唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享最强的名医 06日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多
(相良浩介)
このシングルポートを使った
腹腔鏡下胆嚢摘出術は
まだ あまり普及していません。
傷口が小さくで済むので
術後の回復が早いのが利点です。
では 続いて
胆嚢動脈の切断に入りますよ。
千住先生 あと10分で
胆嚢を取りますよ。
(千住義郎)
えっ… はい わかりました。
(宮部佐知)浜岡ゆき乃さん 35歳。
3日前に 右背部痛と発熱を
訴えられ 総合診療科を受診。
超音波検査で胆石だとわかり
痛みも強く 炎症もある事から
オペの必要がありと
診断されました。
(吉川みずき)まだ若いのに…。
腹腔鏡下の手術では
開腹 閉復の作業がないので
トータル時間が短くて済む
という利点もあります。
(桃井正一)相良先生は
最新の技術に精通しておりまして
おかげで 我が堂上総合病院は
トップレベルの医療を
提供出来ております。
誰だ? あれ…。
浜岡さん
胆嚢の剥離に移りますね。
フック。
(助手)はい。
浜岡さんは
渋谷の美容院にお勤めです。
(田村戸紀子)美容師さんね。
はい。
ご主人は?
いらっしゃいません。
3年前に離婚され 今は お一人で
小学5年生の娘さんを
育ててらっしゃるそうです。
シングルマザーか…。
(相原亜美)入院されている間
お子さんはどうするんですか?
預かってくれるような親戚は
いらっしゃらないそうで
菜緒ちゃんは…
菜緒っていうんですけど
1人で留守番するそうです。
(亜美)留守番…。
オペがうまくいけば 5日ほどで
お母さん 退院出来ますから
そのくらいなら大丈夫だって。
ご飯は? 1人で作れるの?
普段から お母さん忙しくて
菜緒ちゃんが 晩ご飯作る事は
よくあるそうです。
偉い!
もともと 相良先生は
東京医療大学病院にいらしたのを
私がヘッドハンティングしたと
いいますか…。
ハハハ…。
胆嚢の剥離では
肝臓に切り込まないように
胆嚢寄りを注意して剥離します。
筋弛緩剤 追加しますか?
いや もう終わりますから
大丈夫でしょう。
菜緒ちゃん。
(浜岡菜緒)見て またハイスコア。
病院の中は携帯電話禁止って
言ったでしょ。
え? これ ゲームだよ。
ゲームもメールも駄目。
特に ここは
手術室の前なんだから。
だって 退屈なんだもん。
あっ 終わった。
手術は大成功だよ 菜緒ちゃん。
ママ!
3時間もしたら目が覚めるからね。
心配しないで。
じゃあ あとは私たちが…。
よろしくお願いします。
はい。
行こっか 菜緒ちゃん。
相良先生。 ご紹介します。
こちら 糸川さん。
(糸川公平)医療ジャーナルの
糸川と申します。
ああ…
『Medical Today』の。
(堂上たまき)
「日本のスーパー外科医100人」
『メディカルトゥデイ』特別号の
企画です。(たまき)ああ…。
今 最も油ののっている
外科医の先生を
選ぼうというものでして…。
それで
相良先生が選ばれたんです!
まあ…。
まだ決まったわけじゃありません。
最近 こちらの堂上総合病院の
評判を よく耳にしまして。
あら。
相良先生がこちらに来られてから
外科のレベルがグンと上がったと。
まあ… 先生。
おめでとうございます。
(糸川)ですから
まだ決まったわけでは…。
…じゃないのね。
(桃井)すいません。
やはり 僕が自分の目で見て
こういう言い方はあれですけど
審査させて頂こうかと。
ああ…。
あの…。
僕は ごく普通の医者です。
スーパー外科医なんかじゃ
ありません。
いやいやいや…
今日のオペは素晴らしかったです。
先生 こういう時はね
謙遜しちゃ駄目なのよ ねえ。
100人に うちのドクターが
選ばれれば
それこそ
病院としては万々歳です。
評判が上がって 全国から
患者さんが わんさかわんさか…。
院長…
そんな そんな生々しい話…。
あっ… ごめんあそばせ。
いえいえ そういう事は
当然 皆さん期待されます。ねえ。
でも…。
ん?
