唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享养狗这件事09日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(本郷眞子)〈ねえ スカイ〉 〈君は その時 どんな事を思っていたの?〉 あと もうちょっとだ。 (本郷 大) 眞子 急がないと遅刻するぞ。 〈楽しかった事?〉 〈嬉しかった事?〉 〈面白かった事?〉 (本郷勇次)よいしょ。 どうなの? (本郷幸子)やっぱり まだだった。 心配いらないって。 もう生まれんのかと思った。 ごめん。 お騒がせしました。 ユウちゃん仕事だよね? うん。 でも大丈夫? 一人で帰れる? 歩ける? 大丈夫だって。 ほら いってらっしゃい。 ありがとう。 じゃあね。 頑張ってね。 うん。 〈ねえ スカイ〉 〈君は その時 何を見ていたの?〉 ただいま~。 スカイ お散歩行けそうかな? スカイ? スカイ! スカイ? スカーイ。 スカイ! スカイ…? スカイ? スカイ…? スカイ どうした? スカイ…! (奥村照雄)よーし 頼む。 はい。 頑張って。 頑張るのよ。 (児童)おはよう! (児童)おはよう! (児童)おはよう! (児童)おはよう! (安住由紀子)では 手続きがありますので 職員室で。 (畑山芳子)はい。 静香 待ってなさい。 (児童)あっ 畑山。 (畑山静香)何よ。 お前の親父の会社 潰れたんだって? 親父 仕事なくなっちゃったんだろ? 食ってけねーじゃん! そんな事ないよ。 お父さんは頑張るんだよ いつだって。 静香ちゃんのお父さんだって 頑張るよ。 お父さんって すっごい頑張るんだから。 行こうぜ。 私 遠くに行くの。 え…? だから… お別れよ。 でも お引っ越しは まだ少し先なの。 そう…。 だから その前に…。 遊んであげる。 うん! おたくの犬とも遊んであげる。 うん。 約束だよ? うん! 先生…! (ドアが開く音) (奈良橋宗一)人によって 考え方はさまざまだ。 だが私は ペットごときになんて 誰にも言わせない。 家族を呼びなさい。 眞子 早く! (由紀子)本郷くん くれぐれも車には気をつけてね。 はい。 お兄ちゃん…。 走るぞ。 (奥村)次 南側だ。 すぐいけるか? はい! 毎日きついけど頑張ってくれな。 まだ人手不足でな。 大丈夫です。 ≫(男性)本郷くん! はい。 君の携帯に さっきから何度も…。 すいません。 (奥村)どうした? (奥村)本郷。 なんかあったのか? いえ… 大丈夫です。 すいません。 すいません。 スカイは? スカイは…!? 眞子。 今 診て頂いてるから。 父ちゃんは? 治るよね? また しゅりゅつすれば 治るよね? (ドアが開く音) 入りなさい。 スカイ…。 頑張って…。 スカイ…。 帰って ご飯とお薬が済んだら お散歩だよ。 大くん。 スカイ…。 スカイ…! スカイ…。 スカイ…。 ありがとな…。 ありがとね…。 お疲れ様でした。 (奥村)お疲れ。 明日 草本町ビルに朝9時で。 おう。 失礼します。 (男性)お疲れっした。 失礼します。 彼 いいっすね。 だろ? (携帯電話) もしもし サチ? (勇次の声)犬はな うちでは飼えないな。 団地だし。 (勇次の声) お母さんに相談してみるか。 うん! (勇次の声)何? ゆっくり食え。 ゆっくり食え。 (勇次の声)ただいま~! (眞子の声)おかえり スカイ! おかえり! (眞子の声) 私から お願いしてもいい? スカイをくださいって。 (眞子の声) 「やめて」って スカイが。 (勇次の声)おぉ こっち来い! スカイちゃん! よいしょ。 かわいいなぁ。 (大の声)聞きたい! (眞子の声)聞きたい! (勇次の声) じゃあ 俺の大切な家族に。 ユウちゃん…。 おかえり。 スカイが…。 スカイが…。 おかえり。 大 何してんだ? 奈良橋先生が教えてくれた。 父ちゃん。 うん? お線香 わかる? え? ああ…。 あっ そこの棚の…。 ああ いい いい。 (すすり泣き) 眞子。 (すすり泣き) (すすり泣き) 今夜は お通夜だね。 うん。 (大)色々 奈良橋先生が教えてくれた。 そっか…。 