唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享律政英雄09日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(玉男)じゃあ ちょっと 皆さんで いただきましょうかね。 待った まだダメ。 (玉男)なんで? もうすぐ 佑樹が 帰ってくるから。 えっ? そうなの? だから みんな 集まってくれたの。 (玉男)ああ。 ≪(佑樹)ただいま。 佑樹だ! (一同)おかえり! (落下音) (舞子)石こう? 石…。 何よ!?危ないじゃない。 石こう。 危ねー。 当たってたら ホント 死んでましたよ わたし。 (牛丸)運がよかったな。(末次)でも 石こう像ですよ。 (江上)そんなもん 落ちてくるか!? 普通。 (美鈴)石こう像なんて 持ってる人 いるの? (芝山)美術室なんかに 置いてあるやつだろ?(遠藤)そういえば 美術室で 女の子に振られたな 中学んとき。 (久利生)あー 寝違えちゃった。 (牛丸)よーし! 仕事しよう。 今日も みんな よろしくな。 (一同)はーい。(芝山)今日中に 5枚 デッサンしてくれ。 (遠藤) 5枚ですか? 意味 分かんねえ。 治さないとダメだ。 これ。 それで 終わり? つい カッとなって とっさに 首を絞めた。 でも 殺意は なかったんだよね? (今岡)傷害致死ってやつ? これって 罪は 軽いんですよね?軽いか 重いかは こっちが 決めることなんだよ。 (男)どうも。 君が起訴した 被疑者 昨日 判決が出たよ。 売春の元締め やっていた女ですね。懲役 1年6か月の 実刑だそうだ。 どのぐらい 入ってたの?(貴恵)4万2,000円ぐらいかしら。 (末次)すった男は 1万50円だと 言ってますが? あっ! やだ 勘違い。 1万50円かも。 大丈夫ですか? (いずみ)はい。 青井さん。 ご主人が 包丁を 持ち出してきたら タオルでも 何でも いいですから こうやってですね。 こう 突き出してください。 こうすると 相手は 距離感を つかめなくなるんです。 すると 包丁は 体まで届きませんから。 はあ。雨宮さん。 これ 夫婦ゲンカなんだからさ。 ねっ? 護身術 教わっても しょうがないですよね。 久利生検事。 ちょっと わたしの腕を つかんでください。 何? いいから つかんでください。 すいません。 ちょっと 待っててくださいね。 痛っ 痛っ 痛てて! えいっ! ちょっと。 少林寺拳法の 片手送小手という技です。 お前 タップしてんだろ! バカ! 暴力 振るわれっぱなしはダメ! 2級でも このくらいいけますから どうでしょう? 少林寺。 お前 口で 説明すりゃ いいじゃねえかよ。 (井戸)あっ どうも。 ご苦労さまです。 (男)お待たせしました。 スモーキー ピザです。 (芝山)誰だ? 頼んだの。 (男)消費税込みで 3,570円になります。 あっ。 わたし 払っときます。 ちょっと 待ってくださいね。 (江上)食べちゃうよ! ダメです。 いいじゃん いいじゃん。 待ってください 今。(江上)温かいうちに。 なあ?  何? これ。 (三人の悲鳴)(芝山)爆弾だー! (火災報知器の音)(井戸)どうしました? ああっ! あっ! いやーっ!うわっ! うわーっ!あっ! (牛丸)何だよ? おい!おい!(記者)1時間ほど前に なりますが 東京地検 城西支部に 不審な男が侵入し 発煙筒を投げて 暴れ回り…。 (高梨)で どんな ヤツだったんですか? 犯人は。 何か カチカチカチって 音がしたんですよ。 「カチカチカチ」? 逃げてくときに カチカチカチって。 あれ 何の音なんだろ? 靴に 金具が ついてたのかも。 タップ シューズ? そう! だって テロリストだぞ。 何で タップ シューズ 履いてんだよ? どんな ヤツだったんですか? 犯人は。 そういえば 人さし指が 緑色に 汚れてたかも。 「緑色」? 犯人がはめてた 手袋の先です。 だから どんな ヤツだったんですか? 