唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享神探伽利略10日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(薫)えっ!? (弓削)龍仁湖の死体の 身元が分かったぞ。 ホントですか!? (弓削)藤川の周辺をあたって ドンピシャだ。 何しろ 同じ会社の 元 同僚だからな。 (草薙)梅里 尚彦 42歳。 K.S メディカル エンジニアリングの 営業だった男だ。 (湯川)そうか。 ありがとう。 (木島)珍しい客だなぁ。 今日 帰国されると 伺っていたので。 ごあいさつが遅れました。 お久しぶりです 木島先生。 (木島)ああ。 本当に 久しぶりだ。 (栗林)ったく! 警察のために こんな実験しなくたって…。 (薫)湯川先生! あなた 部外者でしょ!? 何で 当たり前に 入ってくるんだよ!? すいません。 大変なことが 分かったんです。 龍仁湖で発見された 死体も 木島さんの会社の 社員だったんです。 えっ!? 湯川先生は? (栗林)いません。 出てっちゃった。 どこに? ありがとうございます。 (木島)用件は 何だね? 先生に お伺いしたいことがあります。 亡くなった 藤川 雄一さんのことで。 (木島)しばらく 席を外していなさい。 (京子)はい。 いい香りですね。 (木島)君は インスタント派じゃなかったかな? 覚えていていただいて 光栄です。 (木島)それで? 先生は 藤川さんに 何があったのか ご存じなのではないかと 思いまして。 なぜ? 10月16日 この家の表で 先生と藤川さんが 言い争っているのが 目撃されています。 (木島)仕事上のことで ちょっとね。 だが 最後には 納得して 帰っていったよ。 もう一人 木島先生の会社で 行方不明になってる方が いらっしゃいます。 梅里 尚彦さんです。 (木島)営業の人間だな。 梅里さんも お亡くなりになりました。 (梅里)((戻ってこいよ! 藤川…)) (爆発音) (湯川)10月13日に 龍仁湖であった 爆発事故で。 (木島)驚いたな…。 (栗林)木島先生は 原子力研究の権威でね。 ホントなら 今ごろは うちの理工学部を 仕切ってるぐらいの人だ。 えっ…。 そんな人が どうして 大学を辞めたんですか? 95年に 高速増殖炉の ナトリウム漏れ事故があっただろ。 あの事故の影響が 大きくてね。 帝都大学も 原子力研究に対して 消極的になったんだ。 それで 大学に失望して? いや…。 すぐに 辞めたわけではなかったけど。 その後 あの人には いろいろ 妙な噂があった。 (湯川)藤川さんと 梅里さんの 体の組織から 中性子線 被ばくを示す 放射性同位体が検出されています。 それが? 先生の会社では 電子線加速器を 扱っていますよね。 改良すれば 中性子を つくり出すことができる。 我々の仕事は 医療機器の研究開発だ。 表向きは。 何が言いたいのかね? 先生の会社の 本当の目的は 別にある。 続けておられるのでしょう? レッド マーキュリーの開発を。 レッド マーキュリー? (栗林)旧ソ連が 開発に 成功したっていう 中性子を 100パーセント 反射する 幻の合金だよ。 それがあれば 少量のプルトニウムでも 立派な 原子炉がつくれる。 はい? (栗林)うん。 分かんなくていいの。 科学者の間の 都市伝説みたいなもので 実際には 誰も 見たことがないんだから。 でも…。 でも? 木島先生は それを つくろうとしていた。 そして 湯川先生も その研究チームの 一員だった 時期があるんだ。 (木島)わたしは もう 研究者ではない。 会社経営者だ。 研究は 断念したんだよ。 君のせいでね。 あれは 実に 面白い材料だったのに。 先生のプランには 核反応を 制御するためのシステムが 全く 欠けていました。 あの研究から 生まれてくるものは 原子炉ではない。 小型核爆弾です。 バカなことを。 もし あれが 誰かの手に 渡ったら…。 それは 使う人間の問題だ。 科学者は 研究にのみ 純粋であるべきだ。 そうだろ? (栗林)木島先生は 大学から 突然 解雇された。 誰かが 木島先生の研究を 告発したんだ。 告発したのは 多分 湯川先生だ。 (木島)わたしは 自分の考えが 間違っていたとは思っていない。 しかし 今は もう レッド マーキュリーとは 無縁だ。 二人が 被ばくしていたからといって 疑われるのは 心外だな。 