唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享医龙3 09日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(重岡)PTSD 心的外傷後 ストレス障害です。 (龍太郎)あしたのオペ。 俺は 執刀できない。 (加藤)わたしたちは チームよ。 (伊集院)朝田先生の周りには みんなが います。 (藤吉)今の俺の目標は 一人でも多くの 娘のような子供を 救うことだ。 お前のように 過去に とらわれてはいない。 (徹)僕 頑張るよ。 病気に勝ってみせる。 (徹)お願いします。 朝田… 先生。 (伊集院)震えが…。 (荒瀬)止まった。 ホントに できんのか? (龍太郎)誰に 言ってんだ? 俺は 朝田 龍太郎だ。 (手柴)学長! (野口)ズドラーストヴィーチェ。 (野口)大ケガしたって? 朝田先生。 大丈夫? 君は わが 明真の宝だからね。 気を付けてよ。 (龍太郎)何しに 戻ってきた? (野口)何しに? 忘れ物があってね。 (龍太郎)忘れ物? (野口)まだ 明真は 世界一の 病院になってないからね。 君には 大いに 働いてもらう。 期待してるよ。 失礼。 (黒木)お前…。 (高瀬)久しぶり。 (伊集院)どうなってるんですか? 野口先生。 (木原)しぶといね あの人は。 どうなることやら。 (冬実)ハァー。 回診 行ってきます。 (木原)へこんでんね あの子は。 どうなることやら。 (伊集院)うん? (木原)いや。 こないだのオペで あいつ ミスったろ? (冬実)点滴 回収します (荒瀬)次の点滴 持ってこい (冬実)はい (荒瀬)エピネフリンの コネクターが 外れてるぞ (木原)それで… ハウーン。 落ち込んでるってわけよ。 まあ 何だかんだ言って 頭でっかちで 実戦経験ないから どうなることやら。 ヘッヘッヘ。 (藤吉)数値も 改善してきてる。 (藤吉)じきに 自宅療養に 切り替えられますね。 (佳恵)あっ。 よかったわね 徹。 (徹)うん。 (徹)手術 やってくれたんでしょ?(冬実)えっ? (徹)ありがとう。 真柄先生。 助けてくれて。 (加藤)野口が帰ってきた 本当の理由は 何かな? 気にするな。 俺たちは 医者だ。 (野口)ただいま しょうこ。 (鬼頭)フゥー。 (野口)ロシア産 ベルーガの キャビアに ライムギのウオツカ。 背脂の 塩漬けサーモン。 (鬼頭)なぜ ロシアに? 学長に 中国に出していただいた おかげで 李 強忠から ロシアの 保健・社会開発省の大物 イワン・ロバチェフスキーを 紹介いただきました。 (鬼頭)それは よかった。 (野口)イワン君と 話をすると 明真の メディカル ツーリズムに いたく 関心を持たれましてね。 ぜひ 人間ドックを受けたいと いう方が 殺到しました。 これが そのリストです。 (野口)そして これは ロシア 中国から 招聘する 医者のリストです。 当然 かの国の患者に 対応するには 外国人医師 スタッフが 必要になりますから。 外国人医師の 日本での医療行為は認められてないわ。 今の制度ではね。 (野口)明真を 日本初の 外国人医師が 働ける 医療特区とすべく 今 厚労省 外務省 幹部と 交渉しております。 医療特区。 この お土産 ちょっと 豪華過ぎるようね。 胸焼けが するわ。 持って お帰りなさい。 いやいや。 人には 持って生まれた器というものが あります。 わたしは からすみで 十分ですよ。 学長。 うーん。 (高瀬)頼む! お前しか いないんだよ。 