唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享警视厅特殊犯搜查系07日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(本木沙耶華)お姉ちゃん! (門倉美咲)うっ! (東 弘樹)大丈夫だ もう。 ジウ…。 (竹内亮一)守ってみろ。 (銃声) この女 殺すぞ。 (伊崎基子)本気出せって! (銃声) (雨宮崇史)これ 基子ってお姉ちゃんに… 渡してくれる? 雨宮巡査の殉職を隠す代わりに 私を売った。 私をSAT制圧班の 班長にしてください。 (ジウ)殺す。 (小野茂夫)気をつけろよ。 なんの事です? 次は こいつを…。 殺す。 (木原 毅)SATの伊崎基子さん… ですよね? ゆっくり お話し出来ませんかね?(セミの鳴き声) ≪主任! 門倉…。 駄目じゃないですか! 抜糸も済んでないのに 退院なんかしたりしちゃ。 これ 主任が掃除したんですね? ああ いや ちょっと 落ちてたものを拾っただけだ。 ちょっと落ちてたものを 拾ったぐらいで これだけの量になるんですか? それと そのTシャツ。 Tシャツ? 病院でも着てましたよね。 帰ってから洗濯したんですね? ああ ちょっと たまってたから…。 主任 掃除とか洗濯とか そういう事するの やめてください! そんな事言ったって 仕方ないだろう。 それに 君 なんで そんな怒ってんだよ。 だって 主任が 勝手に退院したりするから…。 もう体 大丈夫なんだ。 いつまでも 寝てるほどじゃないんだよ。 そういう問題じゃないんです! ちょっと声が大きいよ。 もしも何かが当たったり 転んだりして 傷口が開いたりしたら…。 そんな事は…。 もしも夜中に無意識に傷を触って 出血したりしたら どうするんですか? 主任が おとなしく 病院にいられないんだったら 私 毎日だって ここに来ます。 だから… 私… 私は…。 門倉 お前の気持ちは よくわかった。 主任…。 俺も早く復帰するよ。 は? 午後から取り調べがあるので 帰ります。 あっ おい 竹内の様子 どうだ? まだ黙秘を続けています。 他に何か…。 とにかく 主任は 体を治す事に専念してください! わかりました。 失礼します。 (木原)ゆっくり お話し出来ませんかね? まあまあ ちょっと待ってよ。 大事なご相談があるんですって。 誰だよ あんた。 こういうもの 書いた奴です。 木原です。 フリーのジャーナリスト。 おっと! 気持ちはわかるが 暴力はいかんよ 暴力は。 うっ! ああ…。 結構 自信持っちゃうなぁ。 これでもね 学生時代は ボクシングで結構…。 ああっ! 自分のバックボーンを ベラベラ語るって 弱点ばらしてんのと同じなんだよ。 じゃあ お大事に。 (木原)おい… おい ちょっと! おい ちょっと待った! 話が…! おーい! (ドアの開閉音)(沼口)左目の奥と鼻骨の骨折 首は重度の捻挫。 右肩に銃創 右ひじの靱帯は断裂寸前。 何度見ても すげえな。 (佐々木)うわっ これ本当に 美咲ちゃんの元同僚がやったのか。 なんか 信じらんないな…。 いくらなんでも やり過ぎです。 (倉持)えっ? 竹内は そろそろ うたってくれそうか? まだ ほとんど喋っていませんが 今日から 攻め方を変えるつもりでいます。 なんか手があんのか? いってきます。 なんか 怒ってました? 美咲ちゃんの ああいう顔 珍しいな。 虫の居所が悪いんだろ。 ああ… 月イチってやつじゃねえか? (2人)ヌマさん! じゃあ 始めます。 あなたを今回 女児誘拐事件に誘ったのは ジウと呼ばれている少年で 間違いありませんか? 以前 あなたは 優秀な自衛隊員で 隊内で問題を起こした事も なかった。 金銭的にもクリーンで 陸上自衛隊を除隊する時には 随分と引き留められたそうですね。 そんな あなたが どうして この少年に誘われたくらいで 人生を棒に振るような事を したんですか? しかも 警察官を銃殺してまで。 あなたのご両親は あなたが小学5年生の時に 離婚されていますよね。 