唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享都市传说之女08日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(合田千尋)レグスーフルスー ダガーレムバーコーチー。 レグスーフルスー ダガーレムバーコーチー。 レグスーフルスー ダガーレムバーコーチー。 レグスーフルスー ダガーレム…。 ≫(物音)(千尋)うっ… ああ…。≫(男性)先生! 大丈夫ですか!? ≫(女性)先生! 先生! (女性)先生! (男性)先生! 先生…! 警察を呼びました。 大丈夫ですか? 疲れた~。 ねえ。 もう 早く帰りたい。 えっ 何? 今の! 人!? わかんない…。 (真由)えっ 何!? 何? なんだろ? (2人)ええっ!? あれ? あの人…。 (由希美)あの すみません! (2人)あっ…! えっ!? ええ~!? (勝浦洋人)まだ 見つからないんですか? この人。 連続殺人の重要参考人か…。 そんな悪い人には 見えなかったけどなぁ。 ああ もういいや 見つからねえ! もういい! 今日は 久しぶりに みんなで飲みに行くか! カツシゲ君も交えて。 カツウラです。 (柴山)いいっすねぇ! (洋子)丹内さんのおごりで。 えっ? おごりだったら 僕も行きます。 なんで 俺が おごらなきゃいけねえんだよ。 (洋子)給料上がんないし。 金運アップしたいなら 今夜はチャンスですよ 皆さん。 (洋子)何それ!? 満月の夜 外に出て 月にかざして お財布を振ると 金運がアップするらしい… という噂が。 財布を? 振ればいいのか? はい。 柴山! 何やってるんだ お前! あっ すいません…。 くだらない事を言うな! 今 やってたじゃないですか…。 おい どうすればいいんだ? えっ 丹内さん? いや 家のローンが まだ溜まってるから…。 では 皆さん 財布を手に。 現金以外のものは 出してくださいね。 レシートなど 過去のものを 入れておいてはダメです。 クーポンは? ポイントカードはダメ? ダメ ダメ ダメ。 それで? どうすればいいんだ? 今夜は満月か。 事件が起きなきゃいいけど…。 えっ 事件って? (郷原祐一)月子ちゃん ちょっといいかな? まさか また占い師が…? 4人目が襲われた。 (郷原)合田千尋さん 占いを始めて7年ですか。 はい。 魔法陣の中で祈っていたので これぐらいのケガで済んだのかと。 魔法陣? 円や星 文字などを組み合わせて 作られた空間の事です。 悪魔を召喚する時や 場を清める時などに 使われる場合も。 (戸崎 稔) 千尋さん これで冷やして。 (せき) ありがとう。 (せき) こちら お弟子さん? いえ 彼は違います。 このビルのオーナーで 戸崎といいます。 今は 上の階で 千尋さんと暮らしています。 ああ なるほど。 ここは2階… 犯人は ベランダから侵入して 逃げる時も ベランダから飛び降りた…。 あれ? 秋山さん なんですかね? これ。 っていうか 帽子! ちゃんとしてよ もう。 (秋山)毛だねぇ。 それは わかりますけど。 こちらでは 犬か猫 飼ってます? いいえ。 なのに 獣の毛が床に? そういえば 確か 他の3件の殺害現場でも なんかの毛が 発見されてましたね。 (2人)なんかの毛? (秋山)うん なんかの毛。 獣…。 次は 私かもしれないと思ってた。 えっ? それは なぜ…? 殺された3名の占い師は 全員 私の師匠格に当たる人なので。 3月に殺害されたのが 阿部有さん。 4月は 大川頂さん 5月は 井崎天さん。 これ 3人合わせて 有頂天だ! (渡辺)本当だ! やった! やはり 4件目は 今夜でしたか。 私も 今夜は 危ないと思っていたのです。 