唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享那些赚奖金的女人们04日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多
(着信音)
(春)もしかして ママ?
(井坂黎)もしもし 茜?
ざけんじゃないよ~!
(茜)げっ!
何で お姉ちゃんが出るの。
切らないで。 切ったら殺す。はぁ はぁ…。
何やってるのよ
春ちゃん ほったらかして。
ごめん。
借金は何?
ちゃんと説明しなさいよ。
どんだけ尻拭いしてると
思ってんの?
子供の頃から ほんとに もうっ!
ごめん ごめん。
ぜ~んぜん反省してない。
高校のときだって そう。
(回想 茜)((待って!
このあと どっか行かない?))
((うそ…。))
私が好きなの わかってて
告白したでしょ!
そんな話 今 持ち出す?
何でも ひとのもの欲しがって
そのくせ すぐに飽きちゃって
放り出して
後始末は!?
私!
はぁ~。 あれ どうしたのよ?
エンドレスレジェンドの
変身ライト!
ふふっ…。
お姉ちゃん 執念深いね~。
宝物だったんだよ!
泣いて欲しがったから あげたけど
すぐに なくしたでしょ!
あれは…。
言い訳できないでしょう。
なくしたのは 事実なんだから。
お姉ちゃん
事実は真実じゃないんだよ。
はぁ?
真実は
目に見えないのかもしれない。
パン!
パン!何すんのよ!
あぁ~!
最初に ぶったの
お姉ちゃんでしょ!んもぉ~~!
何してんのよ
ちょっと放しなさい!
痛ててて… ばかばか ばか!
お姉ちゃんぶって!
あぁ~ 痛い痛い 痛い…。
あんた いいかげんにしな…。
あぁ~?
パン!
もうっ!や~だ。
(和美)一平の班が8人でしょ。
春ちゃんが8人だから… 16枚。
(鈴木真知子)雑巾なんて
各家庭で用意するんじゃないが?
みんな 忙しいみたいでさ
私が全部やってあげてんの。
(本村純)
和美さんだって忙しいのに~。
まあ 私は誰かさんとは違って
家事は得意だから。
針仕事ぐらいできるよ。
考えごとしてたの。
言い訳。
茜が夢に出てきてさ
意味深なこと言うのよ。
真実は…。
先輩
他人の夢の話って
いっちばん つまんないんですけど。
じゃあ いいよ。 次 どれやるの?
まだ終わってないでしょ。
違う。
バウンティハントのターゲット!
あぁ~
今回こそ賞金ゲットしないとね。
簡単なの ないが?
簡単だったら
賞金 懸かんないです。
じゃあ
思い切り 気の弱そ~な犯人。
怖いの やだよね~。
ねえねえ ほな この人とか。
(一同)ははははっ…。
連続バラバラ殺人事件の
犯人ですけど。
忘れてください。
何で こんなに安いの?
賞金50万円だって。
これ 私的懸賞金だ。
私的?
うん。 警察じゃなくて
個人が懸けたやつ。
個人だと50万って大金だよね。
もしかしたら簡単かもしれません。
(和美・真知子)えっ!?
1カ月前に練馬で起きた
リサイクルショップの火事なんですけど
遺族は放火じゃないかって
疑ってます。
…ってことは 警察は事件性がない
って判断してるわけだ。
はい。 でも 経営者の吉田徹さんが
亡くなってるんですけど
その数カ月前に銀行から
全財産 下ろしてるんです。
…って いくら?
1,000万ちょっと。
(黎・和美・真知子)わぁ~!
そのお金が消えてるんですよね。
焼けてしもたんじゃなくて?
遺族も警察に
確認したらしいんですけど
お金が燃えた形跡は
ありませんでした。
…って つまり?
吉田さんが下ろした
1,000万を狙って
誰かが… 放火した!
はぁ~。
遺族は そう見てます。
えっ 遺族って奥さん?
吉田さんは60歳 独身
子供なし バツも付いてません。
遺骨は弟さんが引き取ってます。
う~ん。
今回のミッションは
放火犯を捜せってことね。
ただの火事っちゅう
可能性もある。
でも 1,000万の謎は残る。
ミステリアスで
ドキドキしません?
とりあえず 調べてみるか。
りょ~かい!