あなたは お母様についていき 妹さんは お父様についていった。 今年で26歳になった… 中村幸恵さん。 調べを担当した捜査員から 写真を預かりました。 おきれいな方ですね。 やめろ…。 妹さんは お仕事中 営業先で倒れられた。 検査の結果 手術が難しいところに 腫瘍が出来ている事がわかった。 すでに 手術・入院費用が 数百万単位で必要になっている。 だから あなたは 妹さんのために自衛隊を辞め ジウと行動をともにした。 違いますか? 伊崎基子巡査部長。 はい。 本日より 制圧ニ班の新分隊長だ。 (小野)欠員していた隊員も補充。 白石 三上 千葉の各隊員も 本日より制圧二班に加わる。 しっかりやってくれ。 よろしくお願いします。 (白石・三上・千葉) よろしくお願いします!(白石)雨宮巡査の遺品… 分隊長は 何かお持ちになられますか? (雨宮の声)こう見えて僕は 敬虔なクリスチャンだからね。(白石)雨宮さん 捨て身で 人質を守ったんですよね。 ああ…。 残念ですね 本当に。 白石…。 道場行くか。 (白石)えっ? 稽古つけてやるよ。 行くぞ。 すぐ行きます。 ここ。 この部分。 確かに 何か言ってるように 思うんですが…。 (柴井健一)そう言われれば 見えなくもないんだけど…。 私は2つとも 同じ事を 言ってるように見えるんです。 だとしたら 犯行メッセージ…? 何か 意味があるのかなぁ。 この映像を 解析してもらう事 出来ないでしょうか? 映像解析なら 捜査支援分析センター…。 捜査支援分析センター。 (木原)よっ。 いい汗かいてる? ビジターなもんで やり方わからなくって。 トレーニングの仕方とか 一から教えてもらえません? 断る。 (木原)おっ! あれ やってみよ。 俺が あんたの記事を書いたから マスコミに 付きまとわれてんじゃない? なんか 責任感じちゃうなぁ。 付きまとってんのは あんただよ。 そう言われると 返す言葉がないよねぇ。 どう? 結構やる方でしょ? そういう格好 あんた 全然似合ってないよ。 何事も形から入る質でね。 付き合ってられっかよ。 おっと。 真面目な話をしよう。 無理だね。 殉職した雨宮巡査の件なんだけど。 食いつきましたなぁ。 雨宮が どうした? 廃虚ホテルで あんたが捕った3人 あれ 全部 ただの使いっ走りだったって 知ってた? 使いっ走り? そう。 主犯は あの現場でパクられてない。 今 まだ シャバのどこかを 普通に歩いてる。 そいつは 利憲くん誘拐事件と同一犯だ。 利憲くん誘拐事件…。 警察内部じゃ 「四月の黒星」って 呼ばれてるヤマ。 誘拐された利憲くんは 無事に保護されたが 5千万は まんまと奪われた。 知ってるよな? 特一の黒星。 一応 知ってるよ。 犯人は 利憲くんの小指を切断して それを取引のネタにした。 この利憲くん事件の 犯人グループの1人が 荻窪の立てこもり事件の犯人 岡村和紀だって事は? 知ってる。 岡村も私が捕った。 岡村がパクられた後 岡村以外の仲間3人が 練馬の廃屋から 死体で発見されたってのは? それは知らない。 3人の死体が見つかった直後 岡村は病院で 死体となって発見された。 マジかよ。 利憲くん事件にかかわった 仲間たちを 殺したであろうと されているのが…。 国籍 年齢 名前も不詳。 仲間内では ジウって呼ばれてた。 ジウ。 (木原)そう。 そのジウが 廃虚の現場にもいたんだよ。 で ジウは 警察が がっちり周りを固めてる 廃虚から まんまと逃げ出した。 警察は目下 このジウを 血眼になって捜してるってわけだ。 あんた なんで そんな話知ってんだよ。 ジャーナリストの 華麗な人脈ってやつだよ。 で そのジウと雨宮 何が関係あんだよ? 大ありなんだ。 なあ 雨宮ってのは 人質の子供を庇うためとはいえ そんな簡単に撃ち殺されるような か弱い奴だったのか? (木原)雨宮は 竹内に撃たれる前には すでにボロボロの状態だった。 (雨宮)ああーっ! (木原)雨宮を叩きのめして 身動きを取れなくした奴がいる。 そいつが ジウだ。 叩きのめして…? まさか 雨宮が…。 (ドアの開く音) (東)どうも どうも。 