唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享没有玫瑰的花店01日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

元気にしてますか。 ちゃんと食べてますか。 遠距離になって、寂しいけど。 私のほうが順調だから、安心してね。 といっても、浮気しちゃダメだからね。 絶対許さんからね。 冗談、それところじゃないもんね。 夢に向かって、頑張ってるんだもんね。 君なら大丈夫。きっと叶う。 私の男を見る目は正しいのだ。 えっと、私は夢わね。 本当平凡(へいぼん)だけど笑わないでね。 お花、部屋にお花を飾るの。 うん、アパートの狭い部屋でいいの。 君と、私と、 それから、君と私の子供。 いつも近くにお花をおく。 春にはスミレ、夏にはひまわり。 秋には、 それから、記念日っていうようか。 そういう時には、必ず薔薇の花を、 変わらぬ愛を誓います。 言っちゃった! あ、今、動いた。 みんなで、話してたんですよ。 見たことないで こんな可愛らしい赤ちゃん。 見たことないで あっ、遅刻、遅刻。 いただきます。 はい、お弁当。 とうちゃん、ありがとう。 あのさ。 えっ。 今日ね、雨が降るらしい。 持ったよ、折り畳み。 じゃ、あいいけど。 いってきます。 あのさ。 まだ何か? そんなのかぶってていじめとかあわないかな。 どうして?人気者よ。パペットマペット。 育て方が間違ったかな。 うん、正しいと思うよ。チロルもそう言ってる。 あの前から、聞こうと思ってたんだけどさ 朝から、いっぱいきくのね。 チロルちゃんっていうのは、お友達が 大親友。 いってきます。 チロル。 あのう。 何ですか? あの、お貸ししましょうか、傘。 結構です。 そんなに濡れてたら風邪引いちゃいますよ。 ほっといてください。 あの、はいりませんか、なか。 何言ってるのよ。 誰が知らない人のうちなんかに。 いや中って言っても店の中です。 お店? はい、ストーブ今付けましたから、コートも乾かしたらどうですか。 何のお店? 何のお店って... 日文字幕由“TIXI工作室”编辑制作,仅供日语爱好者学习日语之用。 日文字幕由“TIXI工作室”编辑制作,请勿用于任何商业目的。 はい、はい。 ごめんなさい。引っ越したばっかりで。 いろいろ探索しようと思ってるうちに、急に雨が。 一人でですか? うん、駅周辺だけでもって。 そうですか。 うん、これからは、何でも一人でしないと。 これ、暑いから気をつけて下さい。 ホットくくわです。 あっ、ありがとう。 よし。 はい? 私ついてるなって。 ついてるって? 初めに出会ったのがお花やさんなんて。お花やさんに悪い人なんてるはずないでしょう。 すみません。 でもお客さん来ないわね。 そんなにバンバン来る花屋さんてないでしょう。 そうか。 あんまり儲からないの? 娘と二人でなんとか食べていけるくらい。 お嬢さんがいるの。 小学校二年生です。 離婚したんですか。 え、いや、あの… あなたの浮気が原因? はい? 最低ね、これだから男の人って。 私初対面なのに、べらべらお喋りしてごめんなさい。 いや。 何ていうか、沈黙が怖いの。 ほら、こういう間が嫌なの。 すみません。あの… あ、私せっかくだから。何か買います。 気にしないでください。 よくしてもらったし。 本当全然あれですから。 同情されるのだけは嫌なの。 いや。 すみません。うちりの電車通ると揺れるんです。 あ、そうなんだ。びっくりした。 あの… そういうつもりじゃなくって。 だったら。 別にあなたじゃなくても、表に濡れた人が立ってたら、 同じことしてました。本当に。 じゃ、分かりました。