これで はっきりしました。 この事件には 恐るべき共通点が…。 共通点って? へえ… 刑事さんの中にも その事に気がついてる人 いるんですね。 私は この人たちのような 並みの刑事とは違いますので。 いやいや… でも なんで 今夜は危ないと思ったの? 恐るべき共通点って何? 阿部有さんは 3月8日に殺害。 大川頂さんは 4月7日に。 井崎天さんは 5月6日。 そして 4人目の被害者 合田千尋さんが襲われたのが 今夜。 それが何か? 事件は 全て 満月の夜に起きているんです。 満月は 月の引力が 最も強くなる日です。 神経も活性化し 心拍数も出血量も 増えるとも言われます。 でも 偶然って事も…。 偶然? いいえ。 満月の前後に出産が多くなる という噂は 有名ですよね? 株価も 満月や新月の時に 大きく動くという噂もあります。 いや だから 偶然って事も…。 ホルモンバランスが崩れるためか 攻撃的感情も高まり 殺人や放火 自殺が多くなるという噂も。 という事は あれですか? この連続殺人は全て 満月の力が原因だと? そんなわけない…。 いかにも そのとおりです。 これは 月の力が引き起こした 連続殺人事件に違いありません。 (郷原)この男が 事件現場近くで また? (真由)はい。 本当に この人で間違いありません? (真由)前にも話した事もあるし 間違えるはずない。 (由希美)すごい速さで さっと消えちゃって…。 すごい速さ? あの人が…? 満月 獣の毛 獰猛 俊敏な動き…。 ここから導き出される結論は…。 結論は? いや でも まさか… さすがに それは…。 音無 はっきり言え! ですから これ もしかしたら…。 いや あくまで 可能性の話なんですけど。 一体なんなんですか? 月子さん。 狼男の仕業かも。 ああー! …行くぞ。 行くぞ 渡辺。 はい。よいしょ! オッケーです。 ちょっと斜めでしょ これ。 えっ 音無を!? まあ あの… 占いに詳しいので 彼女の力を借りたいなと。 それは ありがたい! あっ いや… それは嬉しい。 みんな よく聞け! 今日から 音無が 郷原班に緊急配属だ。 えっ 音無が!? いやぁ 郷原さんたっての希望とあれば これは もう 断るわけにいかないだろ。 音無 よかったな! それは 仕方ないですねぇ! あの… 丹内班の皆さんにも 聞き込みとか お願いしますけど。 もちろん! なんでも やらさせてください。 ねっ 渡辺さん。 よろしくお願いします。 (一同の笑い声) (渡辺)これが 殺された3名の占い師。 昨夜襲われた女性占い師 合田千尋さんの師匠たちです。 千尋さんは現在 戸崎という恋人の ビルに住んでいます。 そして どの事件現場でも 目撃されている この男が いまだ 名前すら わからないが 最重要参考人である事に 間違いはない。 絶対に名乗らないんですよね この人。 郷原班の音無 君は この男と どんな話をしたんだ? 最初は 将門塚で将門の話を。 次は 天括村で天狗の話を。 そうか 天狗村で 俺は会ったんだ。 つうか もう これだけ みんなで揃って会っていながら 名前すら聞き出していないって… 相変わらずですね 丹内班は。 おい 柴山! 郷原さんこそ 何か手がかり見つけたんですか? この男は 被害者の会と 付き合いがあった事までは わかっている。 被害者の会? この殺された3人 相当あくどい商売 してたらしいんですよ。 奥さんは どの占い師の被害に? (的場富男)ハハッ 3人ともです。 3人? 寄ってたかってですね。 いやね 裏で手を組んでるんですよ。 (的場) 1人目には宝石を奪われて なんか これ おかしいぞって 騒ぎ出したら 2人目が 奥さんの洗脳を 解いてあげますって現れて 車とマンションを奪われて 3人目は 妻の名で多額の借金を…。 