犯人は。 170センチぐらいで。 顔は どなたも 覚えてらっしゃらないんですか? そんな余裕 あるわけないでしょ! 爆弾かと思って パニくってたんだから。煙で 何も見えないし。 眼鏡 踏みつぶされちゃったし。 素人じゃ ないんですからねえ。 あの刑事 検察に来て 好き勝手 できるのが うれしいのよ。 変な頭して マフラーなんか しちゃってね。 あっ! 見て 見て 見て 見て。 これ ほら。 スモーキー ピザって これ 自分で 作ってんだ。 (高梨) 勝手に 入んないでくださいよ。 ごめんなさい。 あっ。 触っちゃった 素手で。 あー。あっ 指紋。 ごめんなさいね。 でも これ 狙ってんのかな? 何が? だって これ スモーキー ピザから 煙 出てんでしょ? 単なる 愉快犯なのかも しれませんね。 本気で 検察 狙ったら 国家に対する テロ行為だもんね。 捕まったら シャレになりませんよ。 もう 二度目はないでしょ。 警備も 厳しくなるでしょうし。これで 終わりだよ。 あっ。 手紙 来てるよ! 「これで 終わりだと思…」 「これで 終わりだと思うな」 「スモーキー」 (オープニング テーマ) (鍋島)検察が 襲われたという 事実を 深刻に 受け止めております。 これは 国家の 法秩序に対する 重大な挑戦と考え 警察と協力しつつ 犯人確保に 全力を尽くす 所存です。 (記者)犯人像は つかんでるんでしょうか? 過去に 起訴された者の中に 検察を 逆恨みしてる者が いないか 現在 確認作業を 行っておりまして。 多田 昭彦。 江上さんを すごい目で にらんでいった 被疑者ですよ。 容疑者リストへ 入れとこう。 あっ! こいつ 末次さんのこと自分をだました 男に似てるって 不機嫌だったでしょ。 絶対 恨んでるよ。 要チェック! それ 女でしょ? えっ? 田宮 順子。 ちっ! えっ? あれ? 何ですか? 「ちっ!」って。 榎木 一郎。 さんざん いじめて 起訴した 窃盗犯だ。 恨まれてる。 占地 五郎。 泣くまで いじめた男だ。 恨まれてるっと。 恨まれてるよね。 眼鏡 高かったんだよなあ。 利根川 真。 (遠藤)こいつ お世話に なりましたって 頭 下げた途端に 襲いかかってきたヤツだ! お前が また 例のごとく 偉そうに 自業自得だよなとか 言うから。 その「な」を聞いた 2秒後に ヤツは 飛びかかってきたんだ。 何 言ってんですか!? 芝山さんこそ こもるような鼻声で ネッチリ ネッチリ 取り調べるから こんなことに なるんじゃないですか! バカ野郎! その ネチネチしてんのが いいんだよ! おい! はい? こいつ まだ 服役中でした。 早く 言って。 久利生さんも 恨み 買ってそうな 被疑者 出してください。 俺 いねえもん。 まあ 驚いた! 自分が みんなに 好かれているとでも?何? その言い方。 だって 俺 ここに来て まだ 日 浅いんだからさ 起訴したヤツ まだ 出てきてねえっつうの。 うーん。 ねえ? それよりさ こういう デザインの文字って どっかで 見たことない? こういうの。 さあ。 お前 見る気 あんのかよ? ちゃんと 見ろよ。 お前 その目つき やめろよ。 こうしなきゃ 見えないんですよ。 じゃ 口 閉じろよ。モーニン! 何だ? それ。 うわっ。 チョー ガリ勉じゃん。大学のとき 使ってた 眼鏡です。 いけませんか? 大学生 台なしだよ お前。 (江上)近いよ! おはよう。 誰? 江上さん!? 何!? この格好で 来たの? 今日。 いやあ。 嫌な視線 感じるんだよ。 犯人は 多分 俺を狙ってると思う。 雨宮 甘いよ。 そんな眼鏡じゃ バレバレだよ。 行こう。 お前 それ 変えたほうが いいって。 マジで。 何でですか? (江上)いや。 俺… 俺だよ。 江上。 江上だよ! ほらっ! 引っかかってんの。フフフ。 おはようっす。 (江上)おはようございます。 (一同)おはようございます。 おはようございます。 (二人)おはようございます。 