唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享那些赚奖金的女人们05日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(ナレーション 井坂黎) <私の名前は井坂黎。> <現在4人の仲間と バウンティハンターとして活動中。> (和美) 捕まえたら もらえるってこと? 100万… パート何日分だろう。 DV夫から失踪中なの。 (本村純)ドキドキしたいんです。 < しかし 賞金ゲットは ままならず あたふたしたり 考え込んでしまったり…。> <正義は金になる?> <正義って何? お金って何?> ≪純ちゃん こっち。 ≪純ちゃん お代わり。 ≪は~い。 チーフ お願いしま~す。 はぁ~い。 熱ぃ~。 ごめんなさい 相席で。 (大岩)あぁ~ いえいえ。 すいません。 こっちも お代わり。 純ちゃん こっちもね。 (八百八)わんばんこ~! いらっしゃい。 (八百八) おぉ~ 混んでる 混んでる。 本日は ご搭乗 ありがとうございます。 何 何? やだ~ 八百八さんが リクエストしたんじゃないですか 飛行機に乗るチャンスがないから 制服でサービスしてくれって。 (八百八)言った 言った。 先輩。 (八百八)いいねぇ~ へへへっ…。 八百八様 本日のホットミールは 牛肉のしぐれ煮 手羽先の唐揚げから お選びいただけます? チキン プリーズ。 うふふふっ…。 かしこまりました チーフ チキンで~す。 純ちゃん いいかげんにしなさいよ。 いいじゃ~ん。 お姉ちゃんも一緒にやってよ! ねえ 先生。 (大岩) えっ あぁ お似合いでしょうね。 先生まで。 制服は 会社から貸し出しされてるんです。 純ちゃん バレたらクビだよ。 みんな~ Twitterに書いたりしないかぁ~? (一同)おう~!! 明日は ナースとか ミニスカポリス お願いしま~す。 何でも やっちゃいます!(一同)わぁ~! ごほっ ごほっ…。 ごほっ ごほっ…。 大丈夫ですか? あっ。 ちょっと先生。 (八百八)先生! 先生!先輩 救急車! (八百八)救急車!早く! 先生 先生! (大岩)ごほっ ごほっ…。 もしもし 救急車1台お願いします。 ピーポーピーポー…≫状態は? ≪食事中に激しくせきこみ 吐血しています。 ≫大岩さん 病院 着きましたよ~。 バイタルは? ≪バイタル 100の60。大岩さんの ご家族の方ですか? はい。 こちら ご記入 お願いします。 ご記入 終わったら 保険証と一緒に 受付のほうに お願いします。住所か…。 ピッピッピッ…(心電図の音) すみません 起こしてしまって。 あぁ いえ。 ご迷惑かけて 申し訳ありませんでした。 あっ しばらく入院が必要だそうです。 あの~ 先生は 警察の方だったんですね。 すみません。 入院手続きに必要で かばんの中を見てしまったんです。 これも。 5年前に定年退職しました。 警察官殺害事件 捜査されてたんですね。 (大岩)平成3年 夏の暑い日に起きた事件でした。 瀬谷利夫巡査 29歳が パトロール中に何者かに襲われた。 (回想)((ガン!)) (大岩) 犯人は 瀬谷巡査の拳銃を奪って 姿を消しました。 その犯人は 先生が逮捕されたんですか? いえ まだ。 まだって…。 警察をお辞めになっても 捜査を続けてらっしゃるんですか? ええ。 ((今夜は 静かですね。)) ((これから ず~っと静かだと いいんですけど。 )) (大岩)((あぁ すいません。 入るとき 落としたんですが。)) あの日も…。 でも平成3年の事件なら もう時効のはずじゃ…。 ええ。 それでも? 許すことは できません。 あっ 先生。 私には時間がない。 死ぬ前に どうしても。 死ぬって…。 自分の体のことは わかります。 父も祖父も がんでしたから。 そう決まったわけじゃ ないじゃないですか。 家内をね みとってやることが できなかったんです。 時効が成立する少し前でした。 