よしっ 終わったぁ~。
私も~。
はい 完了。
ちょっと待って
話しながら できないよ~。
あぁ~ まあ いいや。
えぇ~ それを入れて
2 4 6 8 10…
13 14 15 16。
よしっ!1,500円ゲットだ。
はぁ?
あっ!いや…。
ほぉ~ 1枚100円ねぇ。
あぁ~。
400円。
う~ん… これはさ 50円!
これ 20円でしょ。
うっそ。 20円なわけない… これ。正義は金になる。(信二)バウンティハンター?
はい。 事件解決に有力な情報を…。
まあ とにかく真相が わかれば
何でもいいのですが。
あっ…。
あの 徹さんの交友関係は?
親しくされてた方とか
逆にトラブルがあったりとか。
あぁ… お恥ずかしい話なんですが
わからないんです。
もう 20年以上
疎遠になっていました。
ただ やはり ふに落ちないのは
兄が1,000万円もの大金を
なぜ…?
兄の金を狙った
何者かがいるに違いない。
その人物が…。(和美)
跡形もなくなっちゃうんだ~。
(和美)あっ すいません。
権藤は ただいま
外出しておりまして…。
そうですか。
それじゃあ また 伺います。
まあ いても
どうせ当てになんないか。
(寺島)あなたは…
確か 妹さんを捜されてた。
そうです。 事件性がないって
捜査してもらえませんでした。
でも 妹が近所から
電話してきたんです。
ご無事が わかって
何よりです。 では。
あっ 待ってください。
この事件について
教えてください。
私的懸賞金が懸かってますが
事件では ありませんね。
放火殺人の疑いが
あるんじゃないですか?
担当じゃないので
詳しくは わかりませんが
ちゃんと捜査して 事件性はないと
判断しているはずです。
でも ここを見てください。
≫ほらほら
本庁のエリート刑事さんのお手を
煩わせるんじゃないよ。
(権藤)申し訳ありません。
この件は所轄の生活安全課が
引き受けますんで。
失礼します。 ほら。
ちょ… ちょ…
私 あの刑事さんと話してんの。
(権藤)はいはい はい。
今度は私的懸賞金にまで
手 出したか。
勝手でしょ。
無理筋だぞ。
やってみないと
わかんないじゃない。
科捜研… 科学捜査研究所も
徹底的に調べてるはずだ。
ご忠告 ありがとうございます。
手伝ってやろうか。
えぇ~!
あぁ~ 報酬は ちゃんと もらうぜ。
賞金ゲットできたらね。
はっ!
はっ!
あの~ ちょっと すいません。
リサイクルショップヨシダ
ご存じですか?
えっ?
んんっ。
リサイクルショップヨシダです。
何?
(大きな声で)
あそこの角にあったお店
リサイクルショップ ヨ シ ダ!
あぁ あぁ あぁ~…
知らん。
はぁ~。
あの~ ちょっと聞きたいことが…。
あっ ちょうど良かった。
選手が1人足りないの。
打って…。
えっ えっ えっ。
そろいましたよ~。
久々にやったら
おもしかったわぁ。
その格好で?
誰に会うか わからんがいね。
普通にやったほうが
見過ごされますって。
あっ そっか~。 はははっ…。
茜さんのこと?
う~ん。 何で慌てて逃げたんだろ。
それよりも 何で近所におるのかが
わからんわぁ。
…って?失踪するときは
その土地から
一刻も早く離れた~て
もう一生戻りたない
って思うはずねんけど。
失踪者の実感ですね。
まあ また
連絡くるんじゃないんですか?
うん…。 あっ
で 火事の件 何か わかった?
亡くなった吉田さん 近所の評判
めちゃくちゃ悪かったです。
自転車で走ってきた高校生の頭を
いきなり ゴン!って殴ったり
売り物のバッグに傷が付いてる
って言った客を
文句があるなら新品が売ってる
店に行け!って追い出したり。
偏屈おじさんってやつ。
気 使って ゲートボールに誘ったがに
うん~ ひとのこと だらにして。
怒っとる人 多かったわぁ。
近所の誰かが放火した可能性
ありますよね!
そ~お? よっぽどのことがないと
火 つけたりしないよね?
最近は 短絡的な人が多いさけ。
もっと調べんと だっちゃかんわ。
わかった!