それで 被害者の会を? 会長をしてます。 ただ 全て 妻が 自主的に望んだ事になってるので なかなか 被害の証明が出来なくて。 この男は ご存じですね? (的場)ああ 被害者の会に現れて 占いのインチキを暴く方法とか 家族を取り戻す方法を 教えてくれました。 名前は? 住まいは? (的場)さあ? あっ ただ…。 (小栗龍太郎)不正な輩を 許す事の出来ない おせっかい者だよ。 (的場)…とだけ。 ふむ…。 ふむ? 奥さんは 今は? また新しい占い師に はまってます。 合田千尋ですね? (的場)ええ。 女房いわく 千尋さんだけは 他の3人とは違う 本物の神の使いなんだそうです。 まったく 懲りないっていうか…。 ああ 被害者の会の副会長も 同じ事を言ってましてね 彼女に住居を提供してるんですよ。 住居を提供って… 戸崎さん? (的場)あの人 先祖代々の不動産を 3人の占い師に だいぶ 騙し取られたのに 結局 また 千尋っていう占い師に はまってて。 あ… そろそろ いいですか? あっ いや… 最後に1つだけ いいですか? ゆうべの8時頃は 何をなさっていましたか? 8時でしたら…。 おお…。 被害者の会の会合中でしたが。 何名ぐらい参加されてましたか? (的場の声)戸崎さんも含めて 10名ぐらいかな? ありがとうございました。 じゃあ。 戸崎って男 千尋さんの恋人じゃ なかったんですね。 しかし わからんなぁ。 占い師に さんざん騙されて 被害者の会の副会長まで やっておきながら なんでまた別の占い師に…。 月の満ち欠けは 平均29.53日かかって一巡するの。 満月を境に 少しずつ小さくなって…。 月子さんだけに 月の話が好きですね。 月が すっかり見えなくなって 新月となる。 新月は 新しい出来事を スタートさせるのに 適してる日とも言われるの。 私が生まれたのも 新月の夜だったんだよ。 それで 月子って名前に? 星明かりひとつない 静かな夜だったらしいよ。 月子さんは かぐや姫の 生まれ変わりだったりして。 いつか 月から お迎えが来るかもね。 それは やだ! それは 絶対やだ! んっ? 勝浦君 見て! あっ! あっ…。 行くよ 勝浦君! はい! ちょっと待ってください! 嘘!? 切れるもんなんだ…。すぐに手配します。 無駄だよ 勝浦君。 えっ? 今の見たでしょ? あの人 やっぱり ただ者じゃない。 もしかして あの人なのかもしれない。 えっ 何が? 狼男の正体は。 占い師たちの悪行に怒って 正義の鉄槌を下しているのかも。 いや…。 本気で言ってる? 私も まさかとは思いましたが 彼は 本当に 満月の日だけ 狼男に 変身するのかもしれません。 えっと…。 ああー! 狼男なんか いるわけないだろ! 古くから 狼男の記述は残ってます。 始まったよ。 中世のキリスト教圏では 権威に逆らった者は 狼と呼ばれ 森に追放されました。 彼らが夜な夜な人を襲った事が 狼男の起源とも言われています。 それ ただの強盗だろ。 満月の夜は 月明かりで明るいから 強盗も仕事がしやすかった という説もありますが 中には 満月だからこそ 凶暴化したという説もあります。 わたくしには 全く信じられない話ですが…。 ハハハハ…! さすが 郷原さん 器がでかい! こんな音無の くっだらねえ話 ちゃんと自分の中に受け入れて 消化して 採用していくんですから! 採用するわけないでしょうが。 ですから 私は狼の線を 郷原さんたちは 正規の捜査をお願いします。 うん 月子ちゃん あのね…。 勝負は 次の満月の夜です! それまで 私は 独自の捜査を進めます。 では! (足音) 遅くなりまして。 (小栗)いやぁ~ はっはっは…。 