唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享黄金之猪05日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(茶々) 君に 彼女について 調べてもらいたい。 (明珍) いや しかし どうして 堤 芯子を。 それを君に話す必要はない。 今 内閣への決算報告期。 それが終われば人事異動の季節だ。 よろしく頼むよ。 (堤 啄子) いい食べっぷりだね 作りがいがあるね。 (堤みぞれ) いいわぁ~。 (堤 芯子) 何だよ 朝から宴会かい。 よっこらしょ。 (工藤 優) すみません おかわり。 ねぇねぇねぇ 次の休みさぁ 一緒に遊園地 行かない? タダ券もらったの お客さんから。 ナンパかい? 違うってば ジェットコースター 乗りたいんだけど 1人で乗るの怖いから。 はい はい はい 気にしなくていいからね。 ちょっと! 芯子姉も 一緒に行くんだよ。 はぁ? あ いいですね 芯子さんも一緒に行きましょ。 (啄子) いいね 若い人は うらやましいね。 だから 私は行くわけないでしょ 痛い。 希望を捨てるんじゃないよ。 捨てるんじゃないよ。 え? これ 資料 足りないよ! (角松一郎) 金田 老人ホームと 警察署の報告書 まとまったか? (金田) あと少しです。 遅いぞ 工藤! 7月8月の適正分 再チェックしろ。 あれ? 9時前じゃ。 今日から内閣への報告書まとめだ。 自発的 早朝勤務は当たり前だろ ぼやぼやすんな! はい。 (明珍) 番号を調べていただけますか? 東京の『城南リサーチ』という 会社なんですが。 (オペレーター) お調べいたしましたが 『城南リサーチ』では ご登録がございません。 えっ。 おい このコピー 曲がってるぞ。 読めりゃいいんでしょ 読めりゃ。 お前 しかも ここは逆さで とじてる! あんたが逆さになりゃ読める。 あぁ 俺がか? うん。 できるか お前 そんなこと。 ヘヘっ。 お前 この豚の落書き 何だ これ。 これね ワンポイント 癒やし系 癒やし系。 公文書に落書きするな! お前 もう全部 作り直せ。 もういい お前は もういい! 何 何。 補佐 事務の派遣 回してくれませんか? あぁ お茶なら大丈夫だからね ハハハ。 は? 補佐。 どうしたんすかね 補佐。 朝から ずっと あんな感じ。 あぁ! 今度は 何だ! 小学校の耐震工事費 僕と芯子さんが入る前にやってた 調査ですか? あれ? あれ!? この小学校さ 子供が60人しかいないよ。 なのに 全教室 800名分の改修をしてる。 6億円もかけて。 ホントだな 見落としか? よし お前らで この学校 仕事の前に見て来い。 あ~! ちょっと待った。 仕事前ってさ 朝イチ? 報告書の作成が優先だ! チッ チッ。 何だよ 朝っぱらから ラジオ体操って。 あぁ もう目まいして来た。 懐かしいな 皆勤賞で鉛筆とか もらえるんですよね。 ♪~ 『ラジオ体操第1』 ♪~ でも 何で夏休みでもないのに ♪~ ラジオ体操なんだろ。 ♪~ (花村) よ~し はんこ押すぞ! (花村) よっ。 (マルオ) お~。 (花村) ハハハ。 偉いぞ マルオ もうすぐ皆勤賞だ! ハハハ。 (子供達) すごいじゃん。 ん? (子供達) ん? 夏休み中のラジオ体操の 欠席した分を 取り戻したいと 言い出した子がいましてね。 あの はんこを押されてた子ですか? ええ マルオっていうんです。 両親が離婚してましてね 父親のほうに引き取られたんです。 それが原因かどうか 不登校気味で 友達とも遊ばなくなったり。 (芯子の声) そんな子が どうして? (花村の声) きっと ノートが 欲しいんじゃないでしょうか。 欠席分を取り戻したい っていって来た時に 「皆勤賞は もらえるのか」って 念を押されましてね。 