わたしが 二人を殺したとでも? 梅里君が亡くなったのは 10月13日だと言ってたね。 だとすると わたしは そのとき 日本にいなかった。 藤川君のときも 同様だ。 君は なぜ 警察の手伝いなど してるのかね? 貝塚北署に 知人がおります。 (木島)ハハハ…。 そんなことに 貴重な時間を 使ってるのか。 インスタントコーヒーが 好きなわりには 合理性に欠けるな 君の生き方は。 (栗林)湯川先生は もう木島先生と かかわるべきじゃない。 湯川先生は ホントに 優秀な人なんだよ。 将来 期待されてる 学会のホープなんだ。 内海刑事。 頼みます。 もう あの人の 邪魔をしないでください。 久しぶりに 話しができて 楽しかったよ 湯川君。 僕は 藤川さんが殺害されたのは 10月16日。 彼が ここを訪れた日ではないかと 思っています。 (木島)ほう…。 では 梅里君については? 先生に協力する 誰かがいれば 方法は いくらでもあります。 (木島)協力者? ハハハハ…。 今日の評価は Dだ。 論理の展開が あまりにも ずさんすぎる。 君のリポートは 根本から 書き直したほうがいいな。 分かりました。 梅里さんと 藤川さんの 死の真相 僕は 必ず 明らかにしてみせます。 楽しみにしてるよ。(弓削)何 言ってんだ? お前。 (薫)ホントなんです。 水中に 雷の 電気エネルギーが 放出されて それで デスマスクが。 (弓削)何 わけの分かんないこと 言ってんだよ。 衝撃波で アルミ板が 藤川さんの顔に…。 (弓削)お前なぁ そんなことよりも 今は 梅里と藤川が 何で 死んだのかってことのほうが 大事だろ。 同じ会社の人間が 立て続けに 二人も変死してんだ。 [TEL](呼び出し音) (湯川) 「続けておられるのでしょう? レッド マーキュリーの開発を」 (木島)何をしている? (京子)暇なもので 遊んでいただけです。 (湯川)「続けて レッド マーキュリーの開発を」 (木島)心配性だなぁ 君は。 (京子)お疲れですね。 警察で 同じことを 7回 聞かれた。 (京子)申し訳ありません。 先生が 研究に 専念できるようにすることが わたしの役目なのに。 わたしは 大丈夫だよ。 でも こんなこと 時間の無駄です。 しかたないじゃないか。 お疲れさまです。 (警官)お疲れさまです。 やっと つかまえた。 (湯川)なぜ 電話に出ない? 君に避けられている 理由が 分からない。 (薫)湯川先生は 何も 悪くありません。 わたし 反省したんです。 いつの間にか 先生に頼るのが 当たり前に なっちゃってたんだって。 わたしは 刑事として 怠慢でした。そんなことはない。 ホントは 先生も 迷惑してたんでしょ? いいや。 迷惑してました。 してない。 迷惑だって 言ってたじゃない! 確かに 言ったことはある。 ほら。 内海君。 もう いいかげんにしてくれって うんざりしてたんでしょ!? かもしれない。 ほらね。 今まで ありがとうございました。 あしたも早いので これで 失礼します。(児童)わ…。 わ…。 わーっ!(弓削)木島 征志郎の秘書 穂積 京子が自殺した。 えっ!? 遺書には 梅里殺し 藤川殺しは すべて 自分がやりましたと 書かれていたそうだ。 使用された銃は 藤川殺害に 使われたものと 同型だし まあ 確定だな。 ありえない。 そんなの おかしいですよ。 (桜子)で 弓削さんに たんか切って 飛び出したわけ? ああ…。 徹底的に調べて 絶対に 真相を 暴いてみせますって。 (桜子)フフフ…。 それで 昨日 一日中 走り回って ここに? はい。 あのう…。 留守番電話の 録音された日付が おかしいんです。 えっ? 例えば 別の人が 藤川さんに 成り済まして 留守番電話に 声を録音する 方法とか ご存じないかなって 思いまして。 あの そうじゃなくて。 どうして ここ 来たの? えっ? まさか ガリレオ先生と ケンカでもした? 違います。 もう 頼らないことにしたんです。 へぇ…。 面白い。 何がですか? うん? 彼 きっと 寂しがるわよ。 湯川先生は そんな人じゃないですよ。 そうかな? そうです。 断言します。 フフフフ…。 フフフフ…。 フフフ…。 まずは 資料 集めて 科捜研の音響研究所。 はい? 音のことだったら そこ 行って 聞きなさい。 あっ…。 はい! これで 合ってるはずなんだ。 (村瀬)何ですか? 龍仁湖の爆発は その状況から 考えて 何らかの アルカリ金属と水の 反応によるものと 考えるのが 妥当だろう。 