もし 僕が選ばれたら…。
うん。
いいんですか?
何が?
(ため息)
森山先生も立派なドクターですよ。
森山先生?
ええ。
(桃井)そうですよ。
森山先生が
いらっしゃるじゃありませんか。
うちのエースが。
あっ そうそう…。
あの 相良先生も
いいドクターなんですけれども
卓ちゃ… じゃなくて
森山先生も
素晴らしい外科医でして。
ええ 他にも
佐々井先生 段原先生 高泉…。
とにかく うちのスタッフは
皆さん優秀です。
ほう…。
ぜひ 他の先生方も
100人の候補に。
(糸川)相良 森山…。
(桃井)
これは院長 諸刃の剣ですよ。
スーパードクター100人に
うちのドクターが選ばれれば
堂上総合病院は
一躍 名をあげる事が出来る。
でも…。
相良先生が選ばれて
卓ちゃんが選ばれなかったら…。
森山先生は怒り狂って
病院を潰しかねません。
あーっ!
もう この企画
こっちから辞退しちゃいますか。
そんな もったいない!
でも 相良先生以外で
うちのドクターが選ばれるなんて
万に一つも…。
そんな事ないでしょ?
あの人たちだって
一応 ちゃんとした
ドクターなんですから。
ちゃんとしてますかね?
(たまき)してるわよ!
(段原 保)んっ!
(高泉賢也)うまっ!
(千住)うん いけますね
シュークリームも。
(森山 卓)うーん!
だろ?
コンビニ恐るべしなんだよ。
(佐々井 圭)なんで 急に
はまっちゃったんですか?
コンビニスイーツに。
誰かが食べてるの 見たとか。
見たのかな?
ああ…それで 無意識に
体が欲したんだ。
誰が食ってたんだろうな。
(皆川和枝)フフフ…。
何がおかしいんですか?
皆川先生。
いえ… そういえば
誰かが食べてたなって思って。
コンビニスイーツ?
誰?
(ため息)
あっ… 相良先生。
お疲れさまです。
どうも。
どうしたんですか?
え?
随分 不機嫌じゃない。
そんな先生見るの 初めてだな。
なんかあったんですか?
今日 僕のオペ
見てた人いたでしょ 千住先生。
え?
その人
この雑誌の編集者だそうです。
(千住)『メディカルトゥデイ』。
日本のスーパー外科医100人とか
なんとか
そういうの選んでるみたいですよ。
えっ?
スーパー外科医…。
100人。
それ 何?
優秀な外科医を選ぶわけ?
『メディカルトゥデイ』が。
みたいですね。
その 僕のオペを見に来てた
その人以外にも
調査員が何人も入ってるそうです。
業者や患者のふりして。
そこここに。
(千住)そこここに?
ったく よくやるよな。
相良先生は
選ばれなかったんですか?
ええ
僕は駄目だったみたいですね。
オペの腕だけ
見てくれりゃいいのに。
人柄も審査対象になるって
言うんですから ずるいですよ。
じゃあ 僕は病棟回ってきまーす。
ああ… でも 皆さん まだ
候補に残ってるみたいですから。
頑張ってください。
先生方が候補。
スーパー麻酔科医100人とかって
いう企画はないんすかね?
ないよ。
そんな地味な企画…。
ちょっと暑くないか?
フン。 フフ… フフフ。
フフ… うん うーん。
(ゆき乃)
ゆうべは何食べたの? 菜緒。
焼きそば。
ちゃんと野菜入れた?
入れたよ。
キャベツとかニンジンとか。
あと 豚肉も。
(ゆき乃)偉いじゃん。
浜岡さん 先生の回診です。
おはようございます。
いかがですか? ご気分は。
浜岡さん。
この先生が
ママの手術してくれたのよ。
知ってるよ。 相良先生。
ほんとにしっかりしてるな
菜緒ちゃんは。
マセガキなんです。
ガキじゃないもん。
(笑い声)
体温は?
あっ えー…。
昨日から ずっと39度前半です。
39度?
はい。
ちょっといいですか?
浜岡さんって アレルギーとか
特にないですよね?
はい。
最近 海外に行かれた事は?
海外?
ええ この半年以内に。
海外旅行なんて…。
ないよね。
そう…。
ご両親かご親族で
リウマチ系の病気をされた方は?