いい月ですよ。 ご存じかと思いますが 部下たちが あなたを捜しています。 ほう… そのようですね。 しばらくは お気をつけた方が…。 おお…。 そろそろ お別れですかねえ 月子さんとも。 はい。 次の満月に狙いを定めようかと。 (戸崎のせき) すいません…。 どうぞ。 戸崎さんも 3人の占い師の被害者だと 伺いましたが。 (せき) (千尋)人は 弱いものですからね。 誰かに導いてもらわないと 生きられない者は多い。 私は そういう人たちの 力になっているだけ。 じゃあ 師匠たちみたいな 詐欺はしないんですか? 詐欺? よってたかって 財産を奪ったって。 お金目的で占ってるわけじゃない。 え? お金なら 大量にある場所を知っているから。 どういう意味ですか? それ。 内緒。 フフッ…。 信じる心が弱いから 騙されたような錯覚に 陥ってしまうだけ。 私は 誰かを騙して 何かを手に入れた事はありません。 つまり 戸崎さんも 自ら望んで ビルを差し出していると…。 そのとおり。 なんか胡散臭いけどなぁ…。 では あなたの事 占ってみましょうか。 え? やったじゃん。 ここに手を。 あのね 僕 占いとか 全く信じないんですよ。 水難の相が出てる。 水には気をつけて。 水難って またベタな…。 あなた 恋をしていますね。 え? とてもきれいで 少し変わった同僚ですね。 すごい… 当たってる! なんでわかったんだろう? 当たり障りのない事 言ってるだけですよね。 恋なんて 珍しい事じゃない。 「今 恋はしてません」 って言ったら 「もうじき出会いがありますよ」 って言うんでしょ。 今度は あなたを占いましょう。 これは 何? え? あなた 小さい頃 何か怖い目に遭いました? 天狗の事件だ! 5歳の時です。 黙ってて 勝浦君。 すいません。 なるほど。 何か不思議な事件に 巻き込まれたのね。 他に何が見えます? あなたの未来が…。 未来? 誰と結婚してます? え? え? これは…。 えっ 何が見えたんですか? 千尋さん。 え…? え? 何が見えたんですか? 千尋さん。 え…? え? 今日は調子が悪いかも。 えーっ! では 今度は私が。 え? 千尋さん あなたを占います。 え? 無駄だと思うけど。 今日は 新月ですね。 月の引力が 満月と同じぐらい強くなって 精神の力が強まる日。 う~ん…。 あっ 見えました。 泣いてるあなたが。 それこそ 占い師の常套句ね。 一緒に泣いてるのは誰? お母さん? いえ もっと年のいった… おばあさん? 当たってるんですか? 千尋さん。 くだらない。 逃げるんですか? これ以上 過去を見られたくないから。 あなたのハッタリ なかなかね。 刑事より占い師の方が 向いてるんじゃない? ハハ… 残念ながら 私には 刑事として 都市伝説を立証する使命が。 え? 冗談よね? (笑い声) 面白いわね あなた。 警察をクビになったら 私と組まない? いいコンビになれるわよ。 本当に見えたんですか? 月子さん。 まさか。 ハッタリ。 でも…。 う~ん…。 あっ…。 戸崎さん…? 戸崎さん! 大丈夫ですか? 大丈夫ですか? 大丈夫です。 ああ すいません…。 あの もう大丈夫です。 ありがとう。 もう落ち着きました。 昔から体が弱くて…。 それで 占いに? ええ。 千尋さんは 強いオーラで 未来を照らしてくれます。 私のような 親の残した財産以外 なんの力もない弱い人間は 自分じゃ何も決められません。 だから 今は幸せなんです。 千尋さんのおかげで。 でも なんか怪しいような気が…。 すいません! ちょっ… ちょっ…。 あっ… あっ すいません! ああ…。 あっ 当たってる。 さっきの千尋さんの占い。 水難の相が出てる。 水には気をつけろって…。 (戸崎)でしょ? 当たるんですよ。 千尋さんは本物なんです。 そうかも…。 もっと彼女の話を聞きませんか? 輝く未来を 千尋さんに与えてもらうんです。 輝く未来…。 ええ。 それって 恋とかも叶えてくれるんですか? 簡単ですよ そんな事。 ええっ…! ちょっと お願いしてこよう。 って 勝浦君が その気になって どうすんの? すいません。 だって 水難が本当に…。 こうやって 被害者が増えていくわけですね。 いや ですから 被害者じゃ…。 だって あなた 被害者の会の副会長ですよね? 私はもう あの会はやめます。 あの晩 的場さんにも そう伝えましたし。 あの晩って…。 千尋さんが襲われた 満月の夜? ええ。 それで 的場さんとケンカになっちゃって。 何度 同じ手に騙されたら 気がすむんだよ! 合田千尋は あの3人の弟子だろう? 違うんです。 千尋さんは違うんです。 あの人は本物なんです。 いい加減 目 覚ませよ! (戸崎の声)会議は すぐお開きに。 あれきり 集会も持たれていません。 お開きにって… それって何時頃? 7時ちょっと過ぎくらいだと 思います。 8時でしたら 被害者の会の会合中でしたが? 本当に そんなに早く終わったんですか? ええ。 それが何か? いや…。 合田千尋さんが襲われた時間 あなた 被害者の会のメンバーと 一緒にいたと 証言したらしいじゃないですか。 ええ。 実際は 7時過ぎには 会は お開きになってる。 (渡辺)他のメンバーにも 確認しました。 あなた 疑われたら困るから 8時過ぎまで 一緒にいた事にしましたね? だって これだけ 占い師ばかり殺されたら まず疑われるの 我々でしょう? だから…。 (武) 月の力に惑わされた犯罪… ねえ。 はい。 音無! あっ これは 副総監。 失礼しました。 音無 被害者の会の会長が アリバイ工作をしてたって 本当か? はい。 今 郷原さんたちが調べを。 (洋子)わかったよ 月ちゃん。 あっ 副総監…。 ご苦労。 何がわかったって? はい。 (洋子)被害者の会の会長 的場ですが 学生の時 格闘技をしていたそうです。 (安藤)今も 筋トレは欠かさないようで 部屋には たくさんの器具があります。 つまり 犯人は 被害者の会の的場という男で この老人は 事件には なんの関係もなかった という事かな? アリバイ工作をして 絞め技も得意となると その線で間違いないだろ。 まだ そうとは限りませんよ。 チッ! 狼男が筋トレなんて 不自然です。 そうくるか…。 これは 普通の人間の犯行ではありません。 まだまだ この老人が 狼男の可能性も。 そうか… 困ったね。 あっ そういえば 丹内さんに 調べてほしい事があるんですが…。 俺に命令するな! 丹内君。 ここは 音無君の指示に 従ってくれるかな? はっ! ありがとう 武ちゃん。 あっ いえ… 副総監。 へへへ…。 一体 どういう関係なんだい! 郷原さ~ん。 ああ 月子ちゃん。 どうですか? 的場さんの取り調べは。 う~ん それが… なかなか口を割らなくてさ。 今のままじゃ 逮捕は無理だな。 何しろ 物的証拠がないからさ どうしたもんだか…。 ふむ~。 ふむ? 郷原さん。 うちにいらっしゃいませんか? えっ うち? はい。 行くわけないだろう。 行くよ。 っていうか お前 余計な事 言うんじゃない。 (チャイム) はい。 「あっ 郷原です」 すいません。 汗かいちゃったんで シャワー浴びちゃいました。 ハハハ…。 「あっ そう…」 どうぞ。 乾かしちゃうんで。 はい。 失礼します。 失礼しま~す。 (せき払い) (郷原)かわいい部屋だね。 お邪魔しま~す。 (音無都子)あっ いらっしゃい。 えっ…。 一人暮らしじゃ…。 初めまして 妹の都子です。 