ノートって そんなもの 買ってもらえばいいのに。 夏休みの終わり頃でしょうか マルオの父親が勤め先を リストラされたようで。 リストラ。 はい。 あんな子供が父親に 気を使ってるんですか! なんと けなげな。 そういうのはね 「けなげ」っていうんじゃなくて 「かわいげがねえ」っつうんだよ。 はい? アハハ すみません。 この人 朝が苦手で 聞き流してください。 ところで 耐震工事の件なんですが 生徒数60人なのに なぜ 全校舎を対象に? あぁ そのことでしたか。 いや 実は私も全体の改修は 不必要だと思うんですが 何しろ 工事の決定権は 学校ではなくて 教育管理委員会にあるんです。 教育管理委員会? 教育管理委員会は 学校の施設 文化 スポーツ すべてに権限を持つ組織です。 会長が その親玉。 会長の錦です。 どうも。 花村校長とは大学が一緒でね 昔は朝まで 教育論を語り合ったもんです。 ハハハ。 楡の木小学校の工事を 指示したのは錦会長だそうですが。 あそこは都心の谷間 統廃合するにも 子供達に遠距離通学を させるわけにもいかない。 子供の命を守ることが優先でしょ。 なるほど では 一応 資料を頂いて。 ねぇ この「のびのび体操」って何? アッハッハ。 今あるラジオ体操とは別に 新しい体操を つくることになりましてね。 新しい体操? 最近の子供達は 体力が衰えてますからな。 健康促進のために 子供達が もっと楽しんで 参加できるものにしようって そういうことなんです。 これは? のびのびくんです。 子供達から募集しました いい名前でしょ! のびのびと 元気のポーズ! ハッハッハ。 これ もらっていい? あ まだサンプルですけど 広報用グッズ一式 どうぞ。 ぜひ 宣伝してください。 ヘッヘッヘ。 お前 こんなもんもらって来て どうすんだ。 だって あまりにも 金ぴかだから。 あぁ? ねぇ あの子のカードはさ あんなにボロボロだったのにね。 確かに豪華ですよね。 あれ? のびのび体操協会。 聞いたことないな。 ラジオ体操協会とは別に 新しい団体をつくるんですかね。 ねぇ その協会もさ 税金でつくってんの? ああ こういった団体は 政府の公益法人といってな 国から多額の補助金が 流れ込む仕組みになってんだ。 ねぇ このカード1枚作るのにさ いくら? さぁ 100円ぐらいか。 ふ~ん ねぇ じゃあ全国の小学生は何人? え~と 719万人。 ふ~ん。 あ。 7億円か。 ん~? 欲のにおいがする。 すべての官庁 公共の機関 施設 団体は 我々の税金で賄われている つまり おう 久しぶり 留守電聞いたよ。 部下の 身上調査をしたいんだって? あぁ 以前 勤めていた会社は倒産。 経営者は行方知れず。 厚生年金は記録漏れ扱いで。 この ご時世 不自然とは言い切れないが やってみるよ。 よろしく頼む。 お~い お前ら2人 どこ行くんだ。 ん~ のびのびと~ 刑事のポーズ。 そんなポーズなかったろ。 お前 大体 学校とか先生とか 嫌いじゃなかったのか? もうさ 化けの皮 はがしてやろうかなと思って。 お前 コピー取るのが めんどいだけだろ。 ん~ もう そうやって 何でもかんでも お見通しなんだから。 今日は これ アザラシのネクタイだから 毎回 騙されるか お前に。 主任 行かせてください。 先送りしたら 正式に協会が 設立してしまいます。 報告書は必ず仕上げますから。 やるなら とことんやれよ。 はい。 (金田) いいんですか? どうせ あの女はコピーもできない 好きにやらしとけ。 俺も手が空いたら参加するぞ って顔してますけど。 さぁ 報告書 仕上げるぞ。 1人しかいませんね。 えっ? えっ? 芯子さん。 あっ あの~ おそれいります。 私 『青空生命保険』と 申しますけれども。 