いいえ 誰も。
そうですか…。
手術は大成功だったんだよね?
そうだよ。 ただ ほら…
治り方が人によって違うから。
心配しないで 菜緒ちゃん。
大丈夫だって。
抗核抗体と免疫グロブリンの
検査を入れよう。
問題あるんですか? 浜岡さん。
あんな状態になるなんて
ありえない。
え?
なんで熱が下がらないんだ。
手術はうまくいったのに…。
結構イケメンだよね 相良先生。
ママにすごい優しい。
あの先生ならいいよ。
ママ 結婚しても。
(笑い声)
お医者さんよ。 ママなんかと
釣り合うわけないでしょ。
いいじゃん 別に…。(ため息)(加瀬沢芙美)
日本のスーパー外科医100人!?
うん。
すごいじゃん。
選ばれなよ 賢ちゃん!
選ばれなよって…。
(段原)どうでもいいよ そんなの。
人柄まで
選考基準に入ってるなんて…。
医者と人柄は関係ない。
(芙美)私は
賢ちゃん選ばれたら嬉しいな。
結婚式で自慢出来るし。
俺が選ばれるぐらいなら
段原先生が選ばれてるよ。
いや その前に佐々井先生でしょ。
僕? 森山先生を差し置いて
そんな…。
俺は興味ないって。
でも 普通のお医者さんなんて
ゴロゴロいるわけでしょ?
プラス 何かステータスがないと
結婚したって
うらやましがられない。
(高泉)芙美。
(芙美)ん?
お前がさ
俺と婚約した理由の中に
俺が医者だって事は
何割ぐらい占めてるわけ?
いい質問だ。
1割って事はないでしょ。
4割くらい いってんじゃない?
(高泉)4割!?
男にとって 仕事はでかいよ。
まあ 医者じゃなかったら
なんなのって話だもんな。
(段原)じゃあ… 7割。
確かに 賢ちゃんが
お医者さんじゃなかったら…。
価値ないでしょ。
ええ~!
じゃあ 9割。
そこまで言うなら…
10割にしちゃえよ。
10割でしょ 芙美ちゃん。
10割って!
ううん。
やっぱり3割。
へえ~ 3割。
芙美~。
スーパー外科医に選ばれたら10割。
え?
その他大勢は嫌。
その他大勢?
(段原)おはよう!
(高泉)おはようございます!
おお
歩けるようになったんですね。
(患者)おかげさまで…。
(高泉)今日も頑張りましょうね!
どこに調査員がいるか
わからないぞ。はい。
あっ… ご苦労さまです。
ご苦労さま。
今の掃除のおじさんも
怪しかったですよ。
気を引き締めてこう。
(高泉)はい。
おはようございます。
高木さ~ん。 高木よし子さ~ん。
(中村 恵)先生 私が…。
ううん いいから いいから…。
あーっ 高木さん!
今日は どうされました?
(高木よし子)
昨日から おなかの調子が…。
うん うん うん…
それはつらいね うん。
うんうん… なるほどね うん。
はーい じゃあ診ましょうね。
あー 癒着がひどいなあ。
これは なかなか大変だぞー。
メス。『メディカルトゥデイ』の
糸川さんです。
大変だけど 僕なら大丈夫。
田口君。
はい。
リガシュアーをくれたまえ。
くれたまえ?
うーん… うん!
いやあ 驚きました。
外科の先生方 皆さん
患者さんに向き合う姿勢が
素晴らしい。
え?
うちのドクターがですか?
ナースや職員の方に対しても
誰も上から目線じゃありませんし
いやあ ほんとに感心しますよ。
(2人の笑い声)
まあ それはね…。
患者さんに信頼されてこその
ドクターですから。
まあ ナースとスクラム組んでこそ
医療は成り立つんですもんね。
そうそう…。
しかし 技術的な事も含めて
総合的に考えると
やっぱり相良先生ですね。
(桃井・たまき)ああ…。
まあ もうしばらく
見させて頂きます。
いや ちょっと…。
あの すいません ちょっと…
ちょっと あのですね…。
あの… 相良先生を
選んで頂けるんでしたら
一緒に 森山先生も選んで頂く事は
出来ませんでしょうか?
あの… バーターで。
バーター?
