唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享三叶草09日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多
[ラジオ]土曜の昼下がり
皆さん お元気ですか?
[ラジオ]今日は天気もよくて
気持がいいですね。
[ラジオ]さぁ ここで
ちょっとお知らせです。
[ラジオ]ブロッコ・ラジオ30周年記念ミラクルチャンス!
(ハヤト)ミラクルチャンス?
あれ 俺これ 応募したよな。
[ラジオ]1等は なんと
3泊5日 ハワイ旅行4名様ご招待。
ハワイか 当たんねえかな。
[ラジオ]このミラクルチャンス
当選者の引き換えは
今日までなんですけど
実は1等の当選者の方が
まだ現れていません。
[ラジオ]リスナーの皆さん 当選番号を
言いますから メモしてください。
[ラジオ]番号は8810223。
8810223…。
あっ!
[ラジオ]もう一度言いますよ
1等の当選は 8810223。
8810223。
これ これ…。
当たってる 当たってる…
マジか マジか!
あっ あっ 引換券 引換券…。
あっ そうだ カプセルに入れたんだ。
ない! カプセルがない!
[ラジオ]当たっているという
幸運のリスナーさんは
ブロッコ・ラジオまで 今すぐダッシュ。
[ラジオ]引き換えは 今日の5時まで。
5時!
[ラジオ]5時までに当選者の方が
いらっしゃらないと…。
やべえ 時間がねえ!
[ラジオ]ハワイ旅行のプレゼントは
残念ながら 無しとなります。
[ラジオ]1秒でも過ぎちゃうと駄目。
ハワイ!
[ラジオ]さぁ 当選者の方は
ブロッコ・ラジオへ急いでください!
[ラジオ]ハワイ旅行4名様 ご招待ですよ。
うぉ~!!
トモキ トモキ トモキ! 緊急事態だ!
(トモキ)今 忙しいからパス。
ばかばかばか…
当たったんだよ ハワイ旅行!
はいはい。
本当なんだ ハワイだぞ ハワイ!
ハワイ旅行なんか
当たるわけねえだろう。
だから当たったんだよ ほら見ろ!
ハ ヤ ト 不 死 身って ほら!
語呂がいいから覚えてたんだよ!
引換券は?
それが ねえんだよ!
魚のカプセルに入れてな
ここにつけといたんだけど
いつの間にか
なくなってたんだよ!
何でないんだよ!
どっかで落としたっぽい。
お前 何やってんだよ。
しかも 引き換えの締め切り
今日の5時まで。
あと35分しかねえじゃねえかよ
どこで なくしたんだよ!
それが わかったら
慌てねえよ ばか!
ちゃんと思い出せよ
この町戻ってきたときは?
たしか… あったあったあった!
トモキんちに来る前は
持ってた持ってた。
俺とハヤトが 最初に再会したの
ここだったよな。
おぉ たしか トモキのバイクに座って…。
あぁ!
((誰?
俺だよ 俺 美咲隼人。
8年ぶりだな トモキ。
ハヤト? 嘘だろう。
この オンボロは何? お前の?
何やってんだよ。
おぉ 悪ぃ悪ぃ…。
これ 何?
だから 勝手に触んなって!
何だよ お前
久しぶりの再会じゃねえかよ。
せっかく桃浜帰ってきたんだから
もっと こう何かさ))
(バイクの倒れる音)
はい ここ ストップ!
もしかしたら こんとき
一緒に落としたのか?
(トモキ)いや こんとき あったぞ。
すっげえ趣味悪ぃもん
つけてるなって思ったもん。
(トモキ)ほら ある!
本当だ! 落ちてねえ。
つうことは ここじゃねえか。
やっぱ暴れたときじゃない?
加藤と吉本のときは?
加藤と吉本?
あぁ お前に
ちょっかい出してた奴か。
おい! おい。
((吉本:奈良 おめえのツレか!
あいつら トモキの知り合いか?
どっちかっていうと
会いたくないほうかな。
あぁ…。
とっ!
おら!
(叫び声)
明日から お前らの同級生になる
美咲隼斗だ。
覚えとけ!
この野郎!
やってやる おりゃ~!
これで あいこにしてやるよ))
かっけぇ!
