唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享养狗这件事03日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(本郷勇次)飼います。 縁あって うちに来た子なんだ。 うちで飼いますよ。 (本郷眞子)〈これは いけない事です。 ルール違反です〉 (勇次の声)もう出来ません。 誰かを 何かを 切り捨てて生き延びるより みんなで一緒に生き延びる方法を 考えるべきです。 ≪(足音) (本郷幸子)堀田君…。 (堀田克彦)びっくりしたよ。 救急搬送された人の名前見たら…。 店長が大げさなんだよ。 救急車なんか呼んじゃって。 過労と睡眠不足から来る 起立性低血圧。 いわゆる立ちくらみってとこかな。 家の事やって パートにも出て 毎日ハードなんだろ? もっと自分を大事にしなきゃ。 家事やって パートに出てる人なんて 普通に たくさんいるし。 睡眠不足じゃない 子持ちの主婦なんて この世に存在しないから。 ただの めまいだからって 軽く見ない方がいい。 一度 脳ドックとか 受けてみたら? 脳ドックって…。 (看護師)こちらになります。 ありがとうございます。 サチ…。 嘘! 来たの!? 大丈夫? ご主人? うん。 あ どうも この度は家内がお世話に…。 いやいや 僕は…。 堀田君っていって 高校の同級生。 えっ? ここの内科… だっけ? 堀田です。 どうも 本郷です。 じゃあ お大事に。 っていうか お前 医者の同級生なんかいたんだ。 ええ? 話した事なかったっけ? ねえ それより なんで? 店長から連絡いったの? ああ 緊急連絡先に 俺の携帯が 書いてあったからって。 もう 店長から何から 大げさに心配しすぎ。 っていうか あの店長 あんま感じいい人じゃないな。 とりあえず連絡はしましたから みたいな感じでさ。 そんなもんよ。 代わりなんて いっくらでもいるんだから。 辞めちゃえ。 パートの収入くらい 少し減ったって…。 えっ? ユウちゃん 昇進して お給料上がるとか? なわけねえだろ。 だよねぇ…。 あっ そうだ。 ねえ 時間あるならさ うち帰って スカイの様子 見てきてもらえないかな。 うん? ゆうべから閉じ込めっぱなしで。 パートから帰ったら お散歩 連れてくつもりだったんだけど。 そっか。 あ… いい いい。 ごめん。 会社抜け出して 来てくれたんだよね。 ちゃんと事情は説明してきたから。 だったら なおさら! ほら 早く行け! (女性)ここで堂々と 犬を飼うだなんて どういうつもりよ。 (海老原孝造)このままじゃ 示しがつかない。 (受付)保険証 お返しします。 どうも お世話になりました。 お会計 こちらになります。 はーい。 2640円。 あー すいません。 今 2530円しかなくって…。 あと110円 すぐに持ってきますから。 はい。 110円でしょ? あ… 大丈夫 大丈夫! うち近いし すぐ…。 いいから。 えっ…。 あっ… あれだったら 今度 ゆっくり検査においでよ。 うん。 110円 あとで返しにくるから! いいよ。 ありがとね。 (野崎誠吾)これは なんだ? はい…? どういうつもりだ? あの… ワークシェアリングプランについての 提案で…。 アメリカにある 日本の自動車メーカーでも この取り組みを始めている事は ご存じかと思います。 社員1人あたりの 就業時間を減らしたり 1つの業務を複数人で行ったり…。 (野崎)そういう能書きは 誰でも知ってる。 ですから 我が社も 雇用体制の転化を…。 お前 俺に ロートル社員の首を切るのは もう嫌だ もう出来ないって言ったよな。 言ったよな! …はい。 (野崎)お前は 職務を放棄したんだよ。 当然 お前からは こういうものではなくて 退職願が出されると 思っていたんだが。 ねえ…。 お前の代わりは いくらでもいるんだよ。 