いや むしろですね 相良先生を
外してでも森山先生を…。
森山先生が うちの外科の
一押しなんですよ。
まあ そういう基準で
選ばれるわけじゃ…。
もちろん わかってます。
わかってますけれども…。
我々は 読者に対して
公平で正確な情報を
伝えたいんです。
森山先生の事は もう少し
お付き合いさせて頂いて…。
(たまき)お付き合い?
それから判断します。
どうもご苦労さまでございました。
失礼しました。
(ため息)
お付き合い?
これ以上 観察されたら
卓ちゃんの目
絶対なくなっちゃうわね。
ああ どうしよう。
なんとかしてよ。
最近 先生たちが
気持ち悪いんだけど。
急に愛想よくなりましたよね。
私たちにも患者さんたちにも。
師長が副院長になって
少しは謙虚になったのかな?
反省したって事ですか?
それならオッケーよ!
いい職場になってきたじゃん。
(菜緒)看護師さん。
はい?
質問があるんだけど。
何? 菜緒ちゃん。
この中に相良先生の女はいるの?
え?
女?
お医者さんと看護師さんって
普通に出来てるんでしょ?
どうして そんな事聞くの?
ママが 相良先生の事
大好きなんだもん。
もし先生に女がいるなら
今のうちに別れさせなきゃ。
菜緒ちゃん。
子供がそんな事言うもんじゃ…。
いるの? 相良先生の彼女。
えっ?
嘘!
違う違う… 違うから!
違うって!
ほんとよ 菜緒ちゃん。
はい。
あれは 信じてないね。
ですね。
私 相良先生とは何もないから。
でも デートしたんでしょ?
食事しただけです。
誘われたんですか?
定食屋よ?
(みずきの笑い声)
亜美ちゃ~ん ラウンド行こ~!
は~い!
(笑い声)
ちょっと待って…。
ちょっと~!(菜緒)ママ!
やっぱり彼女いるみたい
相良先生。
嘘~。
ナースステーションで
聞いちゃった。
もう… 余計な事しなくていいの。
もう…。ママのお世話してくれてる
あの看護師さんみたい。
宮部さん?
あの人 きれいだもんね。
ママは諦めた方がいいかも。
(PHS)
はい 相良です。
(亜美)「先生」
浜岡さんの呼吸が止まりました!
えっ!?
浜岡さん! 浜岡さん!
(菜緒)ママ! ママ!
浜岡さん!
急に痙攣が始まって
呼吸が止まったそうです。
止まって何分?
まだ2分しか経ってません。
エピネフリン0.25。
はい。
ママを助けて 先生!エピネフリン入りました。(心電図モニターの音)
よし 呼吸も戻った。
浜岡さん 浜岡さん
わかりますか?
ママ! ママ!
酸素 マスクで3リットル。
(2人)はい。
おお~
だいぶ顔色よくなりましたね~。
もうすぐ退院ですよ。
頑張って ね。
それまで頑張ってくださいよ。
頑張って 頑張ってね。
(渋谷翔子)森山先生。
はい~!
(翔子)お疲れさまでございます。
ああ MRさん。
相変わらず熱心だね。
今日は聞くよ。
どんな薬あるんだっけ?
君の会社。
聞きました。
スーパー外科医100人。
先生方が急に優しくなられて
なんだか
病院が明るくなりましたね。
それ… 嫌みで言ってるの?
いえ とんでもない。 いい事です。
実は 私 知ってるんです。
『メディカルトゥデイ』の糸川さん。
スーパー外科医100人の担当者。
何?
今夜あたり 一席設けましょうか?
糸川さんとお近づきになれますよ。
君 名前はなんていうんだっけ?
渋谷です。
エスアイ製薬の渋谷翔子です。
翔子ちゃんか。 君は出世するよ。
「シャバドゥビ」
「シャバドゥバドゥビ…」
どうしたの?
2人で難しい顔して。
患者さんの術後の様子が
おかしいんです。
胆石のオペのあと
呼吸が止まるほどの
痙攣を起こしたんです。
あらららら なんで?
それがわからないんです。
ハハハ… 相良先生でも
そんな事あるんだ。
「ハマオカ ユキノ」
35歳の女性なんですが 術後
どういうわけか
熱が下がらなくて。
むしろ容態が悪くなってるんです。
ほんとに どうしてなのかしら?