あ でも こん時は 付いてんな…。
(トモキ)うん 付いてるね。
っつうことは
こいつら倒した後か。
あ! ケンジと再会した時は!?
ケンジか!
(ケンジ)っつうかさ 何で俺が
探さなきゃいけないんだよ?
お前と再会した時に
なくしたかもしんねえんだよ。
お前 どうせ暇だろ?
いや むっちゃ忙しい。
バイトとか入ってるし。
っていうか
全然 見当たらないんだけど。
気合いで探すんだよ お前
ケンジ ちゃんと思い出せ お前!
ハヤトと8年ぶりに再会したのは
この場所だったよな…。
ケンジ あの時
すっげえやさぐれてて怖かった。
久しぶりの再会だっつうのに
お前 超無愛想でな。
((加藤:今日は
こいつが相手になるってよ。
じゃあ頼んだよ 花山君。
ケンジ? おい お前
もしかして ケンジかよ?
おい 久しぶりじゃねえかよ ケンジ!
俺だよ 俺 ハヤトだよ!
ハヤト))
てめえ
いきなり頭突きしやがって。
わ 悪かったよ…。
今は反省してる。
落としたとしたら
その後のケンカの時かなぁ。
((親友の顔 忘れたのか こら!))
この後か!?
(ケンジ)たぶん。
((いけよ おい!
おら ケンジ!
腕 鈍ったんじゃねえのか!
ふざけんな…。
ふざけんな!
なんか ケンジ
楽しくなってきたな おい。
ふざけんな!
何で
いまさら帰ってきたんだよ!))
(トモキ)ストップ! ここ ここは!?
ケンジのかっこ悪ぃ姿か!?
じゃなくて 魚のカプセル!
う~ん 俺の腰に… ズーム!
(ケンジ)あ カプセルある!
(トモキ)うん あるね。
っつうことは ここじゃねえか。
だね。
にしても ケンジの倒れっぷりは
いつ見ても笑えんな。
なんだと お前?
なんだ てめえ やんのか…。
いいから いいから いいから。
おかげで無事
3人揃ったんだから。
ま 俺の超絶パンチのおかげだな。
でも 落としたのが
こん時じゃないとすると…。
あれ? 俺どうしたっけ? この後。
大城から俺を救ってくれた。
大城か。
あいつは最低な野郎だったな。
((大城:世の中 金持ちが
雑魚を活用する 当然だろ?
(笑い声)
で… デコピン?
てめえ 何すんだ こら!
やれ。
おらっ!
ビビッてんじゃねえぞ…。
うらめしや。
てめえ この野郎!
あっ…。
ほら ほら このカネ返すよ。
俺 別にカネに困ってるわけじゃ
ねえしよ…。
あいつはな 昔っから
クソ優しいんだよ。
ケンジはな あんな顔してっけどな
腕なんて折れる奴じゃねえんだよ。
わかった 俺が悪かった。
なっ? 許してくれ…。
ケンジを傷つける奴はな
絶対に許さねえ。
オラ~ オラ~。
オラ!
二度とあいつに近づくな。
って 聞こえてねえか))
(ケンジ)大城が気絶。
(トモキ)ストップ。
(トモキ)こんときは?
俺のお魚ちゃん。
(ケンジ)あっ ある。
あっ ほんとだ。
(トモキ)こんときじゃないのか。
(トモキ)でも 俺
こんとき マジで胸がツーンときたよ。
ジーンとの間違いだろう
ワサビじゃねえんだからよ。
(ケンジ)うん ごめん…。
(トモキ)つうか ハヤト かっこつけすぎ。
そんなことねえよ 俺だってな
たまにはマジになんだよ。
あ~ クソッ どこ行ったんだ
俺の大事なお魚ちゃんは。
おい やばい もう時間が。
い… 急がないと!
ハヤト どっか心当たりは?
あ~ そうだな
次 暴れたのは…。
あっ。
(ユイ)で なんで 私が
呼び出されるわけ?
お前がいちばんな 怪しいんだよ。
っていうか 私 ハワイ旅行なんて
関係ないんだけど。
バカ野郎! お前
ハワイ4名様ご招待だぞ。
見つけたらお前も一緒にな。
えっ!? 秋山さんも一緒に?