お母ちゃんも聞いてたけど なんかダメっぽかったみたい。 そうだな…。 いつもは 強いのに…。 先生が 安くて ペットを火葬してくれるとこ 教えてくれた。 連絡先 書いた。 そっか…。 わりと 近いとこみたい。 うん。 あとは 父ちゃん やるから。 頑張ったな 大。 えらかったぞ。 ありがとうな。 (泣き声) ≫(大)眞子 行くぞ。 ありがとうございました。 永代供養って どういう意味? スカイのお骨を ここでずっと 大切に預かってくれて。 これから先 スカイのお墓参りにくる時は ここに来ればいいって事。 明日 来る。 いいよ。 お父さん 仕事だよね? うん…。 じゃあ 行くわ。 いってらっしゃい。 いってらっしゃい。 はい。 じゃあ いってきます。 気をつけてね。 うん! (大)あっ…! 奈良橋先生。 どうも。 (奈良橋) ご主人 土曜日もお仕事ですか? ここんとこ ほとんど休みなしで…。 覚悟は なさっていた事と思います。 なんだか まだ 現実じゃないみたいで…。 ペットロスという言葉 ご存じですか? 聞いた事は…。 大切なペットを失くしたご家族に 落ち込むなというのも 無理な話です。 今日 ご主人 お戻りは? たぶん 6時ぐらいだと。 そうか…。 よし! 大くん 眞子ちゃん。 君たちにも 手伝ってもらうぞ! お願いします。 おう サンキュー。 おい 本郷! 本当っすか? ああ やったよ! これから もっと忙しくなるぞ。 はい。 よし。 ただいま! ねえ サチ! 聞いて! (窪田松夫)おう 勇次! 勇次! お前さ どう思うよ? え? 肉のない すき焼きだぞ? お前。 はい? あのさ 肉のないすき焼きは どう思うかって聞いてるんだよ! いやいや あり得ないっすよ。 あり得ないだろ? なあ。 俺も そう思うんだよ。 もう… そんな事より ねえ サチ! サチ? (奈良橋)おかえり。 おかえり~ 早かったね。 あっ サチ 聞いて聞いて。 俺な…。 (窪田)おい ちょっと奈良橋さん。 何 空焚きやってんだよ。 いいから あんたは 黙って見てて。 黙ってらんねえから 言ってるんだろうがよ。 大体がよ え? すき焼きなのに なんで 肉使わねえわけ? それの了見がわからねえ…。 なんだよ? なんだよ? お父さん ほら 手を洗って手伝って。 ちょっと サチ 俺ね。 もう 早く! お兄ちゃん。 上手い上手い上手い 大。 (チャイム) おっ! 来た来た! (中尾啓介)ハイ 先生! ビール アンド バーボン! (川島秀樹)子供たちは ジュース! マスター。 おう…! 奈良橋さん特製の すき焼きだっていうからさ。 さあさあ あがって あがって。 お邪魔します。 お邪魔しま~す! 納得いかねえなぁ…。 だから いいから! 納得いかねえぇ~! ほんとにさぁ…。 見ててくださいよ ちょっとね。 (窪田)なんなの これ? しょう油汁か これ? おい! ありがとうございます。 すき焼きだろ? すき焼きで なんで肉がないんだよ 肉がさ! そう思わないか? マスター。 肉 ねえんだよ。 ああ… はい。 何 考えてんだよ。 マスター マスター! ちょっと この人 黙らせて。 なんでだよ? (中尾)窪田さん! これが 肉をさ… どうせいっちゅうんだ? じいじ 落ち着きましょうよ。 じいじ? いやさ 最近さ うちの店で酔っ払うと 自分で自分の事 「じいじ」っつってる。 ああ そう。 お兄さん ちょっと それ持ってきて。 (川島)はい はい。 これっすか? それ それ。 奈良橋さん これ なんすか? 知らないの? 鱧だよ 鱧! 鱧!? ああ! はーい! どいてどいて 道開けて! お野菜ですよ~。 はーい お豆腐です。 はい すいません。 はーい! えーっと… なんだっけ? (奈良橋)松茸だよ 松茸! 松茸!? へえー。 お前ら 見た事なかったっけ? 俺 何年ぶりだろう? イエース! ミー トゥ。 さあ 今日のすき焼きは 夏の終わりの鱧と 秋の始まりの松茸の 出会いと競演。 名づけて 鱧 松茸すき焼きだぁ~! (大)イエーイ! (拍手) (一同)おおー! さあ さあ さあ さあ 各々方 卵は溶いたかな? (一同)はーい! だけど お前 食材は高級かもしれないけどさ 肉 ねえんだもん… 肉 ねえんだもんなぁ…。 