唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享都市传说之女09日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(音無月子)おはよう。 (音無都子)おはよう。 (勝浦洋人)おはようございます。 ええっ! なんで!? 今日から3日間 月子さんのボディーガードを。 お姉ちゃんの命を守るんだって。 また その話? (合田千尋)気をつけて。 あなた 1週間以内に死にます。 実際に月子さん あれ以来 危ない目ばかりに 遭ってるじゃないですか。 1日目は お堀に はまったんだっけ? あれはカッパの姿が見えたから…。 2日目は 犬に噛まれそうになるし 3日目は 原因不明の高熱。 昨日なんて 僕がいなかったら 危うく鉄骨の下敷きに…。 まあ ちょっとね 危険察知能力が落ちてる気は…。 魔の1週間のせいですよ。 残るは あと3日…。 お姉ちゃんより勝浦君の方が心配。 傷 どんどん増えてない? いや 僕の傷なんて 月子さんの命に比べたら…。 でもさ あんまり気にしてもね…。 危ない! うわーっ! なんだよ!! キッチンには近づかないで! 包丁もあるし ナイフとかフォークもあるし 危ないから… 座って。 う~…。 大丈夫だって 勝浦君。 いやいや…。 なんで撮ってんだよ…。 危ない! (鉢植えがぶつかる音) あっ! あっ… ああ…。 あ~…。 (丹内市生)あと3日か…。 それまで お前は 音無に付きまとうつもりか? いや さすがに それは…。 僕も仕事がありますので。 そりゃそうだよな。 ですから 仕事中は 皆さんに警護をお願いします。 警護!? 私たちが? 月子さんに何事も起こらないよう 十分に注意を払ってくださいね。 もちろん 僕はいいですけど…。 バカ者! 刑事たる者 自分で自分の身を守らなくて どうする! (電話) (電話) あっ あれ…? 珍しいね 月ちゃんが予知しないなんて。 確かに。 魔の1週間のせいです。 だから 危険も察知出来ない…。 はい。 えっ? 上野で殺人事件!? (シャッター音) これは…。 ちょっと 邪魔なんだけど…。 うわわ… なるほど~。 あれ? 月子ちゃ~ん! って事は丹内班も…。 なんか わかった? 月子ちゃん。 あっ 免許証から 身元が判明しました。 (秋山)新堀三郎さん 35歳。 死亡推定時刻は 今朝の6時前後。 この石で 後頭部を殴打された事が 致命傷のようです。 ああ そう。 司法解剖 回してくれ! (一同)はい。 この文字は? 「つるか」…。 どういう意味なんですかね? はい! えっ? はい!? そう! そこ。 それですよ 皆さん。 ご存じですか? 『かごめかごめ』という童謡には 実は 深い意味が隠されている という都市伝説が。 また その話か。 鶴と亀という単語には とあるものの隠し場所が 示されているらしいという噂が。 隠し場所…。 なんの? 幕府が隠したとされる 徳川埋蔵金の。 月子ちゃんさ その話 長くなりそう? 1868年 江戸城が無血開城された際 明治新政府が 城の金庫に入った時には すでに そこは空でした。 幕府の御用金は 前もって持ち去られ ひそかに埋められていたんです。 それが徳川埋蔵金。 そういやあ そんなテレビやってましたね。 そう。 そして その隠し場所を示した歌が 今の…。 『かごめかごめ』? 鶴と亀が対になって 飾られている 日光東照宮を暗示したもの という説が一般的ですが…。 それと この事件と どう関係があるんだ? あります。 見てください。 このダイイングメッセージ。 