特別に割引して買ってもらいます。 好きな花はなんですか?今の季節だったら… 薔薇がいいわ? 真っ赤な薔薇の花。 引き続きこの男をマークしてくれ。 できればなるべく、近づいてほしい。 授業を始める前に、今日はみんなに新しいお友達を紹介します。 転校生の広田所有省吾君です。みんな仲良くしてあげてね。 はい。 じゃあ、一番後ろの空いている席に座って。 じゃ、授業始めます。 教科書の三十八ページ開いてください。 開きました。 いただきます。 ね、省吾君、一緒にお弁当食べようよ。 早く座るんなよ。早く、みんな待ってるよ。 お弁当は…え、どうしたの?省吾君。 お前なんだよ。その頭巾(ずきん)。 よっぽどブスなのか。見せるよ! 「すみませんでした。すみません。」「汐見さん…」 すみませんでした、うちの雫が。 いえ、そうじゃないんです。あの、とりあえず保健室へ。 痛かったね?大丈夫か? 大したことないです。軽いうち身と。擦り傷ですから。 あの、親御さん? まだ連絡がつかなくて。 すみませんでした。すみませんでした。 あ、いえ。だから、違うんです。 違う? やってんのは雫ちゃんじゃなくて。 みんな? え、クラスのみんなが。もっと言うと、ほかのクラスの子まで。 何ていうか雫ちゃん、ものすごく人気者なんですよ。 父ちゃん! 雫(しずく)! 雫! 父ちゃん、車で来てくれたんだ。 うん。 ラッキー。ありがとう。 父ちゃん、これなに? お客さん送っていく途中だったんだ。 お客さん? そう。若い女の人。 きれい? うん。 え! どこ行って? さき帰っちゃったんじゃない。 彼女はそういう訳にはいかないんだよ。 振られたの認めたくないのね。 そういうあれじゃないね。 うん! あの人? 英治さん、お茶にしない? え?頭巾かぶってるの? はい。 私が余計なこと言っちゃったからかしら。 やっぱり。 責める?私の責めるの。 責めてるわけじゃないですけど。 母親の命日と、自分のお誕生日が一緒なのよ。そりゃおかしいと思うわよ。 そりゃそうですけど、そこをうまくごまかしてもらわないと。 父ちゃん、私の顔を見て時々寂しそうな顔をするのって、雫ちゃんそういったわ。 そうですか。 私の顔を見て、母ちゃんを思い出すんだねって。私が殺しちゃった、母ちゃん。 あの… いや、もちろんもちろん、いろいろフォローはしたのよ。 そうなんじゃないわ、むしろ逆よ。 ままは、命がけであなたのことを産んだのよって、ほら得意の、 雪解けの、朝の温かい陽射しのような声出して。 それで? 聞いてなかったみたい。 責めてるの?私を責めて。 おいしいケーキがあるのよ! それにしても、ずいぶん遅くまでお店開けているのね。 あんまり売り上げないんだけど、終電がなくなるまではって 終電? サラリーマンの人とかがね、改札降りた時、まずい!思うかもしれないって。 まずい? しまった。今日は結婚記念日だったとか、奥さんの誕生日だったとか。 あ、そういう時お花屋さんが開いてると助かるわね。 ここだよ。 ありがとう。 ねえ、お姉ちゃんの目って事故で? おい。 ごめん。聞いちゃいけなかった? うん、変に気を使われるより、そうやってさくって聞かれるほうがいい。 雫ちゃん、何年生だけ。 二年. ちょうどそのくらいね、だんだん視力が落ちていってね。そのうち何も見えなくなって。 でもね、微かに強い光が感じるの。天気がいい時タイヨウとか。 怖く、なかった? うん、怖いのは今のほうが怖いかな。 子供の頃は気にもしていなかったけど、 周りの人からどう見えているのかなって。 ほら、ハナクソついてても気付かない。 ついてないよ。 パンツ見えてないかなとか。 思いっきり逆上がりしてた。 そうなのよ、ついね。 うん、私、自分が最後に見た鏡が子供のままだから。 