はい 次。 うちの犬は よく しつけがされていまして…。 (男性)「うちの犬」とか言ってるよ。 (女性)やあねぇ。 絶対に吠えないし 人を襲ったりなんかもしないし 部屋の中で 粗相なんかもないですし。 皆様にご迷惑をかけるような事は 絶対に…。 (海老原)この団地の規約を 変えろという事ですか? ですから 皆さんで話し合いを…。 アホくさ。 厚顔無恥。 (女性)やあねぇ。 (海老原)この件につきましては 2年前に 住民アンケートを取りました。 お忘れですか? えっ? 記名式ですので いい加減な 回答ではないはずです。 「この団地で 犬や猫などの ペットを飼う事について どう思いますか?」 「1 反対。 2 賛成。 3 どちらでもよい」 …という設問に対して 結果は 1の「反対」が368票。 圧倒的多数でした。 で えー 本郷さん…。 あなたの回答はといいますと 3の「どちらでもよい」。 つまり どうでもいい。 それは…。 この規約を変えるべきだと おっしゃるんでしたら この自治会に対して 普段から それなりの参加意欲を 示して頂きたい。 (拍手) よっ 会長! そんな… そんな事言われたって…! 毎日毎日 家の事とか仕事の事で 目一杯なんです! こんなとこに来る暇なんて…。 (男性)ひ… 暇ですいませんね! 犬にかまける暇は おありなんだ。 ねえ。 こういう話が大事だよね! (女性)出て頂かないとね。 (男性)そうそう ほんとだよ! ≫♪♪~(歌と演奏) ♪♪~「偽りの仮面 被っていたんだ」 ♪♪~「あの日 見上げた空の色 忘れてた」 ♪♪~「無理していたのさ 傷つかないよう…」 ただいま。 おかえり! ただいま。 わかる? カレーだ。 ただいま。 おかえり! ただいま。 あれ? 大は? うん? 今日は 琢磨君ちで遊んでるからって。 琢磨君って あの 幼稚園の頃から仲良しの? そうそう 17号棟の。 向こうで 晩ご飯 ご馳走になるからって さっき電話あった。 うちはカレーなのに。 お兄ちゃんに言ったんだよ。 うちはカレーだよって。 そしたら 「ふ~ん」だって。 あいつが? はい お待たせ~。 ありがと。 はい。 はい 眞子。 お母さん それだけ? やっぱ お前 体調悪いのか? 大丈夫! ダイエットよ。 そっか。 じゃ…。 (一同)いただきまーす! ダメよ スカイにあげちゃ。 わかってる。 さすがにカレーは食わないだろ。 うちのは からくなくて 美味しいのに。 絶対に あげちゃダメよ。 獣医さんにも言われたでしょ? はーい。 でも 大のやつ ほんとに いいのかな? うん。 あっちでもカレーなのかもよ? そうかもね~。 (男の子)それじゃあ 琢磨君 頂きまーす。 (男の子たち)琢磨! 琢磨! (男の子たち)琢磨! 琢磨! 琢磨! 琢磨! 琢磨! (男の子たち)うおーっ! すげえ。 (男の子たち)見せて 見せて! (本郷 大)いいじゃん いいの持ってんじゃーん。 もっとくれよな。 強えやつじゃん。 ≫(組合員)キンカ工業は 不当解雇をやめろー! ≫(組合員たち)やめろー! 窪田さんの解雇を 撤回しろ! (組合員たち)撤回しろー! お願いします。 お願いします。 (組合員) 「窪田松夫氏の即時職場復帰と これ以上のリストラを 中止する事を求める!」 ≪(組合員)「窪田松夫氏は…」 なんで急に こんな…。 (曾根田和也)窪田さんは長年 組合の中心的存在だったろ。 それがお前 いきなり リストラされちまったんだ。 でも あれは 窪田さんも納得した上で…。 そんな事 知るか。 とにかく その一件で 組合員たちに火がついちまった。 我々が絶対に 窪田さんのリストラを 白紙撤回させますから。 (窪田松夫)はぁ…。 明日 決起集会をやります。 窪田さんも ぜひ! 被害者の立場でご出席して頂き 会社側の不当性を 訴えて頂けませんか? ああ…。 っていうか お前自身どうすんだ? このままじゃ やばいぞ。 