まだ言ってる。 よーし まずは じいじの口から 黙らせますからね。 ちょっと貸してくださいね。 鱧と松茸と…。 とりあえず これをいってみてください。 鱧と松茸 一緒にどうぞ。 一緒に。 (窪田)一緒に食うの? ほらーっ! (一同の笑い声) ね? ね? よし みんなもいけ~っ! いただきま~す! はい いただきます。 (奈良橋)一緒に…。 美味しい! (川島)うん 美味しい! 美味しい。 (大)美味しい! 先生 グッジョブ! ありがとうございます。 いいでしょ? このコラボはね。 いいね こういう暮らしも。 羨ましいよ。 まあ 俺にはさ 無理だけどね。 だろうな。 おい! (奈良橋)コラーッ お前ら! お前らも ガンガン飲む! ガンガン! もう。 飲んで暴れろ バカヤロー。 あっ…! コラッ また…。 (一同)あ…! ちょっと 何やってるの!? (一同)あっ! (大)3秒ルール。 しまった…。 なんなんだかなぁ…。 あんなにかわいく 大事にされてたっていうのにな。 じいじ。 窪田さん。 お前よ… お前さ なんなんだよ お前! かかってこいよ かかって。 よう。 いつものように 俺に おい 吠えてこいよ。 俺がよ 頑張ってよ 今度 会ったら 逃げないでよ 頭なでようと思ってたんだ 俺は。 そう思ってたんだぞ 俺…。 ん? こんな いい家族に囲まれてよ。 いい家族に拾われたなあ スカイは。 いや 違います 違います。 (窪田)え? 拾われたのは こっちですから。 (窪田)ん? 俺ら家族を… こいつが拾ってくれたんですよ。 ありがとう。 なんか カミさんの死んだ時よりも 泣けちゃうな おい。 …って 馬鹿野郎! じいじ 飲みましょうよ! おう! ね! 暴れないで飲みましょう! 発表します! 本日 わたくし 取締役に就任致しました。 えぇっ!? え… お父さんが? おい ユージ すげえなあ! 社長? いや まさか。 いや でも すごいじゃない。 取締役でしょ? おい 代表権 あんのかい? ああ… ないっす。 お給料 たくさんもらえるの? そうでもない。 え~ よくわかんない…。 (幸子・眞子)ねえ~! そんな事より 父ちゃんの会社 スカイツリーの… スカイツリーの お掃除の仕事の契約… 取ってきました。 (一同)へえ~! スカイツリーのお掃除? うん。 そうだよ。 12月にスカイツリーが完成したら それと同時に仕事始めだね。 かっけえ~! ずるい! ん? それ… 私の夢なのに。 そっか。 そうか そうか。 じゃあ 父ちゃん頑張って 今の会社でっかくして で 眞子が大人になったら 社長にしてやる。 スカイツリーのお掃除の会社の 社長だよ。 ね? うん! (窪田)おい 大。 お前も 眞子社長に使ってもらえよ。 え~! でも 俺はいいや。 掃除とか 苦手だし。 フフフ そうだね~。 じゃあ お前 何になりたいの? 夢とかあんの? …ある。 大 何になりてえんだ? 言ってみろ。 獣医さん。 ん? 獣医さんか。 初めて聞いた。 だって… 最近決めたから。 そうか… そうか。 スカイみたいな子 みーんな治してやる。 ましゃる…! 抱きしめる…! 俺は お前を抱きしめるーっ! ちょっと やばいって! この人 飲みすぎ! ちょっと じいじ! じいじ! (鳴き声) はい。 あっ ありがとう。 みんな酔いつぶれちゃった。 みんな すごかったね。 (大)みんな飲みすぎ。 大 眞子。 残ってる食器 持ってきて。 (大・眞子)はーい。 みんな スカイのために 集まってくれたね。 おかげで あれだね。 ん? 気が紛れたね。 (大)はーい 母ちゃん。 はーい ありがとう。 そこ置いといて。 ここでいいよね? いいよ。 おお~。 大丈夫? はい。 あっ ありがとう。 お父さん? 俺たちはさ… スカイの事 忘れたいわけじゃないよね。 うん。 あったりまえじゃん。 絶対 忘れない。 だったらさ これから先… 気を紛らわそうとか 考えないようにしようとか そういうの… やめない? 何かを失ったら… 失った事を悲しむんじゃなくて そこから 目 そらすんじゃなくてさ。 大事なのは それが 自分たちにとって どれだけ大切だったか… いつも 普通に… 普通にさ 思っていられる事 なんじゃないかな。 