いたいた いた…!
放火犯?
違う 女。 吉田さんの女よ。
吉田さんって独身だったよね?
若い女が
お店に出入りしてたらしいの。
近所の人も お客さんか
取引先かと思ってたんだけど
都心でデートしてるのを
目撃した人がいるの!
若いって どのぐらい?
24~25って感じ。
私が話を聞いた人は
みんな毛嫌いしてたけどな~。
で 誰なのよ?
まだ そこまで わかんない。
その女 まともな つきあいじゃ
ないわいね。
恋人かも。 今の若い人って
かなり上でも大丈夫ですよ!
自分が若い子の代表みたいな
口利かないの!
私は そうですって
言えばいいんですか!?
そうそう。
偏屈おばさん。
何か言った?
偏屈おやじ!
私は趣味じゃないですけど
ちゃんと恋愛してても
おかしくないですよ。
でも 変じゃない?
何が?
だって その女のこと
純ちゃんも真知子さんも
キャッチできなかったわけでしょ?
うん まあ 悔しいけど。
じゃなくて
吉田さんが亡くなったら
消えてる。
(3人)あぁ~。
少なくとも葬儀には出るでしょ。
でも 弟さんからも その女のこと
ひと言も出ないなんて…。
怪しすぎるわ。
パチンッ!
決まりだ。 その女が
計画的に吉田さんに近づき
銀行から金を下ろさせ
放火して 殺した。
金を奪ったら
殺す必要ないでしょ?
口封じのためだよ!
あぁ 相当な悪女やね。
その女が鍵を握ってるのは
間違いないですね。
ねえ リサイクルショップヨシダって
従業員いなかったの?
あっ 1人いたらしい。 でも
そいつの行方も わかってない。
2人はグルやね。
引き続き調査します。
あぁ こんな所で のらりくらり
しとっても しかたないわ!
よっしゃ!
…んあっ!お店。
言ってなかったっけ?
今日 私 だめだから。
えぇ~!
もう慣れたでしょ?
小料理屋の女将も。
もぉ~
お客さん 来なきゃいいのに。
何言ってんの!春ちゃんを
食べさせていかなきゃでしょ。
では いってまいります。
賞金 当てになんないしなぁ~。
はっ…。
1人だぁ…。
はい。
いただきます。
おいしい?
おばちゃんが作ったの?
うん これはね。
こつこつ頑張って。
は~い。
あぁ あれから電話… ないよね?
うん。
ふぅ~。
≪(戸の開閉音)
(大岩)いいですか?
あっ どうぞ どうぞ。
こんばんは~。
こんばんは。
今夜は 静かですね。
これから ず~っと静かだと
いいんですけど。
(大岩)あぁ すいません。
入るとき 落としたんですが。
あっ 全然 大丈夫ですよ。
熱かんで いいですか?
ええ お願いします。
あっ お食事は?
(大岩)あっ お酒だけで。
先生 いつも お酒だけです。
何か召し上がりながら
飲まれたほうが
いいんじゃないですか?
(大岩)あぁ~ いや でも…。
(春)売り上げに協力してください。
(大岩)あぁ~ そうだね。
それじゃ 何か おすすめを。
(春)これは
やめたほうが いいと思います。
(大岩)あっ じゃあ えぇ~
それ以外で何か見繕って。
は~い。
ちっ。
先生は奥様が亡くなられてから
1人暮らしなんですか?
ええ。
寂しくありません?
(大岩)いや~ 気楽なもんです。
たまに 女房の小言が
恋しくなるとき ありますけど。
愛されてたんですね。
あぁ~
頭が上がりませんでしたね。
ふ~ん。
(八百八)わんばんこ!あははっ。
あっ 先生 春ちゃん
どうも どうも どうも。
いや~ 今日も働いた。
実に よく働いた。
とりあえずビール!
って自分で取れってね。 へへっ。
えぇ~ とりあえず… あれ?
(大岩)いつも楽しいお酒ですね。
(八百八)
うるさくして すいませんね。
(春)自覚してるなら
静かに すればいいのに。
(八百八)
春ちゃんに怒られちゃった。
(春)芳子おばちゃんと
一緒のときは 静かなのにね。
(八百八)えっ?
そりゃ だって 金… ん…
握られてるからね。
金!?