野崎課長 お前の事 マジ 切るつもりだぞ。 (曾根田)お前 心療内科 行ったか? 少しは自分の事も考えろ。 ≪(組合員)「我がキンカ工業が 現在 行っている…」 (ため息) (堀田)お待たせ。 あ… ごめんね。 大丈夫? うん。 夜勤明けだから もうすぐ帰るし。 あ… これ。 うん? 昨日お借りした 110円。 ああ よかったのに 別に。 ありがとう わざわざ。 (堀田)はい。 ありがとう。 これ 120円だよね? うん? 何? ううん。 で どう? 体調の方は。 ああ もう全然。 倒れてなんからんないし。 サッちゃんの事は 随分前に うわさで聞いてはいたんだ。 うん? 看護学校を中退して 結婚したらしいって。 ああ… うん。 子供 出来たからね。 ご主人も まだお若そうだし…。 すごい決断だよな。 向こうもね 始めは 大学辞めるとか 言い出しちゃったんだけど 両方の親が それだけはって。 学生結婚か…。 僕には考えらんないな。 そりゃあ 当時はねぇ どうなっちゃうんだろうって 思ったよ。 21で子供産んで 自分 大丈夫? って。 でも どうにかなっちゃうもんね。 若い時に子供産んで育てちゃえば 老後が楽になるって聞くけど。 そうそう うちは それを狙ってんの。 そのためにも 健康管理は きちんとしておかないと。 人間ドックは 定期的に受けといた方がいいよ。 いやぁ 持つべきものは 医者の同級生だね。 (携帯電話) はい。 えっ? じゃあ すぐに心電図を取って。 救急カートも。 うん すぐ行く。 朝めし抜きだ。 じゃあ。≫(男の子)出せよ! (大)おい 立てよ! カード 持ってこいって言っただろ! (男の子)早く出せよ! (畑山静香)ねえ。 何? うちもね 今度 犬飼うの。 (静香)45万円の。 へぇー。 お宅んちの犬は20万くらいね。 安いのね~。 あの…。 退職願 持ってきたのか? 僕は辞めたくないです。 今 失業するわけには…。 家庭もあるしなぁ。 奥さん 病気抱えてんだろ? いや 昨日のあれは 別に大した事では…。 これ… 今朝から騒いでる。 知ってんだろ? はい。 俺も困ってんだよ~。 お前が窪田さんを リストラした事で 騒ぎ出した。 「僕が」って…。 懇意にしてんだろ? 窪田さんと。 ま… まあ… はい。 窪田さんが言ってくれれば その人たちも おとなしくなると思うんだ。 ねえ。 課長。 ああ そうだ…。 彼が希望してた 退職金の即払い これがうまくいったら 俺が上に掛け合ってやるよ。 ほんとですか? うん。 お前の首もつながる。 窪田さんの退職金も支払われる。 みんなにとって いい事ばっかりだ。 ウインウインの精神だよ。 なぁ。 ただし 窪田さんを 説得出来なかったら お前がクビだ~。 (三村喜代美)本郷さん 昨日 倒れたんだって? あ… 全然大丈夫です。 ちょっと 貧血起こしただけだから。 (児玉 靖)あぁ まいったよ。 パートさんが1人 急に 辞めるって言ってきてさ。 あら! どっちか 今日の遅番と 明日のシフト 入れる? 私やります! もしもし 眞子? ごめんね 今日 スーパーのパート 遅くまでやる事になったの。 うん。 「帰りは 夜10ぐらいに なると思うけど 大丈夫ね? 晩ご飯は…」 お鍋にカレーが まだ残ってるから それをご飯にかけて チンすればいいから。 はーい。 「あ それから…」 スカイのお散歩 眞子1人で行ける? 行ける! 「そう?」 うんち拾う時とか 車に気をつけんのよ。 大丈夫。 「じゃあ 切るね。 じゃあね」 頑張ってね~! どこへ行きたい? お外 行こうか。 ねっ。スカイ? スカイ ダメ! ダメだよ スカイ。 すみませんでした。 (窪田)ハワイ貯金の方は たまったかい? いや 全然っす。 お前 年収の手取りは…。 300万ちょっとです。 しかも4人と1匹ですから。 そりゃあ きついなぁ。 家内がパート掛け持ちしてくれて なんとか。 