女房を救えるのは。 虫のいい話だっていうのは 分かってる。 でも アメリカで 女房と同じ症例を カテーテルで治したって 雑誌で 見たんだ。 せめて カルテにだけでも 目を通してくれよ。 なっ。 頼む。 頼む。 (黒木)この 15年間 お前の顔を 忘れたことは なかった。 その俺に。 ≪(佐藤)黒木先生。 (佐藤)北見さん 検査結果 出ました。 (佐藤)お知り合いですか? (黒木)知らん。 (高瀬)春香。 すまない。 何にも できないよ。 (高瀬の泣き声) (高瀬の 荒い息遣い) (伊集院)どうしました? 大丈夫ですか? (伊集院)朝田先生! (高瀬の 荒い息遣い) 過呼吸だ。 ゆっくり 息を吐いて。 ゆっくり 吸って。 そう。 落ち着いて。 (伊集院)もう 大丈夫ですよ。 (高瀬)すいません。 (伊集院)念のため ちょっと 休みましょう。 (高瀬)あの あなた方は? (伊集院)胸部心臓外科の者です。 心外? なら 黒木先生は ご存じですよね? ええ。 まあ。 お願いします。 何としても 黒木に…。 黒木先生に 話を つないでください。 妻の命が 懸かってるんです。 (伊集院)あの。 どういうことですか? 黒木と お知り合いなんですか? 同僚でした 彼の。 (正)どうですか? 先生。 (黒木)良くないですね。 すぐに 入院していただきます。 (正)えっ!? (里香)そんな声 出さないでよ。 ホント 大げさ。 (黒木)腹部大動脈瘤で 上行大動脈瘤も あります。 (正)死ぬんですか? 里香。 (里香)うるさい。 (黒木)落ち着いてください。 (正)はい。 (黒木)いいですか? この 上行大動脈瘤は まだ 小さいので 今は 処置する必要ありません。 ですが…。 (黒木)この 腹部大動脈瘤の方は 6cmほどの 大きさになってますので 今すぐ 治療しないと いけませんね。 (正)手術ですか? (黒木)いや。 カテーテルです。 難しい処置じゃ ありませんので 安心してください。 よかった。 (里香)だから 大げさなのよ あんたは。 最後まで 先生の話 ちゃんと 聞きなさい。 (正)バカ。 お前が 早く 見せないから こんなことに なるんだろ。 (里香)バカって 何よ。 ちゃんと来たじゃない。 (正)だってさ…。 (高瀬)港北大病院に いたころ 黒木は まだ 駆け出しの外科医で わたしは 中堅どころの ME。 黒木は 生意気だったけど わたしには 懐いてくれました。 黒木と お知り合いなら あの事件は? 聞いてます。 (高瀬)あのときの教授は 絶対的だった。 (黒木)しかし ロスは… (教授)このチームなら できる (高瀬)われわれは 誰も 逆らえなかった。 (教授)いいかげんに したまえ 黒木とは あれ以来です。 妻が 重度の心臓病になりまして。 肺の機能も 弱ってて。 でも なるべくなら 人工心肺は 使いたくない。 それで カテーテルをと 思って。 でも 話すら 聞いてもらえませんでした。 無理も ありませんが。 あっ。 ハァ。 (荒瀬)顔色が悪いな。 (黒木)おかげさまで カテの患者が 殺到しててね。 (荒瀬)病名は 何だ? 双葉中央病院。 通院してるんだろ? フッ。 持病でね。 大したことない。 チームを見るために 日本に来たって 言ったな? ホントは お前が 一番 信じてるんじゃないのか? チームってものを。 久しぶり。 ちょっと見ない間に また 奇麗になったね。 何か? (野口)うん。 君のところにも そのうち オペを頼むから。 加藤ちゃん。 よろしく 頼むよ これからも。 僕は 前と同じ 8階にいるから。 14階じゃなかったんですか? 