唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享警视厅特殊犯搜查系08日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(ジウ)ウォ ザイ ズゥ リィ! (竹内亮一の声)俺とジウは この世の中を変えるために 共闘してきた。 世界を変える新しい秩序。 新世界秩序だ。 (東弘樹)新世界秩序…。 (木原毅)俺と組んで ヤクザやサツよりも先に ジウを捕まえようぜ。 雨宮を死なせたジウを 叩き潰したいだろう? (木原の声)ジウのバックに とんでもない黒幕が いるらしいって事をかぎつけた。 そいつはMと呼ばれてる。 (伊崎基子)M…。 (門倉美咲) 「ウォ ザイ ズゥ リィ」…。 「我ここにあり」…。 (男の声)「時間だ ジウ」 (佐々木)竹内が自殺しました! 悪いな。 邪魔されたくねえんだよ。 お前が… ジウ。(荒い息) 私が まさか…。 (舌打ち) あの野郎…。 気がかりなものを1つ見つけたぞ。 もう一度 竹内の遺留品に 何か手がかりがないか 見たくなってな。 奴の財布にそれが。 レシート? 日付は廃墟の事件の前日。 ガソリンスタンドで給油したものだ。 裏 見てみろ。 名前…? 「ウタガワミツヒロ」 宇田川光浩。 調べてみたら 1人該当する名前が出てきた。 清和銀行の取締役。 妻と 娘が1人いる。 舞ちゃん 11歳…。 主任…。 妻の父親は 清和銀行の頭取。 裕福な家庭だ。 つまり… 奴らの次の目標が その舞ちゃんだった可能性が。 (ミヤジ)ようやく ヒロインのお目覚めですかな? あんた誰だよ。 私はミヤジというものです。 町の連中からは Mと呼ばれています。 M…。 ジウの先にはMがいる。 ジウはどこだよ。 私は あいつと決着がつけたいんだ。 およしなさい。 あなたではジウには勝てない。 ジウはどこだよ! ジウは あなたを 殺すつもりだったんですよ。 でも 殺さなかった。 ハハ… こんな事は初めてです。 あんたは ジウの何? 私はジウの後見人です。 パトロンといってもいい。 ヤクザか。 いいえ。 不動産業を少々。 それと 覚せい剤の輸入と 販売もしております。 あっ そう。 それより 何かお飲みになりますか? 水。 水。 白い粉は 入れなくてよろしいですか? 入れたら殺す。 ハハハハ…。 そういうところが あなたはいい。 どうぞ お飲みください。 ウォ ザイ ズゥ リィ…。 ウォ ザイ ズゥ リィ…。 我ここにあり…。 (門倉峰子)なんだい美咲。 何言ってるんだよ。 これ中国語なんだけど 意味がわからなくて困ってるの。 意味って 「我ここに」って 言ってたじゃないの。 言葉の意味はそうなんだけど。 あんた 少年係って 中国語も やんなきゃいけないのかい? そういうわけじゃないけど…。 (峰子)はい お父さん お茶。 (門倉岩雄)おう。 (峰子)ホント 少年係って大変なんだねぇ。 無国籍児っていう問題があってね。 ムコクセキジ? 親に事情があって 法律上 どこの国籍も持たない子供たちが 日本にも大勢いるの。 (峰子)親の事情ってなんなのさ。 不法入国してた人が 日本で生んだ子供置いて 帰国しちゃったり。 子供置いて行っちゃうなんて よっぽどの事だよ。 ねぇ お父ちゃん。 さっ お布団敷いてくるよ。 お父ちゃん。 差し入れ ありがとね。 あんなとこまで わざわざ来てくれて。 お父さんがな 差し入れを 持ってきてくださったんだよ。 これ 稲荷寿司を。 お前 少年係じゃなかったんだな。 あっ 待って! 親ってもんはな… わざわざ子供が呼ばなくても 顔が見たけりゃ どこへでも すぐ飛んで行くもんだ。 どんなに離れていてもな。 あなたは殺すという事を 脅しに終わらせずに ちゃんと実行に移そうとする。 そこが あなたの素晴らしいところだ。 あんたに言われても嬉しくないよ。 