唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享爱情洗牌,旋爱10日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

よう よう 上の部屋で芽衣と一緒に 住むんじゃないんだ ああ じゃあ 芽衣のウチに? マスオさん うるさいっつの だけどさ いろいろあったけど アンタ達にとっては よかったよね 元サヤに戻れてさ アイアイの方は? 医者の亀ちゃんと 彼 そんなに急がないから 安心する 一歩一歩 よそ見しないで力強い 物語の亀さんだな そうそう どっかのウサギさんと違って 急に昼寝したりしないし そういう男の方がいいよ 結局 女を幸せにする 何言ってんの アンタは芽衣を幸せにしないと ああ… そうなんだよな まったく ひとごとみたいに 言ってんじゃないっつ?の なあ うん? 俺って バカだと思う? えッ? だけど 利口に生きたら人生って きっと つまんねえよ そうだね 自分に飽きちゃうかもね それ 教えてくれたのが芽衣なんだ なんだ 結局 のろけか ラブシャッフル 最初は 「何だ? それ」って思ったけど わりと楽しかったね 私 いい思い出しかないもん うん うん 親友もできたしな そうね 正直 俺 男と女じゃ ありえないだろうって思ってた 私もそう 何だかんだ言って どっちかが 結局 恋愛感情あるんだろうって アイアイ ウサたん 何だか… テレるね お帰り お帰り ただいま ラブシャーフル これか… ごめん 今 開ける 「オクラホマ・ミキサー」 左 右 左 右… 来た? うん 前 後ろ イチ ニ サン ヤベッ 酔っ払ってきた うわッ! 出た Oちゃん! オバケ! Oちゃん オバケじゃないよ 大丈夫 私達にも ちゃんと見えてるから えッ? 生きてたんだ 生きてた? 話すと長くなるんだけど これは菊リンの実験というか… ううん 実験じゃない 祈り そうそう 祈り 君が悲しんでる姿を見せて 海里の自殺を 食い止めようとしたんだ 君には 本当に 申し訳ないことをしたと思ってる 二十歳の誕生日は? まだなんだ だけど 今度は あなたの前に 今さら 姿を 見せづらくなったと言うんで だから 明るく楽しく 登場しちゃえばいいじゃんって この人のアイデアでさ とにかく そういうことで 乾杯でもしませんか? そうだね めでたしめでたしってことでさ 海里ちゃん まだ未成年だから オレンジジュース 発音悪い オレンジ オレンジ さあ Oちゃんも一緒に はい オレンジって…ふざけんな! やっぱり ふざけんなよ 何が生きてただよ 冗談じゃねえ 俺がブッ殺してやる! Oちゃん Oちゃん! 悪いのは僕なんだ 怒るなら僕を! Oちゃん! 2人 どうなっちゃうんでしょう? うん 分かんないけど Oちゃんしだいだろうな 例の件 どう? はい 水面下で動いてますから 今のところは プロだからな お前 そういうの だけど こんなことして… サプライズって 大事なんだよ お前もキラキラしたトコ 見せないと 僕が あんなこと 言ったからですか? 何度も説明しただろ それとこれとは関係ない ただし ユッキー お前だから頼んだんだ 親友のお前だから 宇佐美さん… 泣くなよ ほら 俺達は? 報われなくても 笑顔を絶やさず 世界平和につくします 戦争反対! 武器よ さらば! 手ブラでブラブラ タラチャンズ! イエーイ! 海里ちゃんは? 一応 誘ってはみたんですけど そう 諭吉も来てないじゃん ここ 2?3日 連絡が取れてなくてさ メールは残してんだけどね うわ 何かドキドキする 芽衣のウエディング うん えッ!? ユッキー!? オイ 何だよ おふざけにしちゃ… 後で ゆっくり説明するわ 嘘だと言ってよ ジョー よし… 行こうか 芽衣の気になる人って… ユッキーだったんだ だけど 土壇場で こんなことって… 一番の原因は 私なのよ 私が彼にあることをすすめたことがね あること? 