頭上がんねえな。 まったくです。 奥様のご様子 どうですか? その後。 ん? うん…。 ま その話は置いとこうか。 すいません。 (窪田)あ すいません。 (中尾啓介)あっ はい! (窪田)ハイボールおかわり。 (中尾)あっ はい。 なかなか感じのいい店だね。 ありがとうございます。 で 話ってのは なんだ? あ はい…。 なんだよ。 もしかしたら 窪田さんの退職金 早くお支払い出来るように なるかもしれません。 ほんとか? はい。 (窪田)そういう事か…。 えっ? 俺に組合を黙らせろって事だな? どうして それを? 組合を長くやってりゃ そのぐらいの事は わかりゃあな。 なあ 本郷。 はい。 俺が 早く退職金が ほしいっつったのは 確かに お前が言ったとおり 間に合うんなら 金を積んで カミさんを助けられる治療を 受けられればなぁと 思ったからだよ。 だったら…。 でも もういい。 金はいい。 窪田さん…。 この話は断る。 俺は仲間を裏切れねえ。 この話はな 聞かなかった事にしとくよ。 じゃあな。 窪田さん…。 いいから いいから。 座ってろ。 あ… ハイボール…。 こいつに飲ませてやってくれ。 お前の酒は残ってるよ。 (中尾)ありがとうございました。 ≫(ドアベル) ≫(ドアベル) (タイマー音) はい 出来ました! はい 召し上がれ。 いただきますは? お兄ちゃん 今日ね 私 1人で スカイの散歩行ったんだよ。 スカイのうんこもね ちゃーんと拾えたよ。 うんこ食ってる時に カレーの話すんな! ガキだなぁ 眞子は。 今の 笑うとこだぞ。 お母ちゃんなら…。 なぐられる。 お兄ちゃん 今日 なんで 琢磨君の事 ぶってたの? 関係ねえし。 (野崎)窪田さんを 説得出来なかったら お前がクビだ~。 俺は仲間を裏切れねえ。 どうすんだよ…。 ≪ユウちゃん? ああ…。 えっ 嘘! 今帰り? お前こそ なんで…? やだぁ。 じゃあ 子供たち2人っきりじゃん。 いや 電話くれれば…。 早く帰れた? 大丈夫かなぁ? カレー ちゃんと温めてるかなぁ? お前こそ大丈夫なの? この前 あんなふうに倒れたのに。 大丈夫! パートの人がね 急に1人辞めちゃって。 おかげで3時間分 もうけちゃった。 そっか。 うん。 若いうちにね 子供産んで育てちゃえば 老後が楽になるんだよ。 いきなり老後の話かよ。 ハワイ貯金 早くたまるといいね。 うん。 お互い 仕事頑張ろうね。 どうした? うん? 別に…。(大・眞子)いってきまーす! はーい いってらっしゃーい! いたずらしちゃダメよ。 うふふ…。 あ そうだ。 お母さん 今日もパートで遅くなるからね。 やったぁ! じゃあ 今夜もカレーだ! 行こっか。 いってきます。 いってきまーす! はい いってらっしゃーい! いってらっしゃい! こま。 こま。 ま ま ま… まり。 まり? まり? り。 り? りす。 す… すずめ。 (男性)いや~ こりゃあ ひでえや。 (女性)犬よ あそこんちの犬よ。 絶対そうよ。 だから 言ったのよ こんな事になる前に…。 (物音) やっぱ おかしい…。 すいません。 内科の堀田先生はいますか? お待ちください。 堀田先生は 今日は 午後からになっておりますが。 ああ そうですか…。 すいません。 ちょっと 検査を受けたいんですけど。 「経営陣は責任を取れ!」 (組合員たち)責任を取れ! (野崎)窪田さんを 説得出来なかったっていう事か。 すいませんでした。 それが お前にとって どういう意味があるか わかってるよな? もう一度… もう一度 チャンスをください。 あのなぁ…。 僕だって 今 会社クビになるわけには いかないんです。 お願いします! (ドアの開閉音) 大丈夫! 店長 まだ来てないから。 ああ よかった。 大丈夫? なんか 顔色悪い。 えっ? ああ… 大丈夫。 あっ 来た!ただいま。 スカイ 公園行こう。 