お前たち 無防備すぎるぞ。 はい。 えー。 皆さんから出していただいた 被疑者ですが 残念ながら 全員に アリバイが ありました。 まあ 検察のことは かなり 恨んでたんですけどね。 それ みんな 恨んでんの? 相当なもんです。 (遠藤)マジで!? どうして? 俺たちの 仕事なんてさ そんなもんだよ。悲しくなってきた。 ねえ。 例の カチカチカチっていう音 どうでした? カチカチだけじゃ 分かりませんね。 じゃ 人さし指の 緑色の汚れは? それも 全く。 (江上)ちゃんと 捜査してるのかなあ? 警察は。 (美鈴) わたしたち 命 狙われてんのよ。 出前に 毒でも 入れられたら どうすんだ? 芝山さんなんてね びびって 仕事に なんないんすから。 (芝山)俺が いつ びびったよ!?びびったじゃないかよ! (芝山)そのとおり。(井戸)あの。 出前 来ました。 (谷)ネギラーメン どちら?俺? (鍋島)いろいろと 嫌な情報が 出てきていますが 検事たちの士気は 下がっていませんね? 検事たちは 不安と 戦いながらも きぜんとした態度で 職務を 全うしております。 体が しびれてきたりとか しない? いいえ。うん。 もう やらないよ。 ちょっ。 うわあっ! ああっ! 腹が! あっ! 何年 お前と つきあってると 思ってるんだ? ホントに よろしいんでしょうか? (甲山)殺したって 認めてんだろ。 何度も 言わせんな。 あの。 言っときますけど わたしたちは あなたが憎くて起訴するわけじゃありませんから。 わたしたちを恨まないでください。(江上)あの。 お連れしてください。 お疲れさまでした。 ありがとうございました! しばらく 外で会うの 控えましょ。どうして? こんなときにマスコミに かぎつけられちゃったら 大変じゃない。 ねっ?うん。 はあー。 ちきしょー。 なえてちゃいかん なえちゃ。 人生は プラマイゼロ。 悪いことが あれば いいことも起きる。 [TEL] はい 芝山。 パパでちゅよ。 今日 すんごく早く 帰るからね。 ママが 何? 遅くなっても いいって? おじちゃんが 来てる? いつも来る おじちゃん? 誰? 今日から 事件解決まで 単独行動は 禁止。 検事と 事務官は ペアで 帰宅するように。 いいな? (一同)はい。 (末次)じゃ 江上さん 行きましょ。 いや。 俺 バイクだから。 いや いや。 わたし だから 後ろに 乗りますから。 雨宮を 守らないといけないでしょ。(末次)いいの いいの。 わたしのこと 大好きなくせして。 雨…。 興味ない。 雨宮…。 あっ お疲れさまでした。 遠藤よ。ん? 今日 お前んとこ 泊めろ。 (遠藤)身の危険 感じるんですか? 巻き込まれるの 嫌ですよ! ウチにさ 俺の知らない 謎のおじさんが いるらしいんだ。 謎のおじさん? お疲れっした。 美鈴さん。 一緒に帰りましょ。 (美鈴)女同士で帰っても 意味ないでしょ。 俺が 送ってってやる。 こういうときは やっぱり男だ。 なっ? ぜひ。 うん。 いざっていうときの 身代わりだな。 先に 帰ってください。 わたし 寄るとこ あるんで。 お前 美鈴さんには 一緒に 帰りましょって 言ったじゃねえか。 わたし 少林寺2級ですから 頼りにならないと 思うんですよ。 別に お前に守ってもらおうなんて 言ってねえよ。 バカ。 行くよ。 今 バカって 言いました? 言ってねえよ。 言いましたよね? 確かに。 バカ 行くぞ。 確かに バカ。 お疲れっした。お疲れさまでした。 お疲れさまでした。 お先に。行くぞ。 行くぞ バカ。 おかしい。 何か それ。 バカって 言いましたね。 うーん。 お前 何で 眼鏡に こだわんの? コンタクト…。 うーん。これかしら? これは? そういうのは。 いいから かけてみ。 早く。 じゃあ これ ちょっと。 いいじゃん。 似合ってんじゃん。 もう少し キチッとした感じのほうが。 何だ? 「キチッと」って。 カリッていうか。 「カリッ」? いいじゃないですか! 