしゃ~。 おい 何だ~ トモキ。 てめぇ 見捨てられたな。 まっ つうか てめぇに ダチなんかいるわけねえか。 そりゃあ言いすぎでしょう。 (笑い声) お~い トモキ~ おい。 (歓声) あっ 人のよさそうなサラリーマンが 今 ボコボコに。 あっ! 拳銃まで持ってる。 うん はい 早く来てください これ うん やばい。 あぁ これ すごいやばい やばい。 おい あれ。 あいつ。 早く来てください はい うん 早く助けに来て。 よし。 てめぇ 今どこかけた!? お巡りさん。 国家権力最強。 おい マジかよ 加藤 ポリ 来んぞ。 近くに 交番あったから あと3分ぐらいかな。 ちょっ… てめぇ くそっ いったん バラけっぞ。 (一同)おぉ。 あんな ふざけた野郎 初めてだよ。 おぉ 残ったの こんだけか? うわっ。 てめぇ…。 逃げたんじゃなかったのか!? けが人いるところで できっかよ。 いいか 明日から お前らの同級生になる 美咲隼斗だ。 覚えとけ! 同級生だ? そんなら 挨拶代わりだ うりゃ。 (うめき声) この野郎。 1人で勝てる気かよ!? あぁ もう どこやったのよ!? 私の自転車。 (ため息) あいつ。 おい お前ら 行け。 ♪♪~ やべえよ やべえよ…。 チクショー やってやる! バケモンか…。 トモキに蹴り入れたの お前だったよな。 これで あいこにしてやるよ。 おい 大丈夫か トモキ。 あいつらは…。 あいこにしといた。 くっそ…。 ハヤトのせいだからな 全部…。 よいしょ…。 いって! よいしょ~! なんだよ…。 まぁ あれだな これは トモキんちに 泊めてもらう家賃ってことだ。 ふざけんなよ… あんな大金 持ってるくせに! あっ! てめぇ 人のかばん 勝手に 見やがったな! この野郎!! (ユイ)奈良君 大丈夫? えっ… 秋山さんが なんで? この自転車泥棒 奈良君の友達? えっ? おい ハヤト お前 秋山さんに 何したんだよ。 なんもしてねえよ。 この女が 勝手に 痴漢とか泥棒とか…。 全部 事実でしょ! トモキに関わると ロクなことに なんねえな。 それは こっちのセリフだよ! なんだ てめぇ! 人が いろいろ やってあげてんのに! お前になんか 頼んでねえだろ! あっ お前 もう 怒った! 返してもらうから。 大城君… また例のあいつ 呼んでほしいんだ。 この前の九十九商んときだって あいつのおかげで 圧勝だったしさ。 あいつなら 余裕で 腕も折ってくれるし。 ((うっ! うぅ… やめろ! 頼む 許してくれ! 許してくれ~!! あぁ~っ!!)) (大城)都合のいいときだけ あいつと ダチってわけか。 大城君だって ほんとは ダチなんて 思ってないでしょ? しようがねえな… 女 紹介しろよ! あいつのレンタル料だ。 わかったよ…。 だけど 大城君 あんな不気味な奴 よく手なずけたね。 おぅ 大城だ。 おい お前 放課後 学校に来い。 また やってほしい奴がいるんだわ。 ごちゃごちゃ言ってねえで 来いやっ! なんだよ こんなとこ 呼び出しやがってよ…。 この前ので あいこだろ。 あぁ… そう思ったけど やっぱ やめたわ。 お~い 花山君! (加藤)今日は こいつが 相手になるってよ。 (吉本)じゃあ 頼んだよ 花山君。 ケンジ…? おい お前 もしかして ケンジかよ!? おいっ 久しぶりじゃねえかよ ケンジ! 俺だよ 俺! ハヤトだよ! ハヤト。 なんで…。 てめぇ 久しぶりの 再会だっつうのに いきなり なんなんだよ! 親友の顔 忘れたのか こらっ! この野郎… おんどりゃあ! 頑丈じゃねえか ケンジ 全然 変わってねえな。 上等だ こら! ((おい! お前 いっつもひとりだな。 名前 なんつうんだ? 俺は 美咲隼斗。 こいつは ひとりで 本ばっか読んでる 奈良友基。 選ばれし3人。 仲よくしようぜ! クラスの のけ者3人だろ? 選ばれし3人だって 言ってんだろ! だって のけ者じゃん。 特に ハヤトは嫌われてる。 てめえ トモキ! なんだよ! (トモキ)大事な本なの! (ケンジ)俺… 花山健次)) うお~っ! いいぞ 花山 もっとやれ! ((ケンジも彫れって 名前。 なんで? 俺… 明日 引っ越すんだ。 ええっ!?)) おらぁ ケンジ! 腕 鈍ったんじゃねえのか! ふざけんな ふざけんな! ((泣くなよ ケンジ。 こいつがあれば 俺たち ずっと友達だろ?)) ((じゃあな)) ハハハ なんか ケンジ 楽しくなってきたな おい。 ふざけんな! なんで今更 帰ってきたんだよ! マジかよ。 花山でも勝てねえなんて…。 くそ~。 おい お前ら ちょっと待て こら。 ハヤト ハヤト! ♪♪~ ((じゃあな)) ♪♪~ また… ひとりか。 いつまで寝てんだよ ケンジ。 ラーメンでも食いに行こうぜ。 ほら 早く起きろよ。 8年ぶりの再会だぞ。 おお… おう。 ふん… ぬ! 今日のラーメンは ケンジのおごりだな。 [TEL] いいの? ケンジ。 [TEL] い いいんだ。 [TEL] ケンジ 何か困ってること あるんじゃないの? 何だよ ケンジ。 何かあんなら俺に言えよ ダチなんだからさ。 俺 何でも 相談とか いろいろ乗るからさ。 俺はもう 昔の俺じゃねえ。 ダチでも… 何でもねえ。 あいつ 急にどうしたんだよ。 何か 変なうわさがあって ケンジの奴 九十九商のやつらともめて 無抵抗になったそいつらの腕 折ったらしい。 バカ野郎! ケンジがそんなこと するわけねえだろ。 たぶん ケンジは利用されてんだ。 あ? わかんないけど ケンジ 大城たちの言うこと 何でも聞いちゃうんだよ。 何でだよ? 僕もあやかりたいんですけどね。 あやかりたいじゃねえんだよ。 おっせえんだよ 花山。 ケータイも出ねえし 俺 待たされるの マジで嫌いなの 知ってんだろ こら! ご ごめん。 (バイクのエンジン音) (坂田)桃浜の大城っつうのは おめえか? 医者の ボンボンに呼び出される 覚えはねえぞ。 てめぇになくても こっちにあんだよ 坂田! 大城君 何されたんだよ? それが…。 俺が目つけてたサ店の女 しつこく誘ったらしいじゃねえか てめぇ。 マジ? そんだけ。 おめぇは目つけてただけだろ? わりぃが俺は 先に手つけたぜ。 ざっけんなよ。 おい 花山 やれ。 おい 何やってんだよ さっさとやれよ。 何だ こいつ 見かけ倒しじゃねえかよ。 てめぇ 無視してんじゃねえよ 命令だろ。 俺は…。 もう いやだ。 はあ? 花山。 俺がやれっつったら やりゃあいいんだよ。 腕折れっつったら 折りゃあいいんだよ。 九十九商んときみてぇによ。 てめぇに 俺の命令断る 権利なんてねえんだよ! いつまで 身内でもめてんだ こら! おおっ おお! (ざわめき) な~んだ やっぱ困ってんじゃん。