「今回の選挙に立候補してみたら どう?」って 何ですか? それ 政治家に なってみないかってことだよ ウサたんが? そんなに おかしい? 彼は正義感が強いし 保健所のワンちゃんも 放っておけないくらい 弱いものを助けたいという 気持ちがあるから だけど… もちろん 彼だって そんな簡単だと思ってないわ だけど それはキラキラした仕事になる そう思ったんだよ キラキラ じゃあ ウサの方から 芽衣に別れを? さあ それは… 笑ってくれていい 俺みたいな 二流な男が政治家なんて だけど 玲子さんにも言われたんだ 「これからは 痛みを知ってる人間が前に出るべきだ」って もちろん 最初は断ったよ また 俺のこと からかってるんだろうって でも 何か それからずっと 頭から離れなくて 会社も辞めて? もし許されるなら やってみたい チャレンジしてみたい 当選する しないじゃないんだ 何か 俺… 式を延期したい ああ 芽衣が 納得してくれればだけど 別れよう 芽衣… 本当は そう 言いたかったんでしょ? 中途半端じゃ無理だって 私 笑ったりしないよ 怒ったりもしない 啓の目を見れば分かるの ああ 今度は真剣なんだって 私 政治のこととか 全然 分からないけど 応援する 本当!? これからは 友達として 別れなくたっていいじゃない 落選して元サヤだって 「当選するまで 何年でも頑張る」 そういう覚悟よ バッカじゃないの ウサたんは ああ見えて 責任感が強いんだよ だから 守らなきゃいけない人がいると 心配させないように 決して 冒険はしない 1人なら どこまでも飛んでやる そういうタイプだって 彼女は見抜いてたのね だから 自分のために我慢している 姿を見るのがつらかった おめでとう ありがとうな 私のことなら心配しないで 家族は驚くだろうけど ほら そこはいつもの 爆弾芽衣ちゃんで ごめん…悲しいわけじゃないよ ううん 悲しいは悲しいけど 嬉しいもまざって 何か変な感じ 初恋の人に 初めての失恋 それ 全部 啓だから 君のおかげだ 君じゃなきゃ 俺 自分をあきらめて 自分に飽きて 何だかんだ モヤモヤしたまま 年くっていったよ 「だって 人生 そういうもんだろ」 って言い聞かせながら 啓は キラキラしてなきゃダメなの ああ… だけど 俺 いつか 後悔するときがくるかも こんな いい子 バッカじゃねえのって 招待状の新郎の名前が 間違っておりますのは単純な プリントミスでありまして 私の弟となりました大石諭吉君を改めて ご紹介したいと思います だけど 前代未聞じゃね? 普通 彼女の親は賛成しねえだろ 有無を言わせなかったのよ 彼は まだ若いですが 大変な才能を持つ 実業家でありまして 同時に 我が社の筆頭株主でもあります この短期間で M&Aを仕掛けられただと!? 巧妙で…恐らく複数のペーパーカンパニーを 操っていたんだと 何のメリットがあるんだ!? こんな不況な時代に我が社を買収して… どこなんだ? 外資か 「タラ・コーポレーション」としか タラ!? タラ・コーポレーション代表大石諭吉です 「次の株主総会で 役員の総入れ替えを提案する」 そう脅した ユッキー… 現状維持の条件として 芽衣ちゃんとの結婚を要求 信じられないわ こんなことするなんて すいません 父は会社が命なの 生まれて初めて 頭を下げられたわ そうですか 一体 どういうことなのよ!? 実は… 宇佐美さんに頼まれまして えッ!?「芽衣は大丈夫って 言ったけど」 「こんなドタキャン 大丈夫なはずない」って 「だから ドリームっていうか そういうので」「ひっくり返せないか」って 何がドリームよ 私の結婚で遊ばないで! 最低よ あなた達 だけど 僕は あなたに言いました! 「あなたの心から 出ていかない」って! 