人には それぞれ 器というものが あるんだよ。 加藤ちゃん。 (野口)うん。 いいね。 これが 手に入れば こっちも 攻めやすい。 ありがとう。 (黒木)高瀬 (高瀬)うん? (黒木)俺はな 今度 ベンタールでいく 城南大学に 負けてなんか いられるかってんだよ (高瀬)分かったよ。 分かった 分かった そんときはさ 俺が 一緒に オペ 入ってやるよ ホントか? お前 (高瀬)ああ 俺たちは チームだ チーム? (高瀬)ああ チームか。 そうだな よし。 やろう! チームに 乾杯だ (黒木・高瀬)乾杯 (高瀬)黒木! (黒木)フッ。 チームか 高瀬さんから 話を聞いた。 涙ぐましい言い訳でも してたか? どんな神経で 俺の…。 そんなことは どうでもいい。 患者は お前のカテを 希望している。 なぜ 診ようともしない? どんな事情だろうが 患者は 患者だ。 患者を救うのが 医者の仕事だ。 フッ。 お前に 分かるのか? (伊集院)教科書どおりの症例は 一つもない。 (冬実)えっ? (伊集院)朝田先生に 研修医のころ よく言われたよ。 経験 積まなきゃ。 分かってますよ。 あっ。 もう こんな時間。 帰ろっ。 (伊集院)あと もう一つ 言われたな。 失敗して 得るものは たくさんある。 だから ミスしても トライし続けろって。 (看護師)カテーテル前に この お薬を飲んでいただきます。 (里香)はい。 (正)ありがとうございます。 大丈夫だって。 (正)うん。 (佐藤)遅いな 黒木先生。 (助手)最近 体調 悪そうだろ。 どっかで 倒れてんじゃないか? (佐藤)まさか。 何て顔してんの? (正)あっ いや。 (里香)わたしが 受けるんだから。 (正)分かってる。 頑張れよ。 (里香)もう しっかりしてよ。 (正)待ってるからね。 頑張れ。 ≪お願いします。 (里香)お願いします。 (正)先生。 ホントに 助かるんですか? 里香。 安心してください。 わたしの 専門分野の カテーテルですから。 ああ。 はい。 お願いします。 (黒木)これより 腹部大動脈瘤に対する ステント グラフト 内挿術を行う。 18ゲージ。 (佐藤)はい。 ≪(足音) (野口)久しぶりに 黒ちゃんの 手技を 見たいと思ってね。 デプロイする。 いくぞ。 相変わらず うっとりするような 速さだね。 バルーン。 (佐藤)はい。 よし。 シリンジ。 (佐藤)はい。 インフレーション。 (佐藤)黒木先生? (黒木)大丈夫だ。 まずい。 (野口)何が? ホワイ? (佐藤)先生。 圧着時間 長過ぎませんか? ≪(心電計のアラーム音) (佐藤)血圧が 急激に下がりました! 腹部の ラプチャーですか? いや。 そんなはずはない。 留置位置は 適正だ。 (麻酔医)心のう水 認めます。 上行瘤の ラプチャーと思われます。(黒木)何だと? 何が あったの? (藤吉)そうか。 バルーンの圧着時間が 長くなったため せき止められた部分に 過剰に 圧がかかり その影響で もともと あった 上行瘤が 破裂したんだ。 何だって!? (藤吉)いくら 黒木でも カテーテルで 上行大動脈の破裂は 治せない。 (心電計のアラーム音) (佐藤)黒木先生! 代わります。 バルーンを 膨らませて 大動脈を遮断。 血圧を 保ちます。 (野口)何を やってるの! 黒。 (佐藤)先生! 外科を呼びますか? 駄目だ。 外科は呼ぶな! (佐藤)しかし 心タンポも 進んでます。 (麻酔医)心のう穿刺は? (佐藤)出血が 続いてるんです。 そんなことしたら 心臓 止まりますよ。 (野口)動きなさい。 