スカイ? スカイ! ありがとうございました。 堀田君。(携帯電話の振動音) どうしたの? 検査 受けに来たんだって? うん。 (携帯電話の振動音) (携帯電話の振動音) どうしよう。 動物病院。 森元町 行った事ある。そうやって連れ出せばいい ってもんじゃないんだからね! あと2つだからね。 我慢してね。 いいよ 1人で。 お前のクビがかかってるんだ 黙ってられるか。 ありがとう。 ≫(男性)俺たちは引かないぞ! どうするんだよ 窪田さん たぶん 組合をたきつけてるぞ。 ≫(男性)経営陣と戦うぞ! ≫(男性)不当解雇を撤回させろ! (組合員)誰がなんと言おうと 絶対に撤回は出来ない! (組合員たち)そうだ! (組合員たちの罵声) (机をたたく音) 窪田さん あなた 自分が何を言ってるか わかってるんですか! (組合員)見損なったぞ! (組合員)無責任な事 言うな! (窪田)まあまあ まあまあ…! 落ちつけ! 落ちつけって。 頼む! お前たちの気持ちは よーくわかる。 だけどな 今回だけは 要求を取り下げてくれないか? (組合員)何言ってるんだ! (組合員)どういう事ですか! 我々は あなたのために…! すまん! そうですか。 やっぱり そういう事ですか。 えっ? あっさり リストラに応じた時から なんか おかしいなと 思ってましたよ。 退職金を早くもらうために 会社と取引してるんですか? いやいや それは違うよ。 自分だけがよければ 俺たちは どうでもいいんですか? (組合員)俺たちは やめないぞ! (組合員) 自分だけ助かればいいのか! おい… もう出よう。 (組合員たちの罵声) ああ そうだよ。 俺はな 自分だけよけりゃ いいんだよ。 自分だけが かわいいんだよ。 でも お前らだってそうだろ。 違うか? 違うかよ? いいか よく考えろ。 今はな 会社が利益を上げて それを社員に還元しない そういう時代じゃねえんだ。 そういう経営陣だったらよ 戦う意義もあった。 意味もあったよ。 だけどな 悲しいかな 今は会社の金庫は空っぽだ。 会社に同情して どうするんですか! 我々は そういう事を招いた 経営陣に対して 責任を取れと言ってるんですよ! このとおりだ。 やめてください! おい…。 (窪田)本郷…。 もういいですから こんな事やめてください。 いや だって お前よ…。 お前 人事部の…。 (組合員)何しに来たんだ! 帰れ 帰れ! すいませんでした! この件を治めないと クビにすると上司に言われ 自分の身を守りたい一心で 窪田さんにお願いを…。 本郷…! すいませんでした!(奈良橋宗一)どうぞ。 行こう。 (奈良橋)君は…。 (奈良橋)どうして捨てた! ここに集められた犬たちはな 炭酸ガスで殺される。 おい。 大丈夫だよ スカイ よしよしよし。 大丈夫だよ ねっ。 大丈夫だよ。 (奈良橋)道端で草を食べたり 噛んだりしなかったか? 犬はな そういうのを食べて わざと吐いて 胃の中を掃除する習性があるんだ。 よし もう大丈夫だぞ スカイ。 よし ほら もう心配ないぞ。 1人で来たのか? お父さんは会社で お母さんはパートで お兄ちゃんは… わかんないです。 そうか。 ありがとうございました。 ああ。 何円ですか? うん? お金 持ってきました。 (奈良橋) 君に抱かれて安心してるんだ。 君は スカイのお母さんに なったんだ。 はい。ああ そう。 お世話になりました。 よしよし よしよしよし。 (アナウンス)「次は終点 坂口車庫前 坂口車庫前」 「ご乗車ありがとうございました」 「お忘れ物ないよう ご注意ください」 間違えちゃった。 ここ どこ? (携帯電話が落ちる音) あっ…。 (携帯電話の操作音) (電話) (留守番電話) 「ただ今 留守にしております」 (携帯電話の操作音) (呼び出し音) ただいま。 眞子?今日も お母ちゃん 遅いんじゃなかったの? 眞子は? いないよ。 えっ? (大)スカイもいない。 