「つるか」…。 つるか つる… あっ つるかめ? そう。 被害者 新堀さんは そう書こうとしたんだよ。 どうかなあ…。 見てください この地図を。 日光東照宮に印が。 群馬の赤城山にも。 どちらも埋蔵金が隠されたかも といわれる場所です。 えっ 本当に? さらに! その道を行くと 上野東照宮が。 そこもまた埋蔵金の隠し場所 という噂がある場所です。 えっ! じゃあ…。 探していたんだよ 新堀さんは… 徳川埋蔵金を。 そのせいで 事件に巻き込まれてしまった。 柴山! はい。 行くぞ。 はい。 この事件… 徳川埋蔵金が 絡んでいるかもしれません!ただいま。 (洋子)丹内さん。 ん? やっぱり 月ちゃんの言うとおりでしたよ。 なんだって? (洋子)亡くなった新堀さん 週末は 埋蔵金探しをするのが 趣味だったそうで 同僚の間でも有名だったそうです。 (ため息) 埋蔵金を探している仲間も 2人 見つかりました。 やはり そうでしたか。 それで 埋蔵金仲間は同僚ですか? ううん。 なんか ネットで知り合ったんだって。 では まず この2人に会いにいきましょう。 音無! 捜査っていうのはな 家族 同僚 友人と 被害者に近い順番に あたっていくのが セロリーなんだよ! セロリ? では 丹内さんは そちらを。 私は 埋蔵金チームに 狙いを絞ります。 行くよ 勝浦君。 失礼します。 セオリーか…。 彼さあ 本当に 3日間 ガードするつもりかね? 放っておけ! 捜査だ捜査。 まずは被害者の周辺をあたるぞ。 レッツ ゴー! (洋子)イエス サー! ふ~ん…。 あーっ! 3枚の銅版画…! これは まさか 双永寺の床下から 発見されたという噂の…。 え? なんすか? それ。 埋蔵金の場所を示す 暗号が書かれた 3枚の銅版画が存在する という噂があるの。 (成田涼一)その銅版画自体が 今は行方不明なんですけどね。 あっ…。 あっ これがそれですよね。 どこで手に入れたんですか!? 偽物をつかまされました。 えっと… 刑事さんですよね? あっ! 失礼しました。 つい動揺して…。 警視庁の音無です。 こちらは助手の勝浦。 助手…! 鑑識課の勝浦です。 成田です。 どうぞ。 すいません。 で 聞きたい事とは? 立派なお宅ですねえ。 お仕事は? ずっと IT関連の 仕事をしてたんですが 一昨年 思い切って独立しまして。 ここも その時に購入を。 その資金は どこから? あの 月子さん いきなり何を…? 私も まさかとは思いましたが ご自宅を拝見して 今 私の中で 疑惑から確信へと変わりました。 疑惑? なんの? とぼけてもダメです。 成田さん あなた… 見つけましたね。 はい? 埋蔵金を。 え~っ!? だから こんな立派なお宅を その若さで…。 いや それは… ねえ…。 この銅版画は 本物だった。 …ですね。 どこにあったんですか? 埋蔵金。 だから 見つけてないって。 どんなでした? 中身は。 大判小判? それとも金塊? 新堀さんの話じゃないなら もういいですか? 会社 行かなきゃならないんで。 ああ…! あの これから ちゃんと聞きますんで。 新堀さんとは どのようなお付き合いで? 10年ぐらい前に ネットで知り合って 週末に時々 埋蔵金探しをしていただけです。 それ以外の付き合いはありません。 ヒントだけでも頂けません? 本当の埋蔵場所は やはり 鶴と亀に関係が!? いい加減にしてくれ! あ~あ 怒らせちゃった…。 やましい事がある証拠だよ。 ですかねえ…。 埋蔵金なんて 最初から存在しない って言う人もいるんだけどね 私は信じてた。 きっと まだ どこかに埋まってるって。 あの 事件の捜査は…。 