金… 庫!金庫だよ。 おう。
お金を握ってる人のことをね
金庫番っていうんだよ。
金庫なんて持ってんですかぁ。
もちろん。
えぇ?
銀行に預けるんじゃなくて?
(八百八)そりゃ 預けるけど
商売やってると現金がいるでしょ?
ふ~ん。
うちも上にあるよ。
ほんと!?
(春)はい。
何が入ってんの?
ママがいなくなって
開けようとしたんだけど
番号わからなくて。
ふ~ん。
ピッ ピッ ピッ ピッ
んっ!
ここの住所とか電話番号とか
ママの誕生日とか やってみたけど
違った。
う~ん 他に4桁って
何があったっけ~。
おばちゃんは何にしてるの?
ふふっ。
いい国 作ろう鎌倉幕府。
はっ?
学校で習わなかった?
鎌倉幕府の成立は1185年だよ。
いいくに!1192年でしょ~。
違う。
えぇ~ 絶対合ってるって。
忘れてないもん これだけは。
絶対忘れてない。 絶対合ってる。
「源頼朝が朝廷から
全国統治を許された1185年」って
書いてあるでしょ?
はぁ… 超ショック~。
「源頼朝が朝廷から」…。
中身が気になるんだけど。
「1185年」…。
えっ!?
従業員 今でも来てるんですか?
ああ 別の店で
働いてるけど
うちの飯 気に入ってくれててね。
待たせてもらっても
いいですか?
いいよ。 注文は?
あぁ… えぇ~
あっ
おなか 空いてないんですけど。
椅子1個 占領して
待つんでしょ?
はい… はい。
えぇ~ あの…
うんと じゃあ…
えぇ~っと
お新香。
で 2時間 粘ったけど…。
100円のお香香で?
節約できるとこは しないと!
結局 従業員は現れず…。
空振りですか…。
ふふふっ…。
そうでもないんだなぁ。
もう もったいぶらずに言えば?
吉田さん その従業員と一緒に
婚活パーティーに行ってたって
常連の証言!
婚活パーティー?
吉田さん 結婚したかったんやわ。
寂しかったんやと思うわぁ。
どうでしょう?
どういう意味?
出会い系みたいな使い方する人
多いらしいですよ。
出会い系?
手っとり早く
異性と知り合えますからね。
結婚する人とのエッチの相性って
重要じゃないですか。
まあね。
だから
試してみようよ
って イケメンが言ったら
入れぐいらしいですよ。
吉田さんは
偏屈じゃなくて エロおやじ?
かも~。
逆も ありかもね。
うん?
結婚できない
金持ちおじさんたちを狙う
ハンター系女子!
それや!
吉田さん ハントするつもりが
ハントされて
全財産 取られて放火された…。
どっちもどっちやわ。
自業自得やわ。
ほんとかどうか確かめなきゃ。
じゃあ 黎さん純ちゃん お願いね。
えぇ?
潜入するしかないでしょ
婚活パーティー。
面白そう!ねえ 先輩。
私も行きたいげんけど
やめとくわ。
うん。 ちょっと きついかも。
和美さん…。
和美さん?
はい。
潜入するのは いいんだけどさ
その女の 顔も名前もわかんないで
どうやって捜すの?
その手の女は 大抵ブランド好きで
派手な格好してんじゃないの~?
茶髪やわ 茶髪。
縦巻きでねぇ~。
高~く盛っとるんやわ。
何かイメージが貧困。
とにかく
行ったら何か わかるでしょ。
犬も歩けば棒に当たる ですよ。
ふ~ん わかった。
先輩 ついでにいい人
見つけちゃいましょ。
もう しつこ~い!大きなお世話。
なっ…。
いい人 いい人~。 ふぅ~。
いい人… いるかな?パ~オ!
先ぱ~い。
あぁ~~~!
純ちゃん
いきなり入ってこないでよ。
先輩… 何やってんですか?
でも何か 超~かっこいい。
スーパー張り切ってるじゃないですか!
わざわざ 買っちゃって。
違う。 前から持ってたの。
そんなの 見たことないですよ~。
純ちゃんの前で着たことないだけ。
ふ~ん。
大体 純ちゃんだって これ見て…。
≪(春)おばちゃん。
春ちゃん。 誤解しないでよ。
値札。
うん? えっ!