あの炎の色から 推測すると 恐らく ナトリウム。 (小淵沢)そうか。 ナトリウムなら 痕跡が 何も残らないことも 理解ができますね。 しかし…。 (森)しかし? 量が合わないんだ。 あれだけの爆発を 引き起こすほどの 大量の 金属ナトリウムは このボートには 乗りきらない。 (紗江子)ああ そっか。 何か 別の 未知の金属…。 (薫)これが 藤川さんの声が 録音された 留守番電話のテープです。 (職員)えっ ちょっと…。 あと これが ホームビデオ。 こっちは 高校時代に 本人が 歌を吹き込んだ テープ。 ちょっと…。 ちょっと 待ってください。 えっ…。 こんなもの 持ってきて 何なんですか? 何か少しでも 変なことがないか 徹底的に 調べてほしいんです。 留守番電話に残された 藤川さんの声を。 (湯川)なぜ 藤川は殺されたのか。 いや。 全く 違うのか。 (湯川)((先生に協力する 誰かがいれば 方法は いくらでもあります)) (木島)((協力者? 君のリポートは 根本から 書き直したほうがいいな)) 梅里を殺したのは 木島先生ではなく 藤川 雄一が 梅里と木島先生を 殺そうとしたのか?(木島)((わたしが 二人を 殺したとでも?)) (薫)((その日の夕方の 留守電メッセージは どうなるんですか?)) 理論上は可能だ。SUPER NaKだ。 (学生)おっ…。 (学生)これ…。 まだ開発中の 核反応の 冷却に使う ナトリウム合金だ。 これが 実在すれば 龍仁湖の爆発の謎は 解明できる。 実証してみよう。 しかし SUPER NaKなんてものは…。 恐らく すでに 藤川は 完成させていた。 彼に つくれて 我々に つくれないはずはない。 失礼します。 お待ちしてました 内海さん。 いやぁ 驚きましたよ。 結果は? うん。 (藤川)「雄一だけど 昨日の留守電 聞いたよ」 (職員)声は 間違いなく 本人のものです。 でも すべての単語が 継ぎはぎにされて この文章が 作られていることが 分かったんです。 いいですか? (藤川)「雄一」 「だけど」 「昨日の」 「留守電」 「聞いたよ」 えっ!? どういうことですか? バラバラに集められた 音声データを 組み合わせているんです。 試しに やってみましょう。 (藤川)「内海刑事。 今日も お美しいですね」 はっ!? (爆発音) (学生たち)できた! リポートの再提出だ。 (草薙)大したもんだよ あのテープ。 本庁の連中も みんな ひっくり返ってたぞ。 (薫)じゃあ…。 (草薙)また 一から 捜査のやり直しだ。 忙しくなりますね。 (草薙)まあな。 まあ とりあえず 今日のとこは お前 帰れ。 はっ? 大丈夫ですよ。 まだまだ…。 ここんとこ ずっと 駆けずり回ってたんだろ。 今日ぐらいは ゆっくり休めよ。 じゃあ お言葉に甘えて。 失礼します。 (草薙)内海。 はい。 メリー クリスマス。 あっ。 ああ…。 [TEL] もしもし。 [TEL](湯川)湯川だが。 あっ…。 [TEL](湯川)話したいことがある。 でも…。 [TEL](湯川)研究室に 来てくれないか。 はい。 (湯川)「待ってるよ」 「待ってるよ…」 ≪(ドアの開く音) こんな時間に 何の御用です? 木島先生。 (木島)君のリポートは 書き直せたか? はい。 いいだろう。 ただし 採点は厳しいぞ。 まず 梅里を殺害したのは 藤川 雄一です。 彼は 梅里を 湖に連れ出し これを使用した。 SUPER NaKです。 原子炉の冷却剤として 研究されている この合金は ナトリウムよりも はるかに 爆発の威力が高い。 藤川は この開発に成功していた。 彼は 梅里の正体を 知ってしまったのでしょう。 自分たちの会社に 送り込まれてきた 武器商人であるということを。 (梅里)((藤川!)) (爆発音) (湯川)そして 藤川は 次に 先生の家を 訪れた。 先生の考えを ただすためにです。 自分たちの研究は 本当は 核兵器の開発が 目的だったのかと。 近所の方が 目撃した口論は このときのものです。 藤川は 先生と刺し違える 覚悟だったのでしょう。 しかし その結果 彼は 射殺されました。 (発砲音) 死体を遺棄したのは 殺害した当日か その数日後。 遅くとも 10月19日よりも前です。 ほう。 その根拠は? 10月19日の落雷で 生じた 衝撃波が 池に捨てられていた アルミ材を 藤川の顔に はり付けました。 その デスマスクが 偶然 発見されていたんです。 