春樹君も そう言ってたし やっぱり 本当にあったんだね。 よし! もう1人のところ 行こう。 何を買われたんですか? (目白悦子)え? 目白悦子さんですね。 警視庁の音無です。 亡くなった新堀さんの事で? 誰かへのプレゼントですか? それとも自分への? 何か臨時収入でもありました? 私が 誰に何を買おうと 自由でしょ。 それは もちろん。 でも 私… 知ってるんですよ。 え? あなた方が埋蔵金を見つけた事。 成田さんに会ってきました。 例の3枚の銅版画も拝見しました。 ああ あれ。 赤城山の近くで 騙されて買ったみたい。 やはり 埋蔵金は 赤城山の近くで…。 いいえ あの銅版画は偽物。 私は そもそも そんな版画自体が 存在しないと思ってるの。 え? 暗号を残す必要なんかない。 なぜなら埋蔵金は 各地の東照宮に 分散して埋められているから。 なるほど…。 そこで上野の東照宮が。 (ため息) はあ~! あっ 助手の勝浦です。 勝浦君 悦子さんが 今 購入されたものは? ボディーガードの勝浦です。 男性用のもので 300万円だそうです。 やっぱり! 埋蔵金に 手を出しちゃってるんですね~! 勘違いしないで! これは貯金で…。 亡くなった新堀さんとは ネットで知り合ったとか。 ええ。 最初は 掲示板でやり取りしてて…。 (悦子の声)そのうち 3人で一緒に探すようになって…。 でも 最近 私 あまり参加してなかったから…。 目的のものを 見つけてしまったから。 そうじゃなくて…。 あるわけないでしょ 埋蔵金なんて。 またまた~。 もういいですか? 休憩時間 終わっちゃうんで。 う~ん… 確かに ちょっと変ですね。 彼女 先週も この店で 高い買い物をしていたそうです。 ほら やっぱり~! あっ。 ちょっと 月子さん! 飛び出したら危ないって!月子さん 危ないって!ああ… うう~…。 副総監! いやあ よく気づいたね。 さすがは月子ちゃん。 あっ いやあ…。 あなた…! おお… また会いましたねえ。 2人は お知り合いだったんですか? (武)ん? まあ 色々ね…。 色々って なんなんですか? あの… せめて 名前ぐらい教えてください。 月子ちゃん…。 まあまあ まあまあ 武君…。 私の名は 小栗… 小栗龍太郎といいます。 小栗…。 どこかで聞いた名前…。 殺された占い師たちの周辺で 目撃されたって 一体 そこで何を? えー いやあ 私は あの… 町歩きが好きなもんでね。 そんなわけ…。 いやあ その件は もう片付いたわけだし…。 わかった! 小栗って…。 あなた あの小栗上野介忠順の ご子孫では? えっ… それ どこの小栗さんですか? だから…。 ちょっと ちょっと…! 我々は急ぐんで。 いや 武ちゃん! 話が…! 音無君。 この件は ここまでだ。 これで全てが繋がったよ 勝浦君…。 え? 同僚によると 亡くなった新堀さんは 最近 妙に 羽振りがよかったようです。 どういう事だ? 飲みにいっても 細かく割り勘する人だったのに 急に高いお酒をおごったり スーツを立て続けに新調したり。 その金の出所は? 今のところ 全くわかっていません。 銀行口座には 給料の入金記録しか ないんですよね。 ほらほらほら~ ね。 だから言ったじゃないですか。 「ほらほらほら~ ね」って 何か新しい情報でも つかんできたのか? 大変な事実が…。 ご記憶でしょうか? この人物を。 この人って 占い師連続殺人事件で 目撃された…。 この方は 小栗さんとおっしゃるんです。 だから? 幕末に勘定奉行を務めた 小栗忠順は 埋蔵金を隠した人物と いわれています。 小栗… 小栗上野介忠順か。 