婚活 頑張ってね。
仕事だからね!
何よ? 何よ。
先輩 イキり過ぎですよ。
やめてよ。何か 偏ってない?
若い男性いないよね。
これは 50歳以上限定の
パーティーなんです。
女性は年齢問わず。
そうなんだ。
そっか 吉田さんも60歳だし。
他にも お医者さん限定とか
バツイチ限定とか。
ふ~ん。
こういう所で知り合って ほんとに
結婚する人っているんだね。
まあ 合理的かもしれませんね。
お互い結婚したいっていうのは
わかってるわけだし。
(司会者)では これよりフリータイムに
入らせていただきます。
意中のお相手が いらっしゃる方は
積極的にアピールしてください。
これって どうすればいいの?
とりあえず
アピールするみたいですよ。
何か
手がかりが見つかればいいけど…。
≪(足音)
(男性)どうも はじめまして。
はじめまして…。
じゃあ 先輩 頑張ってください。
私 他 当たります。
えっ ちょちょ ちょ…。
パーティーは 初めてですか?
はい。
(男性)あまり
慣れておられないようですが。
≪きゃっ!
あぁ~。
君!一体 どこに目を。
すみません。 私
ぼ~っとしてて。
いいえ… あの
お気になさらずに。
(由美)どうしましょう。
染みになってしまったら。
(男性)
いえ ほんとに大丈夫ですから。
(由美)でも
こんなに ぬれてしまってますし。
(男性)大丈夫です。 すぐ乾きます。
(由美)申し訳ありません。
こんにちは~。
いらっしゃ…。
来てるよ。
えぇ!?
カマールといいます。
バングラデシュ人です。
(和美)あぁ…
ショウユ トカ~ カケナイノ?
大丈夫です。
吉田さんって
どういう人だった?
吉田さん
とてもいい人でした。
近所の評判は
悪かったみたいだけど。
いい人です!
けちで すぐ怒るって。
間違ったことは 許さない。
ものを大事にする
そういう人です。
ちゃりんこの高校生
いきなり殴ったって。
夜なのに ライト
つけてなかったから。
(和美)あぁ~。 ひとが出したごみ
勝手に開けたり。
(カマール)ちゃんと
分別しない人も多いので。
(和美)婚活パーティーに
行きまくってたっていうのは?
吉田さんが行ったのは
1回だけです。
それも 僕のためです。
どういうこと?
僕
こう見えても
シャイなんです。
あぁ…。
(カマール)そんなんじゃ
いつまでも独身だぞ!って。
あぁ… そうなんだ。
僕 スーツ持ってなくて
言ったら買ってくれました。
えぇ~!?
そのパーティーで吉田さん
カップル成立したんだ。
よく知ってますね。
イェ~イ。
相手の女性のこと 教えてくれる?
ご飯 もう1杯
おごってくれますか?
(和美)
また出費かよ。 ご飯 もう1杯!
(外国語で)
はぁ?
あぁ~ 収穫なしは 疲れるなぁ~。
婚活パーティーって 東京で1日に
何十件も開かれてるみたいですよ。
1つ目で
めげてる場合じゃないです。
そうなんだけど~。
私も めげそうだけど。
でしょ? 何かいい方法ないのかな。
でも 悔しいな。
何が?
名札に 23歳CAって
書いてたでしょ?
絶対うそだって サクラ呼ばわり。
CAは
まだまだ モテるってことでしょ。
先輩も家事手伝い なんて書かずに
CAで通せば良かったのに。
CAに未練なし。
年齢も ごまかせたのに。
35歳の何がいけないのよ。
うわ~ 変顔して。 そんな変顔…。
女の写真 ゲットした!
どこで?
カマールからもらった!赤外線!
(純・黎)カマール?
わかったのは 下の名前だけ。
キョウコだって。
カマールって誰?
吉田さん
かなり入れ込んでたみたい。
そのキョウコが 吉田さんを唆して
お金を下ろさせ
証拠隠滅に火をつけた。
間違いないよ。
これだけ?
そう。
黎さんなら
顔 判別できるんじゃない?
カマールって誰ですか?
インド人。
インド人?
いや 違ったかな。
えっと 何か聞いたことある名前。
ブータン!
う~ん 知らない。
スリランカ!