あっ すいません。 ちょっと ものもらいが出来ちゃいまして。 そちら 捜査一課のエース 郷原さん。 へえ~ エース! すごいですね。 いや 別に すごくなんて…。 どうも 郷原さん。 えっ えっ… なんで お前…。 郷原さんこそ 浮かれちゃって。 いよいよ 満月の夜も近づいて来たので 作戦会議を。 この部屋は 第二の捜査本部とも 呼ばれていますので。 えっ いつから そんな? (都子)どうぞ お座りください。 いつも来てんの? えっ いや…。 いつもっていうか… ねえ。 あっ 都子ちゃん いいよ。 あとは おにいさんが。 (都子)はい。 勝浦君が 新しい情報を 持ってきてくれました。 はい。 例の 殺害現場に落ちていた 毛ですが…。 やっぱり 狼だった? いいえ。 あれ全部 ミンクの毛でした。 ミンク!? ええ。 ダウンジャケットとかに ついている ごく普通の。 狼じゃなくて? 4件とも 全てミンクの毛でした。 おかしいなぁ…。 本当に? あと それと… 気になる事が。 4件の事件現場 全て 無理やり鍵を開けられた形跡が ないんですよね。 狼男的な感じなら 窓ガラスとか バーンって割って 入ってきそうなもんですけど。 ハハハ… あれだな。 さすがに 狼男の説は無理がある…。 いいえ。 まだわかりません。 え? 満月の夜にかけましょう。 郷原さんも 協力してくださいね。 えっ 何を? おびき寄せるんです 狼男を。 (2人)えーっ!?(千尋)また現れる? 今夜は 満月ですから。 でも… もう諦めたんじゃ? どうして そう思うんです? これだけ満月の度に 人を殺してきた犯人が たった一度の失敗で 諦めるなんて…。 だって 被害者の会の会長が 捕まったんでしょ? 的場っていう男が。 彼は 調べを受けただけで 解放されました。 アリバイがないだけですし 物的証拠もありません。 それに…。 それに? 的場さんは そういうタイプじゃない。 タイプ? なんて言うか… 暗示や占いに 影響されにくそうな人ですよね あの人。 月の不思議な力に操られ 自分の力以上のものを 発揮してしまう人は もっと暗い何かを 内に秘めているはず。 狼男は 必ず現れます。 そうじゃなきゃ おかしいんです。 彼が本気で 千尋さんの命を狙っていたのなら 必ず 今夜の満月にも現れます。 あなたも そう思いません? 千尋さん。 そうね。 だから 今夜は 私が囮になります。 本当にいるのか? こんなもん。 犯人は 3人も殺した凶悪犯ですよ。 威嚇用だ。 発砲すんなよ。 はい。 月子さん 例のもの 作ってきましたよ。 ああ…。 何? 弾丸を 銀でコーティングしてみました。 本当は 全部 銀製の弾がいいんだけど…。 いや それは ちょっと こっち きついっすよ。 銀色って事で 我慢してください。 月子ちゃん これ 何? 狼男を殺せるのは 銀の弾だけ。 …という都市伝説は もちろん ご存じですよね? うん… 映画で見たけど。 そう 映画。 この銀の弾の設定は 昔の映画で作られた設定であって 真実ではないという説もあります。 ですが 真実の可能性も残ってるって 春樹君が言ってました。 春樹君って 誰? 内緒です。 2人にも 一発ずつ。 はい。 はい。 狼男が現れたら この銀の弾を使ってくださいね。 あっ 一発 3000円になります。 (渡辺)高っ! (郷原)一発 30円だよ 普通。 いや… ドレスも似合いますね。 グッドルッキング。 魔法陣の中に入ったら 声掛けちゃダメだよ。 え? 魔法陣は 悪魔を呼び出すための 異世界への扉にもなると 言われる場所なんだからね。 悪魔? そう。 この中で呪文を唱えて 呼び出した悪魔と取引するんだよ。 力のない者が 軽はずみに 悪魔を呼び出したりしたら 大変な事に…。 