実に 面白い。 僕も そう思います。 その後の アリバイ工作は 単純なものです。 藤川の 自宅アパートから バイクで 走り去ったのは 穂積 京子でしょう。 (エンジンをふかす音) (湯川)先生が 海外へ行かれた後 彼女は 藤川が まだ 生きてるかのように 見せかけ 藤川の実家の 留守番電話にも 声を残した。 恐らく サンプリングされた 藤川の声をもとに 作り出された 偽の声。 そして これが 最後の事件です。 先生は 穂積 京子を 藤川を撃ったものと 同じ銃で 殺害した。 すべての罪を 彼女に着せ 捜査を終了させ あなた自身が 研究を続けるために。 以上です。 なるほど。 評価を お願いします。 見事だ。 湯川君。 論理的な 破たんは 全く 見られない。 そこから 導き出される 結論の一つは わたしが 極めて 運の悪い 男だということだ。 おおむね よろしい。 が 君は 一つだけ 間違えた。 わたしは 穂積君を殺していない。 彼女は 本当に 自殺したと? ああ。 あなたの研究を 守るために? なぜ そこまで…。 君には 分からんだろうね。 なぜ 人の命を失ってまで 研究を続けなければ ならなかったのですか? 人類の未来のために 有意義な 研究だからだ。 (木島)藤川と梅里の 被ばくは プラント内部の 設計の不備が原因だ。 十分な 研究費用があれば あんな事故も 起きなかった。 結局 わたしの研究の意義を 本当に理解してくれていたのは 京子だけだったかもしれない。 研究に捧げた 孤独な人生。 わたしの研究への熱意は 彼女の期待に 応えるために あったと 言っていい。 それが 彼女を 死に 追い込んだんです。 (木島)そうかもしれない。 感情というものは なかなか やっかいでね。 彼女のいない これからを 考えるのが 難しい。 そして つい しっとしてしまうんだよ。 わたしたちの いない未来を 君たちが 生きていくという 現実にね。 君に 最初に見せたかったんだ。 これは!? まだ 完ぺきとは言えんがね。 レッド マーキュリー! ああ。 本当は もう少し 小さく つくりたかったんだが。 現状では この ぶざまな大きさが 限界だった。 だが 威力は なかなかのもんだよ。 これで 東京の半分は 壊滅するだろう。 これが 最後の課題だ。 解除方法は 全部で 7,854通り ある。 そのうち 正解は 一つ。 制限時間は 今夜 12時までとしてある。 あと 3時間。 わたしからの クリスマス プレゼントだ。 最後に 何か 言っておきたいことは あるかね? 藤川を 穂積 京子に 殺させたんですか? 引き金を ひいたのは 彼女ですね? 今 はっきりと 分かりました。 あなたは 科学者として 完全に 失格です。 危険な研究を続け 二人の人間を 死に追いやり しかし 自分の手は 決して 汚さない。 穂積 京子が 自分のために 命を投げ出すことを あなたは 心の どこかで 想定していた。 想定していながら それを 放置したんです! そして 今 ここに 爆弾を設置したのは すべての罪を 僕に かぶせるためです。 この期に及んで あなたは まだ 逃げようとしている。 責任を取れない 人間は 科学者であってはならない! あなたに 未来を つくる資格はない。 言いたいことは それだけか? ならば 実証したまえ。 君の力で 未来を つくることが できるのかどうか。何ですか? 素因数分解を 知らないのか? 解除方法は 7,854通りと 言っていたが それは このように 五つの素数に 分解することができる。 つまり これから クリアしなければならない 選択肢の数は 最大で 五つということだ。 はあ。 全く 木島先生らしいよ。 これが爆発すれば 東京の半分が 壊滅か。 なかなか スリリングだ。 やっぱり 逃げて。 まだ 言うか? だって こんな 複雑な。 普通 爆弾って 赤と青のコード どっちか 切ればいいのに。 アニメの見すぎだ。 そんな 単純な爆弾が 現実に あるわけない。 これが 普通? さて どうかな。なぜ 黙るんだ? えっ? いや。 気が散るかなと思って。 人間は 環境に 適応していく 生き物だ。 日常的に うるさい人間が 急に 静かになったら そっちのほうが 余計に 気が散る。そんな 言い方! うわっ! ああ! よし。 僕じゃないんだ。 えっ? 木島先生を 告発したのは 僕じゃないんだ。 告発したのは 当時の 木島先生の助手だ。 僕には できなかった。 