どこでもいいじゃない…。
だって 気になります!
ちょっと待って!このネイル!これ
もしかして優子さんがやった?
(優子)違います。
先輩 映画やテレビみたいに
うまいこと いきませんって。
うん…。
どこのお店でやったか
わかったり…
しないよね。
ごめんなさい。
いえいえ。 はぁ…。
≫(権藤)抱きしめて
≫お国訛りで 歌うのさ
西の空見て 呼んでみる
遠く優しい…
(ひとみ)ありがと。
ねっ 1杯飲んでかない?
わぁ~ 頂く ありがとう。
ズンドコ 健太
ズンズンズン ズンドコ ひとみ
何? あれ。
(ひとみ)はい。
は~い ありがとう。
[スピーカ]
ひとみ~!
(ひとみ)ふふふっ。
ははははっ。 いやぁ~。
う~まそ!いただきます。
ねえ 晩ご飯とか作ってくれる人
いないの~?
えっ? うちに作りにくるか?
だ~れが。
いやぁ~ 実にいいよ 焼き魚。
あんたが食べると知らずに
愛情込めて焼きましたから。
嫉妬深いタイプか?
何でよ。
焼き過ぎ。
そういえば
火事の件 どうなった?
(権藤)
焼き魚から火事のこと思い出すか。
やっぱり あれは
ただの火事だった。
ちゃ~んと 調べてくれた~?
警察が出した結果が
ひっくり返ることはない。
もし ひっくり返ったら?
俺が賞金出してやるよ。
いくら?
100万。
聞いたよね? 証人だよ。
(佐久間)はい。
(権藤)じゃあ もし
放火じゃなかったら どうする?
う~ん… 晩ご飯 1週間分。
裸にエプロンサービス付きで。
ありえない キモい おえ~。
調べた。
出火元は1階の店舗部分。
たこ足配線がショートしたのが
原因で間違いない。
そういうのってさ
どうやって調べるの?
全部 燃えちゃってんのに。
一番 わかりやすいのは
どこが激しく燃えてるかだ。
で 燃えかすの成分を調べる。
燃え残ったものにもヒントがある。
燃え残ったもの?
鍋とかフライパンとか金属は
燃えないだろ。あっ… あの お店の焼け跡に
何か残ってませんでしたか?
前にも お話 したように
全て焼けてしまいました。
何でもいいんです。
例えば金属とか燃えないものは
残ってたはずです。
そうかもしれませんが
焼け跡の片づけは
全部 便利屋に
任せてしまいましたから。
あぁ…。
よし。
先輩 便利屋から
もらってきたものって… これ?
リサイクルショップヨシダの金庫。
中に1,000万円
入ってるかもしれないんだ。
どうだろう? 何か手がかりが
入ってるかもしれない。
あぁ もう!電話番号も違った。
番号 わからんが?
うん。
吉田さんに関係ありそうな数字を
試してみてるんだけど。
壊しちゃえば
いいんじゃないですか?
簡単に壊れたら金庫じゃないよ。
そっか。
あっ!4桁やさけ。
0000から9999まで
順番に試してみたらいいわいね。
だめだめ だめ。
そんなの いらいらする。
そっちが近道やって。
黎さんは気が短いからね~。
和美さんだって無理でしょ~。
まあね。
なら 金庫は私に任せっこっちゃ。
私たちは
婚活パーティー 行きましょ。
はぁ~ そっちも いらつくけど…
まあ しかたない。 手分けするか。
真知子さん お願いします。
はいよ!
ねえ 婚活パーティー
何十件もあるんでしょ?
当たれば
もうけもん精神でいくの?
パーティーは
常連が多いって聞きました。
由美だかキョウコだか
わかんないですけど
その女も吉田さんで味をしめて
同じ会場に来る可能性が高いです。
よし。 とりあえず行ってくるわ!
うん。 私は こつこつやっとるわ。
(和美)私は応援する。 よし…
フレー フレー…。
うるさい。いませんね。
参加者の方ですよね?
こちらで受け付け お願いします。
あっ はい。
こちらに ご記入お願いします。
公開できる範囲で構いません。こんなときにサバ読みですか。
いいから早く行くよ~。
(受付係)あっ すいません。
1人 遅れてらっしゃるので
少々お待ちください。
それって男性ですか?