捜査一課の東です。 先の現場で 君の仲間には だいぶ世話になってな。 10日ぐらい休んでたんだが 今日から 君の取り調べは 私がする事になった。 どうぞ よろしく。 何か質問は? よし じゃあ こっちから 聞かせてもらおうかな。 君は なぜ この誘拐計画に参加した? シャブもやらない 借金もない。 ギャンブルや酒で トラブルを起こしたような 過去もない。 そんな君が なぜ この誘拐計画に加担したのか。 君の妹さんは病気だそうだが… 医療費の工面をするなら 他に 方法は いくらでもあったはずだ。 何か 普通に借金出来ない理由でも あったのか? うん? (東)どうなんだよ? 竹内。 フッ…。 (東)おい 何がおかしい。 それで あんたは納得出来るのか? 納得? 俺が 病気の妹の 医療費を捻出するために ジウの犯行計画に参加したと 認めたら… それで あんたたちは 納得出来るのか? 納得は出来ない。 君が どう説明しようと それが警官を殺害した理由には ならんからな。 しかし…。 残念ながら 妹の事を聞いても無駄だ。 俺と中村幸恵という女は 全くの無関係だ。 無関係? 随分な言い方だな。 君は妹思いの男だと 思ってたんだがなぁ。 甘ったるい話だ。 甘ったるい? (竹内)俺は 金など必要としていない。 俺は はなから 金をもらうために 誘拐計画に参加したんじゃない。 だから なんのために? 理想のためだ。 営利誘拐の先に 一体 どんな理想があるっていうんだ? 俺が何を言っても あんたらは納得しない。 この世で… いや… 少なくとも この日本で 正しい価値観のもとで 生きていると思い込んでる お前らに 俺の考えは理解出来ない。 それは… どういう意味だ? 君は どう思った? 竹内の あの態度。 なんか… ちょっと何かに とりつかれているような…。 俺も少し そう思った。 だが もとになってるものが なんだか 全く察しがつかん。 テロリストの思想… とか。 どうも そういうふうにも 感じられない。 まあ ああいう輩は 本当は喋りたくて うずうずしてるもんだ。 刺激の仕方さえ間違えなければ 次の取り調べでも 何か聞き出せるさ。 でも さすがですね 主任。 うん? 何が? 竹内に あんなにスラスラ 喋らせるなんて。 私は 妹さんの事で 話しをさせようって 思ったんですけど 甘かったです 私。 (東)まだまだ これからだぞ。 うん? 何 ニヤニヤしてんだ? いや… その…。 主任 顔色もいいし 元気になったなあって。 うん。 もう大丈夫だ。 で 話の続きは? (木原)どうよ? この店。 意外にいけるだろう? (店員)はいはい はいはい お待たせ~。 うん。 (外国語) どこの国の料理だよ。 なんだ? これ。 鳥の睾丸。 あっそう。 こういう店は やばい話するのに便利なんだよ。 周りの客に聞かれても 通じてないもんな。 だから やばい話って? 新宿で ここ数か月 暴力団の組事務所や ヤクザが仕切ってる飲み屋が 見境なく襲撃される事件が 起きててな。 ヤクザが必死になって 犯人捜しをしてる。 (タク)それをやってる奴らの 中心は 外国人らしい。 (木原)そんな真似をやらかすのは 新宿の人間じゃない。 ヤクザにだって ヤクザなりの筋ってもんがある。 その筋が通用しない奴ら…。 外国人。 (木原)そう。 不法滞在者の集団が襲撃犯だ。 まあ 正体のわからない連中だが 俺の睨んだところ その中心は ジウだ。 それで? (木原)俺は あの廃虚の事件で 犯人が拳銃だのライフルだのを 使ったと聞いて気づいたよ。 利憲くん事件も 荻窪立てこもりも 廃虚の事件も 全部 ジウにつながってる。 もし 裏が取れて記事にしたら とんでもないスクープになる。 (木原)だけど…。 だけど? このネタは 俺1人で追うには底が深過ぎる。 やばさ加減が半端じゃないんだよ。 だから あんた 俺と組まないか? 俺と組んで ヤクザやサツよりも先に ジウを捕まえようぜ。 強くて頭が切れるパートナーが 必要なんだ。 それは あんたしかいない。 雨宮を死なせたジウを 叩き潰したいだろう? こいつが ジウだ。 