知ってるんですか? 丹内さん。 柴山が学生だった時 山岳部だったろう? 俺も 中学生の時に 歴史研究部だったんだ。 では 話が早いです。 小栗忠順は 時を見て 埋蔵金を掘り出し 幕府を再興する役を 担っていたという噂が。 ああ。 だから幕臣の中でも 唯一 斬首刑という 厳しい刑を下された っていう説もある。 この方は その子孫なんです。 まさか そんな…。 思えば 占い師の千尋さんが 妙な事を言っていました。 お金なら 大量にある場所を 知っているから。 彼女は その不思議な力で 知っていたのかも。 埋蔵金のありかを。 だから 小栗家の子孫として 埋蔵金を守る この人が 彼女の周辺を調べていた。 なぜなら 小栗氏は 今でも 埋蔵金を守る役を 担っているからです。 そんなバカな話があるもんかい。 でも この人 ただ者じゃないですよ。 副総監の車に乗ってましたからね。 副総監の? しかも 副総監を 武君って呼んでました。 思えば 最初に会ったのが 将門塚ってとこにも 意味があるんですよね。 (月子の声)徳川家康は 神田明神を特に大切にし 今の場所に将門塚を祭らせました。 (月子の声)高尾山も 徳川幕府に 手厚く保護されました。 この方は 徳川ゆかりの場所を 巡っていたんです。 そして 彼らは 見つけてしまったんです。 埋蔵金を。 彼らって? 亡くなった新堀さんと 目白さん 成田さんです。 確かに 目白さんは 高価な宝石を買っていたし 成田さんの自宅は豪華でした。 って事は 本当に…。 はい。 そのために 仲間割れが起きた。 いえ もしかしたら 勝手に埋蔵金に 手を付けてしまったがために 徳川300年の呪いを受けたのかも。 呪いは どうかな? いずれにしても これは 埋蔵金を 見つけてしまったがために起きた 不幸ですね。 皆さんは その方向で調べてみては? 音無 お前は? 私には 埋蔵金が 本当に存在したという事を 立証する使命が。 もともと財政難だった幕府に 埋蔵金なんてあるわけないだろ! ほら… こういう夢のない事を 言う人が多いんですよね。 だからこそ 埋蔵金が 本当に存在したというだけで 大きなニュースなんですよ。 それを月ちゃんが証明するの? ゆん! こんな素晴らしいニュース みんな喜びますよ~! アハハ! ではっ! 危ねっ! 私は これで。 ちょっと月子さん 1人じゃ危ないですって! 失礼します! どうします? 埋蔵金なんて あってたまるか! いいか 新堀の金の出所を探すぞ。 おお~。 丹内さん! あと2日。 どこに危険な落とし穴があるか…。 毎朝 「危ない 危ない」言うの やめてくれない? あっ 勝浦君。 朝から2人で何してるの? あっ おはようございま… あっ!! 危ない! うおっ…! (真由・由希美)あっ ああっ…! ううっ…! 勝浦君! もう! やっぱり疫病神じゃない! 大丈夫? 勝浦君 私と一緒にいない方がいいかも。 え…? 私は捜査に行きますので あとはよろしく。 えっ? 月子さん! 月子さん! ああ~ もう痛い…! だから 埋蔵金なんか 見つけてないって! わかります。 公にしたくない気持ちは。 ですが 徳川埋蔵金は 都市伝説仲間にとっては ロマンであり夢なんです。 存在だけでも 立証させてください! 楽しそうですね あなた。 はい? いいですね 仕事が楽しいだなんて。 はあ…。 ですね! 楽しいです! よっぽど恵まれた環境なんだ。 いえいえ わからずやの上司ばかりで 決して恵まれた環境とは。 でも 好きな仕事なんでしょう? 自分がやりたい事は わかっていますので ただもう 夢中で追いかけてるだけです。 やりたい事か…。 