「あなたを愛してる 愛とはときに 身勝手なものだ」と だけど こんなことのために お金を使うなんて卑怯よ! いけないことだわ でも 僕はお金であなたを 無理やりモノにしようとか そういうつもりは ないんです 何言ってるの? 実際 私は そうするしかないの 「今どき こんな政略結婚」だと 言われたとしても 指1本 触れるつもりは ありません えッ?結婚しても あなたに指1本 触れるつもりはない ほとぼりが冷めたら 離婚してもかまいません そんなこと… 「愛とセックスは無関係だ」 と玲子さんに教わりました 損しただけにならない? お父さんの会社 優良ですよ 僕は仕事には合理的です 損はしない 本当に それでいいの? はい 私が裸でいても? 風をひくから 服を着なさい あなたって… 啓とは違った意味で とってもバカね タラチャンズですから ありがとう えッ? ほんとは… 独りになって心細かったの とっても 心細かったの 言ったそばから 約束を破るようですが… あなたを… 愛してます 私も… あなたを愛せる タラチャンズ タラチャンズの炎の友情ってこと? それにしたって… どうして 俺達に 相談してくれなかったんだよ 君は海里ちゃんのことが あったし 私には? きっと 笑われるからね 笑うわよ ウサが政治家なんて おかしくて涙 出ちゃう 今頃 何してんだろうな? 近くにいるわよ えッ!? とても近くにね うん ちょっと… ウサたんの選挙ポスターが 俺の最後の仕事なんてな 最後? 触発されたわけじゃねえけど また 戦場に戻ろうかって そうか 女は一生分 撮ったしな 死ぬなよ ウサたんもな イエーイ パンダ! バッカじゃないの! 友情ごっこなんかしてさ 当選しもしない選挙 何も変わらない戦争 まあ そう言うなよ Oちゃんは まだマシよ だけど ウサ アンタは マジメな話 どうかしてる 分かってるよ 分かってないわよ 玲子さんに そそのかされて 芽衣も仕事も いい暮らしも 全部 失って 誰が考えてもバカでしょ  まあまあ もう やっちゃったんだからさ ラブシャー みんなで応援してあげようぜ 冗談じゃない! 私は絶対 応援しないからね アイツ 何 怒ってんだよ 分からないでもないけどな 亀ちゃんと うまくいってないのかな? いや うまくいってるからだろ えッ? 順調ですよ この中央の丸い部分が頭です 分かりますか? 共民党 上条裕也 候補でした 続いて 宇佐美啓 29歳 無所属 新人 今回政界に初出馬 無党派層の支持をどこまで集められるかが どうですか? 順調ですって ええ 菊田さんの後輩だから 安心するわ こちら 亀井先生 どうも アイアイの? えッ? 宇佐美君 知り合い? あッ… じゃあ 君がウサたん? 亀ちゃん? どうも オイ 何で 逃げんだよ! オイ! 待てよ 海里 まったく 油断もスキもねえな 先生が没収します 今日が ほんとの誕生日だって 菊リンから聞いたんだよ お前さ いつから見えたんだよ タナトス 生まれたときからか? 怖かった? そりゃ そうだよな 誰かに話しても 信じてもらえない それどころか 頭のイカれた女に思われる 世界で自分だけ 別の生き物のように感じてくる そのうち タナトスには 慣れてくるが 今度は まわりの人間に 違和感を感じてくる 変な話 タナトスだけが 頼れる相手にさえ思えてくる 近く知り合えるなら 死んでもいい いや 死にたい 独りぼっちになるよりは マシだから よし てっぺん過ぎた オイ 信じるの? ああ 俺にも タナトスは見えるからな 俺の中じゃ お前は もう死んでんだからさ だから もう独りじゃないぜ お前が怪物なら 俺もそうさ 俺が… 一生 守ってやるよ なんちゃって 宇佐美啓を よろしくお願いします 頑張ってこいよ! おッ! 