あはっ… 残念ながら女性です。2397。
2398 ん…。
2399。
真知子さん 粘りますね~。
北陸の女やし。
はわわわっ…。もう!
2400。
これ以上 お待たせするのは
どうでしょう?
始めちゃいますか。
来ないんですかね?
うん…。
(マナーモード)もしもし。
えっ!? 開いたんですか?
そんなものが? 戻ります。
何が入ってたんですか?
純ちゃんは ここに残って。
ちょっと せ… 先輩。
気になるじゃないですか~。
(和美)番号は 6197だったよ。
何の番号か わかんないけど。
ねえ 入ってた日記は?
これや。
ピッ… ガチャ!
開いた。 何? これ。
こんなものしか入ってなかったよ。
((エンドレスレジェンドの
変身ライト。))
((ふふっ…。))
((宝物だったんだよ!))
((泣いて欲しがったから
あげたけど
すぐに なくしたでしょ!))
((あれは…。))
どうしたの?
うん? 何でもない。
日記 読んでみる?
うん。
「物を大事にしない奴。
他人の迷惑より
自分の利益を優先する奴…。
一歩 外に出れば
腹の立つことばかり。
しかし 5月18日。 この出会いでそんな私の人生は 一変した。
ワインをシャツに
こぼされた時は腹が立ったが
その後 彼女は誠心誠意
シャツの染みを
落とそうと奮闘してくれた」。
古典的な手口だね。
「5月24日
杏子と銀座を歩いた」。
(徹)「26日 店を終えてから
杏子と回転寿司を食べに行った。
28日 杏子が
財布を欲しがっていたので
店にあった若い女性向けのものを
プレゼントした」。
「杏子は
私の人生を豊かにしてくれる。
杏子は 私のことを
愛していると言ってくれた」。
(徹)「最初は
からかっているんだろうと思った。
周囲のみんなが言うように
私の財産が目当てかもしれない。
冗談めかして そう言うと
杏子は泣きながら否定した。
一生 一緒にいたいと言われた」。
(徹)「しかし 杏子は まだ若い。
私のような年寄りが相手では
気の毒だ。
私は
何を言われても かまわないが
杏子は
金目当てに年寄りに すり寄った
強欲な女だと思われるだろう。
何せ私も 一瞬とはいえ
そう思ったのだから。
少しでも疑った自分が
恥ずかしい」。
「7月1日 杏子の誕生日
夜景の見えるレストランで
食事をした。
7月5日
突然 杏子に別れを切り出された」。
(徹)「事情を聞けば 父親が
保証人となった借金が発覚した。
吉田さんに迷惑は かけられないと
杏子は そう言った」。
(和美)それって…。
(徹)「金とは こういうときの
ために使うものだ」。
「私は杏子に全財産を渡した」。(和美)えっ?
吉田さんが自分から渡したの?
「これで杏子の人生を救えるのなら
1,000万くらい惜しくはない」。
杏子の人生? 父親じゃなくて?
はぁ… これじゃ 殺す必要ないわ。
放火じゃなくて
たこ足配線のショート。
でも 結婚詐欺じゃないの?
立派な犯罪じゃん!
…とは限らんわいね。
何でよ?
父親の借金の話
本当かもしれんよ。
(和美)うそに決まってる。
せやけど
吉田さんが
彼女に お金を渡したのは事実。(茜)((事実は真実じゃないんだよ。))
(着信メロディー)もしもし 純ちゃん。
もしもし。 来ました。
間違いないの?
わかんないです。
でも ネイルは同じです。
純ちゃん もう いいわ。
火事 放火じゃなかってん。
えっ?
ただの結婚詐欺。
いや それも
確定じゃないねんけどね。
(和美)もう 早い話がさ 今回も
賞金 取りはぐれたってことよ。
もう おしまい おしまい。
ねっ 黎さん。
(茜)((真実は
目に見えないのかもしれない。))
(和美)ちょっ… ねえ。
純ちゃん
その女から目 離さないで。
(和美)ちょっ… ちょっと黎さん。
どこ行くの?
(和美)ちょっと!先輩。 こっちです。先輩。何か?
由美さんですよね?
それとも杏子さん?
本名は また違うのかな?誰なの? あんた。
リサイクルショップの吉田さん
ご存じですよね?