私は一体 何がやりたかったんだろう…。 えっ? なんだか もう 全部疲れちゃった。 悦子さん それ どういう…。 (ノック) 目白さん ちょっと。 すいません。 何? 警察の方が会いたいって 来てるんですけど。 えっ… 彼女以外に? はい。 大事な話があるとかって。 今 応接室に。 わかった。 ごめんなさい。 もう行かないと。 はい。 そうですか。 「かごめと鶴と亀」なんて 言い出した頃は楽しかった…。 本当にね。 えっ? 今のがヒント? かごめと鶴と亀…。 かごめと鶴と亀…。 くそっ すぐに緊急配備だ! はい! 郷原さん どうしたんですか? 逃げたんだよ あの女が。 あの女って…? ≪音無! 危ねえ 危ねえ…! こんなとこで何やってんだ! お前は。 (郷原)もしかして そっちも あれですか? 殺された新堀さんに渡ってた 金の出所って…。 って事は そっちも…。 どういう事ですか? 一体。 目白悦子が横領してたんだよ ここの金を。 で 若いホストに貢いでた。 じゃあ あれもホストに…。 その事実を知った新堀に 目白悦子は 口止め料を渡してたんだよ。 金の要求があまりにも続いたんで 殺した! …っていう事だな。 で 目白悦子はどこに? 逃げられました。 逃げられたんですか!? 緊急配備を敷いた。 遠くへ行ってないはずだ。 柴山 いくぞ。 はい! こっちか。 (柴山)音無 お前も来るんだ! えっ…。 うわあぁっ! あっ! 今すぐ 月子さんを呼び戻してください。 こっちはな 容疑者が逃亡して大変なんだよ! 僕を見てくださいよ。 僕がいなかったら 月子さんは 今頃どうなっていた事か。 (小栗)まあ 確かに 今週の月子さんは変ですからね。 勝浦君が心配するのも 無理はない。 なんで ここに…。 これをね 勝浦君に渡そうと思って。 これは…? 埋蔵金探しは 古くから行われていた。 インターネットにも その謎を語らう掲示板が 幾多もあった。 もしかして これ… 埋蔵金関連の掲示板に アクセスした人の名前ですか? うん。 何千人いるんですか! うん… まあ ほとんど掲示板は もう残されていない。 最近は 夢を追う人間が 少なくなったね。 というか こんな記録を取ってるって事は やっぱり あなたが 埋蔵金を守ってるとか…。 くだらない! わたくしは 決して埋蔵金など信じません。 信じるも信じないも自由です。 それが都市伝説というものですよ。 ハッハッハッハ…! 丹内さん? 体が…! 丹内さん! 丹内さん!? 「夜明けの晩に」 「鶴と亀がすべった」 ご機嫌だね 勝浦君。 こっちは悦子さんが逃げて 大変だったっていうのにさ。 今日も 無事 乗り切りましたからね。 「後ろの正面だーれ」 え? 後ろの正面…? そっか。 もしかして…! わかったよ 勝浦君! え? 鶴 つまり飛ぶ鳥は 南の方向を。 亀は北の方向を意味すると 言われているんだよ。 で 見てこれ。 皇居と日光東照宮は 南北のラインで結ばれている。 ここに立って 皇居から東照宮を見た時 後ろの正面にくるのは…。 桜田門…。 えっ 警視庁!? 隠し場所として これ以上 安全な場所がある? だから 小栗さんは 副総監とも親しいんだよ。 そういえば 捜査一課にも来てた…。 えっ 捜査一課に? これを渡してきて…。 埋蔵金関連の掲示板に アクセスした人の名簿だそうです。 ふーん…。 あっ! え? 春樹君の名前。 春樹0603。 春樹君のハンドルネーム。 6月3日が誕生日だから。 へえ~。 春樹君も探してたもんな 埋蔵金。 よしっ 私も頑張ろう! あれ? この名前…。 これ どこかで…。 勝浦君 マッサージしてくれない? えっ!? 