愛瑠! ユッキー 行ってくるわ 行ってらっしゃい よろしくね あの子達… そうそう いつかの暴走族の ボランティアで 手伝ってくれてるんだ 何? それ 後で 芽衣も来るよ あの子達の分も オニギリ 大量ににぎってたから アンタ達 新婚なのに何やってんの みんな 応援してるんだよ だって 素敵じゃない もしも 本当に宇佐美さんが 政治家になったりしたら なれるわけないでしょ そうかな? これからは 宇佐美さんみたいな 人が表に立つべきだ 頭がいい 勉強ができるとか関係ない パフォーマンスでなく 他人や 弱いものを見捨てられない人が 現在 日本人の完全失業率は 5パーセントに迫る勢いです さんざん 稼いだ偉い人達が天下りで また 高いお金をもらう一方で やる気のある若者に 仕事がないなんて 何か おかしいと思いませんか? 今や 日本は ムダをはぶくことだけを 考える国になってしまいました だったら 私はムダでしょうか? あなた達もムダでしょうか 私は この国に誰1人として ムダな人間はいないと思います 子供達が未来に夢を持てる国を つくっていきたいのです 再会を祝して 乾杯! 何で アンタが ここにいんのよ? いいじゃない たまには まぜてくれても それとも 貧乏人は もう相手にしてくれないの? アンタなんかね 誰も相手にしないのよ ここでも 駅前でもね あれ? 見ちゃったの もう 痛くて 見てらんなかったわよ まあまあ 今日は Oちゃんの送別会なんだから そうそう そうそう ハイハイ そうだ みんなに 頼みたいことがあんだ 俺がいなくなった後 海里のこと たまに様子見てやってくんないか 何で 連れていかないの? 戦場にかよ そっか 分かったよ 家にも戻ったみたいだしね 了解 任しといて ありがとう で みんなの方からは 何かないの? 何かって? 言い残すことさ 愛の告白なら 今のうちだぜ おあいにくさま 菊リンは? えッ? オイ 私 何も言ってないよ あんな デカい声で話されたら イヤでも聞こえるっつの すいません だけど 似てると言ってもね 菊リン よそうぜ ごまかすの 俺は別に バイでもゲイでも キモいとか思わない 全然 思わないから 偉い! シッ! Oちゃん うん それなら… 1つだけ頼んでもいいかな? 僕を 「許す」と言ってほしい 彼が女性に心を移したとき 僕は 彼をひどく傷つける言葉を 言ってしまったんだ とても ひどい言葉をね もしかしたら そのことが原因で 彼は命を… 僕は… 独りになるのが とても怖かった… 僕は… 僕って? 芝居してんのよ インテリ医大生なんだから ていうか… 許すも何もねえよ あなたを愛していたから 心から 現在 深刻なのは少子化の問題です この国の子供を産んでくれた親に 負担をかけないように あらゆる 努力をしていきましょう そして 日本の経済成長を支えてくれた 高齢者の方々の医療費も 免除できるように 努力をしていきましょう 世界で一番 優しい国を目指しましょう 「昨夜の演説で 」 オバマ大統領は「この国に 経済回復を示そうとしました」 「そして 回復の根拠をあげました」 皆様 こんにちは 宇佐美啓と申します このたび 立候補しました よろしくお願いします 宇佐美啓と申します よろしくお願いします 宇佐美啓を よろしくお願いします 秋には 私達の子供も こうしてるのね だけど 子供が大きくなったとき どう説明するつもりだい? 父親が4人もいるなんて 父親は1人よ DNA鑑定するつもり? しなくても分かる 旺次郎とは日にちが合わない 宇佐美君は 酔って眠ってしまった ユッキー フフフ… ユッキーは 敏感すぎるのか… あなたの子供よ 僕は… 大丈夫 「認知しろ」なんて 言わないわ ただ あなたも もう言えなくなるわね 「独りぼっちだ」なんて ありがとう 実をいうと 一度でいいから 出てみたかったんだ 授業参観に? イエス 何で ここに!? 