術後合併症を
起こしてるんじゃないの?
オペした部分に
感染が生じてるとか
胆汁が漏れてるとか。
いや それはないと思います。
CT画像に異常はありませんから。
じゃあ アレルギーでしょう。
検査結果も陰性でした。
わっかりっませ~ん。
ああ 今日は僕
定時にはビシッと上がりますから。
よろしく。
わからないですよね。
(和枝)相良先生にだって
わからないんだから。
俺には関係ないもんね。
「シャバルベ…」
(ため息)
膀胱留置カテーテルを
入れてたから
尿路に細菌感染が
生じていたとか?
でも それだったら
尿が混濁するはずです。
ああ そうよね…
こんな症例 初めて。
(救急車のサイレン)
はい グッドモーニング
エンジェルス。
グッドスマイル。 ナイススマイル。
ビューティフル
ビューティフルスマイル。
シャイニン… お疲れ。
お疲れ!
ハハハ…。
≫(ゲームの電子音)
「浜岡ゆき乃」…。ママ どんなふうにつらいって
言ってたの?
ママなんだろ?
体がだるくて 息が苦しいって…。
なんでだ…。
ママ 専業主婦?
何か仕事してるの?
美容師。
じゃあ 色んな人に会うんだね。
っていうか あんた誰?
ん?
見て わからないかい?
ママの主治医は
相良先生なんだけど。
勝手にママに触らないでよ!
あ そう。
生意気なガキめ。
ほんとに治るの?
ママ ここの病院にいて…。
主治医の先生にお聞きなさい。菜緒ちゃん!
おうちに帰るの?
どうした?
別に。
今日は ご飯どうするの?
自分で作る?
あっ 火とか大丈夫?
なるべくコンロは使わずに
電子レンジで…。
うざい!
ご飯なんて
1日食べなくても平気だよ。
あっ ちょっと 菜緒ちゃん…。
師長。
はい。
浜岡ゆき乃さんの
娘さんの事なんですけど。
娘さん?
お母さん 入院している間
ずっと1人でうちにいて
大丈夫でしょうか?
まだ10歳だし ちょっと心配で…。
心配?
ご飯とか ちゃんと作って
食べてるのかって…。
そりゃ わかるけど
だから なんなの?
様子見に行きたいんです。
あっ さっき
菜緒ちゃん見かけたんですけど
なんていうか すごく殺伐としてて
気になっちゃって…。
変わったわね 宮部さん。
えっ?
前のあなただったら
そんな余計な事はしなかった。
でもね 私たちの仕事は
患者さんの看護よ。
自宅にまで行って
ご家族の世話をするのは
職域を越えてるし
かえって菜緒ちゃんを
不安がらせる事になるわ。
宮部君。
浜岡さんの看護歴
見せてくれないかな。
あ… はい。
これです。
ありがとう。
聞かれてました? 今の話。
うん。
確かに ナースが
やる事じゃないかもしれないけど
菜緒ちゃんに
何か問題が起こったら
お母さんの治療に
影響するじゃないですか。
結局は患者さんのためなんだから
1つぐらい
例外認めてくれたって…。
ルールはルールだよ。
ありがとう。
≪相良先生!
あれ?
私も連れてってください。
えっ?
菜緒ちゃんちに行くんですよね?
でも 師長に止められたんでしょ?
ドクターだって 自宅まで行くのは
ルール違反ですよね。
僕は…。
これは往診です。
往診。
患者さんは病院にいるのに?
もし
ここが田舎の小さな村だったら
医者は家族の様子も
見に行くでしょ。
そういう時は 看護師も一緒です。
わかりました。
じゃあ 一緒に行きましょう。
はい!
えっ? 後ろ?
デートじゃありませんから。
ハハッ…。
はい どうぞ。
はい。
お疲れさまです。
はい お疲れさん。
(看護師)失礼します。(携帯電話)
うわっ! びっくりした…。
(携帯電話)
はい。
渋谷です。
ロビーでお待ちしてます。
糸川さんは お店の方に
直接行かれるそうですから。
ああ…。
まだお仕事終わらないんですか?
先生。
もう少しなんだ。
君 先行って 糸川さんの
相手しててくれないかな?