長く患っていた家内の命は 尽きかけていました。 でも 有力な情報が入ってきて…。 家内は 私のことは構わないから 捜査に 専念してくれって。 だから 何としても この手で…。私たちに捜査させてください。 えぇ? いや 無理です。 警察が全力で捜査しても 捕まえられなかったんです。 先生 実は私たち…。正義は金になる。無理 無理…。 (鈴木真知子)平成3年 無理やわ。 そんな昔のこと 誰も覚えてないですよ。 やってみないと わかんないじゃない。 知ってる? 殺された神社ってさ すぐ そこだよ。 あのときの捜査 すごかったんだから。 家に毎日のように 聞き込みに来たし 小学生は集団登下校。 和美さんは高校生? 中学生! あれだけ警察官 動員したら すぐ捕まると思ってたんだけど だめだった。 それが20年もたって 女4人でバウンティハント? なめるなって感じ。 先生の気持ちを 大切にしてあげたいの。 浪花節? 容疑者の顔が これだから 先輩の得意技も使えませんよ。 とにかくお金になんないし。 バン! 何でもかんでも お金? そこは こだわったほうが いいんじゃない? 私たち バウンティハンターでしょ? 正義は金になる。 そう。 お金にならない正義があっても いいんじゃないの? 先生は 警察 辞めても追ってるんだよ。 私はパスってだけ。 はぁ~… 和美さん よく平気だね。 何が? 人を殺した人間が 近所 歩きまわってるかも しれないんだよ 今日も! 奪われた拳銃は まだ 見つかってないし…。 一平君が 撃たれる可能性だってあるんだよ。 わかった やろう。 黎さん ずるいわ。 えっ? 子供の話を出されたら うんって言うしかないやろ。 反則? 私もやる。 もちろん私も。 あぁ… じゃあ。 (純・黎・和美)よっしゃ~。こんな感じだったかな? えっ? いや~ ここ 何となく避けてて 20年ぶりに来たの。 何か思い出すことあるでしょ? たどってみるよ。 私 いつものように ネットで調べてみるわ。 私も この辺 当たってみます。 それじゃあ また後で。 (権藤)ふぅ~。 ≫コンコン…!(ノックの音) (権藤)はい。 ≫(店員)すいません 長寿庵ですけど。 出前 こちらで良かったですか? ご苦労さ~ん。 はいよ。 (店員)失礼します。 おいくらですか? 2人分な。 何で あんたの分まで 出さなきゃいけないのよ。 (権藤)お前のせいで 外に食いにいけねぇんだろ。 行けるでしょ? (権藤)昼休み終わっちゃうよ。 いつも暇そうじゃない。 あの~。 (権藤)持って帰ってくれる? それはないでしょ。 安いもんだろ? 丼1杯で。 お前 何しにきたんだっけ? ふぅ~… おいくらですか? 3,000円です。 高っ。 特上だよ 安いよ ねっ? はい。(店員)確かに。 毎度 どうも。 (権藤)終わったら表出しとくから。 (店員)お願いします。 失礼します。かつ丼 こっちだよ。 卵 苦手なの。 お前が かつ丼 取れって言ったんだろ。 取調室で話すって言うから…。 定番メニューなんでしょ? 年 わかるよ~ そのねた。 あっ いただきま~す。 いただきます。 で 今度 何が知りたいんだ? ん? これは…。 わかってる。 でも やるの。 お前らが しゃしゃり出てきて 解決できるような事件だったら お宮入りなんかしてねぇよ。 はぁ~ 先生にも言われた。 先生? うちの常連さん。 捜査を担当してたの。 デカか? 元ね。 ふ~ん… 元刑事 執念の捜査。 何かアメリカ映画とかに ありそうな設定だな。 ちゃかさないで。 時効成立前にはな 捜査が強化される。 俺も駆り出された。 警察のメンツが かかってるから 必死だった。 特に その事件はな。 仲間が殺された。 うん。 だが 逮捕できなかった。 その時点で15年だ。 それから5年もたってる。 時間がたてば罪は消えるの? いや。 消えるのは証拠と人の記憶だけだ。 誤認逮捕で えん罪の可能性も高くなる。 だから 時効があるんだ。 結局 逃げ得ってことじゃない。 