どこまで散歩行ったのよ。 大丈夫だよ スカイ。 こっちから来たんだから こっちに歩けばいいんだよ。 とにかく ちょっと そのへん捜してきて! 了解! (携帯電話の操作音) (畑山芳子)眞子ちゃん? いらしてないけど。 ねえ なんで? ママ なんで? シーッ! そうですか。 どうかなさったの? いえ 別に。 失礼しました。 静香 ピアノのお稽古でしょ。 早く支度しなさい。 ねえ なんで? だから 犬は飼いません。 何度も言わせないで。 パパが動物大嫌いなの 知ってるでしょ。 どうした? 疲れちゃった? ちょっとよろしいかしら? 皆さん 自治会室に 集まって頂いてますので。 娘が… 娘が帰ってこないんです! どうしよう… おうち どっち? スカイ? (男性)何食べるの? 俺は軟骨揚げ。 (中尾)軟骨揚げ。 マスター。 うん? ちょっと いいすか? これ。 ああ オーケー。 いいよ。 (チューニングする音) ♪♪~(ギター) 勇次…。 ♪♪~(ギター) ♪♪~(ギター) (携帯電話の振動音) (呼び出し音) (大)お母ちゃん! どうだった? どこにもいない。 どこ行っちゃったんだろう。 眞子! 眞子! 眞子ちゃん! 眞子! (大)眞子! 眞子! あんた あの子に なんか きつい事言ったんじゃないのか? えっ…。 言ったんじゃないの? 私は別に…。もうすぐ おうちだよ。 行こう。 (クラクション) (ブレーキ音) 眞子! 眞子! 眞子? 眞子! 眞子! 眞子? 眞子!! いた? いない。 (川島秀樹)おい 勇次 おい 勇次。 どういう心境の変化だよ。 ロックンロールだよ! ロックンロールかよ。 そうだよ。 ちょいちょいちょい…。 (携帯電話の振動音) 何 何? 電話 電話。 もしもし サチ? えっ…。 眞子ちゃーん! 眞子ちゃん! あっちに行きましょうか。 眞子ちゃーん! 眞子ちゃーん! すいません。 普段行きそうなところは 全部見てきました。 もしかしたら 事故…? それとも 誘拐? (海老原)こりゃ 早く警察に! ユウちゃん。 父ちゃん。 見つからないのか? 眞子…? (すすり泣き) 眞子! 眞子! (泣き声) どこ行ってたんだよ。 スカイが… スカイがいない…。 手 離しちゃったの。 どこか行っちゃったの。 (泣き声)手 離しちゃったの。 ごめんね 電話気づけなくて。 スカイの事 迷子にしちゃったの。 大丈夫だから。 お父さん あとで捜しに行くから。 なんで 1人で 動物病院なんか行ったんだよ。 お母さんだもん。 私 スカイのお母さんだもん! 眞子…。 ≫(犬の鳴き声) シーッ。 ≫(犬の鳴き声) ≫(犬の鳴き声) (鳴き声) スカイ。(鳴き声) 〈初めて スカイの声を聞きました〉スカイ! ごめんね。 ごめんね。 ごめんね…。 ごめんね。スカイ ごめんね。 ごめんね。 よかったね スカイ。 〈でも この日は これで終わりでは なかったのです〉 みんなに話がある。 実は今日 会社 辞めてきた。 えっ? どうしても 我慢出来ない事があって。 嘘… どういう事? ごめん。 父ちゃん クビ? いや そうじゃない。 自分から辞めてきた。 どうすんのよ? これからのうちの生活 どうすんのよ! なんとかする。 家族4人くらい 俺が…。 4人と1匹。 5人よ! 5人に… なる。 えっ? 今日 病院で検査行ってきた。 えっ…。 4か月。 赤ちゃん 出来た。 弟? 妹? 知るか! やった…。 えっ? (大)あーっ! あーっ! あーっ! アチッ…。 あ~ どうするの? どうするの…。 もう どうするのよ! 〈お母さんは爆発して カレーは焦げてしまいました〉 どうするのよ! もう一人 出来ちゃいました。 (3人)バンザーイ! なんで あんな高いカード 何枚も何枚も持ってるの? じゃあ 買ってくれるのかよ。 買えるわけないだろ こんな高いもの! 毎日毎日 金の心配して パート行って それで満足してるのか?