法治国家の日本に生まれ きちんとした教育を 受けたにも関わらず あなたはそんな人間に育った。 つまり あなたは 私どもと同じ こちら側の人間という事です。 こちら側? だから ジウはあなたを殺さなかった。 あんたが言う こちら側って 犯罪集団の事かよ。 そんな低俗なものではない。 だったらなんだよ。 あなたが今まで暮らしてきた 経済大国 法治国家としての 日本ではない 新しい自由な世界です。 そんなもん どこにある。 これから変えるんです この日本を。 それが 新世界秩序です。 新世界秩序…。 新世界秩序では 愛という概念を否定しています。 愛などというものは そもそも人が殺しあわぬよう 社会がはめた枷に過ぎない。 新世界秩序には そんな枷はない。 人が人を殺したいという 衝動を抑える必要もない。 人類が いまだかつて享受した事のない 本当の自由な世界。 それが新世界秩序です。 いかがですか? ご興味持たれましたか? あんた それに私を勧誘してるの? ジウみたいに あんたの手下に? 私は大歓迎です。 間もなく 新世界秩序は 大きな一歩を踏み出します。 (キャスター)「圧倒的な強さで 知事選を制した 大沼堅次郎東京都知事。 史上最年少46歳で 日本の首都 東京の顔となった 若き和製ケネディ 大沼知事は…」 歴史上 最も輝かしく偉大な日が すぐそこまで迫っているんです。 新世界秩序の誕生の瞬間。 ぜひ あなたに立ち会って頂きたい。 その時は あなたにご連絡します。 あなたは 私どもと行動を共に…。 冗談じゃねぇ。 あんたらは私の仲間を殺した。 守ってみろ。 雨宮巡査の事ですね? そうだよ! (拍手) 彼を殺したのは 残念ながら 彼が我々の仲間として ふさわしくないと 判断したからです。 仲間…? はい。 彼は 我々の大切な同志でした。 同志…? はい。 嘘をつくな! 雨宮が… あんたらの仲間? 嘘を…。 その証拠に 彼はあなたの全てを 話してくれました。 私の…。 高校時代のあなたの秘密。 (雨宮崇史) 話してみてよ 君の過去。 僕なら ちゃんと 聞いてあげられると思うんだけど。 あなたは あなたを裏切り傷つけた コーチの大学生を殺害した。 以来 あなたは 常に 人を殺したい衝動に かられている。 警官になったのは そんな自分を抑制するため。 (ミヤジ)そうですね? 雨宮が…。 雨宮崇史君…。 彼が全てを教えてくれました。 雨宮も… みんな…。 (基子の声)みんな… 私の敵…。 では ご主人は シンガポール支店にお勤めで ここ数年は帰国なさってない。 (宇田川律子) はい もう5年になります。 (東)こちらのお宅には 奥様と舞ちゃん お2人だけで? (律子)家事や雑務を任せている 家政婦の中倉以外は 私と舞だけです。 では… 単刀直入にお聞きします。 最近 舞ちゃんの周辺で 何か変わった出来事は ありませんでしたか? お聞かせください。 必ず お力になれますから。 7月の8日の事です。 この子は 毎日 学習塾に通わせておりまして 私は その日 大事な用で外出しておりました。 ところが 昼過ぎになって 中倉から連絡が入って うちに 娘は預かったという 脅迫電話が…。 身代金の要求が? はい。 金さえ払えば 娘は必ず生きて帰す。 でも…。 金を届けるのが遅れたら 指を切り落とす。 主任。 あっ すいません。 (律子)そうです。 それが嫌なら 5000万円を用意しろって。 それで…。 それで? お金を持たせて 指定された場所に 中倉を向かわせました。 家政婦さんをですか? 中倉がお金を置いて2時間後に 舞は帰ってきました。 無事に。 その家政婦さんを 呼んで頂けませんか? 中倉には あの件以来 暇を出しまして…。 舞ちゃん ちょっとだけ お話いいかな? (宇田川舞)私 何も覚えてません。 何も覚えてない? 私たち これから 舞ちゃんを 連れて行った人たちの事を 調べなきゃならないの。 私 塾に行く。 塾は お休み出来ないかな? 行ってきます。 ちょっとだけ お話を…。 