悦子さん捜しで走りすぎて ふくらはぎがパンパン。 べっ… 別にいいですけど。 (鼓動) では… 失礼します。 (鼓動) あっ…。 ≪(都子)ただいまー。 あっ…! だよね。 このタイミングだよね。 知ってた。 えっ なんかまずかった? 勝浦君 もういいや。 都子 マッサージうまいから。 あっ じゃあ帰ります。 帰らさせて頂きます。 どうも お邪魔しましたー。 お邪魔しましたー! ああ… ああっ…。 なるほど。 警視庁の中を調べたい? 埋蔵金が 地下のどこかにあるはずです。 ふざけんな! そんな暇があったら 逃げた目白悦子を捜せ! いいえ ダメです。 今日 月子さんは 一歩も出ないでください。 はあ? 最後の一日です。 今日は まだ危ない目に遭ってないし この先 何が起こるか…。 音無は もう大丈夫だ! 最後の一日なんて こいつのパワーが吹き飛ばす! さっさと仕事に戻れ! なるべく目を離さないでください。 わかったから…。 出来れば トイレも一緒に…。 えっ!? ちょっと勝浦君。 もういい加減 うるさい! え…? ねえ 言霊って知ってる? ネガティブな事ばっかり言ってると そのとおりになっちゃうの。 勝浦君が 「危ない 危ない」言うから それが 現実になっちゃってるんだよ。 え… じゃあ 僕が全部悪いって 言いたいんですか? そう。 せっかく埋蔵金の謎まで あと一歩まできてるのに。 もう邪魔しないで! そうですか…。 わかりました。 じゃあ僕も 心配するのやめます。 知りませんよ どうなっても。 (由希美)勝浦君! 勝浦君! ひどいよね あの子。 今の聞いてた 奥で。 勝浦君が せっかく心配してあげてるのに。 ねえ。 あのあと本人…。 「鶴と亀がすべった」 …なんて歌ってるんだよ。 亀…。 亀? 亀? 亀! 亀? そうか…! 埋蔵金の隠し場所は 桜田門で間違いないでしょうか? だから そんな事 聞かれても…。 でも 本当に警視庁だとしたら こっそり運び出すのは 不可能ですよね。 警察内部に 協力者でもいない限り。 だから言ってるでしょう。 埋蔵金なんてないって。 そんなもの見つけたら 誰も苦労しないよ。 彼女だって…。 悦子さん 横領してたそうじゃないか。 確かに 埋蔵金を見つけた人が 横領するなんて おかしいと思います。 でも 彼女は 何かを知っていたはずです。 逃げる前 私に言ったんですよ。 「かごめと鶴と亀」なんて 言い始めた時は楽しかった…。 本当にね。 あれは隠し場所のヒントを 与えてくれたものだと思うんです。 いや… それは違う。 ダイイングメッセージとも 一致するし。 ダイイングメッセージ? 新堀さんが書き残した 「つるか」という文字です。 何か 心当たりがあるんですね? もう逃げられませんよ 成田さん。 やはり これ 埋蔵金のありかを示す ヒントなんですね? 1件 用事を済ませてきて いいですか? 埋蔵金の話は そのあと ゆっくり。 真実を話してくれるんですね! ええ… 必ず。 ≫(ドアの開閉音) ああ いよいよくる! 埋蔵金伝説 達成? やっぱり…。 あっ…。 あっ すいません。 成田社長 戻ってこないんですけど。 社長なら 出られましたよ。 えっ どこに? 私は何も…。 そんな事 言わないで 教えて頂けません? あっ きれいな色。 フフフ。 曲がってますよ。 勝浦君? もう こんなとこで何してんの? なんだ秋山さんか…。 勝浦君! 襟! 曲がってますよ もう。 自分で直すよ。 あった。 これだ…! (チャイム) 成田さん いるんでしょう? 成田さん! (携帯電話) (携帯電話) 勝浦君 何? 