はい? こちらの方々に とってもピッタリな 保険がありまして ご説明にまいりました 錦会長からのご紹介で伺いました。 えっ? 錦さんからの? あ~ 素敵なスカーフですね。 えっ? そう? 芯子さん これ 騙しじゃないですか? さすがに マズイんじゃ。 ガン見してんじゃん。 あれ? 理事長は空欄だ。 まだ 決まってないのかなぁ。 頭から調べるよ。 はい。 あの男が元校長 去年 定年退職してます。 靴の底が すり減ってる。 金のにおいは しないね。 あの女性も引退した教職者です。 白髪染めなし 化粧っけなし。 金のにおいもせず ですね。 あの男は 元オリンピック選手です。 ありがちだね。 (みぞれ) へぇ~ じゃあ その理事達からは 全く 商売っけを感じないんだ。 そっ 単なる 老後の生きがいって感じ。 (マリリン) このカード印刷した会社の 営業部長 私のお客だった。 へぇ~。 えっ? (マリリン) この「P」ってマーク プリントした会社なの。 ラジオ体操のカードも作ってた。 (梅ちゃん) あぁ。 でも 結構ワルだったな~。 へぇ~。 あの印刷屋からたどれば 何か分かるかも。 ちょっと お店に聞いてみる。 マリリン 子供いっからね。 子供を商売に利用されるの 許せないんだよね。 子供? あの人ね シングルマザーなの。 えっ? 今日 予約入ってるって 来るみたい。 (マリリン) どうする? この店 3人で いくらかかんだよ。 お前が払ってくれるんだろうな。 いや そこは経費で何とか。 落ちねえよ お前 落ちなかったら 割り勘だからな。 割り勘だからな。 で どいつが その営業なんだ? あっ え~と あっ あの男です。 レイカ お前 まだだったな ハハハ。 あれ? 教育管理委員会の錦会長です。 あっ? 会長 のびのび体操協会は 公益認定を受けられますか? 全く問題なしなし。 協会設立の暁には ぜひぜひ 私どもに 印刷全般 お願いいたします。 ≪指導員派遣の 資格認定試験は ぜひ うちに≫ ≪広告は もちろん すべて 私どもに≫ (錦) おいおい 私は理事長じゃないよ。 ハハハ! こういう大事なことは 教育界のトップである 会長に お決めいただかないと。 うまいね うまいね この野郎。 じゃあ 締めは いつもの 「のびのび体操」で行きますか? 何ですか? あれ 指導員のおにいさんですかね? あれで 全国の学校 回って 振り付けを教えるんだろう。 さぁ 皆さん やってまいりました 行きますよ~ せ~の。 のびのびと~ 元気のポーズ。 はい。 のびのびと~ 元気のポーズ。 のびのびと~ 元気のポーズ。 こりゃ ひと晩で100万円コースだな。 (ノック) はい。 補佐 例の「のびのび体操」ですが。 えっ 調査してたの? ぶら下がり業者達が 錦に 新しい団体をつくらせ 大金を儲けようとしてるんです。 どういうこと? どうやって儲けるの? まず 719万人の児童に配る このカードの印刷代だけで 毎年7億円。 2万3000の小学校に配る ガイドブックやしおり CD DVD。 それと この着ぐるみも。 体操のおにいさんを 全国に派遣するでしょうし。 全部合わせると 毎年膨大な金額が 業者に落ちることになります。 彼らが狙っているのは この新しい団体に落ちる予定の 補助金 約100億円。 詐欺だね。 すぐに 裏を取ります。 何とか 内閣の報告に この案件も入れましょう。 ああ。 よし 行こう。 詐欺って。 あんたもでしょ。 また出た のびのびくん。 行ってみますか せ~の のびのびと~。 何か 見つけないとヤバイぞ 何か 見つけないと。 ここの払い マジで自腹になるぞ! じゃあ のびのびくん しっかり会長をお送りするんだぞ。 あら~ のびのびくんに 付き人まで やらしてんだ。 あれ? あれ わいろ? でも 受け取ってるのが のびのびくんじゃ バイト代っていう可能性も。 ありがとうございました。 