えっ だって 俺ら
他に友達いねえじゃん。
まぁまぁ。
そうだけど…。
だから 頼む 力貸してくれ なっ?
で 何か心当たりは?
いちばん怪しいのは
俺が最初にお前を助けたとき。
ってことは あのカラオケ店?
((華咲 ナメた真似すんと…))
(ユイ)華咲工業の竹内 このとき
私 すごいピンチで…。
((てめえら レイナちゃんに
何してんだ!
てめえ。
(竹内)オラ。
うわっ))
(ケンジ)お~ さすが やるな ハヤト。
ったりめえだろ。
(ユイ)このあと ハヤト君と一緒に
逃げたんだよね?
ああ そうそう 2人でな。
((レイナを守って。
えっ?
レイナ 強い人が好き。
今日はありがとね。
好き? 好き… マジかよ))
最低。
なんだよ お前!
お前のほうが最低だろ。
ピュアな男子を騙しやがって。
ハヤト ここでこんなことしてたのか。
なんか 探す気なくなったな。
バカ野郎! 俺はな
こんなメガネザルじゃなくてな
レイナちゃんにだな あれ?
秋山さん メガネは?
コンタクトにした。 新しい生活
始まったし。
そっか メガネも似合ってたけど
今の秋山さんも なんかいいね。
ふんっ メガネザルのくせに
色気づきやがってよ!
な~に? 探すの
手伝わなくていいわけ。
いやいや そういうわけじゃ
ねえけど…。
やっぱ ねえな ここじゃないよ。
あっ つうことは やっぱ
華咲とやり合ったときか?
華咲工業か。
あっ ねぇ せっかくだからさ
みんなで記念写真 撮んない?
ほら これ。
今 思い出しても やっぱ
華咲の奴ら ムチャクチャだったよな?
不良ばっかりだったしね。
おっ ハヤト トモキ これ
背景も選べるぞ。
ハヤトが最初に華咲の幹部たちと
接触したのって いつだっけ?
最初に接触したのは
たしか バイク屋んちのそば。
ねぇ 写真!
((うわっ。
華咲 ナメてんじゃねえぞ コラ。
クソが。
(一太)クソッ 守谷の奴。
おはようございます。
お疲れさまです…。
(南)よう 菊池。
(菊池)てめえら…。
全員 ぶっ殺す!))
華咲のボス 守谷だ。
こいつはマジ やばかった。
(トモキ)幹部連中も強かった。
(ケンジ)うん。
((折られた竿の借りは
おめえらに返す!))
こっからが華咲との戦いの
始まりだったな。
(ケンジ)うん。
はっ! ってことは
やっぱり 華咲のボス
守谷とやったときか。
あの工場。
((守谷:楽しそうだな
俺も混ぜてくんねえか。
(神田)オラ! おい。
オラ~))
こいつは さすがにやばかったな。
(トモキ)ハヤトがこんなボロボロになんの
初めて見たよ。
でも トモキが
体張って守ってくれて…。
((仲よしごっこしてんじゃねえよ。
てめえら 同時に死にやがれ!
(一太)守谷!))
チッ。 バイク屋は
いつも いいときに来やがんな。
(トモキ)でも一太さんがいなかったら
絶対 勝てなかった。
((桃浜の赤井だ。 勝負しろ。
赤井? 知らねえな。
(トモキ)ハヤト 起きろ!
一太さんは 神田を倒して
タイマンに持ち込もうとしてんだよ。
今度は お前が寝てろ。
華咲の怪物かなんか
知らねえけどな…
タイマンなら負けるか。
この死にぞこないが。
地獄 見せてやんよ。
ぜってえ 負けねえ!
てめえ…。
そんな強えのに なんでだよ!
あ?
なんで あんな
ムカツクやり方しやがんだよ!
何が言いてえ?
仲間を力で押さえつけてよ。
そんなのはな…
本当の強さじゃねえ。
なんで ここまで…。
だから 言ったろう。
てめえの やり方が 気にくわねえ。
ぶっ殺したる。
ガキが!
いっぺん ぶっ飛べ!))
この後だ! なくしたとしたら
勝負に勝って帰るとき…。
((夕まずめ 過ぎてんじゃねえか))
(トモキ)あ! カプセル付いてるよ!