気に入らないって 言ってんだから。 ♪♪「まじめさん さん まじめさん」 あっ。 お前 買わねえの? もう ちょっと ガチッとしたのが いいんです。何だよ? 「ガチッと」って。 来た意味ねえじゃん 全然。 (舌打ち) あれ? 何? これ。お前のじゃないの? 違います。 知らない間に入ってた。ちょっと 待って。 えっ? それ。 お前んじゃないだろ? これ。 はい。 失礼しちゃうな。 (秒針の音) ふざけんな。 ちょっと。 邪魔だ! どけ! どいて! 危ないよ! 離れて! 離れて 早く! 爆発するから! 早く! おおおおっ。 おっ。 (爆発音) すいません あの。 170ぐらいの 男なんですけど 何か 怪しいヤツとか 見ませんでした? (店員)いえ。 見てませんけど。見てないっすか。 はい。 はい。 すいません。わたしが 狙われたの? どうして!? 大丈夫か? いや。 カバンが でかくて 入れやすかったんじゃないの。 じゃあ あの 石こう像も。 今夜 帰んないほうが いいんじゃないの? お前。はい。 これ パジャマ。 ちゃんと 洗ってあるから。 久利生さん どこで 寝るんですか? いや。 俺は こことか。 どうも すいません。いえ。 全然。 どこにも 行かないでくださいね。行かないっすよ。 こっちにも 来ない。はい。 おやすみなさい。 おやすみなさい。はい。 フラフープ? 誰? (スプレー缶を振る音) あったよ。 (刑事)お先に 失礼します。 (高梨)スプレー缶? ほら。 顔料が 固まらないように 中に入ってるヤツ あるじゃないすか? 球みたいなやつ。 あっ これ。 (スプレー缶を振る音) 俺がね 聞いた音って 多分 これだと 思うんですよ。 スプレー缶が 犯人の ポケットに 入ってたんですか? ウチの事務官が 言ってましたよね? 犯人の指先が 緑色に 汚れてたって。 ほら。 スプレーって 持ち方 ちょっと 間違えると 自分の指に ベーッて かかっちゃうじゃないですか。 はあ。 なんで ちょっと お手数なんすけど 都内の交番に 連絡 取ってもらって いいっすか? ええ。 はい。 全部の。 起こしちゃった?眠れないんです。 少しだけ 一緒にいても いいですか? ああ。 いいっすよ。飲んで 寝ちゃうのが いちばん いいんじゃないの。 あれ 誰ですか? あのポスターの人。 まっ ブルース・リーじゃないことは 確かじゃないの。 知らないんだ。 いや。 中学んときに 通販で買った ヌンチャクについてた ポスターで 何かね ツボに入っちゃって 捨てらんないんだよね あれね。 そのころから 通販で 体 鍛えてたんですか。 あのね。 日本に 2万人は いるのよ。 そういう男の子は。 じゃあ 教えてあげますよ。 片手送小手。 お前 全部 いったの? はい。 えっ? 何? はい。 いきますよ。 いや いや いや。 あれ いい。 あれは 痛いから いい。 まあ まあ。痛くすんなよ。 はい。 つかまれたら 反対の手を添えて。痛ててて! バカ お前。 痛くなきゃ 意味が ないじゃないですか! そうだけど お前。 今 グキッつった。 でもね 2級の技じゃ 通じませんよね スモーキーには。 まあ でも スモーキーも 捕まるんじゃないの。 心配ないんじゃないの。 まあ ねっ? 俺が そばに いてやっから。 お前 ぐい寝かよ。[外:ACAFDFBBFEC] はい。 あっ はい。 あっ ホントですか? すぐ 行きます。 はい。 分かりました。 はい。 すいません。寒ぃ…。 スモーキー。同じだ。 (半田) この落書き ウチの管轄内には ほかにも たくさん ありますよ。 よく 気が付きましたね。 検事にしとくには もったいない。 これ めちゃくちゃ 暖かいっすね。カシミヤです。 ああ。 カシミヤですか。 へえ。 あ… ああっ。 大塚さん!? (大塚)おはようございます。 久利生検事に 言いつけられまして 雨宮事務官の 警護に あたっておりました。久利生さんは? 捜査に 出られております。「捜査」? あっ いや。 