あれ? ん? いや 錦会長の自宅は 世田谷なんですよ。 あれじゃ 遠回りなんじゃ。 追いましょう。 何だよ この野郎。 すいませんでした すいません。 ホント すいません。 この野郎。 はぁ。 (梅ちゃん) 着ぐるみと一緒に帰った? えっ 何? それ。 でも そういう接待って 不正の対象になるの? なる その見返りは 税金を使った発注だからな。 ただ 接待の場合は金のやりとりが 残らないから難しい。 ねっ? 明日 何時にする? えっ? 忘れないでよ 遊園地。 遊園地? 何だ? それ。 優くんと芯子姉と私と3人で 遊園地 行くの。 お前ら 休みだからって こんな時に 何考えてんだ。 私も一緒に行きたい。 私も! 子供 連れて行っていい? だから 行かないって 柄じゃないんだから。 何いってんの? こんな時こそ 気分変えてパ~っと遊んだほうが いいアイデアも浮かぶって。 浮かぶ~。 ねっ 金田っち。 できる男は オンとオフか。 金田。 金田さんも乗り気だし じゃあ6人で行きますか。 わ~ 行く~! 6人? じゃあ 明日 何時にします? (金田) 俺は何時でもいいぞ。 (みぞれ) よ~し 今日は子供に 帰って 思いっきり遊ぶぞ~。 おい いきなり ジェットコースターに乗るってのはどうだ? つうか ジェットコースターじゃ アヤカちゃんが乗れないじゃん。 (アヤカ) 乗れない 乗れない。 ごめんねぇ 気づかなくて。 おにいちゃんが 高い高いしてあげようね。 うわ~ん。 ごめん ごめん。 あ~ ごめんなさいね 少し離れててもらえるかな。 ねっ あれ乗らない? あれ。 あっ そうね。 なぜだ? なぜ今 俺は ここにいる。 いや 待て待て待て 俺は騙されたんだぞ。 結婚式直前に逃げられた あの屈辱を思い出せ。 フフフ。 ダサっ。 はっ? 何? 私服 ダサダサ 相変わらずだな。 ダサ ダサいか? いや 暖色系でまとめ。 フフフ。 おい ちょっと待て お前 今 「相変わらず」っていったか? じゃあ あの時から そう思ってたのか? あの時からダサいって 思ってたのか? あの時? いや あの時 あん時 あん時。 アントキの猪木! しゃあっ この野郎~! やるのか この野郎~ おい。 元気ですか~! 元気があれば 何でもできる。 主任。 死ぬまで やってろ。 やんのか おい やんのか おい! (啄子) 分かった 分かった じゃあ これサービス。 わぁ ありがとう 嬉しい。 (啄子) これで私と同じ お肌ピッチピチだよ~。 ありがとうございました。 おっ いらっしゃい 今日はね 白菜がお薦めですよ。 寒くなって来るとね 鍋が一番。 私 芯子さんの上司で 明珍と申します。 (マリリン) アヤカ~! あれ? どうした? いや あの子 楡の木小学校の ラジオ体操の子ですよ。 あ~ 例の それが どうした。 いや 何で こんな所にいるのかな~って。 いや 遊びに来てんだろ。 1人でですか? それは そういうこともあるだろう。 ねぇ この入場料でさ ノート何冊 買えんの? (花村) ((両親が離婚してましてね 父親のほうに 引き取られたんです)) ((夏休みの終わり頃でしょうか マルオの父親が勤め先を リストラされたようで)) どっかから お金を盗んで来たとか 落ちてた財布を届けずに ネコババしたとか。 ネコババ? ネコババって何? まさか そりゃ ないだろ。 ん? でも ちょっと気になるな。 マルオくん。 僕のこと覚えてる? おじさん達はね 君の小学校の校長先生の 知り合いなんだけども ここで1人で何してるの? 1人じゃ ない。 じゃあ 誰と来てるの? お母さん。 (マルオの母親) どうしたの? あ おかあさんですか? はい。 この子が何か? あ いや お子さんが 1人だったものですから てっきり迷子かと思いまして。 (マルオの母親) あっ どうもすいません 行こう。 