もう、大人なんだって、頭で分かっているんだけど。時々忘れちゃうの。 じゃあ、イメージでは、普通に雫と同じ年くらいなんだ。 お友達になってね。 いいよ。美桜ちゃんだけ。 え、助けてよ。 お客誕生日ですか… 5000円。 あ、いえ、自分で。 いいですよ。 いいかな、いいかな。 何だったん? 客のバッグから財布... 前借させてくれなかったから。  どうしても!明日までに金が必要なんです! 失礼します。 彼女が妊娠しちゃったんです! 明日、一緒に病院に 雫、ただいま。 父ちゃん、お帰り。 お帰りなさい。 あっ、君、雫送ってあげなかったの? 私たちは友達になったんだ。ねえ… ねえ… それよりさ、今日は雫のためにスペシャルゲストをお迎えしました。 スペシャルゲスト? うん、この方です。 パペーとマペーと! お笑いの、人形劇の人よ。 そう。 雫、大ファンなの。 パペーとマペーと! もちろん。今日はね、雫だけのために、特別に素顔を公開してくれるんだ。 うん、そんなことしていいの? その代わり、君も僕にちゃんと顔を見せてくれるよね? もちろん。 行くよ。それでは、じゃんじゃんじゃんーじゃん。 思ったよりずっとイケメン。 それは元ホストだからね。 ホスト? じゃ、次は君の番。 雫の番だってさ。 どうしたの? よく見たら、偽者(にせもの)ね。 本物だよ。 ほら、パペーとマペーと! パペーとマペーと! 逆よ、うしくとカエルくんの持つ手が! えっ。 ほら、あっち。 え。 ずっと? え? 恋愛してないの、奥さんが亡くなられてから。 子育て大変で、金もなかったし。 今でもないですけど。 再婚とかは? 考えたことも… それがいけないのよ。奥さんをまだ愛してるから。 いいんじゃない?愛したままで。愛じゃなくて、恋をすればいいのよ。 それなら、きっと奥さんも許しくれる。 別に。 別に? あなたがどんな想像をしているかしらないけど、全然モテない。それだけです。 ぶうなの? ぶうなの。 そんなことじゃない。彫りの深い綺麗な顔だと思う。 触っただけじゃ分からないです。 そうね。印象でほとんど瞳の形で決まるものだから。 あなたは寂しそうな目をしてるのね。 家、二階なの。 面倒だけど階段くらいは平気。それに一応女性ですから。 困ったことがあったらいつでもいってください。 雫ちゃんに携帯の短縮入れてもらった。 じゃ、ここで。お休みなさい。 お休みなさい。 奥さん羨ましいな。 はい? うん、なんでもない。 父ちゃん、桃子ちゃんち遊びに行ってくるね。 雫! うん、なに? 行ってらっしゃい。 行ってきます。 いろ違いあるんだ。 兄貴、おはようございます。 病院は? それが、酷い話なんですよ。 彼女、俺に嘘をついていたんです。 妊娠していなかったの? 愛情試したって、女のあれですよ。 それで? ざけんなって別れてきましたよ。そりゃそうしょ。 おかげでこっちは、殴られるは、もう少しで警察に突き出されるは。 昨日より傷増えてない? 実は、おろさせようとしたことで、愛してなかったのって 兄貴。 お借りした金。 ついでに、暫く俺も置いてください。 悪いけど… 布団と飯だけでいいですから。 兄貴。 ちょっとトイレ。 お客さんです。 注文聞いてもらっといていい? 店のじゃないみたいですよ。 おはようございます。 おはようございます。 雫の担任の小野先生です。 あ、先生ですか。それはそれはどうも。 どうも。 いろいろとマスターにお世話になったんですよ。あの、店出すときの保証人とか。 そうなんですか。 ええ。毎日毎日物欲しげに立っているやつがいましてね、 よっぽどあの場所が気に入ったんだろうなって。 でもね、電車が通るたびに揺れるよって教えてやったんだけど。 まさか、あんなに揺れるとは。 あ、でもそれで保証人なんて? 