話 しよう。 いつだって 思いっきり… スカイの話 しよう。 うん! しよう。 しよう。 (大)しよう。 しよう! スカイの話 いっぱい いっぱい! しよう! 静香ちゃん…。 スカイね… 死んじゃったの。 ごめんね。 嘘よ! そんなの嘘よ! ごめんね。 静香ちゃんも いつか 犬 飼えるといいね。 (泣き声) ≪これ この間の内訳なんですが。 (奥村)はいはい。 社長 これ 備品リストなんですけど…。 はいよ。 これ オッケー。 精算お願いします。 あっ はーい。 あっ 社長。 田ノ岡ビルさんからの入金って まだですか? お願いしますね。 もう 期日過ぎてますからって。 はい。 結構… カミさん きついな~。 いや あれでも… かなり丸くなったんですけどね。 あれで? はい。 すいませーん! どうも 遅くなりました! ちょっと あんた どういうつもり!? 遅番の出勤時間は午後3時! 今 何時よ? 昨日も おとといも遅刻して! 今度 遅刻したら…! うっ いった…! ユウちゃん! ん? きた! 誰が? 陣痛! ええーっ! いててて…。 タクシー… タクシー呼ぼう。 いいよ もったいない。 (大)父ちゃん! ああ 大! 何? どうしたの? 母ちゃん 陣痛! お前 ちょっとタクシー呼べ タクシー。 ヘイ タクシー! (ブレーキ音) (堀田克彦)サッちゃん どうした? 堀田くん…。 痛い 痛い 痛い 痛い 痛い…! 大丈夫? 大丈夫? サチ サチ すぐだから。 すぐ着くから! すっげえ! かっけえ! 3丁目の 寺岡産婦人科でいいんだよね? うん…! おっちゃん お金持ち? おっちゃん!? 大 おとなしくしてろ! 我慢… 我慢だぞ。 頑張って 頑張って。 うわ~お! ちょっと…! 行っけ~ ぶっ飛ばせ~! こ~ら~! ああああ~! 何 何 何 何 何 何!? ああ~ 頭… 頭が出てきた! ええ~っ! えっ! 飛ばして! ぶっ飛ばしてよ もう! …ください! ぶっ飛ばしてください! (たたく音) (堀田)痛い 痛い! 早く 早く 出して! (大)お父ちゃん 少し落ち着けば? 座ってれば? (堀田)出産には 立ち会われないんですか? え? 最近の主流ですよ。 いや 無理 無理 無理 無理…。 おんなじねえ~。 あんたも あんたも 生まれる前は お父ちゃん ああだったんだから。 ねえ~! (一同の笑い) 尊敬します。 その若さで…。 実は僕 高校時代 ずーっと片思いだったんです。 サッちゃんに。 はい? いやいや なんでもないです。 ≫(赤ちゃんの泣き声) (看護師)どいて どいて! ほら ほら ほら! ≫(赤ちゃんの泣き声) コングラッチュレーション! それじゃ 僕はこれで。 …ども。 (堀田)おめでとう。 え…? 双子? ダブル女の子。 女…。 えっ ダブル…。 すごーい! …聞いてない。 実は… 前からわかってたんだけど なんか 言い出しづらくって…。 なんで? だって これからは なんでも二倍かかるよ。 やった…。 やった。 二倍 頑張れる。 お疲れ。 〈ねえ スカイ… 聞きたい事があるの〉 〈君は うちの子になってよかった?〉 〈よかったに決まってるよね〉 〈私だって うちの子に生まれて すご~くよかったの〉 あーっ! ハワイ! (店員)あ~ 残念! 5等はティッシュでーす。 はい どうぞ~。 ありがとうございました! またよろしくお願いしまーす。 (店員)はい 続いての方 どうぞ~。 ハワイ…。 さあ ご家族で 1人だけ参加出来ます。 まだ 1等ハワイ旅行 出てませんよ~! さあ ハワイ 出るでしょうか~! (大・幸子・眞子)せーの…。 (4人)ガラポンじゃんけん じゃんけんぽい! よし! (大・眞子)うわ~。 大丈夫。 大丈夫 大丈夫。 絶対獲ってくる。 お父さん。 お父さん 頑張って! (眞子・大) ハワイ! ハワイ! ハワイ…! (店員)残念! 白玉は5等ティッシュでーす! はい どうぞ~。 お父さ~ん! ごめん ごめ~ん。 白じゃん! わかるよ。 ごめん! 赤出れば… ねえ ハワイだったんですけど。 〈ハワイは… 当分 無理みたいです〉 〈じゃあね!〉 〈またね…〉 〈スカイ!〉