なんで こんなもん…。 カンペー。≫伊崎さん? やっぱり伊崎さんだ。 伊崎さんも 今 帰り? ああ。 そっか。 あの… 伊崎さん…。 何? この前 廃虚の時は 助けてもらって…。 別に助けたわけじゃないよ。 私は残りのマル対を捕りにいった。 その時 人質だったのが たまたま あんただった。 それだけ。 でも 荻窪の立てこもり事件の…。 あの時も同じ。 私はマル対を追ってるだけだよ。 でも 助けてもらった事に 変わりはないよ。 ありがとうございました。 あ 待って。 あのね 今 私ね 元自衛隊員の取り調べを 担当してるのね。 へぇー。 上の方も しゃれた采配するな。 それでね 伊崎さん…。 なんだよ。 逮捕時に被疑者に あれだけのケガを負わせる 必要があったのかなあって 私は ちょっと思っててね。 思ってて 何? 今も その被疑者 かなり体が不自由な状態なのね。 だから その… なんていうか…。 えっ? 現場は戦場なんだよ。 生きるか死ぬかなんだ。 あいつは元第一空挺団だって いうじゃねえか。 そんな奴 相手にして ケガしねえようにって 手加減してられっかよ! 本気でやらなかったら 私がやられてんだよ。 実際 あいつは…。 あいつは… 1人殺してんだよ。 そ… そうね。 ごめんなさい… お礼言ったり こんな事 言ったり。 ほんと 勝手だよね。(ジウ)ウォ ザイ ズゥ リィ…。ウォ ザイ ズゥ リィー!!(基子の声)現場は戦場なんだよ。 生きるか死ぬかなんだ。私には耳障りだけど… あんたの声。 あんたさ 警察官やめて シスターにでもなれば? 私 なんか 追いかけてばっかり。 私って… ドMなのかな? (東)君が昨日話してくれた事だが 君の 考え 理想というものについて もう少し詳しく 教えてくれないか? (竹内)理解は覚醒の後にしか あり得ない。 覚醒とはなんだ? まず 俺の質問に答えてもらおう。 そもそも 人はなぜ 人を殺してはいけないんだ? 人を殺せば なぜ罪となるんだ? 単純な事だ。 お前にも 大切な家族がいるだろう。 それを殺されたら 怒りを覚えるだろう。 それは誰にとっても 同じだって事だ。 だから 我々警察は 社会を守るために…。 (竹内)人命など たいして重みのないものだ。 なんだと? 俺はそれに気づいたんだよ。 まず… それが覚醒の第一歩だ。 じゃあ… 俺には覚醒など 金輪際 出来そうにもないな。 ああ 仕方のない事だ。 だが 気づける人間は気づく。 (竹内)そういう人間は 突然変異的に出現する。 例えば 俺がそうだ。 じゃあ… お前とジウは そういう考えを共有した 仲間って事か? 共有というより… ほんの一時の共闘だな。 一時ってのはどういう意味だ? (竹内)ジウと俺とは 確かに 同じものの中で 同じ方向を向いていた。 ただ それは一時の事だ。 奴とはいずれ 直接殺し合う運命にあった。 ほう…。 その 同じものっていうのは 組織っていう意味か? そんなものはない。 なあ 教えてくれよ。 同じものってのは? ん? もっと正しい言葉が欲しいのなら 教えてやってもいい。 どんな言葉だ? 新しい「秩序」だ。 秩序…。 じゃあ その秩序に則って ジウは 子供の指を切り落とし 仲間を殺し お前は警官を殺害…。 (竹内の笑い声) くだらないな。 何がだ? 誰かが誰かを殺す。 そのたびに いちいち 理由や意味を見出そうとする。 まず その考え方が くだらないと言ってるんだ。 主任…。 話を続けてください。 新しい秩序とは なんですか? お前らが言う秩序とは 一体 誰のために守られる? もちろん… 一般市民のためだ。 違う 違う 違う 違う!! それは違う。 決して「一般市民」と呼ばれる 社会の下層にいる 人間のためではない。 全て 特定の階層の利益のためだ。 お前らがこれまで 守られてきた秩序と そのために流布された観念だ。 例えば その一つが…。 殺人の禁止だよ。 社会は畑 お前らは作物だ。 法律という農薬をまかれ 作物の根が干渉し合わぬように 一定の間隔をあけて 植えられている。 