木島先生の考え方を 否定しながらあの人が 全身全霊をかけている 研究を 取り上げることは できなかった。 先生。 結局 僕も… 木島先生と同じだ。 違います。 同じだよ。 違います! 持って。 えっ? いいから 持って。 一つでも 間違えれば 二人とも 死ぬ。 はい。 ふうー。 いくぞ。 はい。 ああっ! ああー。 あー。 あー。 すいません。ふうー。 はあー。 ≪(起動音) えっ? 何だ? これは。 えっ!? 何? グラフ理論を使った シミュレーション。 起爆コードの解読を コンピューターと 競わせるのか。 どうしたんですか? (起動音) あっ。 先生! また 何か 動き出しました! 湯川先生? 連続する 2項の比が 黄金率に 収束していく。 フィボナッチ数列。いや。 違う。 これは トラップか。 はい? この アルゴリズムを用いた 数値からは 一見すると 依存傾向は同じだが 異なる イニシャル コンディションによって 変化が 生じている。 例えば この数列の 素数番目の 数に対して インデックスを フォートするような 剰余をとると すべて 1に 等しくなるんだ。 これは フィボナッチ数列に 見せかけた リュカ数列だ。 1876年 フランスの数学者 エドゥアール・リュカは これらの数列を用いて 2のn乗 マイナス1が 素数で あるかどうか…。 もう いいです! 分かりました! 続けてください!危なかった。 よし。 終わったんですか? ここからだ。湯川先生! 急いで! (木島)もうすぐだ 京子。うん! 何だ? これは。 どうしたんですか? (ため息) さっきの言葉は 撤回しよう。 えっ? やっぱり アニメも 見ておくべきだった。ダメだ。 分からない。 えーっ!? どっちを 切ればいいのか さっぱり 分からない。 えー! 先生 早く! 君の好きな色は? へっ? 君の好きな色は? え…。 ピ… ピンク! まさか 勘!? 何か 問題でも? あー。 もう 時間がない! どっちでもいいから 早く! (クラッカーの音) (学生たち)メリー クリスマス! イエーイ! ああー。 終了だ。 君の勘は 超常現象だ。 常識では 考えられない。 無事で よかった。 湯川先生。 はあー。 ひどい クリスマスですね。 そうだな。 そういえば 以前 君は 僕が サンタクロースを 信じていたか どうかについて 極めて 非論理的な…。 先生。 うん? その話は 今 しなければ いけませんか? いや。 じゃあ また 今度。 そうだな。 また 今度にしよう。 (泣き声) 湯川先生。 メリー クリスマス。 メリー クリスマス。 風船の上部に沿った 空気の流れは 下部より 速いため 圧力の 低い部分ができる。 結果 圧力の低い部分に 風船が ひきつけられ 浮かんだままの 状態になる。 (栗林)ここ 大事だよ。 このように 流体の速度が 上がるほど 圧力が 小さくなることを 「ベルヌーイの法則」と言っていたんだが。(栗林)あら! 何だよ もう! 湯川先生! 助けてください! (栗林)また 来た! 君は もう 僕には 頼らないんじゃなかったのか? そんなこと 言ってません。 もう 迷惑は かけないとも 言っていた。 そんなの 気にするなって おっしゃいましたよ 湯川先生。 言ってない。 今度は ホントに分からないんです! (栗林)はい。 先生の話 聞いて。 実は この実験には 近年 別の アプローチの解釈も 存在するんだ。 マンションの 45階で 殺人があったの! 風船と 空気の間に 働いている力には 作用と 反作用があるという 考え方で。 犯人は 若い男! これを ニュートンの 第三法則という。 居合わせた人たちが 取り押さえようとしたら。 (栗林)はい 無視 無視! つまり 同じ現象を ニュートン力学の 観点から 説明することが できるんだ。 そいつは 45階の窓から 飛び降りたんです! (学生たち)えっ!? 湯川先生! うっ! (栗林)あっ! そして 空中に浮かんで 煙のように 消えてったの! (栗林)何を言ってんだ!? そんなことは 絶対に ありえない! ありえない? なぜ そう 言い切れるんです? えっ? 空中浮遊。 興味を 持っていただけました? 湯川先生。 実に 面白い。 ♪♪『KISSして』 (神保美姫)このブランド 必ず越前屋に呼んでみせます。 (天野絹恵)プリーズ!! (ミヤザキ)オーナーと相談した結果 今回は…。 (蜂矢) あなたは 僕の勝利の女神だ。 (尾崎)神保統括部長の解任を 要求します。