(ケンジ)う うん!
ほんとだ 落ちてねえ!
(ユイ)このときじゃない!
ってことは もしかして…。
おい メガネザル どういうことだよ!
あの後 落としたとしたら
家に来たときでしょ!
ああ あの狂った兄貴か!
そう!
ケンジ 早く!
ちょ ちょっと待って…。
メガネザル 意外と走んの速えな おい!
((レイナちゃん!
レイナちゃん 大丈夫?
なんだ お前?
どっから湧いてきた おい!
お お兄さん 暴力はいけません。
お母さんも 見ていることですし。
てめえ ふざけてんのか!
あれ?
なんだ てめえ。 見かけ倒しか?
今のはな 準備体操だ。
こっからは 本気出してやらあ!
(恵子)あなた 何なんですか!
やめてください!
え?
今のは不意打ち…))
違う あのときは付いてた。
ってことは!
おい! おい!
なんで 俺んちなんだよ!
あと考えられるとしたら
ハヤト君が 私を
あの兄貴から守ってくれたとき。
(玄関チャイム)
((み~つけた))
(ユイ)もっと先 もっと先!
早送り!
この後 ハヤト君が
私を助けに来てくれて…。
((残念な野郎だな。
あ?
いくら血が
つながってねえっつってもな
妹に暴力振るうんじゃねえよ。
かっこ悪ぃだろうが。
なんだと?
ハヤト君!
お願い 勝って ハヤト君!
おっしゃ~!
愛のパワー!
倒れてろ。
ぶっ飛んで反省しろ。
二度と彼女に近づくな))
イヤー カッコイイ俺!
(ユイ)違う違う。
もうちょっと前。
巻き戻し巻き戻し。
え? 巻き戻し?
(ユイ)ストーップ。
((トモキ メガネザル頼むぞ。
わかった。
友情ごっこしてんじゃねえ。
オラー。
うわあ~))
(ユイ)このとき このときは? カプセル。
あ ない ないぞ!
(トモキ)落ちたの このときだ。
うう 駄目だ。
全然見あたんねえぞ。
こっちもない。
お前らちゃんと探せよ。
ハワイ旅行だぞ!
あのとき たしかハヤト君
もつれながらこっちに行って…。
あんとき あの兄貴を
こうやって押したから。
こうやってやって。
こうなって んでこうなって
んでこうなって んでこう…。
(トモキ)もしかして…。
あったぞ~!!
あったぞ じゃねえよ。
こんだけ引きずりまわして
エロ本のなかかよ。
ハヤト。
熟女好きだったんだな。
マジありえない。
違う違う。 チャウチャウチャウチャウ
こ これはな
あの たまたまな あの
下の階の人に もらった…。
と とにかくな
この疑似餌カプセルのなかに。
[ラジオ]締め切りの時間まで
残り10分を切りました。
[ラジオ]もしこのまま当選者の方が
現れなかった場合
ハワイ旅行のプレゼントは
残念ながら無しとなります。
やべえ!
トモキ~ あ~ 頑張れ。
ケンジ~!

これ これ。
ミラ ミラクルチャンスの 引換券。
残念ですが ハズレです。
え?
ちょ ちょっと待って
こ これね お姉さん あのね
1等賞。 1等賞ね ほら
ハ ヤ ト 不 死 身って…。
残念ですけど
番号が1つ違っています。
え?
ちょちょちょちょ
見して見して。
ハ ヤ ト 不 死 身…。
ハ ヤ ト フ シ ミ。
んだよこれ 2と4が違う。
(嘔吐する声)
まあ そんなことだろうとは
思ったけど。
何これ?
これ ハヤトが転校したときの。
最後に3人で撮った写真。
((いつまで泣いてんだよ ケンジ。
だって。
寂しくなったときは
俺らの名前見て 元気だせって。
うん。
痛ってえな。
痛くねえだろ))
ハヤト まだこんなの持ってたんだ。
懐かしいなあ。
まあ この写真があれば
ハワイなんていらねえな。
そうだな。
うん うん。
お前ら俺に感謝しろよ。
(ケンジ/トモキ)んなわけねえだろ~!
うわ~ ちょっと待て
ちょっと待て。
あ~あ バッカみたい。
た~すけて~!