私 あなたが吉田さんから
お金をだましとったこと
知ってるの。
人聞きの悪い。
私がだましたって証拠でもあるの?
私は吉田さんと結婚を前提に
おつきあいしてたの。
私が困ってたから
吉田さんは お金をくれた。
何か問題ある?
父親の借金なんて うそでしょ?
どうして
うそだって決めつけるのよ。
吉田さんが知ってたからよ。
えっ?
それでも吉田さんは
全財産 あなたに渡した。
吉田さん あなたにお金を渡すとき
何て言った?
お父さんじゃなくて
あなたが助かるなら だったでしょ。(徹)((これで君が助かるなら。))それが どうしたのよ。
あなたは
金目当てで いろんな男と
つきあってたんでしょ?
吉田さんは
あなたを救いたかったのよ。
自分は だまされてもかまわない。
全財産を渡せば あなたが
そんな人生から抜け出してくれる。
そう願って。
おせっかいも いいとこ!
吉田さんの気持ち わからないの?そうだよね。
はっきり言われないと
わからないことってあるよね。こないだ 妹に言われたの。
真実は目に見えないって。
あの子 なくしたんじゃなかった。
壊したこと私に言えなくて
一生懸命 直そうとしてた。つまり 真実は目に見えない
そのとおりだったってこと。
ちょっと。
何よ。
せめて 吉田さんに
お線香ぐらいあげなさいよ。
あんたには関係ないでしょ!
あの火災に
事件性は ありませんでした。
金は どうしたんですか?
1,000万円は。
吉田さん ご自身が
ある女性に渡されてます。
取り戻さないんですか?
犯罪ではないので
無理だと思います。
あぁ~。
残念です。
まあ だめもとだったから
いいんだけどね。
えっ?
50万の元手で
1,000万円入ってくれば
ラッキー。
だめでも 50万損するわけじゃ
ないから 賞金を懸けたんですよ。
自分の手を煩わせなくても
真相は他人が暴いてくれる。
案外 懸賞金も悪くないと
思ったんですがね~。
まあ あなたも金目的なんだから
お互いさまということで。 じゃ。弟は愛情じゃなくて
棚ぼた狙いだったんだ。
殺伐とした兄弟関係やったんやね。
(権藤)火事は放火じゃなかった。
1週間 晩ご飯食べ放題だな。
こんなときに何言ってんの?
(春)何? それ。
(権藤)おばちゃんとの賭けに
勝ったんだよ。
(和美)刑事が
賭けなんかしていいんですか?
(権藤)いいんじゃないの?
何ちゅう刑事や。
何せ
一課 クビになったやつですから。
人間 開き直ったもん勝ち
って感じ。
まあね。 ふふふっ。
(春)これから刑事さんも
おばちゃんたちの仲間になるの?
えっ?
あっ いいかも。
分け前 減らいね。
(和美)警察の内部情報
流してもらいましょうよ。
そうすれば 打率上がるよ。
分け前しだいだな~。
悪徳刑事。
へへっ。
お前も感謝しろよ。
あそこで殴ってたら
お前 傷害罪で訴えられたかも
しんねぇんだからな。
殴りたかったのは自分なの。
(権藤)あっ?
何でもない。
(権藤)ふ~ん。
(着信音)
(権藤)おっ。
うわっ こないだの
合コンの彼女からだ。 失礼。
もしもし。
ねえ 春ちゃん。 もしかして
金庫の番号 0130?
そう。 知ってたの?
わかったの。
吉田さんの金庫の番号
6197って何やったんやろう?
昭和61年9月7日。
きっと 杏子さんのほんとの誕生日。
うわ~ 切なすぎる~。
じゃあ 0130も誕生日?
間違いない。
ママの誕生日は7月22日。
私は12月24日。
クリスマスイブだよね。
じゃあ 1月30日は…。
お金にならない正義があっても
いいんじゃないの!
先生は
警察辞めても追ってるんだよ!
(寺島)我々は 法律の範囲で
動かなければならない。
(権藤)それだと 救われない人間が
いるんじゃないか。
先生のために何とかしたいです!
大岩さんは あなたを
殺すかもしれないんですよ。
(大岩)時効まで逃げきれれば
解放されるとでも思ったか?