逃げるの大変だと思うぜ~。 何で犯人に同情すんの? いやいや 捜査には金がかかる。 3億円事件ってあったろ? 府中の。 知らねぇふりすんなよ。 バレた。 あれの捜査費用な 9億9,000万だとよ。 事件に直接関係ねぇ人間にとっては 税金の無駄使いとしか思えない。 そんな理由で見逃してたら 社会が成り立たないじゃない。 ああ。 だけど 今や 世の中 経費削減モードだ。 そっか 指名手配犯に賞金 懸けるのは 捜査費用を減らすためだ。 そう。 だから 優秀な バウンティハンターの皆さんには 一生懸命 頑張っていただかなきゃ いけないんですよ~。 頑張りますよ 優秀だから。 でもね 拳銃が怖いの。 犯人は今でも持ってるんでしょ? どうかな? 20年 使われてねぇんだから どっか捨てられてんじゃねぇか? 調べもしないで よく言うよね。 はっ! さすが生活安全課の刑事さんだ。 拳銃は銃器対策課の担当です。 あぁ~! ちょっと~ 800円ちょうだい。 ≪(八百八)毎度あり。 どうっすか? きゅうり。 (八百八)おっ いらっしゃい! おいしいりんご入ってるよ どう? じゃあ 1袋 下さい。 はいよ! おいしそうですね。 サービス。 かあちゃんには ないしょだよ。 (和美)はい。 よっちゃん。 おいおい…。 (芳子) あら 和美ちゃん いらっしゃい。 (和美)ねえ 私たちが中学生のとき 神社で殺人事件あったじゃない。 (芳子)そうだっけ? (八百八)何だ 違う話か。 何? 何でもない。 (芳子)スッチーのコスプレに 鼻の下 伸ばしてた話は 知ってるよ! (八百八)えっ!? (芳子)あんたが リクエストしたんだってね? (和美)いやいや… 犬も食わないやつは後にして。 ほら 交番のお巡りさんが殺された。 あぁ~ あった あった。 (八百八)あれね。 俺 警察に呼ばれたんだよね。 八百八さん 容疑者だったの? えっ? あのとき この町の高校生以上の男は み~んな事情を 取り調べられたんだよ。 しらみつぶし? (八百八)そうそう。 徹底的に。 でも 迷宮入りしちゃったんだ…。 カチャカチャ…(キーボードをたたく音) はぁ…。 (優子)今日はネイル いいんですか? あっ はい 今日は。 これ アイブライトのハーブティー。疲れ目に効くんですよ。 あっ… 気の毒な パソコン 借りられるだけで もう。 何調べてるんですか? あっ すみません。 すみません。 すみません。 ふふふふっ…。 ふふふふっ…。ピンポーン! [インターホン](女性)はい。 井坂黎と申します。 [インターホン] 何か? 刑事の大岩さんから お話を伺った者なんですが…。お疲れさまで~す。 ただいま~。 りんご食べる? もう 全然 手がかりなしだよ。 どこ行っても 昔 警察に 話を聞かれたって人ばっかり。 ほんとに 完璧に捜査したって感じやわ。 だから言ったでしょう~。 先輩は どこ行ってたんですか? う~ん。 殺された瀬谷巡査の お母さんに会ってきた。 通り魔的な犯行 っていわれてるけど そう見せかけただけじゃ ないかと思って。 結果は? わかんない。 お母さんに 忘れたい 過去をほじくり出さないでほしい って言われた。 何年もかかって 自分なりに 気持ちの整理をつけたんやろうね。 はぁ~ 申し訳ないことしちゃった~。 でも 先生は 忘れようとしてないですよね。 忘れるために 捜査してるんだと思うよ。 決着つけないと忘れられないこと ってあるよねぇ~。 そうですか~? ほら! 好きやって気持ちを 伝えんと終わった人のほうが 好きやった人より 印象に残っとるってことない? それ わかる~。 せやろ? 真知子さん けっこう やるんだ~。 昔の話じゃ~。 うわぁ~ はははっ。 私 わかんないです。 何でよ。 だって 自分の気持ちを伝えずに 終わらせるなんてことな~いもん。 トントン…! まあ まあ… ジェネレーションギャップってことでね。 そうだね。 言葉 気を付けよう。 ねっ ねっ。 ≪(戸の開閉音) おかえり~。 (春)捜査は順調? 何で知ってんの? (春)おばちゃんたち 4人 集まってるときって そういうことでしょ。 難しそうな顔してるし うまくいってないなら手伝うけど。 何 その上から目線。 子供だから下から目線なんだけど。 (和美)春ちゃん 面白~い。 さっさと塾行ってくれば~。 (春)言われなくても行くよ。 もう~ …ったく。 生意気なとこ 茜そっくりなんだから~。 ねえ そういえば 茜さん捜しは どうなっとるが? どうにもなってない。 どうにかしなきゃだけど。 心配は わかるけど とりあえず 先生の事件 片づけない? うん わかった。 突破口を見つけなきゃですね。 (真知子・和美)うん。お疲れさまです。 (権藤) お前 俺のこと 好きなんだろ。 (寺島)山田さんから 何か聞き出せましたか? 本庁のデカさんとは 関係ないことだよ。 (寺島) お宮入りした事件を追うほど 生活安全課は暇なんですか? (寺島) 職域を荒らさないでいただきたい。 (権藤) 捜査が打ち切られた事件だ。 荒らすも何もないだろ。 (寺島) そう。 打ち切られてるんです。 捜査する必要は ないんです。 お前さ どうしても逮捕したい容疑者って いなかったか? もちろん いましたよ。 (権藤)時効で罪を逃れた犯人が 目の前に現れた。 見逃すのか? 今は 時効は撤廃されています。 質問に答えろ。 まず やるべきことは 時効停止期間がなかったかを…。 犯人が憎くないのか。 憎むべきは犯罪です。 模範解答は いいんだよ。 (寺島)怒りや憎しみに 突きうごかされて いいんですか? はっ? 我々は 法律の範囲で 動かなければならない。 それだと 救われない人間が いるんじゃないか? 刑事の仕事じゃない。 ああ。 人間の仕事だ。 (大岩)警察官が殺されて 銃を奪われたんです。 我々は必死に捜査しました。 どんな ささいな情報でも 食らいつきました。 そのため 事件とは無関係な人を疑い 犯人扱いしてしまったことも ありました。 我々は みんな 頭に血が上っていました。 私が一番熱くなっていたのかも しれません。 事件があったその日 私は 署の剣道場で稽古していました。 同僚が突然 駆け込んできて 瀬谷巡査が襲われたと。 私は すぐに病院に駆けつけました。 瀬谷巡査の家族は まだ来ていませんでした。 彼は 虫の息でした。 私は 彼の手を握りました。 その手から力が… 魂が抜けていくのがわかりました。 犯人を見つけて どうなさるおつもりですか? 顔が見たいだけです。 顔を? 多くの人の人生を変えてしまった 人間の顔を見てみたい。それだけです。 すいません いい報告ができなくて。先生のために 何とかしたいです~! 私だって そうだよ。 罪を償ってるなら ともかく 人を殺した人間が のうのうと 町を歩いてるなんて許せない。 先生からも突破口のヒントは 得られんかったんよね。 うん。 ≫(戸の開閉音) おかえり。 頭にきちゃう。 うん? 小学生も大変だね。 まだ何も言ってないけど。 だね。 さっき 交番の前 通りかかったら 超興奮してるおばちゃんが いたの。 この人が財布 盗んだって。 そこにいた男の人に怒ってるの。 でも 私 その人が 公園に落ちてた財布を拾うとこ 見てたの。 だから そう言ったんだけど 全然信用してくれなくって。 男の人もオタクっぽい人で おろおろしてたから 余計 疑われてたの。 (和美)子供だから 信用してくれなかったんだ。 (春)そう!そしたら ちょうど 八百八のおばちゃんが 通りかかって。 ((どうした? 春ちゃん。)) おばちゃんも その人が拾うとこ 見てたの。 で おばちゃんがそう言ったら お巡りさんも すぐに信用して。 怒ってたおばちゃんも あぁ そう なんて軽く言っちゃって。 お礼よって 1,000円札 出したの。 えぇ? もうかったじ。 そういう問題じゃなくて。 すみません。 子供の言うことは信用されない っていうことね。 そう! 和美さん 子供よ 子供! はい? だから…。 (佐久間)いらっしゃい。 どうも~。 (佐久間)どうかしたんすか? (和美)健ちゃん ひとみさんは? (佐久間)あぁ 今 着替えてます。 (和美・真知子)おぉ~! (ひとみ) あら いらっしゃい。 ねえ どう? (佐久間)ひとみさん 最高っす。 (恵利子)健ちゃん 私は? (佐久間)イケてます。 (和美)あら~ 恵利子ちゃん。 ちょうど良かった 話聞きたかったの。 (恵利子)あっ はい。 ていうか 何でミニスカポリス? 春夏冬さんで CAのコスプレ やられたら うちも対抗しなきゃ。 コスプレじゃなくて 制服なんですけど~。 (ひとみ)私1人じゃ 寂しいから 恵利子ちゃんにも手伝ってもらうの。 は~い。 私もやりたい! (ひとみ)いいですよ もう1着あるし。 やめとこ!イタすぎるわ。 (和美)は… はい。 恵利子さんって 地元の人? (恵利子)物心 付いたときには ひとみさんとは 一緒に遊んでたって感じです。 20年前は おいくつでした? 4歳ですけど。 ねえ 2人共 大藪神社で警官が殺された事件覚えてるでしょ? (ひとみ)もちろん。 私たち あの日あの神社で遊んでたもの。 (恵利子) そうそう。 あれから神社には 幽霊が出るって うわさになって。 (ひとみ)そう 本気で怖かったよね。 (恵利子)ひとみちゃん マジ泣きしてたよね。 (ひとみ)そうだっけ? ねえねえ ねえねえ その日のこと 覚えてる? 殺された警官とは 話したことあるの? (ひとみ)もちろん。 でも あんまり仲良くしなかったよね。 (恵利子)私たち見かけたら 早く家に帰れって。 (ひとみ)そうそう 頭ごなし。 それよりさ 修ちゃんと 遊んでるほうが楽しかったしね。 (恵利子)修ちゃん! あっ… あの日もいたよね。 思い出した。 いつもは 優しく遊んでくれるのに その日は何か怖い顔してた。 (恵利子)お巡りさんが殺されて いろいろ聞かれたとき 修ちゃんの話もしたよね。 (ひとみ)うん。 でも いるはずがないって。 えっ どういうこと? (ひとみ)修ちゃんが 神社にいるはずがない。 見たのは別の男だろ それを思い出せって。 (恵利子)私たちが言ってることは 全然 信じてくれなかった。 修ちゃん。 修ちゃん…。 これだ~! ん? ちょ…。 老眼? 「楢崎修 21歳 北林大学 経済学部」。 うん 大学生だった。 でも 私たちとは 友達のように遊んでくれたの。 その修ちゃんが 犯人。 大学の出席記録によると事件があった時刻 講義を受けてる。 同級生の証言もありだって。 名前もある。 古谷雄一。 完璧なアリバイやね。 いい線いったと 思ったんだけどなぁ~。 でも 絶対にいたよね。 うん。 じゃあ 楢崎修と アリバイ証言した 古谷雄一さんを調べよ。 (和美・真知子)うん。 あれ? 純ちゃんは? ジャ~ン! おぉ~。 パ~ン! (ひとみ)ねえ CA辞めて うちで働かない? いいかも~。 (ひとみ)かわいい~。 無理。 無理だって…。 もう~ 住所表示 わかりにくいって。 メゾン ド シャ 201って…。 ≫ママ 嫌がるもん…。 ≪お願いじゃない だめだめ だめ。 ≪(楢崎) 誕生日だけ 手巻きずしは。 えっ だめだめ だめ。 ママに聞いてごらん じゃあ…。 あの~。 えっ? 楢崎さんですか? (楢崎)そうだけど。 瀬谷利夫さん ご存じですよね。 さあ? 行こう。 どうも。ピンポーン! [インターホン] はい。 古谷雄一さんですよね。 [インターホン](古谷)そうですけど。 ちょっと お聞きしたいことがありまして。 [インターホン] 誰なの? 本村です。 古谷さんと同級生だった 楢崎修のめいです。 最近 楢崎には お会いになってます? いや~ もう何年だろう。 大学卒業から 全然。 実は 叔父が やっと 結婚することになりまして。 まだ結婚してなかったんだ。 はい。 それで ビデオ制作のために 思い出話を集めてるんです。 大学時代のエピソードだけが 足りなくて。 教えていただけます? ≪コンコン! はい。 