黒ちゃん。 (佐藤)黒木先生! (黒木)患者が 死ぬ。 ≪(ドアの開く音) (佐藤)な… 何ですか? 上行大動脈は 俺たちに任せろ。 黒木は 腹部大動脈に 集中するんだ。 迷ってる暇はない! 患者は 死ぬぞ。 (伊集院)胸部 消毒します。 (加藤)ドレープ ちょうだい。 (畑山)はい。 (勝俣)セッティングします。 送血は 右鎖骨下動脈から。 脱血は 右大腿静脈から 行う。 (伊集院)脱血は 僕が とります。 (荒瀬)ノルアド ワンショット いくよ。 朝田。 ≪(足音) 間に合ったな。 (冬実)ええ。 ポンプ オン。 (勝俣)はい。 フルフローです。 (荒瀬)呼吸 止めるぞ。 胸骨を 正中切開する。 メス。 (響)はい。 (加藤)鑷子。 ガーゼ。 (響)はい。 (加藤)サクション アップして。 (勝俣)はい。 (加藤)破裂部位 確認。 押さえとくわ。 グラフト 24mm 用意しろ。 (奈良岡)はい。 遮断鉗子。 (響)はい。 アオルタクランプ。 プレギー スタート。 (勝俣)はい。 (心電計の警告音) (加藤)心停止。 黒木。 俺たちは 上行大動脈 置換術を行う。 お前は 引き続き 腹部の ステント グラフトを続けろ。 (佐藤)しかし 心停止で 血流がない状態だと ステント グラフトの位置決めが。 お前なら できる。 お前なら。 (伊集院)ステント グラフトです。 お前。 (伊集院)黒木先生なら できます。 (伊集院)僕が サポートします。 黒木先生に マスク お願いします。 (佐藤)はい。 上行大動脈を 切断する。 メス。 (響)はい。 (加藤)鑷子。 (響)はい。 メッツェン。 (響)はい。 (黒木)ゲートに カニュレーションだ。 フォローしろ。 (伊集院)はい! (黒木)セルジンガー針。 (伊集院)はい。 グラフト 用意しとけ。 (響)はい。 (加藤)テフロンフェルト。 (響)はい。 4-0 プロリン。 (響)はい。 (伊集院)うまい。 (黒木)スティッフ ワイヤ 用意しとけ。 (佐藤)はい。 朝田と 黒木が。 (野口)コラボレーション。 (加藤)メッツェン。 (響)はい。 (黒木)ステント グラフト。 フォローしろ。 (伊集院)はい。 (荒瀬)ポンプ 問題ないか? (勝俣)はい。 大丈夫です。 (伊集院)ワイヤ 入れました。 中枢側 吻合 終了。 次は 末梢側だ。 (加藤)テフロンフェルト。 (響)はい。 4-0 プロリン。 (黒木)よし。 (黒木)デプロイする。 (伊集院)はい。 (黒木)いくぞ! 末梢側 吻合 終了。 (黒木)デフレーション。 (黒木)圧着 完了。 ステント グラフト 内挿術 終了だ。 フローダウン。 (勝俣)はい。 (心臓の鼓動) 上行大動脈 置換術 終了。 (伊集院)やった! (佐藤)やった! よかった。 朝田の手を 借りなきゃいけないとは。 落ちたもんだね。 黒。 (正)ああ…。 よかった。 ホントに 無事で よかった。 (正の泣き声) (里香)泣くな。 バカ。 (正)だってさ。 ≪(正の泣き声) ≪(正)ああ よかった。 ≪(足音) (高瀬)すまなかった。 いくら何でも 厚かましかった。 お前を あんな目に 遭わしといて。 (高瀬)今日は それを ちゃんと 謝りに来た。 女房の件は 忘れてくれ。 じゃあ。 (黒木)まだ 港北にいるのか? (高瀬)あれから 半年後に MEを辞めた。 俺だけじゃない。 みんな 病院を辞めたよ。 やっぱり あんなことがあって 続けていけなかった。 今じゃ しがない 医療機器メーカーの営業だ。 (高瀬)いずれにしろ あんな教授の 言いなりになって 俺らは お前を裏切った。 