誰から聞いたんだよ ウサたんか… まあ いいか 見送りぐらい オイ 何だよ!? それ 冗談じゃねえよ お前な 俺が これから どこ行くか… 私は 自殺でしか死ねないから ピストルの弾も避けていく 私が そばにいれば あなたは死なない まッ 実をいうと 俺も怖がりだから つまり 相性がいいってか イエーイ パンダ このたび 東京3区より立候補いたしました 宇佐美啓と申します 私のような 政治経験のない者が 国政に参加するなど 大それたことだということは 十分に承知しています どうしたの? ここんとこ 元気がないようだけど 私 ずるいね 亀ちゃんから そう切り出すの 待ってたみたいで まあ 見て見ぬフリもできたけど ほら 俺って ずうずうしいけど デリカシーはあるから ほんと そう 亀ちゃんは最高よ あなたといると安心するの それなら… だけど 私は いつか不安になる 愛瑠… 気づいたの 私が求めてるものは 違うものなんだって 私は… 出る幕がほしいの 出る幕? 私がフォローしないと どうしようもないんだって 思えるような相手の欠点が 私も欠点ばっかだから それ見ると安心するの 私が求めてる ほんとの安心って それなんだって 僕だって 完ぺきな人間じゃない でも… 一歩一歩 誠実で力強い ゴールがあれば 着実に前に進む 彼は そうじゃない? 恋愛感情かどうかは 分からない 向こうだって 私のこと 何とも思ってないの分かる でも それって関係なくて… ごめん… 亀ちゃん 正直に話してくれて 嬉しいよ 調子に乗ると昼寝したりする バカなウサギ でも… 私は そういうウサギのおしりを けとばして 「早く起きて走れ」って そう言いたいんだ 私は 利口な人間ではありません だから ずるいことも考えられません ただ ひたすらに皆さんを 幸せにしたいと思うだけです 二流大学すら ろくに出ていない私が国政を目指すことを 笑う人も多いでしょう でも 私は 自分に正直に生きていきたい 生きることに迷ってる人や捨てられている子犬から 目をそむけたくはないんです 正直言えば 私は アフリカでは飢えた人がいるとか 戦争で難民がとか そういった話が苦手でした それは 私自身が… 何? これ しかし 今 私は 1歩ずつでも進んでいきたい その1歩が どんなに 小さな1歩だったとしても たとえば ホームレスを支援する NPO 今も どこかの戦場で活躍してる 国境なき医師団 目立たない所で 誰かのために必死で戦っている そういう人達こそが 最後の最後に世界を救うのです いや 救ってきたのです 愛瑠 一体 何なの? これ これが 啓なの 本気になると すごいの  全然 二流のクズなんかじゃないの この国には資源がありません ほとんどを輸入に頼る 小さな島国なのです かつて この国は 「黄金の国」と呼ばれていました それは 資源をさしてじゃない この島に住む人達の 心の中をさして そう 呼んだのです キラキラした心をさして… イエーイ パンダ 黄金の心を持つ その国こそが! ジャパンだ! ジャパンだ! ジャパンだ! ジャパンだ! ありがとうございます ありがとうございます 宇佐美啓を よろしくお願いいたします 上野にはパンダを そして 国会には この 宇佐美啓をよろしくお願いいたします ありがとうございます 急に ふらないでよね 悪い悪い 顔 見たらさ つい でも まあ 驚いたわ ひやかしも多いから 全員 俺に投票してくれるわけじゃない だけど 人を集めるだけ 大したもんよ 珍しく ほめるけど 何も出ないぜ 別に 何も期待してないし 何? 菊リン情報 亀ちゃんと別れたって? ああ あの2人 先輩 後輩だからね まあ 何でかは聞かないけど ちょっと待って 別に アンタのことなんか関係ないから 何も言ってないよ 何か ムカつく まあまあ アイアイ えッ? いや… まあ その 心が折れそうなときに ほら 叱咤激励してもらうっていうか 何か怖いんですけど 勝手に人のあだ名つけてさ だから そういう意味じゃないって じゃあ どういう意味よ? あ ヤダ 帰るわ 明日は?えッ? また来るわ そっか じゃあ おやすみ おやすみ 忘れ物 まさか 「おやすみのチュー」とか 言わないよね? ラブシャッフル イタッ!