「月子さん わかりました」 「新堀さんが残した メッセージの意味」 だから それは… 埋蔵金のありかを示すヒント。 「違いますよ。 名前を表していたんです。 人の」 えっ? つると呼ばれた人がいたんです。 そういう事だったんだ! 「月子さん? 月子さん」 「月子さん!」 「月子さん 今 どこにいるんですか?」 今 成田さんの家に…。 「(電話が切れる音)」 切れた…。 切れちゃいました! 切れちゃった… どうしよう。 バッテリー切れ。(柴山)この先の信用金庫で 働いている方なんですが ご存じないですか? (携帯電話) ん? 俺か。 何度か見た事ありますね。 どちらで? はい。 ああ 郷原さん どうしました? (郷原)目白悦子を確保したんで 一応 お知らせを。 新堀さんに脅されていた事は 事実です。 横領がバレて お金を…。 でも殺したりしてません! 新堀さん殺害についても おいおい調べますんで そちらも 一応お疲れさまでした! 丹内さん…。 柴山 また先を越されたよ。 えっ 郷原さんにですか? (携帯電話) (舌打ち) 誰だ? はい もしもし。 「大変です。 月子さんが!」 また お前か? どうした? 「月子さん 本当に 殺されるかもしれません!」 なんだって?成田さん? 成田さん? (ドアの閉まる音) しつこいなぁ あなたも。 新堀さんが 最後に書き残したかったのは 「つるが犯人」という 言葉だったんですね。 つるは… あなただった。 鑑識の者が 新堀さんの持ち物に 「亀1977」と書いてあるのを 見つけたそうです。 それが 新堀さんのハンドルネームだった。 削除された古い掲示板も 復元出来るんですよ。 ネットで知り合った頃 あなたたちは あの童謡にちなんで 「つる」と「亀」と「かごめ」という ハンドルネームを使っていた。 新堀さんが 亀 悦子さんが かごめ そして 成田さん あなたが つる。 そこまでバレたら…。(パトカーのサイレン)(洋子)月ちゃんは? わからん。 家の中には 誰もいませんでした。 もしかしたら 月子さんは もう…。 怒られても うざがられても 僕が一緒にいれば…。 しっかりしろ! でも 今日は 魔の1週間の…。 俺は 占いとか予言とか 一切 信じない。 唯一 信じるのは 自分の勘だけだ。 最近は その勘も鈍ってるとは 言われるけどな。 でも いざっていう時には 当たるんだよ。 丹内さん…。 その勘が言ってる。 音無は 今も どこかで ちゃんと ふてぶてしく生きてる! それも ここから そう遠くない場所で。 早く見つけ出して 連れ戻しましょう! よし 行くぞ! はい! (洋子)私たち こっち。 (安藤)はい!こんな時にまで どうして 僕は…。(ため息)これは 月子さんの…。 どうするつもりですか? 逃げるんだよ 今のうちに海外に。 会社は…? どうせ この週末までに 1千万用意出来なきゃ 不渡りが出て潰れるんだ。 えっ? だから どうしても 金が必要だった。 それで 焦って…? 悦子さんが横領してたなんて 知らなかった。 当然 新堀が口止め料もらってた なんて事もだ。 だから…。 だから あなたも 私と同じように考えた。 新堀さんが埋蔵金を 見つけたんじゃないかって。 (新堀)え? 俺が埋蔵金を? だから 急に 羽振りがよくなったんでしょ? いや やだなぁ。 そんな事あるわけ…。 金が必要なんだよ。 週末までに 1千万。 どこなんだ? 埋蔵金…。 この近くか? こんな朝っぱらから こっそり 持ち出しに行く つもりだったのか? 仕事が休みになったから 1人で探しに行こうと 思っただけですよ。 その中か? そこに 埋蔵金のありかが 書いてあるのか? 何すんだよ! 俺だって 埋蔵金のヒント 色々考えただろ! 