失礼しま~す。 あぁ… ははっ。 先生 具合いかがですか? あっ おかげさまで。 良かったです。 あぁ~ おいしそうですね。 ええ 八百八さんが持ってきてくれた。 そうなんですか。 じゃあ…。 後で むいてあげますね。 すいません。 先生 実は 私も お土産があるんです。 家族がいたから それ以上は。 家族がおったら 逃げる心配はないね。 勝手に 大学生 想像しちゃってたけど しっかり中年だった。 そりゃ20年たってるからね。 先生には 知らせらん? う~ん。 過去を忘れるためには そのほうが いいんだろうけど 楢崎の奥さんと子供に わかっちゃうよね。 そうだねぇ~。 奥さんと子供に罪はないさけねぇ。 (着信メロディー) 純ちゃん。 純ちゃん ご苦労さん。 アリバイ 確認できた? 事件のあった日 古谷さんは楢崎修の代わりに 出席カードを提出したそうです。 警察に事情を聞かれたときは そのことは 言わなかったそうです。 えっ どうして? 就職が決まってたそうで 代返がバレると やったほうも頼んだほうも 単位 取り消されちゃいますからねぇ。  よく聞き出せたね。 おじさんから話を引き出すのは 得意ですから 私~。 ふふっ。 楢崎のアリバイが 崩れたってことね。 (3人)よっしゃ~! よっしゃ~!ふふっ。 ≪携帯は デイルームかロビーで お願いします。 すいませ~ん。 純ちゃん もしかして病院? はい。 先生に報告したら 喜んでくれました。 先生 そこにいるの? あぁ 今 花瓶にお花 生けてて。 すぐに戻って! あっ はい。 ごほっ…。先生~。出かけた? ええ。 古い知り合いという人から 電話があって。 どこで会うって? 聞いてないです。主人 何かしたんですか? あぁ… すいません。 (マナーモード) もしもし 先輩? 先生 見つかった?  まだです。 貸して。 お医者さんの話やと そんなに 歩ける状態じゃないげんて。 駅のほう 捜してみる。  純ちゃんと もうちょっと 病院の近くを捜してみるわ。 よろしく。 こっちも捜す。 もしもし。 何だよ?  大岩先生 楢崎を呼び出したみたい。 どこに? わかんないよ! ねえ どこだと思う? 俺が 大岩さんなら…。ほんとに ここ?先生に… 大岩さんに 呼び出されたんですね? ええ。 一緒に来てください。 ここで待てと言われています。 とにかく ここを出ましょ。 大岩さんは あなたを 殺すかもしれないんですよ。 わかっています。 だったら…。 自分でやらなきゃ いけなかったんだ…。 その勇気が なかったんだ…。 僕は ただ 子どもたちと 遊んでいただけだった。 なのに…。 ((カラン!)) (楢崎)((やった!いいぞ!)) ≪((やった やった~!))(瀬谷)((君 大学生?)) ((あっ はい。 )) (瀬谷)((最近 子供を狙った犯罪が 増えててねぇ…。)) ((いや… 君がそうだとは 言わないけど ちょっと 気になったから。)) ((大学生なら 大学生の友達と 遊んだほうが いいんじゃないのかな?)) ((ねぇ。))あの警官は 僕を変質者扱いした。 それだけのことで 殺したの? 死ぬなんて思わなかった。 かっとして石をつかんで…。 気が付いたら警官が倒れてた。 拳銃を奪ったのは…。 恥をかかそうと思ったんだ。 拳銃盗まれるのは 警官失格だろ? あんなに簡単に 人間が死ぬなんて…。 自分じゃ簡単に死ねないのに…。 ちょっと。≫(大岩)わぁ~~~! わぁ~~! (大岩)うわぁ~! ガッ! ガッ!ガッ! ガッ! (大岩)うぅ~~! 先生! (大岩)あぁっ! やめてください! (大岩)時効まで逃げきれれば 解放されるとでも思ったか? 大岩さん やめろ! 荒川中央署の 権藤です。 気持ちは わかります。 ですが 目の前の殺しを見逃すわけには いきません。 銃を下ろしてください。 撃ちますよ 俺は。 (大岩)構わん! (楢崎)お願いします。 命乞いか? (楢崎)死ぬために ずっと持ってたんです。 でも死ねなかった。 