最低だった。 悪かった。 黒木。 (黒木)ああ。 最低だった。 最低だったよ。 あのチームは。 (高瀬)ああ。 でもな…。 ここには この病院には 最高のチームがある。 奥さんの病状は カテーテルでは 無理だ。 でも やつらなら。 あのチームなら 助けることが できるかもしれない。 黒木…。 俺が 言っておく。 ≪(ドアの開く音) ≪(黒木)朝田。 (黒木)オペしてもらいたい 患者がいる。 頼めるか? 誰だ? 俺の… 仲間だ。 俺の 古くからの仲間の 嫁さんなんだ。 助けてやってくれ。 その患者の カルテのコピーだ。 分かった。 おはよう。 心外結び? ちょっと 練習してみようかなって思って。 (伊集院)へえー。 偉いじゃん。 先生。 「ビビりの伊集院」って 言われてたんでしょ? そんな 伊集院先生でも あそこまで できるように なるんだもん。 わたしなら すぐ ゴッドハンドですよ。 フッ。 調子 乗んなよ バカ。 回診 行ってきます。 フッ…。 (手柴)これが 今日の理事会に 提出する 計画書です。 早く 用意しときなさい。 (手柴)すいません。 (藤吉)この患者が 野口が呼んだ ロシア人患者 第1号だ。 リディア・ナターリアって あの? そう。 世界的ピアニスト。 トリプルバルブの オペが必要だ。 トリプルバルブ? スケジュールの関係で 彼女のオペは 12月10日。 君に 執刀してほしい。 朝田は その日 ほかの患者の オペを予定してる。 (加藤)例の 高瀬さんの奥さん? ああ。 こっちは ベンタール トータルアーチだ。 トータルアーチ? (藤吉)一刻も早い オペが必要だ。 (高瀬)今から行く 病院にはな 素晴らしいチームが あるんだ。 (春香)そう。 (黒木)よかったな。 ああ。 分かった。 (せき) (加藤)この 2つのオペを 同じ日に? 無理よ。 (藤吉)どちらも 極めて難しい オペだ。 絶対に 失敗は 許されない。 それには メンバーが足りない。 日程を ずらすしかないわ。 ≪大丈夫だ。 俺が 呼んだ。 (加藤)誰を? 仲間だ。 仲間? 最高の 仲間だ。 (外山)久しぶりだな。 (野村)ええ。 (外山)腕が鳴るぜ。 (野村)暴れましょう。 (鬼頭)以上が 明真大学病院 本年度の 収支見込みです。 何か ご質問は? 緊急動議です。 鬼頭学長の 手ぬるい 再建計画書では 21世紀の 国際化する医療業界を 乗り切れません。 何 言ってるの? 今すぐ 鬼頭学長の解任動議を 議決したいと 思います。 あっ…。 (理事たち)異議なし! 異議なし!異議なし 異議なし…! 僕が ゆっくり おとなしく 中国 ロシアを 回ってたとでも? かの国への 根回しは とっくに終わってます。 わたしが 回ってたのは ここにいる 理事たちですよ。 あなたの飼い犬も よく 働いてくれた。 おかげで 事前に あなたの計画書を 拝見できた。 (野口)あなたは しょせん ただの外科医だ。 外科医は 外科医の器に お戻りなさい。 ミス 鬼頭。 失礼。 鬼頭先生。 (伊集院)ああっ。 (理事)新学長に 野口 賢雄先生が 就任されました! (野口)シェイシェイ! シェイシェイ!スパシーバ! スパシーバ! (伊集院)荒瀬先生! これ…。 (伊集院)ええ。 というわけで 学長になっちゃった。 僕。 (荒瀬)慢性 骨髄性白血病。 (伊集院)しかも 最初に 発症したのは アメリカ時代。 何度も 再発してます。 (荒瀬)治療も してないのか。 もう 手の施しようが ありません。 久しぶりだな。 (外山)久しぶりだな。 大先生。 (野村)お久しぶりです。 ああ。