レグスーフルスー ダガーレムバーコーチー。 レグスーフルスー ダガーレムバーコーチー。 (渡辺)本当に来るんですかねえ。 (郷原)ああ。 来たら 上から侵入する前に確保だ。 はい。 (ため息) フルスー ダガーレムバーコーチー。 レグスーフルスー ダガーレムバーコーチー…。 (風の音) (うなり声) 狼男! 出た! (うなり声) 月子さん 逃げて! ええっ! なんだ この力…。 嫌… ああっ! うわっ! うっ! ぐっ…! 勝浦君! なんとかして こう… 離れて! 離れろよ! うぅ… ああっ…! 手を放しなさい! 放さないと撃ちます! 本当に撃つぞ! 撃つぞ! ≫(銃声) 今の音…! 銃声だ。 お前は ここにいろ! はい! 嘘でしょ 月子さん。 ヘタすぎ…。 これは… 威嚇射撃だから。 嘘つけ。 (郷原)警察だ! 手を放せ! 大丈夫か? 犯人を追う! 大丈夫? 勝浦君! 月子さん 顔を見ました。 え? 狼男の顔… 月子さんの予想どおりでした。(渡辺)あああ! うわっ。 こっ… 怖え…! (洋子)満月の夜 三叉路の道で 月を見上げて願い事をすると 願いが叶うって 月ちゃんが。 そして 財布を振ると 金運アップなんですよね。 レシート出した? クーポンは? ポイントカードは? (洋子)私は現金オンリーにした。 振りましょう。 なんだ? (渡辺)何やってんだ! こんなとこで! 渡辺さんこそ何やってるんですか。 何やってんですかじゃねえよ! 狼男 追っかけてんだよ! え? 容疑者は三叉路を通過! おとなしくしろ!(安藤)確保しました! (うなり声) 油断するな! (洋子)何 こいつ!ん? ああ もういい もういい。 お前ら どけ。 お前…。 戸崎さん…。 なんなんだ? 今の こいつの力…。 失礼します。 やっぱり…。 わかりました。 彼に獣の力を与えた者の正体が。 え? 自分でも なんで そんな事したのか わからなくて…。 でしょうね。 どういう事? この事件は 満月の夜に現れるという 狼男の犯行だと思ってました。 でも ちょっと違ってました。 はい。 わかりました。 今 確認が取れました。 戸崎さんのペンダントに ついているミンクと 現場に落ちていた毛が 一致したそうです。 実行犯は戸崎さん。 でも 満月の力を利用し 暗示をかけ 彼を狼男に仕立てた人物が 他にいた。 ですよね? 千尋さん。 音無。 わかったぞ。 待ってました。 わかったって 何が? 合田千尋… 本名 田中広子。 あなたは 小学生の時に 同時に両親を亡くしてますね。 ともに… 富士の樹海で自殺されたとか。 あなたのお父さんが その3人の占い師に騙されて 経営してた会社も 土地も家も 全て失った。 一緒に暮らしてた 唯一頼りだった おばあちゃんも亡くなり あなたは たった一人で生き抜いてきた。 被害者だったんですね あなたも。 だから あの時…。 一緒に泣いてるのは誰? お母さん? いえ もっと年のいった… おばあさん? くだらない。 動揺を 必死で隠そうとしているのが わかりました。 それで あなたの過去について 調べてもらったんです。 すごい 月子さん。 ハッタリが当たっちゃった。 あなたは復讐のために 3人の占い師に近づき 弟子となった。 そして 暗示にかかりやすそうな 人間に出会った。 暗示って…。 彼を見てください。 普段は体調も悪くて とても 大の男をひねり殺せそうにもない。 ああ… なんだったんだ あれ。 通常 人は 本来の力の5分の1しか 使ってないと言われます。 何かの原因で100パーセントの力を 発揮する事がある…。 いわゆる 火事場の馬鹿力 というものですね。 火事場の馬鹿力…。 アメリカでは 先日 ミシガン州の15歳の少年が 900キロ以上の車を持ち上げ 下敷きになっていた祖父を 救出した という報告もありました。 