花屋でしょ?花屋やるやつに悪いヤツいないんじゃないかなって。 まあ例外はいるかもわかんないけど。 いい年してマスターまだ独身なんですよ。 あら、こんなに素敵なのに? 素敵?素敵?僕ぐらい素敵な人はね、世界に何人かはいますよ。 独身主義なんですね。 あえて言わせていただきますと、ハードボイルドってやつですよ… あのマスター。 あ、ごめん。 すみません。 いいえ。 確かに、他のクラスにもチロルちゃんていう名前のこやニックネームの子はいませんでした。 最初はチーズロールケーキかなって思ったんです。 でも、大親友だって。 大親友はたべないな。 たぶん、おもちゃかねいぐるみか何かじゃないですか? え? ほら、女の子供の頃、よく人形とかに勝手に名前付けて、話しかけたりして遊ぶんです。 つまり、心の友達というか。 心の友達。 え、普通の友達には言えないような相談とか。 やっぱり、母親がいなくて、寂しいからとか。 そんなに心配なさることじゃないと思いますよ。 でも… ちょっと変わったところがありますけど。 やっぱり… ちょっとです。ほんのちょろと。 ほんのちょろる。 チロル。 「北風と太陽」って童話知ってる? うん、旅人(たびびと)のコートを北風がぴゅーぴゅー吹いて脱がそうとするんだけど、 両手でがっちり掴まれて。 うん… だけど、太陽は暖かい光で、旅人はコートを脱ぐの。 そう。 太陽の勝ち、ウインナー。 太陽さん、おめでとう。よかったね。 だけど、本当に好きな人ができた時、太陽はかわいそうかもしれないよ。 何で? 北風は思い切り抱きしめてあげられるけど、 太陽はあまり近づくと真っ黒こげにしちゃうかもしれない。 焦がしちゃうから、太陽はどんなに好きでも近づけないんだ。 暖かいって言われるくらい、遠くにいなくちゃいけない。 かわいそうだね。 そうすることしかできないんだよ。 雫のお母さんは体が弱かった。 お医者様からもしかしたら出産には耐えられないかもしれないって、 そういう風に言われていたらしい。 俺はそのことを知らなかった。 でもどうかな、知ってても止められなかったかもしれない。 お母さんはそうすることしか出来なかっただ。 雫を抱きしめてあげられなかったとしても、どうしても産みたかった。 雫のことを焦がしてしまうくらいなら、自分は近づけなくていい。 遠くから、見守れれば。 だからさ、雫が今は自分の顔を隠してたいて、そうすることしか出来ないんだとしたら、 それも仕方ないかなと思うよ。顔蒸れないかなって思うけど。 だけど、雫が父ちゃんのことかわいそうだって思ってるんだったら、それが違うよ。 雫がいなかったら、父ちゃんの人生は無意味だった。 自分のことしか考えない。 自分さえよければいい。 自分のためには、 自分のためだけには頑張れ。 そんな人生無意味。 ほんとうに無意味。 それを教えてくれたの、雫。 父ちゃん。 うん? 雫をぶったりも、大きな声で怒ったこともないね。 一回も。 父ちゃんは太陽みたいだ。 ウインナー。 そんなことない。焦がしたりしないから。 おいで。 日文字幕由“TIXI工作室”编辑制作,仅供日语爱好者学习日语之用。 あの、すみません。花やです。 お花屋さん? 大丈夫ですか? 冷蔵庫の中何もなくて、だから、コンビニ行ってたら。 警察に電話、警察。 あ、やめて、いいの。 いいって。 そんなことしたら、親には連絡取られるわ、 無理言って、一人暮らしさせてもらったの。 もう大人だし、何とかやっていけるって。迷惑かけないからって。 いや、だけど… 大家さんにだって追い出されちゃうかもしれないし。 だから、あなたに連絡したの。 お花屋さんに、きっとすぐ来てくれる。 大丈夫。本当に大丈夫。 部屋の鍵明日変えますね。 え。 狭いですけど、とりあえず、今夜うちに。 