すぐ行くから 僕は。
はい わかりました。
で 糸川さんに 僕の事
うまく言っといてくれよ。
そうそう そうそう
いつもの君の感じで。
フフフ… よろしく。
(ため息)
(チャイム)
こんばんは 菜緒ちゃん。
来ちゃった。
えっ…。
お邪魔します…。
あらららら こりゃ大変だ。
ご飯は食べてるの? 菜緒ちゃん。
食べてるよ。
菜緒ちゃんは
色んなおかずが作れるって
お母さん言ってたけど…。
だって1人なんだもん。
ママいないのに作ったって
意味ないじゃん。
そりゃそうだ。
まだ10歳だもんね。 なんでも
1人でやるなんて無理だよね。
(菜緒)出来るよ。
5日ぐらい平気だよ。
なんだって1人で出来るよ。
でも ママ
全然よくならないじゃん!
先生 5日で治るって言ったのに
どんどん悪くなってる…。
病院の人は みんな嘘つきだよ!
もう ママ死んじゃうよ…。
死んじゃうよ 絶対…。
菜緒ちゃん…。
菜緒ちゃん。
ごめん。
先生は 嘘をついた。
でもね
先生も こんな事になるなんて
思ってもいなかったんだ。
ママの病気は
手術をすれば治るはずなんだよ。
手術がうまくいけば
本当に
5日で治るはずだったんだよ。
じゃあ どうして… どうして?
先生も今
それを一生懸命考えてる。
だから菜緒ちゃんちに来たんだよ。
普段の生活の中に 何か
原因があるんじゃないかと思って。
ここに来れば
先生の知らない何かが
わかるんじゃないかって
そう思って。
約束する。
先生は 必ずママの病気を治す。
ママは 必ず元気になる。
だから 菜緒ちゃん
ちょっと
家の中を見せてもらえないかな?
菜緒ちゃん 相良先生を信じて。ありがとう。
これ お薬。
ああ ありがとう。はい 菜緒ちゃん。
ありがとう。
はい。「メソプロミン」…。
4か月前か。えっ?
これって…。
えっ?
これって…。
(携帯電話)
はい 相良です。
「森山だけど」
浜岡ゆき乃さんだっけ?
オペがうまくいったのに
症状が悪化するってのは
やっぱり原因があるんだよ。
レントゲンにもCTにも
何も写ってないって事は
例えば もともと
自己免疫性の病気があったとか。
なるほど。
「俺は この患者は…」
何か別の病気にかかってるとしか
思えない。
それが何かはわからないけどね。
森山先生 浜岡さんの事を
心配してくださってたんですか?
別に。
ちょっと思い出しただけだよ。
先生のおかげで 僕は自分の考えに
確信を持てました。
え?
ありがとうございます。
だったら最初から頼れよ。 俺を。
え? もう こんな?
片付けないと…。
間に合わないよ ほんとに…。
あっ ああっ!
浜岡さん いかがですか?
ご気分は。
すごく楽になりました。
昨日までとは 全然…。
そうでしょう。 よかった。
実は ゆうべ
この点滴の薬を変えたんです。
キニーネといって
マラリアの特効薬です。
マラリア?
そう。 熱帯性の感染症です。
熱帯性…。
浜岡さんの血液を検査し直して
やっと あなたが
マラリアに感染していたって事が
わかったんです。
でも大丈夫。
もう熱も下がってるし
投薬治療で1週間後には
退院出来ると思います。
どうして 本当の事を
言ってくれなかったんですか?
浜岡さん。
実は 昨日 勝手に
あなたのご自宅へ伺いました。
え…?
あなたの病状が改善されない
原因を
どうしても突き止めたくて。
そしたら 押入れに これが。
これって 海外で免税品買った時に
もらう袋ですよね。
レシートには インドネシアって
書かれてあります。
日付は 2011年の10月28日。
ひと月ほど前に あなたは
ここで
マラリアに感染していたんです。
そして 手術で体力が落ちてる時に
それが発症してしまった。
そんな事を
僕は想像もしてませんでしたよ。
最近 海外に行かれた事は?