塾に行きたいの 私。 ああいう子なんです。 疲れてる時は 甘いものがいいんですよ。 そうだな。 君も 相当疲れた顔してるぞ。 主任は なんとも思わないんですか? 何を? 舞ちゃんのお母さんの行動です。 大事な用事って ホテルで セレブパーティーじゃないですか。 子供がさらわれたのに 家にも戻らず 警察にも届けず ただ お金を 家政婦に届けさせるなんて 私には信じられません。 5000万もの大金を電話1本で…。 さすがに 金持ちのやる事は違うな。 そういう事じゃないんです。 あの子… 舞ちゃんは…。 舞ちゃんは? あの年で あんな無表情で…。 そんな事に いちいち感情移入してたら 刑事なんて務まらないぞ。 主任は 本気でそう思うんですか? 主任は さやかちゃんを助けるために 出て行ったじゃありませんか。 娘さんと さやかちゃんを重ね合わせて。 大丈夫だ もう。 親って そういうものじゃないんですか? 君の思い入れは 捜査において なんの意味も持たない。 とにかく まず デカとして 考え方 変えろ。 それより 俺が気になるのは 同じ事がまた起きないかって事だ。 同じ事? (東の声)親が簡単に金を出す って事がわかったら 奴ら 必ず また そこ付け込んで来る。 むしろ そっちの方が俺は気になる。 家政婦の中倉良子に 話を聞きに行こう。 最後に 犯人と接触したのが その家政婦だったとしたら…。 (携帯電話) 失礼します。 もしもし? 伊崎さん? (ピエロの声)「伊崎さん ケガしてらっしゃいますよ」 「新宿です。 神社でお休みになってます」 伊崎さん! 大変 どうしたの! 誰にやられたの? つかまって。 大丈夫だよ。 こんなとこでケガして座り込んで 大丈夫なわけないでしょ! 余計な事すんなって! あなたは何度も助けてくれた。 私の命の恩人だと思ってる。 だから こんな時は…。 うっとうしいんだよ。 そういう甘ったるい事言われると へどが出そうになる。 伊崎さん? 今日の事は 見なかった事にしてな。 伊崎さん! 頼むから ほっとけって!(木原)元は 鳴聖会の総本部が入ってたビル。 こいつも現在 宮地不動産所有と。 ここも… やっときますか。(中倉良子)あの奥さん お嬢様育ちでさ 私らみたいな下々の人間とは ちょっと感覚が違うのさ。 5000万円ものお金 そんなにすぐに 用意出来たんですか? うん 奥さんが連絡して 銀行の人が すぐに持ってきたよ。 奥さんのお父さん 銀行の頭取だもん。 それぐらいのお金 ちょちょいのちょいだよ。 新宿の指定された場所で 犯人グループと接触しましたか? (良子の声)それがさ 私はお金入れたバッグ 置けって言われた 弁当屋の裏に置いてきただけ。 すぐに逃げちゃったよ。 (東)すぐに逃げた? だって 怖いじゃないの。 いくら家政婦だって そんな怖い犯人 見たくないわよ。 それから2時間後に 舞ちゃんは家に…。 (良子の声)あの子もさ かわいそうな子でさ。 ほら お父さん 婿養子だろ? ずっと外国行きっぱなしでさ。 奥さんも 毎晩パーティーだの なんだのって出っ放しでさ。 ほら なんせ あそこはさ 仮面夫婦なんだよ。 仮面夫婦? 旦那は出世のために 奥さんと一緒になっただけだもん。 舞ちゃんが別の男の子供でもさ。 別の男? どういう事ですか? あ… 聞きたい? ねえ あんた 聞きたい? いえ… あの…。 内緒なんだけどさ 舞ちゃんの本当のお父さん 大沼堅次郎なんだよ。 大沼堅次郎って 都知事のですか? そう。 奥さん 知事と大学で同期生なんだよ。 だけど ほら 大沼さんって 貧乏政治家だったろ。 奥さんのお父さんが 「許さん!」ってさ。 つまりは 生さぬ仲ってやつ。 やだ! …内緒だよ。 内緒。 (ミヤジ)「東京都知事 大沼堅次郎に通達する」 「我々は すでに 東京都下のある場所を占拠し エリアを設置した」 「我々はエリアにおいて 覚せい剤を精製し 大量生産する事で これを基幹産業とし 経済的に自立する事が可能である」 「我々の要求は以下の通りだ」 「エリアの治外法権を認め 東京都下24番目の独立特区として 承認せよ」 (大沼堅次郎)特区…。 (ミヤジ)「同封した調印文書に サインを書き入れ 明日 我々があなたのもとに送る 聖なる使者に 文書をお渡し頂きたい」 「文書を交わしたのち 明後日の 国際治安都市会議席上において エリアの独立を 主要各国都市首長に向け宣言せよ」 馬鹿な…。 (ミヤジ)「宣言がなされた事を 確認した時点で お預かりしている人質は解放する」 「しかし 万が一 承認サインを拒否 もしくは武力をもって 我々を攻撃した場合 不本意ながら 宇田川舞の亡骸を エリアに吊るす事になる」 舞…! (ミヤジ)「我々は NWO」 「新世界秩序である」 新世界秩序…?私 ちょっと調べてみたんです。 ジウがビデオの中で つぶやいていた言葉を。 ジウは中国語で 「ウォ ザイ ズゥ リィ」って 言ってるらしいんです。 意味は? 我ここにあり。 「我ここにあり」か。 なるほどな。 主任は どう思われますか? 何が。 私は ジウが自分を捨てた両親に 「僕はここにいる」って 知らせたいんじゃないかと 思うんです。 わざわざ世間が注目をするような 凶悪事件を起こしてまでか? 日本に1人で残されて 今は どこにいるのかもわからない 両親に 自分は ちゃんと 日本で生きてるって事を…。 ただの自己主張だろ。 我ここにあり。 犯罪者が 自分の優越性を誇示するための 存在証明だ。 それ以上でも それ以下でもない。 門倉。 やはり行こう。 どこにですか? (ミヤジ)「不本意ながら 宇田川舞の亡骸を…」 ≫(ノック) どうぞ。 ≫失礼します。 警視庁柿の木坂署の 捜査員2名が 知事に面会をと 求めて来ております。 柿の木坂署の? お断りしましたが どうしてもと…。 (大沼)つまり 君たちがここへ来たのは これまでの連続児童誘拐事件に 関してなんだね? はい。 お忙しい時に お時間を頂いて 本当に申し訳ございません。 私は 2日後に国際会議を控える 忙しい身だ。 このあとも…。 宇田川舞ちゃんについて。 宇田川? 舞ちゃんをご存じですか? 残念ながら その名前には…。 2週間前 一連の事件の犯人に 宇田川舞ちゃんも誘拐されました。 身代金を奪われたうえ 解放されました。 その時は無事解放された? その時は? あ… いえ はい。 しかし 再び誘拐される 恐れがあります。 だったら君たちが全力を挙げて 犯人を逮捕してくれ。 私からは…。 舞ちゃんは… 知事のお子さんではないですか。 君は 何を言っているんだ? お子さんではありませんか? もしも そうだとして 君らは私に何を言いに来た? わざわざ ここへ来た理由は? もしも本当のお父さんなら…。 (大沼)命令して 警護でも付けろと? 親として 彼女を守って…。 親ではない。 いや もしも何かご存じならば ご協力頂けないかと思いまして。 知事としての私の考えなら はっきりと言っておく。 社会秩序を乱す犯罪者に対しては 断固とした態度を取る。 いかなる要求にも 応じる事は断じてない。 子供の命と引き換えにしても ですか? 私は国際治安都市会議の席でも はっきりと宣言する。 東京都の治安を守るためには 多少の犠牲も厭わないとね。 君らがここに来た事は 伏せておく。 熱意の表れという解釈でね。 以上だ。 知事! 出てってくれ。どうせ 私なんか 誰も迎えに来ない…。大沼堅次郎…。 (小野茂夫)今回の 国際治安都市会議の趣旨は 世界の治安情勢を協議し 東京の治安が 世界一であるという事を アピールするものだ。 我々 警視庁警備部にとっても 意義深い会議となる。 (小野)我々SATは明朝より 議長である知事を警備する。 明朝7時30分 自隊即発。 8時15分 公館待機。 8時30分 公館出発。(白石)分隊長! これから 飯でも行こうかと思うんですが 分隊長も一緒にいかがですか? おごってくれんの? (三上)また ご冗談を。 