唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享三叶草07日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(一太)チャンスは1回だけ。 誰か1人でも負けたら そこで作戦失敗だ。 (ハヤト)よ~し やったろうぜ! (一同)おう! (南)タイマンなら勝てると 思ったのかよ。 (菊池)ナメんな!! よぉ 坊ちゃん。 暇だから 遊んでやるよ。 (守谷)楽しそうだな。 俺も 混ぜてくんねえか? (一太)つうか守谷の奴が 他の幹部と一緒にいたら。 やべえな。 こいつら2人はやべえかも…。 [TEL](一太)あのバカから連絡は? (トモキ)きてないです。 よりによって あいつのとこか。 (トモキ)ハヤト… まさか お前。 おめえのやり方… ぜってえ許さねえ! うるせえ! うわあ~! ハヤト ハヤト! ハヤト。 仲よしごっこしてんじゃねえよ。 てめえら同時に死にやがれ。 (一太)守谷!! なんだ てめえ。 桃浜の赤井だ 勝負しろ。 赤井? 知らねえな。 腐った性根を叩き潰してやるぜ。 寝ぼけたこと言ってんじゃねえよ。 おりゃ~。 うっ…。 (神田)おりゃ。 上等だ まずは おめえからだ。 おりゃ。 この野郎 てめえ。 てめえ 神田ばっか狙ってんじゃねえ。 おりゃ。 しぶとい奴ですね。 なんだか イライラしてきました。 ハヤト ハヤト…。 ハヤト 起きろ。 一太さんは神田倒して タイマンに 持ち込もうとしてるんだよ。 ハヤト…。 も 守谷さん…。 守谷さん…。 てめえはもういらねえ。 (神田のうめき声) 何だよ これ…。 痛えよ。 痛えよ ママ~。 (叫び声) 守谷…。 勝負だ。 おりゃ~。 (一太のうめき声) 結局… てめえは勝てねえんだよ。 ちくしょう。 今度はお前が寝てろ。 華咲の怪物か なんか知らねえけどな…。 タイマンなら負けるか。 この死にぞこないが…。 地獄見せてやんよ。 ぜってえ負けねえ。 タイマンなら負けるか! この死にぞこないが…。 地獄見せてやんよ。 ぜってえ負けねえ! オラ オラ オラ オラ。 かかってこいよ。 もうバテバテじゃねえのか? いいかげん あきらめろよ。 てめえ。 そんな強えのに なんでだよ。 あん? なんで あんなムカつく やり方しやがんだよ。 なにが言いてえ? 仲間を力でおさえつけてよ。 そんなんはな… 本当の強さじゃねえ。 ガキが 能書きたれてんじゃねえ。 お前 華咲とは関係ねえだろ。 何でここまで…。 だから 言ったろう。 てめえのやり方が気にくわねえ。 ぶっ殺したる。 オラ! ガキが。 いっぺん ぶっ飛べ! やりやがった。 (ケンジ)ハヤト。 (うめき声) 殴りたきゃ殴れ。 (真田)動けねえ奴 殴るほど 落ちちゃいねえんだよ 俺たちは。 おい 大丈夫か? おい。 バカ野郎。 俺はな 全然… 平気だ お前。 しようがねえ奴だな。 お前らには いろいろ世話んなったな。 ありがとよ。 ああ! おい 夕まずめ 過ぎてんじゃねえか! お魚ちゃんが 待ってるっつうのに。 おい! おい! トモキ ケンジ 行くぞ! ハヤト 待てよ。 おい マジかよ。 早くしろ 置いてくぞ! (光)ふざけんじゃねえぞ ババア! いつも 母親面しやがって。 胸くそ悪いんだよ! おい クソババア! おら! 聞いてんのか クソババア! (ユイ)何してんの! 出てってよ! 親父に色目使って この家 入り込んだのは てめえらだろうが! あ? ぐだぐだ言わねえで 早くカネ出せよ! なんだよ こんだけしかねえのかよ。 クソアマが! お母さん! お母さん… もう限界だよ。 こんな家 早く出ようよ。 (恵子)でも お母さん1人じゃ 収入もないし…。 あいつの父親に話してよ! だいたい あの人 全然 家に帰ってこないじゃん。 そうだけど… あの人 怒らせたくないし。 なんなの? いい加減しっかりしなよ! あいつ。 おう 姉ちゃん 俺らに任せとけや。 すぐ片づけてくるよ~ん。 おうおうおう 兄ちゃん ちっと面貸せや。 おい! てめえ! ((その腕のあざ…。 なんでもないから)) 秋山さん。 ちょっと いいかな。 奈良君。 何 話って? うん。 ちょっと 秋山さんに聞きたいことがあって。 何? ったく トモキの野郎 どこ行きやがったんだよ。 さっきまで 教室にいたんだけどな。 まあ 存在感 薄い奴だからな あいつはな。 うん そうだね。 あ いた。 お~い トモキ…。 マジか おい!? 体育館裏で メガネザルと2人きり? これ もしや…。 告白!? おぉ…。 だから 何? あぁ…。 秋山さんが… レイナちゃんなんだよね? えっ…。 レイナって… 私 そんな人 知らないし。 (2人)あぁっ!! トモキって… 意外と 大胆…。 このあざ どうしたの? レイナちゃんって子の腕にもあったよ 同じあざ。 秋山さん 誰かに 暴力 受けてるんじゃないの? レイナなんて知らないって! なんで 隠すんだよ! この前 不良に ケンカさせてただろ? 秋山さんが なんで こんなことしてるか わかんないけど 困ってることあるなら 俺 力になるし…。 奈良君には 関係ない! 私のこと 何も知らないでしょ。 俺は…。 