海外旅行なんて…。
ないよね。
僕は今 あなたの病状が改善して
ホッとした気持ちと
原因に気がつかなかった自分への
腹立たしさと…。
あなたが 本当の事を
言ってくれなかった無念さとで
気持ちが乱れてます。
僕が最初に質問した時 あなたは
この半年間
海外旅行には行っていないと
お答えになりました。
患者さんに嘘つかれたら
どんな医者でも
病気を治す事は出来ませんよ。
ごめんなさい…。
私 もしかしたらって…。
この旅行が原因じゃないかって
思ってたんです。
いけない事をした
バチが当たったんだって。
いけない事?
お付き合いしていた人が
いたんです。
インドネシアには 彼と2人で。
菜緒には 友達の結婚式で
北海道に行くって嘘ついて。
週末に2泊3日で…。
どうして…。
どうして菜緒ちゃんには
言えなかったんですか?
彼には 奥さんがいるから。
バカなんです 私。 付き合うなら
菜緒のパパになってくれる人
とじゃなきゃいけないのに
不倫なんて…。
菜緒に言えるわけない。
今も その方と…。
終わったと思います。
お見舞いにも来てくれないし。
でも その方がよかった。
旅行 全然楽しくなかったんです。
菜緒が
一人ぼっちでいるかと思うと…。
ごめんね 菜緒…。先生 申し訳ありませんでした。
もし私が死んでたら
菜緒は ずっと一人ぼっちで…。
ありがとうございました。
本当に ありがとうございました。
宮部君。 マラリアの事は
菜緒ちゃんには
黙っておきましょう。
ママが元気になってくれれば
菜緒ちゃん
それでいいんですから。
はい。
ありがとうございます…。菜緒ちゃん。
ごめんね 待たせちゃって。
さあ ママのところに戻ろう。
治るの? ママ。
もう大丈夫。
(佐々井)
日本のスーパー外科医ねえ。
大体さ 日本に外科医が
何人いると思ってんだよ?
100人しか選ばないってのが
無理だもんな。
(高泉)そうですよ。
いや~ 残念でしたね。
絶対 先生方も
選ばれると思ったのに。
でも 次はきっと大丈夫。
最近の皆さんの評判
すっごくいいですよ。
評判?
どんな?
患者さんには誠実だし
ナースや職員にはやさしいし
ひと回りも ふた回りも
人間が大きくなった。
あっ 僕も聞いた。
ナースが言ってましたよ。
大きくなったって…。
そうかなぁ…。
自分じゃ わかんないよなぁ。
ハハハ…。
よかったじゃないですか。
堂上総合病院から
お一人 選ばれたんだから。
なんで…
なんで相良が選ばれるんだよ!
森山先生!
落ち着いて 落ち着いて 卓ちゃん。
あの糸川ってメガネ野郎に
飯おごってやったんだ!
酒だって おごってやったんだぞ!
だっ だってね…
だけどね ほら あの
卓ちゃんだって載ってんのよ。
そうですよ!
どこ どこ…?
一番最後です。
えー… あ ほら ここ。
ほら 「巻末特集
今後期待されるドクター」。
ほら 一番最後。
トリじゃない トリ!
ほら! ほら 見て。
えっ?
(たまき)ここ ここ ここ!
フフッ… フフフフ…。
203の橋本さん
至急 検査をお願いします。
ここに指示書いておきますので。
はい。
先生 見ましたよ 雑誌。
えっ?
(みずき)これ!
ああ…。
嬉しくないんですか?
うん。 そんなのに出なくても
いい先生は
たくさんいますからね。
まあ でも それで
ここに来る患者さんが
増えてくれれば
ありがたいですけど。
よし。
じゃあ これ お願いします。
せっかく
ほめてあげようと思ったのに。
こういう時は
素直に喜ぶもんでしょ。
ですよねぇ!
あの時みたいにね。
(みずき)あれっ?
これ 森山先生も載ってる!
えっ 嘘?
(みずき)ほら。 ここに名前だけ。
(戸紀子)あら~ ちっちゃい字。
あんなに頑張ってたのにね。
まあね 名前が載っただけでも…。
おめでとう 先生!
よかった よかった よかった…。
頑張った 頑張ったね。生体肝移植を
成功させるしかありません。
(八代光太郎)僕 死ぬんでしょ?
患者の命の方が大事でしょ
相良先生。
この病院のレベルを上げたのは
僕です。
チーム森山にオペをお願いしたい。
命に関わる事ですよ?
メス!
(ナナ)殺しちゃえ。