母親と来てたんですね。 ああ。 お母さんと一緒にいたこと 誰にもいわないで。 約束だよ。 (マルオの母親) どうしたの~? (マルオ) どうもしてないよ。 でも あれですね 遊園地に連れて来てくれる 母親なら 頼めば ノートぐらい 買ってもらえるんじゃ ないですかね。 まぁ 普通は頼むわな。 あんたの普通って何? 何? 父親には 母親に会ってることは内緒 母親には ノートも買えないことを内緒。 それが あの子の普通なんだよ 普通なんてね 人それぞれなんだよ。 (明珍) おかあ様 芯子さんは以前 何を? あぁ そうでした そうでした。 あのねぇ 以前 あっ 小学生の頃の話なんですけどね それが また傑作。 (明珍) おかあ様。 芯子は 幼稚園の頃から 何も変わっちゃいませんよ。 今も 昔も あのまんまの子です。 つまり それは 根っからの。 芯子さんは 以前 賞罰にかかわるようなことを? 人間って 天気みたいに コロコロ変わっちまいますよね。 お恥ずかしい話ですけど 私は何も変わらない芯子を 時々 嬉しく思うことが あるんですよ。 ひと様に ご迷惑ばっかりかけて 決して 自慢できる娘じゃ ない。 でもね 根っこの部分は 1mmだってブレちゃいない。 弱い者いじめする奴を許さない。 大人になっても 金をもてあそぶ奴 弱い人間を力で 無理やり ねじ伏せようとする奴ら。 娘が憎むのは そういう人間です。 まっ それも親の欲目 フフ。 バカな娘ですけど。 芯子のこと 何とぞ よろしくお願いいたします。 お~ 豆。 どした? ん? 近くまで来たものだから。 「ラジオ体操第1」 よ~い! (明珍) 何やってんだ あの子。 ねぇ 君 何してんの? 誰もいないでしょ? 雨の日は 休みだよ? (明珍) ちょっと ねぇ! 大丈夫? 大丈夫? ちょっと。 えっ 大丈夫? (花村) この 雨の中 来てるなんて。 いや もしやと思って 少し早めに 家は出てみたんですが。 (マルオの父親) マルオは マルオは大丈夫なんですか? 雨の中 倒れたんですよ! 風邪で熱があるのに。 どうして そんなことを。 (マルオの父親) そうだったんですか。 こんな無理しなくても ノートぐらい 買ってやれるのに。 はい そうしてあげてください。 ほっとけば? 何いってんの? こんな子供に このまま無理させたら。 子供じゃないんだよ こいつは もう。 少なくとも 気持は。 私にだって いろいろあって。 言い訳。 おい。 今までだって 見てなかったんだろ? だったら これからも 見てないフリしてやんなよ。 父親に 気ぃ使って 母親にも 気ぃ使って。 こいつの頑張りを 父親面して無駄にすんな。 (明珍) すみません! 堤君! いくら何でも あれは言い過ぎだろう。 あ あの。 すいません 今 謝罪しに。 いえ 今日いらっしゃったのは 何か 私に 話があったからじゃないかと。 あ そうだ 忘れてた。 錦ってさぁ あんたの後輩? はい。 どんな奴? 子供思いの 立派な教育者でした。 でした? 人の金で飲み食いすることが 普通な人間? いえ。 少なくとも 私が知る限り。 そう。 失礼します。 人間は変わる。 権力とは そういうものです。 人が かしずいてくれる快感に おぼれ いつの間にか腐ってく。 私は そういう人を たくさん見て来た。 バカらしい。 勉強できる奴は これだからな。 えぇ? 分かったようなこといって 自分で自分に言い訳しながら 人を裏切る。 最低だな。 あいつ また来た。 ひい ふう みい。 飛んでく 俺の諭吉が飛んでくぞ! 「女子」? ん~? 女!? のびのびくんが? 体操のおにいさんが おねえさん? ってことは。 お持ち帰りってこと? だとすると。 行き先は 業者が用意した隠れ家か。 隠れ家と女を与えてたってわけだ。 たぶんね 女は 毎回 違う女。 