あぁ くそっ! 全然 聞こえない! 話って それだけ? だったら 私 行くね。 あぁ! あぁ… あっ あっ あっ…。 ハヤト! あぁ~! ハヤト! お前 何やってんだよ!? おい 親友。 どうだったんだよ? なにが? なにがって! ついに コクったんだろ? メガネザルは脈ありか? やるね トモキ君! そんなんじゃねえよっ! 俺の心配も知らないくせに。 なんだ あいつ? いや~ 告白かぁ! もう そんな季節だな。 なんだ? いや 実はな 久しぶりに レイナちゃんから連絡がきて 俺 今日 なんていうか… デート。 マジか!? で まぁ トモキじゃねえけどさ 俺もここらで ちゃんとさ 思いを伝えようと思って。 あぁ…。 よし 決めた! 俺も 今日 この溢れる思いを ぶつけるぞ!! ぬぉ~っ!! レイナちゃ~ん! レイナちゃ~ん!! あぁっ これも違う! 違うっ! こんなんじゃねえ!! じいちゃんの葬式のときのしか ねえけど…。 こんな日は ビシっとな! ビシっと決めねえと!! あぁっ! やべっ もう こんな時間か! (アラーム音) すみません 花を! あのっ あの… この豪勢で でっかいやつを いっぱい いっぱい ください! レ レ レイナちゃん… レイナちゃん…。 君は… 君は 僕に く… 釘づけだよ… 釘づけさ…。 君は この花のように美しい…。 君の瞳は この花のつぼみのように つぶらだね…。 君の脚は… この茎のように…。 遅くなって ごめん! あれ… お葬式だったの? あの あの… これ これ これ…。 レ レ レイナちゃんのイメージに あの… ぴったりだと思って…。 菊の花…。 あの… それにしても ひ… 久しぶりだね。 ごめんね。 最近 いろいろあって…。 あの… これから どうする? と とりあえず あの… ど どっか 行こうか? うん。 あっ トモキがさ… あっ 俺の友達なんだけど もう バイク好きでさ 根が暗くて もう存在感 うっす~い 奴なんだけどさ そいつがね 体育館の裏で とうとう メガネザルに 告白したわけよ。 そしたらさ…。 あっ ごめん この話 つまんなかった? ううん。 ねぇ レイナちゃん 具合でも悪い? あの… 元気ないならさ デート また 今度でもいいよ。 ほんとは 伝えたいこと あったんだけどさ…。 ううん 違うの。 そういうんじゃなくて。 ((女の子に好かれるには 自分のことばっかり話さないで 聞き役に徹すること。 それがいちばん大事だって 歌舞伎町ナンバー1ホストのブログに 書いてあった)) レイナちゃん。 悩み事あるんならさ 話してよ。 俺 ちゃんと聞くし。 ハヤト君になら話してもいいかな。 中2のときにね 母親が再婚したの。 だけど 新しいお父さんには 連れ子がいて そいつがすごいいかれた男で お母さんもレイナも 毎日殴られた。 それって…。 元ボクサーだったの そいつ。 だから メチャメチャ強くて。 レイナ すっごく怖くて。 それで 強い男の人見つけて あいつから 守ってもらおうって思って…。 なんで早く言わなかったんだよ。 そんなんな 俺がいくらでも守ってやるよ。 だけど… ハヤト君には 関係ないことだし そんなことに 巻き込んじゃ悪いから。 ぜんっぜん悪くないよ。 俺 レイナちゃんのこと… 好きだし。 ありがとう。 レイナ うれしい。 よし 今からレイナちゃん家 行こう。 俺がそいつと話つけたる。 あ~! ((奈良君には関係ない! 私のこと何も知らないでしょう)) あ~ チクショウ! どうなってんだよ! レイナって何なんだよ~! ここで待っててくれる? 中にあいついるか 見てくるから。 いや でも…。 大丈夫 すぐ戻ってくるから。 わかった。 あ あんた ユイ? 何 どういうこと? お母さん いいからちょっと来て。 ちょっと。 え え え え? お母さん? 最近 帰りが遅いと思ってたら あんな不良と付き合ってるの? それにあんた そんな派手な格好して。 どういうこと? ちょっと話聞いてよ お母さん。 お母さん あんたを こんなふうに 育てた覚えはないわよ! 誰のせいで こうなったと思ってるんだよ。 (光)へえ~ ナリで随分変わんな。 この前の奴ら お前がそそのかしたのか? ババア てめえの娘も 結構なワルじゃねえか。 ふざけんな! あんたがいなきゃ…。 俺がいなきゃ 何だ? 女だと思って甘く見てりゃ 調子に乗りやがって。 光さん やめて。 ユイには何もしないで。 うるせえ! てめえの教育がなってねえんだよ。 もういい加減にしてよ。 あんたなんか。 何だ コラ! レイナちゃん! ちょっ。 レイナちゃん 大丈夫? 何だ お前? どっから沸いてきた おい。 ちょ お お兄さん あの 暴力はいけません。 あの お母さんもね 見ていることですし。 てめえ ふざけてんのか? いえいえ そんなつもりは。 僕は あの レイナちゃんの お力になりたいと…。 さっきからレイナ レイナって てめえ 頭おかしいんじゃねえか? ハヤト君 何やってるの? 早くやっつけてよ。 おっしゃ。 ふん あれっ あれ? 何だ てめえ! 見かけ倒しか? 今のはな 準備体操だ。 こっからは 本気出してやらあ。 あなた 何なんですか? やめてください。 え? ふっ 今のは 不意打ち。