独り占めなんてさせるかよ! いい加減にしてくれ!(殴る音)でも 新堀さんのカバンの中には 見慣れた地図しか入ってなかった。 埋蔵金探しの夢に集まった3人が 結局3人共 ロマンのかけらもない 結末を迎えてしまった…。 俺は まだ逃げられる! 誰も知らない地下室があるんだよ。 お前を殺して そこに隠せば…。 まだ1つも立証出来てないのに! はあ? 私は都市伝説を立証するために 刑事になったんです! 埋蔵金を見つけて ようやくかなうと思ったのに…。 フッ… 残念だな。 俺も 散々調べてわかったよ。 都市伝説なんて 結局 全部デマだ! 違う…。 あなたが たどりつけなかっただけです。 この世の不可思議な真実に。 (ドアの開く音) 月子さん! 勝浦君! オラー!うっ…! 勝浦君! えっ…? (刺す音) うっ…! 勝浦君! えっ…? (刺す音) ああ…。 ああ…。 月子さん…。 勝浦君…。あれ? 勝浦君 危ない! 音無! 無事か? (咳) 成田 観念しろ! 指紋… 凶器の石にも 残ってました。 あなたのものと 一致するはずです。 成田涼一 監禁の現行犯で逮捕する! ふう~。 何が 「ふう」だ 音無 お前は! なんで 1人で むちゃするんですか! 本当に殺されてたかも しれないんですよ。 初めてだね。 えっ? 勝浦君が本気で怒るの。 今 そんな事 言ってる場合じゃ…。 でも わかってたから。 勝浦君なら 気づいてくれるって。 (月子の声) 私の落とした道しるべに きっと気づいてくれるって…。月子さん…。 ありがとう 勝浦君。 ありがとう…。 ありがとう! 月子さん ちょっと苦しいです。 柴山! はい。 行くぞ。 (柴山)音無は? 放っとけ! (柴山)はい。 痛いって。 あっ 明日 ご飯食べに行こうか。 えっ 2人… で? 2人で! 喜んで! フフフフフ…。 あっ メール…。 (メールの受信音) ん? ああ 俺か。 真理子からだ。 えっ? 帰ってきてくれるんですか? 奥さん。 うるせえな お前は! いざとなったら 出て行くつもりでしたけどね。 我々が出るまでもなかったですな。 (2人の笑い声) 今まで 埋蔵金のありかに たどりついた人間は ただ1人。 春樹君という彼ですね? ええ ええ。 彼から話を聞いて 月子さんに興味を持ちました。 いや~ 噂どおり 面白い女性ですな 月子さんは。 ハハハ… まったくです。 やっぱり ここに…。 都市伝説 きたー! (武)見つけてしまったね。 武ちゃん…。 ここを 知られてしまったからには…。月子… ちゃん。 いや… 月子! お待たせ。 えっ? 姉は アメリカに行きました。 FBIとの人事交流研修に 推薦されたそうで。 そうか… 最後は そうきたか。 全然大丈夫 全然大丈夫。 あっ 食べよっか? いっぱい食べよう。 ねっ。 育ちだかりだからね…。 育ち盛りか。 食べよう。 ちょっと 月子さん メシ断るなら もうちょっとマシな言い訳を…。 (柴山)シーッ! えっ 誰? 静かに! 誰です? FBI。 えっ? ナイス トゥー ミート ユー。 私の名前は ジョディ・クローンです。 あっ 喋れるんだ。 本物のFBIだ。 あいつに 語学力があったとは思えんがな。 じゃあ 月子さんは 本当にアメリカに…。どこにでも飛んでけ! (英語の会話)あっ…。 (携帯電話) グッド イブニング。 (加賀春樹) 「この噂 知ってるよね?」 この声は… 春樹君? 「あまりにも有名な 都市伝説だけど ニューヨークの下水道には 巨大化したワニが すんでいるらしい」 (電話が切れる音) という事は この事件は もしかして…。きたー! 〈『都市伝説の女』