こないだ見た着ぐるみは 右利き。 今日 見たのは 左利き。 私達が どんな思いで 子供を小学校に通わせてると 思ってんのよ! 許せない そんな奴が 教育管理委員会の会長なんて。 さっき 妙な話を聞いて。 錦がマルオくんを 宣伝に使うとか 何とか。 えっ? 錦が マルオの皆勤賞の賞品を のびのびくんの ぬいぐるみに 変更するようにいって来ました。 「のびのび体操」の団体が 認定されたってことですか? ええ マルオの話をしたら ちょうどいいから 授賞式ということで マスコミを呼んで 公益認定の発表と のびのびくんの お披露目の場にしたいと。 ちょうどいい? ノートは? もらえなくなったんだって 代わりに ぬいぐるみ。 いらないよ ノートが欲しかった。 マルオ 我慢してくれないか? いらないよ! 学校で決まったことなんだ! 校長先生の言うことを 聞きなさい! (花村) マルオ! マルオ! マルオくん! 校長 いいんですか? はぁ ご心配なく。 後で よく いって聞かせますから。 何だ それ。 そうじゃないだろ こんなこと 無理やり押しつけて そんな権利 あんたにあんの? あの子のためだけじゃ ない 応援してくれた友達の気持も あんた自身の気持も全部 ゴミ箱に捨てるつもり? 逆らえないんです。 錦から 理事長就任を打診されました。 私も 来年は定年。 子供は まだ大学生。 住宅ローンも まだ残っています。 フッ。 笑えるね。 笑える。 最高だよ。 銀色のワゴン 手配して。 え? おい 何やってんだ? おい! お前 何やってんだ? 何だ? これ。 芯子さん まさか すり替わるつもりですか? 何? いくら お前でも それはマズイぞ! お持ち帰りした のびのびくんと 何すんのか確認するには これしかないの! 何いってんだ お前! 気をつけろよ。 痛っ。 どっか行こうよ。 無理しないでくださいね。 今日も よろしく頼むぞ。 (錦) 今日も酔っちゃったよ よし 今度はな。 金田 後 よろしく頼む。 前の車 追ってください。 お前 田舎のかあちゃん 泣いてっぞ! あっ。 (カメラのシャッター音) どうしましょう このままじゃ 芯子さん。 止めよう! 止めましょう! クソ! 何階だ? ヘヘヘっ! 君に いいものあげよう。 純金の のびのびくん。 世界で 私と君しか持ってない プレミアものだ。 その金と一緒に持って帰りなさい。 かわいい へへっ。 痛っ! こらこら 何のつもりだ。 分かってんだろ! 止まった! 8階だ! 世の中とは そういうものでございます! どの部屋だ!? 何なんだ! お前! もう いいよ! 帰れ! もう! シッ シッ! おい。 あ~。 大丈夫か? 805号室 ここの名義 調べといて。 あっ はい。 お前 どうやって切り抜けた? っていうか 中で何あった? あげる。 あ? 何だ? これ。 おい! おい! あっ! あっ! (せき払い) あの いかがなされましたか? 昨日の あれは何だ? 何か 粗相でも? 粗相も何も 女じゃなくて男だったぞ! え!? ハハハ。 いやいや マルオくんの件 受けていただいて ありがとうございました。 退職後は のびのび体操協会のことを よろしくお願いしますよ。 はい。 では こちらに。 何だ? 君達は。 式典の前に のびのび体操協会の 会計処理について お伺いしたいことがあります。 は? これは 協会の設立準備金 100億円のうち すでに使われた費用の一覧表です。 どういうことだね? (金田) 作曲料に3000万円。 これは モーツァルトにでも 依頼したんでしょうか? それとも ベートーベンですか? 何だ その つまらん冗談は。 全国の小学校に配られる曲だぞ。 それぐらいの額は当たり前だ。 でしたら これ 体操の研究費用に 3億円は かかり過ぎではありませんか? 世界の体操を調査し 科学的な分析もしている。 