ごめんなさい。 結局だれかに迷惑かけちゃうのは一緒なんだなって。 迷惑だなんて。 きっと雫も喜びますよ。 薔薇の花! お花屋さんなのにどうして薔薇の花を売らないの? だって、普通に考えたら、薔薇の花束一番の売れ筋でしょう。 まあ。 やっぱり奥さんのことでしょう。 奥さんが亡くなられたから、もう自分は恋はしない。 情熱はないんだった、そう思ったから。 あ、あなたの奥さんが羨ましいなって。 今でも、すごく愛されてるなって。 残念だけど、そんなロマンディックな理由じゃないんです。 嘘、恥ずかしからなくてもいいわ。 素敵なこだわりだと思う。 本当よ。 刺(とげ)があるでしょう。 え? 薔薇の花には刺が。 え、それは… ほら、もしかしたら、薔薇はきれいだなとか、 可愛らしいねとかって、言われるの、嫌なのかもしれない。 近づかないで、私に触らないで。 悪いけど、私は他の花と違う。 そう思うのかもしれない。 そう、思いたいのかもしれない。 うん。 そうやって薔薇が思うなら可哀相でしょう。 花屋はお客さんを選んであげられないから。 人は、特に女性はよく花に例えられるわ。 悪いけど、私は他の花が違う。 易い売り物にはならない。 言ってみたいわ。 言ったら、いいじゃないですか。大きな声で… みんな笑うわよ。私なんかが言ったら。 どうして? だって。 本当はバカにしているのね。 見えないと思って、舌出しているんでしょう。 そんなこと? だったら、私をすきになる? いや… 例え話よ。あなただって散々例えたんだからいいでしょう。 だって俺なんて子持ちです。 下手ないい訳しないで。 私をすきになる? ほら、無理じゃない。 すみません。 帰って、いいからもう帰って。 あの、もしまた何かあったら… お休みなさい。 父ちゃん。 雫。 お姉ちゃんは大丈夫? うん。 どうしたの? お姉ちゃんをちょっとだけ怒らせちゃってさ。 何で? 心配だしとりあえず、明るくなるまでいようかと思って。 ほら、あの、家には直哉もいるし。 朝まで。 うん。 しょうがないから、付き合ってあげる。 いいよ、風邪引くから。 上着開いて。 早く。 暖かい。 雫。 チロルってだれ? さあ、さあ、出来ました。 おいしそう。 ってまずい。 あの、私こう見えてもお料理苦手で。 早く言ってくださいよ。 責めてるよ? あ、ケーキ屋まだ開いてたかな。 責めてるの?私を責めてるのね? カメラ… チロル… チロル… チロル… チロル… 英治さん、英治さん。 あ、あれ。兄貴。 まあ、男ですから。 すみません。 私ね、どうしても、どうしても君に家族を作ってあげたいんだ。 だって、本当の君は、 やっぱり…誰よりも 一人ボッチだったから。 それで… 容易いことだ。 若くて美しい女性なら、その気になれば、造作もないことだ。 金も社会の地位もない、 小さな子連れの花屋を、 あの… 誘惑して心を奪うなんて。 こんなことを院長先生に申し上げるのは、あれなんですけど。 何かね? 仰っている様な悪い人には見えませんでした。 君がこの私より、人間の本質が見えるとでも言うのか。 いいえ、決してそんな。 あの男の心を奪え、いや何もかも奪え。 そして、破滅させるんだ。 どの道君に選択肢はない。 そうだね 信号変わっちゃったんです。 じっとしていてください、落ち着いて大丈夫ですから。 お花屋さん? 傘! お貸ししましょうか? あ、いえ。 うち電気だけど、ストーブも入れたし、上着も乾かして。 こんな時に何言ってるんですか。 あなたじゃなくてもそうするわ? よかった。 はい? いま、笑ったでしょう? きっと優しい目をしてるのね。 あなたが濡れるから。 そういうことも、私じゃなくてもする? それは、 それは分かりません。 あの、私… ありがとう。