少年は なぜ そんな力を出せたのか わからないそうです。 こいつも それと同じだっていうの? 一生に一度 出せるかどうかの隠れた力を 千尋さんは 暗示をかける事で 何度も引き出した。 サーガンサーガン バブルス…。 (月子の声)満月の夜は 身体能力が高まると言われるから 暗示もかかりやすかった。 (鈴) 千尋さんは 前もって被害者の家に行き…。 侵入しやすいように鍵を開け…。 やーっ! (うなり声) 自分に容疑がかからないよう 最終的には自分も襲わせた。 あらかじめ 弟子たちを そばの部屋に呼んでおいて。 そして 私が真相に近づくのを恐れ… 今夜は 私を襲わせた。 だったら何? 暗示をかけたなんて証明 出来る? 暗示をかけたなんて証明 出来る? さあ どうでしょう。 裁判所が これをどう判断するか。 昼間 こちらに来た時に 置いておいたんです。 では 失礼します。 (千尋の声)「戸崎… 今夜の月夜を見上げたら あなたの中で どうしようもない 憎しみが沸き上がる」 音無月子という刑事を 殺したくなる。 音無月子という刑事を 殺したくなる。フフフ… 嫌な予感がしたのよ。 あなたに会った時から…。 さすが。 未来が見通せるんですね。 私に そんな力なんてないわ。 私の占いなんて 全部インチキだもの。 え? 不思議な力があるように 振る舞っていただけ。 そんな…。 (千尋)私の暗示は 願望を後押ししただけ。 あなたは本気で憎んでたのよ。 あの3人の占い師も… 私の事も。 人を憎む気持ちが 人の心を読み取る力になった ってわけだ。 人の顔色を見て生きてるうちに それだけは得意になった。 相手が私に何を言ってほしいのか 読み取る事だけは…。 そして あなたは 満月の力と占いを利用して 復讐を果たした。 まさか… こんなに 暗示にかかりやすい人間が いるなんてね。 それぐらい戸崎さんは あなたを信じていたんです。 人の心の弱い部分を あなたは利用した。 結局…。 あんなに憎んでた 3人の占い師と… 同じような事したのね… 私。 残念です。 あなたなら… 本当に 誰かの心を 救えたかもしれないのに。 一緒に来てもらおうか。 (千尋)インチキだから 信じなくていいけど…。 え? あの時 水晶に見えた事 教えとく。 え? あなたの未来が…。 これは…。 え… 何が見えたんですか? 気をつけて。 あなた… 一週間以内に死にます。 はい? 気持ち悪い事言うな! ぶっ飛ばすぞ この野郎! 全くだ。 ほら 刑事を脅かしてどうする。 行くぞ。 (千尋)インチキだから。 私の占いなんて。 (郷原)早く来い。 お前を守ってやる。 なあ。 なあ みんな! はい。 みんなで守ろう。 大丈夫だ。 役に立つでしょう? 音無は。 (郷原)え…。 なかなか チャーミングなところもあるし。 これから 未来永劫 郷原班にお預け致します。 いいですねえ~。 な! (3人の笑い声) 遠慮しときます。 郷原班のカラーには 合わないみたいなんで。 いや 合ってると思いますけど…。 じゃ! 月子ちゃんによろしく。 クソ… ダメか。 行くぞ。 はい。 結局 あの似顔絵の人は 誰だったんでしょうかね。 月子さん? 信じてるんだ あの占い。 一週間以内に死ぬ… か。 もうしばらくは こちらにいる事にしました。 (武)よかった。 連続殺人の疑いも 晴れましたしね。 フフ… ええ。 もう一週間は こちらに。 一週間? あと一週間は… 月子さんのそばに。 もう邪魔しないで! 知りませんよ どうなっても。 (柴山)上野で殺人事件!? 探していたんだよ 徳川埋蔵金を。 わかったよ 勝浦君! 本当に殺されるかもしれません! 「後ろの正面だ~れ」 月子さん 危ない!