子供達の健康のための 当然の経費だよ。 そうですか じゃ 毎晩のように 関係業者から受けていた 盛大な接待も。 私が何をしたっていう ん? 接待など 誰でも受けてる。 わいろを もらったというわけでも あるまいし 新しい体操の打ち合わせを兼ねた 会合だよ ねぇ~ ハハハ! じゃあ その場にいた あのナイスバディーも 子供達のため? のびのびと~ 元気なポーズ! (錦) ハッ! 昨日の女のコも 似たような格好してましてね。 もっと開けちゃう? やめろ~! ここは学校だぞ! (錦) 下品極まりない! 何の話だ 貴様ら 名誉棄損で訴えるぞ! 黙れ! この接待バカボンが! 何が教育だ 権力とエロの快感におぼれて! 言い掛かりだ 証拠でもあんのか! それと これ プレミアなんでしょう? 世界で あんたと私しか 持ってないっていう。 昨日のあれ お前!? ま~だ シラを切るんだったら あそこにいるマスコミ連中に 教えてあげてもいいんだよ。 『アバリス』っていうクラブの ホステスは み~んな このプレミアを持ってんだよって。 あ~ あんたに触られたお尻がさ ま~だ ムズムズすんだよね。 ったく ヤダな~。 あのクラブでの飲食代。 1回 約100万円。 週3回 ひと月で? 1200万円。 かける のびのび体操協会 設立準備が始まってからの。 8か月で 9600万円。 プラス お持ち帰りの のびのびくんの中身の ナイスバディー代金。 10万円。 かける 週3回 8か月で? 960万円。 プラス のびのびくんの中身を お持ち帰りしたマンション 805号室。 名義は 『パシフィック印刷』のものでした。 1か月分の家賃 42万円。 敷金 礼金 入れて。 10か月分 420万円。 ぜ~んぶ ゴチされたあんたに 教えてあげるよ。 締めて 1億とんで980万円 きっちり 黄金の豚に お返しいただきます! 金 返せ。 こんなもの 1つ つぶしたところで何になる!? 公益法人ってのはな 8000もあるんだ! いいか 8000だぞ! やるなら全部つぶせ! 全部! でなきゃな ゾンビと同じだぞ! 次々と復活するだけだ~! あぁ。 ≪会長!≫ ≪会長!≫ ♪~ 『ラジオ体操第1』 ♪~ マルオ。 (マルオ) はい。 よく頑張ったな マルオ。 皆勤賞 賞品だよ。 校長先生は大丈夫なの? ああ。 ごめん 校長先生 間違ってた。 ノート ゲット! ほら 見て! ほら! ≪おぉ~!≫ 参ったな 終わんねえぞ! これじゃ。 だからって お持ち帰りはダメですよ~。 うまいこというね 工藤君。 お前 ふざけんじゃねえぞ この野郎! とっととやれ! とっとと! 主任 この領収書 どうします? どれだ? これか。 お前 補佐に 相談するっきゃねえだろ これ。 補佐 どこ行った? (茶々) 堤 芯子に問題はなかった。 そういうことか? ええ 経歴に疑わしいところは 何も。 そっか。 分かった なら いい。 失礼します。 君。 気をつけなさいよ。 (久留米) 明珍補佐。 あぁ! (久留米) ハハハ。 乗りませんか? はっ。 (久留米) さぁ どうぞ。 豆が出世ね。 ええ ついに課長にね。 しかも 金融企画庁へ栄転だ。 栄転か。 ちょっと待ってください。 それじゃ ここから いなくなるってことですか? いや 私も正直 悩んだんだけどね 内閣府の担当大臣が 私の手腕を 買いたいといってくれてね こんな光栄なことはないし。 いや 補佐がいなくなったら 誰が。 補佐 いや 課長 おめでとうございます。 課長 おめでとうございます。 うん ありがとう。 頑張ってね! おめでとさん。 ≪お疲れさまでした≫ (明珍) ありがとう。 お疲れさまでした! でも 明珍補佐を見たのは それが最後だった Truth lies at the bottom of a well 深く 見えない闇が すぐ そこに 忍び寄ろうとしていた