これは わたしが 雨宮事務官の寝顔を のぞいたりしないように 久利生検事が ここから 絶対に出るなと。 はい。 あっ! お疲れさまです。 おかえりなさい。 あっ 起きてた?はい。 これ 朝飯 買ってきたから。 はい。 もう ダメだ。 腹 減っちゃって。 もう! 何で 入ってこないのかなと 思って びっくりしちゃいましたよ。 (二人の笑い声) あーっ。 すいませんね。 で ウチに届いたのがこれ。 どう?わたしが 寝てる間に。 (末次)同じ。 でしょ?全部 スモーキーだよ。 (芝山)ヤツが かいたのか。こんなに たくさん!? ゆうべだけで 25か所も 見つかりました。 これだけで 立派な犯罪だよ! 相当 自己顕示欲の 強いヤツね。 (庵原)スモーキーは 落書きが 集中してる辺りに 住んでいると見て 現在 聞き込みに 入ってます。 我々も 聞き込みが ありますんで これで。 よろしく お願いします。 (牛丸)ご苦労さん。 よし! 仕事しよう。 (一同)はい。 ♪♪(鼻歌) スモーキー。 (秒針の音) おい! スモーキーが 捕まったぞ! えっ!? えっ!?(末次)えっ!? えっ!? お前が 作ったんだよな? これは。 (高梨)市村 秋介。 32歳の フリーターです。 夜中に 落書きしてんのを 地元の 高校生が 何度も見てたんです。 (庵原)これも お前の 部屋から 見つかってるんだ。 検察 襲ったのも お前だろ? (市村)フフフ。 アハハハハ。 検察の連中さ びびって 逃げ回ってやんの。 ファクスで 脅迫状を流したのも 雨宮事務官の カバンに爆弾…。 (市村)作るの 大変だったんだよな! 脅迫状。 雑誌 切りはりしてさ 肩 凝っちゃった。 (庵原)なめてんのか!? お前! (市村の笑い声) (市村の笑い声) この男です。 間違いありません。 まともな 動機なんて ないんですよ。 だけど あんなのに 殺されちゃ たまったもんじゃねえもんな。 ホントに そう。 よかった 捕まって。 あっ。 やべ。 俺 これ 返してねえや。えっ? 返してくる。 えっ? ちょっと。[外:ACAFDFBBFEC] あっ。 はい。 ああ。 もう? すぐ 行きます。 はい。 久利生さん。 わたし 先に。ああ。 高梨さん! ごめん。 これ 返すの 忘れちゃった。 アハハ。 (高梨)ハハハ。 わざわざ。すっごい 暖かかった これ。 (市村)分かったって言ってんだろ。 ハハハ。 あっ! あーっ! お前 検察で 俺 追いかけてきたヤツだ。 ハハハ。 仲間に よろしくな。 あっ。 ちょっと ごめんなさい。 ちょっ ちょっ…。 ねえ ねえ? 何で 雨宮 狙ったの?「雨宮」? 何 とぼけてんの? 眼鏡屋で 狙ってんじゃん。 ねえ?ヘヘヘ。 こいつ 何 言ってんの? (高梨)まあまあ。 爆弾の件は おいおい はかせますよ。 爆弾!? 何? それ! お前 ホントに 雨宮 知らないの? 雨宮? うん。 ハハハ。 あれか。 背のでけえヤツ。 慌ててたな あいつ。 違うか? すいません。 (市村)眼鏡の チビもいたな。 (高梨)久利生さん! マフラー…。 (市村)みんなに よろしくな! (牛丸)いやあ。 無事 事件解決か。 よかったな。 ハハハ。 ってことは 残る問題は ジャンボ君だね。 結局 誰だったんですか? 謎のおじさん。 何? 何? 何の話?遠藤。 貴様。 面白かったから つい みんなに しゃべっちった。 [TEL] はい。雨宮から 連絡 入ってませんか? いや。 携帯がね つながらないんですよ。 ねえ? 誰か 雨宮から 連絡受けた人? ビックさん 毎日 帰り 遅いから。ほかの男に 走ったか!? ハハハ。 誰か 雨宮から 連絡受けた人! ((当たってたら ホント 死んでましたよ わたし)) (落下音) (舞子)((わたしが 狙われたの? どうして!?)) ((雨宮? あれか。 背のでけえヤツか)) ((すぐ 行きます)) (爆発音) (割る音) 眼鏡屋? はい すいません。 あっ 切った! 