自分は悪くない… ずっと そう思ってた。 でも 好きな人が出来て 結婚して 子供が出来て… 自分がやったこと…。 瀬谷巡査は 結婚できなかった。 子供も持てなかった。 お前が 何もかも奪ったんだ! 撃ってください。 ずっと苦しかった。 お願いします。 もう 終わりにしてください。 はぁ はぁ… 望みどおりに! 大岩さん!! あっ! かなえてやるんですか? 楽にさせてやるんですか! この人の命を奪えば 先生の失われた時間は… 遺族の失われた時間は 返ってくるんですか!?死んだら償えるの? 奥さんは どうなるのよ!子供は!? 生きろ。 生きて… 罪と向き合え。 で 楢崎は どうなったんですか? (権藤)時効の停止期間が なかったか どうか 任意で取り調べてる。 (和美)外国に行ってる間は 止まるんですよね? うん。 拳銃 持っとったことは 罪になるんじゃないが? でも 20年も前ですよ。 それこそ とっくに 時効なんじゃないですか? (権藤)時効のカウントが始まるのは 事件が発覚してからだよ。 あいつが 拳銃 持ってんの わかったのは ついさっきだからな。 へぇ~ 法律に詳しいんですね! 俺 刑事なんだけど。 あぁ そっか。 しかし そんなもんで罪にしたって しょうがねぇだろ。 法律に時効はあっても 人の心には ずっと時は刻まれていく。 (権藤)お前ら バウンティハンターじゃなかったのかよ。 そうだけど? 金にならない仕事ばっかり しやがって。 だって… ねぇ。 そういうのはな 俺たちに任しときゃ いいんだよ。 (和美) よし!お金になるやつ 探そう~! よし! よし! はいはい はいはい。 権藤さ~ん どれがいいか教えてください。 (権藤)分け前もらうよりも 顧問料 取ったほうが もうかりそうだな。 悪徳刑事! (権藤)ふ~ん。 まっ 頑張れよ。 ちょっと 行っちゃうんですか? (権藤)ごっさ~ん。 え~っと… そうねぇ~。 (大岩) いろいろと お世話になりました。 お大事に。 お大事に。 よし! じゃあ 先生 帰りましょうか。 あぁ それ 私が。 あっ 大丈夫です。 元CAですから。 いろいろと… ありがとう。 あぁ とんでもない。 瀬谷巡査だけじゃなく 楢崎にも悪いことをした。 えっ? 我々が もう少し早くに逮捕していれば 彼も 生きなおせてた。 生きなおす? 先生も これから生きなおしてくださいね。 そうですね。 あはっ。 もう残り少ないですから。 えっ!? 食道がんでした。 治るんですよね? まあ 死ぬまでは生きますよ。 あっ このことは内密に。 「Strong Heart」(和美)あっ 先生~! 退院 おめでとうございま~す! (一同)おめでとうございま~す! パチパチ パチ… さあさあ… こっちに座ってください。 ありがとうございます。 (八百八)それじゃ 先生 じゃんじゃん飲みましょう! (和美)もぉ~! 先生 退院したばっかりなんだから 今日はウーロン茶。 はい。 (八百八)入院 つったって こ~んな小さい ポリープだったんだろ? そうなん? そうなんですか? もう心配して 損しちゃいましたよ。 (和美)ほんと人騒がせなんだから。 (大岩)それじゃ あの 皆さんを心配させたんで あの… 今夜は私が おごらせてください。 (和美)えぇ~。 (八百八)先生 大丈夫なんですか? ええ。 あの 入院代のほう 値切りましたから。 ≪ははははっ…。 (八百八)先生が冗談 言ってるよ! ≪ははははっ…。 (和美)飲もう 飲もう~! (八百八)よし!じゃあ 先生の無事退院を祝しまして かんぱ~い! (一同)かんぱ~い! (八百八)おっ! パチパチ パチ…こんなんですか? 何だ。今だ~~~!! (持田)俺は 千恵を殺してなんかない。 さゆり って名前の女 捜してくれ。 頼む! 私たちが捕まえた人は 犯人じゃないが? (持田)アリバイ 調べてくれたのか!? まさか…。 持田さんの恋人を殺した 真犯人ですよ。 証拠 見つけました。 ねえ もしもし? もしもし?