この社会から最も多くを 吸い上げてきた人間たちは さらに多くの 収穫を得られるように 長らく用いられてきたのが 愛という概念だ。 愛とは作物が互いに 傷付け合わないように はめられてきた 単なる枷に過ぎない。 枷だと? 「愛があれば 愛を信じていれば 人は人を殺さない」…? 実にくだらないお題目だ。 (竹内)覚醒してみろ お前も! そうすれば 必ずわかる。 俺たちは ただ 奴らの利益を守るために 愛という無意味な概念に いつの間にか はめられてきたという事を。 (竹内)しかし… それを全て 変えてしまうものがある。 それは? 世界を変える新しい秩序。 そう… 新世界秩序だ。 新世界秩序…。 俺たちは… 俺とジウは この世の中を変えるために 共闘してきた。 俺達の中にあるものは… 新世界秩序 ただ一つだ。(門倉岩雄)うちの娘は少年係で 子供の世話してんだよ。 (岩雄)捜査本部なんて 聞いた事ねえんだ! (佐々木)いや しかしですね お父さん…。 お父ちゃん!? おう 美咲ちゃん。 佐々木さん すいません。 お父ちゃん どうしたの? いや お父さんがな 差し入れを 持ってきてくださったんだよ。 これ いなり寿司を。 差し入れ…。 (佐々木)門倉巡査は 特別捜査本部にいますって 説明したんだが 何か誤解があったみたいでな。 あの…。 では お父さん いただきます。 ありがとうございました。 お父ちゃん…。 お前 少年係じゃなかったんだな。 あの…。 あっ 待って。 隠してて ごめんなさい。 でもね 私…。 母さんが心配してる。 お前が長い事 顔見せないってな。 ごめん…。 特別捜査ってのは 大事な仕事なんだな? うん。 じゃあ しっかりやれ。 また電話するからね。 (沼口)それがつまり 具体的にどういう話なのか わからないんですかね? (倉持)竹内の言ってるのは 無差別テロって事ですか? そこが 俺にもよくわからん。 漠然と 今の社会 全てを 敵視するような言い方だったが どうも うまく説明が出来ない。 愛というものを信じていれば 人は人を殺さない… か。 (倉持)新世界秩序っていうのには つまり 愛は必要ないって事ですか? わからん。 ただ… 竹内が どんな考えの持ち主であろうと 雨宮巡査を殺害した事には 変わりはない。 それだけ切り取って さっさと 起訴しちまえないもんですかね。 とりあえず お話はまた明日か。 (東)よし じゃあ 次は 歌舞伎町周辺の地取りを 倉持から。 はい。 えー 歌舞伎町による ジウの一斉捜査に関しては 全捜査員の約半数を 投入しておりますが まだジウは見つかっておりません。 (木原)ここから見てると どんな連中が ジウを探し出そうとしてるのかが 手に取るようにわかる。 ヤクザとサツカンだろ? (木原)そう。 警察はジウの捜査を 歌舞伎町に絞ってる。 だけど 今は圧倒的に ヤクザのほうが多いな。 (木原)あっ あれは 大和会系白楼会のオダジマ。 あんたの事 ちょっと見直したよ。 へー うれしいね。 どういうとこが? 顔? それはない。 ああ そう。 でも ものごとを探る技術は 大したもんだね。 あと 組関係の事情に詳し過ぎる。 20年プロのジャーナリスト やってるからな。 「じゃあなりすと」って。 あいつは…。 波龍会のミハラ? 変だな… 波龍会は解散したはずなんだが。 波龍会って 襲撃されたクラブの ケツ持ちやってた? ああ あの件があってから 組長が引退して 今は行方不明になってる。 あっ。 あっちから歩いて来るの…。 やっぱりそうだ オオクボだ。 こいつも波龍会。 波龍会… オオクボ…。 へえ… ハハハ…。 なんだよ? あんた 女子高生みたいな字 書くんだな。 意外。 大きなお世話だよ。 しかしまあ やっぱ オールスターが入り交じってるな。 もう少し偵察の必要ありか。 偵察って どこ? こいつらの関係先 全部だよ。 ハハハハッ…。 あんた 盗聴器 調達できる?よし 仕掛けよう。 私がかよ?白楼会のビルに設置完了。 (木原)了解。 次は 2丁目のキャバクラ ポーカーフェース。 キャバクラ? どこの組がやらせてんの? (木原)大和会系黒滝一家。 店の奥に組事務所がある。 