何なのよ? (電話の呼び出し音) [TEL](アナウンス)「お電話 ありがとうございます。 本日は 定休日のため お休みさせていただいております」(かおる)雨宮さん。ああ。 お久しぶりです。 (かおる)よく わたしのこと 覚えてたわね。 でも 殺される理由 どうせ 分かんないでしょ? 雨宮! 久利生さん!何だっけ? うりゃーっ! あれ?あっ! ああっ! ちょっと! やめろ お前。 バカ。 危ない。 (かおる)放せ! 放せ!バカ! お前 うっせえ! 痛っ 痛っ。 痛えな この。 あれ? ちょっと。 ちょっと 待て。 おい! 痛てててて! 痛えな お前! おい! 雨宮! あれ どうやんだ? はい? 少林寺 どうやんだ? 少林寺は。 あれ どうやんだ? あれ! おい! 教えろ 早く! 少林寺 少林寺! 痛っ! 何で? 遠野 かおる 27歳。 コンピューター プログラマーか。 会社の金 横領したんだよな。美鈴さんが 起訴したんですよね。 どうして?犯人が 二人 いたとはなあ。 女はチェックしてませんでしたもんね。 美鈴さんが 起訴したんですよね。 何で 恨まれるの? 懲役 1年6か月 執行猶予 3年。 執行猶予 ついてんじゃん! それに 美鈴さんが 起訴したんだろ。 釈放されたのに どうして 恨まれるの? 雨宮が 狙われた 理由だって 分かんないっすよね。 美鈴さんが 起訴したんですよね。そうだよ。 何も 雨宮 狙わなくてもなぁ。 何? (かおる)反省してくださいって 言ったのよ。 根掘り葉掘り 人のプライベート 騒ぎたてて わたしを 守ってくれた 弁護士 黙らせて。 あんたたちのせいで わたしは 会社を 辞めさせられて 結婚も 破談になったの。 夢も希望も全部 失っちゃう瞬間の 気持ちって 分かんないでしょう。 本当に 目の前の景色が ゆがんでくんのよ。 そのとき あんたは 涼しい顔して 反省してくださいって 言ったの。 あんたの顔は 絶対 忘れない。 あんたたちに 人を裁く 権利なんてあんの? 遠野さん。ちょちょ ちょちょ ちょちょ…。 遠野さんねえ。 うーん。 俺たち ホントに よく こうやって 恨まれるんですよ。 で 弁護士さんが やっきになって 被疑者のことを 守るじゃないですか。 そしたら 検察官ていうのは 犯罪の証拠を 徹底的に あげますから。 じゃないと 裁判官がね 正しい判断 できないんですよ。 やっぱりね 無実の人間を 起訴したくありませんから。 だから 真実を 知るためだったら 絶対に 手は抜きません。 で あなたの件に 関しても その事件の 上っ面だけを見て 起訴求刑を 決めてるわけでは ありません。 あなたが どんな男に 振り回されて どうして お金が 必要になって どういう気持ちで 横領しちゃったのか。 それを 考慮したうえで 起訴を 決めてます。 どんなに 恨まれても。 まあ これは 勝手な言い方に なっちゃうかも しれませんけど。 機械が 裁いてるわけじゃ ないですからね。 やっぱり 人間を 裁くことが できるのは…。 人間だけじゃないっすかね。あなたは 殺人未遂の罪で 起訴されます。 執行猶予中の 犯行ですから 何年か 服役することに なるでしょう。 でも それは 今の自分を リセットするための 時間だと 思ってください。 反省してください。 うん。 反省してください。何? これ。 俺? 何だよ? わたしも 朝ご飯 食べようかな。 梅がゆ あります?(バーテン)あるよ。 あっ マフラーだ。 あっ すげえ! カシミヤ 100だ これ。 それは 高梨さんのです。 もう一つは… お礼です。 何で こっちだけ カシミヤなの? サンキュー。それ 新しい眼鏡? 気が付きました? ふーん。 じゃあ それが欲しいから あんな危ない目に 遭ったんだ。 似合いません? これ。うん。 まっ 前のよりかは いいんじゃない。 久利生さんが 選んだんですよ。 あっ そうなんだ。ごちそうさま。 俺 行くわ。 今 来たばっかりなのに。 いや ほら。 これを 高梨さんに 届けないと まずいから。 俺が そばに いてやっから。