デカ長じゃないですか。 それなりに稼いでるんでしょ? 給料差なんてウン千円だろ。 (千葉)何言ってんすか。 そのウン千円がでかいんですよ。 さあ 行きましょう。 おい 行くぞ! (千葉)今日は分隊長様のおごりだ。 よっ! 分隊長様! (2人の笑い声) あいつら 仲いいな。 いきましょう。 (三上)お姉さん! ビール ピッチャーで2つ。 ジョッキは4つ。 4つ! 私 ウーロン茶でいいよ。 えっ? なんすか ノンアルコール? 今日は飯だって言っただろ。 そりゃないっすよ。 分隊長 今日の会議って なんだったんですか? なんか… 明日から 国際会議の議長の警備やれって。 国際会議の議長って… 和製ケネディの事ですか? なんだよ 和製ケネディって。 大沼都知事の ニックネームっすよ。 知らないよ 私は。 それに ああいう嘘くさい顔した奴 大嫌いなんだよ。 その警備 装備はどうなります? 普通に… これとか これ使って。 (携帯電話の振動音) なんだよ。 そんなに 緊張する事じゃねえって。 私も女性機動隊の時 やってた事あるけど…。 もしもし。 お疲れ様です。 ええ。 今 代わります。 誰? 小野さん? いえ… ミヤジさんです。…もしもし。 (ミヤジ)「伊崎さん ついに時が来ました」 「そこにいる連中は 皆 我々の仲間です」 「彼らとともに行動してください」 「全て 白石からご説明します」(キャスター) 「東京都の大沼知事は あさって 東京に 世界の5大都市の首長を招き 国際治安都市会議 東京ミーティングを開催します」 「世界デビューとなる 今回の会議について 大沼知事は今日の定例会見で スローガンである 安心ライフ東京の アピールポイント 5つを掲げました」 「そして 住みやすい東京を 世界に訴えたいと…」 おお 柴井 どうした? (柴井健一)東主任。 今 いいですか? うん。 実は 公安の中でも ジウを探る動きが あるようなんです。 公安? それで? 公安では 一連の誘拐事件を 政治的テロに結びつく活動の 一環として見ているようなんです。 竹内の供述に出た 「新世界秩序」。 このキーワードが 最近 公安の調査書類に 頻繁に出てきているようで…。 うむ。 確かに竹内の供述には テロリストのような考え方が 感じられた。 そこに公安が目を付けたのか? ええ。 しかし どうも それだけではないようで…。 どういう事ですか? まさか…! ちょっと待て。 公安は… 警察内部の人間に 目を付けてるって事か? そんな…。 利憲君事件 身代金受け渡しの際 ジウは まるで警察の動きを 把握しているかのように 俺たちを翻弄しました。 (柴井)次に 岡村和紀の自殺。 俺は あれが自殺だとは 考えていない。 私も そうです。 そして 廃墟の事件現場。 ジウ…! 周囲をSATが取り囲んだ あの現場から 一体 どうやって ジウは逃げ出したのか…。 もしも竹内が 廃墟から 外部の人間と 連絡を取り合っていたとすれば…。 竹内の携帯電話。 乱闘の衝撃で データは 消えてしまっていたらしいが 通信記録を解析出来れば 警察内部にいる 新世界秩序の仲間を あぶり出せるかもしれない。 しかし 解析出来たとしても それで すぐに内通者を 洗い出せますか? いや 情報を持ってる事が 最後の切り札になるかもしれん。 主任 すぐに通信記録を…。 門倉 この件は俺が1人でやる。 え? 君は いったん俺から離れろ。 離れろって どういう事ですか? ここから先 君は踏み込まない方がいい。 警察内部の問題には これ以上。 離れません。 危険すぎる。 最初から ずっと危険です! どうしてもと言うなら 私を切ってください。(ミヤジ)「宇田川舞の亡骸…」舞…。 おはようございます。 (すすり泣き) おばさん おはよう。 (坂上悦子)美咲ちゃん…。 どうしたの? おばさん。 美咲ちゃん! 美咲ちゃん…! 基ちゃんが おかしいんだよ…! どうかしちゃったんだ あの子…。 (泣き声) おばさん しっかりして。 あの子は どんなにイライラしてたって 私が作ったみそ汁だけは 美味しいねって…。 そうやって食べてくれてたのに…。 「こんなもん食えるか!」って 手で払いのけて…。 そんな事 する子じゃなかった…。 美咲ちゃん あの子を助けてやってよ。 このままじゃ あの子 駄目になっちゃうんだよ…! 美咲ちゃん それが出来るのは 美咲ちゃんしかいないんだよ…! あの子 助けてやってよ 美咲ちゃん…! わかったよ おばさん。 だから… もう泣かないで。(ミヤジ)彼は 我々の大切な同志でした。 (雨宮)ずっと君を見てて 思ったんだ。 僕が この人を救いたいって。 信じてくれ。死んじまったら 誰も救えないよ。 じゃあな 雨宮先輩。もしもし 大沼です。 極秘にお願いしたい事が…。 (携帯電話) おはようございます。 奴らが動き出した! すぐ本部へ向かってくれ! 了解しました! (ミヤジ) 「万が一 承認サインを拒否 もしくは武力をもって 我々を攻撃した場合 不本意ながら 宇田川舞の亡骸を エリアに吊るす事になる」 「我々は NWO」 「新世界秩序である」 (川俣貞治)大沼都知事は NWOからのいかなる要求にも 断固応じないという姿勢を 西脇刑事部長に示されている。 NWOは 本日中に知事のもとへ 聖なる使者を送ると通達してきた。 (藤田幹夫)聖なる使者…。 (川俣)大沼知事は 都庁を午後9時に退庁。 公用車にて知事公館に向かう。 知事公用車の警護には すでにSATが付いている。 SAT…? 我々SITは NWOからの接触を待ち エリアと呼ばれる場所の特定 そして 人質となった 宇田川舞ちゃんの救出に 全力を投入する。 4月の黒星といわれる 利憲君誘拐事件以来 我々SITは 忸怩たる思いを抱いてきた。 本件は 我々SITの 威信を取り戻す絶好の機会だ。 各自 総力を挙げ 事件解決に当たられたい! (一同)はい! あっ 柴井! ジウは関係してるのか? (柴井)はい。 しかしジウが 使者として出てくるかは わかりません。 舞ちゃんは どこに監禁されてるんですか? エリアと呼ばれる NWOのアジトらしい。 知事の警護は? SATが付く事になっています。 SAT? (川俣)NWOの聖なる使者が 知事に接触してくると予想される ポイントを洗い出した。 SITワン 嶋田と兵藤! (嶋田・兵藤)はい! 初台3丁目。 SITツー 中野と武田! (中野・武田)はい! (川俣)富ヶ谷4丁目! SITスリー 藤田と新藤! (藤田・新藤)はい! (川俣)松濤3丁目! 午後9時に 知事公用車が都庁を出発する。 各局 準備して待機! (一同)はい!白石… ジウは? (白石)ジウはエリアにいます。(嶋田)SITワン 嶋田より本部。 初台3丁目ポイントにて 知事公用車を確認。 (中野)SITツー 中野から本部へ。 富ヶ谷4丁目側道にて 知事公用車を確認。 (新藤)来ました。 SITスリー 藤田より本部。 松濤3丁目にて 知事公用車を確認。あれ なんだよ? おい。 (殴る音) うわっ! 知事には 後ろの車に 乗り換えてもらう。 何を言ってるんだ! 早くしなよ。 貴様ら なんだ! 俺たちは 新世界秩序だ。 (銃声) SITスリーより本部 SATが公用車のSPに発砲! 馬鹿 何やってんだよ! 大沼 さっさと車に乗せろ! 分隊長 早く行きましょうよ! お前ら 止まれ! (銃声) 白石! 車に乗れ! 伊崎! お前 何してんだ! こういう事に なっちまったんだよ! くっそ…!(新藤)「SAT分隊が 大沼知事を拉致して逃走!」 SATが知事を拉致…? (新藤)「隊員への指示は 全て伊崎が出しています!」 まさか… 伊崎さんが?会いに来たよ ジウ。 (東)君が気づいた事は とんでもない事かもしれない。 ジョーカーって 誰だ!? (三上)警察の中にいる NWOの仲間っすよ。 (東)このために何人が死んだ? 私 伊崎さんをこんな形で 死なせたくないんです。