そんなとこ どうやって仕掛けんだよ? え~? キャバ嬢のふりして 入っていけないか? 無理に決まってんだろ。 ホストクラブ ウェーブの ジュリオというのが ジウに似ているという情報を得て 確認に行きましたが 全くの別人でした。 本名 武田ユキオ 21歳 茨城県出身。 (電話) 金髪にしたのは つい2週間前…。 はい 東班。 はい。 えっ!? どうした? 主任 まずいです。 竹内が自殺しました! (沼口)おい…! 留置所の便器に顔を突っ込み ふちを利用して 首を折っての自殺…。 検視官が出した結論。 あんな死に方 出来るものなんですか? あんな事 よほどの強い意志がないと。 門倉 竹内が言おうとした事って なんだったと思う? 主任? 俺はな 門倉… 俺は… 自殺こそ 奴のメッセージだったんじゃ ないかって思うんだ。 は…? 奴は「愛とは人間同士が 互いに殺し合わないように はめられた枷にしか過ぎない」って 言ってた。 奴は 自分の体で それを証明しようと してたんじゃないだろうか。 やめてください。 自分に対する愛… 死にたくないっていう 最低限の自己愛も 社会がはめた枷だと。 主任…? それに気づいたなら その枷を 外す事も出来るようになる…。 自分自身で。 それこそ 奴にとって それは 最大にして唯一の自己実現。 もう やめてください! 門倉…。 竹内と話してる時の主任 怖かったんです。 少しずつ竹内に 感化されていくようで…。 「もしかしたら 主任までも」 って…。 そんな事 あり得ないよ。 おい。 おい おい。 痛いよ 門倉。 いいんです。 痛くていいんです!なあ じゃあなりすとさん。 (木原)え? 一つ 聞いていいか? 何を? 子供 誘拐して ヤクザ襲撃してチャカ奪って また子供誘拐して ホテルでドンパチって…。 ジウの目的って 結局なんなんだよ? 金か? それとも…。 それは…。 わからん。(電話) (男)「時間だ ジウ」(木原の笑い) (木原)妙な感じだな。 何が? ホテルの部屋で男と女が じっと座って 盗聴してるだけってのはなぁ。 何? あんた やりたくなった? まさか。 無理だね。 ああ? 怒るなよ。 こっちの事情だよ。 事情って? 俺の体が無理なんだ。 15年前に ヤクザの組事務所に 引きずりこまれて 半殺しにされてな。 それ以来 無理な下半身なんだよ。「ウォ ザイ ズゥ リィ」…。 「我ここにあり」…。 新世界秩序…。 我ここにあり…。 意味わかんない…。 (木原)女に興奮する事が なくなった代わりに それまでの何百倍も スクープってもんに 執着するようになってな。 デカいネタを 誰よりも先に抜いたら まるでヤクでも打ったような 興奮がわき上がるんだ。 そのネタが やばければやばいほど。 イッちまう? あんたも… そうだろ?なあ もう一つ教えてやろうか? 他にもあんのかよ? ジウを追ってるうちに ジウのバックに とんでもない 黒幕がいるらしいって事を かぎつけた。 黒幕? どんな奴かはわからない。 ただ そいつはMと呼ばれてる。 M…。 (木原)ジウの先にはMがいる。 俺の本当の狙いはMなんだ。 俺にとっちゃMは ジウよりも 何倍もでかくてやばいネタだ。 ジウの千倍は… イッちまうよ。 どうだ? あんたも。 感じるだろ? 「(中国語)」 おい…。 (男)「なんだてめえ どこの組だ?」 (木原)ドンパチか? いや…。 「(争う音)」 襲撃? (木原)5番は… 火山会館の 3つむこうのブロック 白楼会のビルだ。 撮ってやる。 絶対に逃がさない。 なあ。 なんだ? おい 何やってんだ こんな時に! おい…。 だから俺は無理だって…。 うっ…。 あ…。 悪いな。 邪魔されたくねえんだよ。 白楼会…。(物が落ちる音) (男たちの中国語)ジウ…。 お前が… ジウ。 嘘だろ?(男)ジウは あなたを 殺すつもりだったんですよ? 私を勧誘してるの? 大歓迎です。 (宇田川律子)「娘は預かった」 という 脅迫電話が…。 (東)大沼堅次郎って 都知事のですか? (大沼堅次郎)いかなる要求にも 応じる事は 断じてない。 子供の命と 引き換えにしてもですか?