唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享Mother10日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(葉菜)この2か月のことは 私が指示したことです。 道木怜南ちゃんを 室蘭から連れ去ったこと。 東京に呼び寄せ 小学校に行かせたこと。 全部私が命じて…。 (ドアが開く音) (香田)鈴原奈緒が自供しました。 「自分が 道木怜南さんを誘拐した」と…。 (振動音) (鈴原籐子)はい。 はい失礼します。 さっき逮捕状が出…。 (机を叩く音) ええそうです 今新千歳空港を出て移送中です。 はい。 分かりました。 (香田)すでに記者が 集まってるようです。 (日野)そうか。 危ないよ~!≫ はい下がって~!≫ 下がって~!≫ 下がって!≫(継美の声)お母さん。 (記者)鈴原さん いらっしゃいませんか? すいません奈緒さんに対して 今どんなお気持ですか? ちょっとお聞かせ願えませんか? (ベル) (籐子)おおむねキャンセルで。 あと… 電話が鳴りっぱなしだから 連絡はメールでちょうだい。 それからあと何だっけ? あっ!ともかくあと 川村さんに任せるから 何とかお願いします。 落ち着いたら今度のこと…。 ええ私の進退のことも含めて。 (着信音) うんはい。 (着信音) (鈴原果歩)はい鈴原です。 はい。 来た。 (果歩)はい。 (鈴原芽衣) 着替え一式用意しといた。 ありがとう。 おかあさん 面会に行って来るけど大丈夫? うん大丈夫。 はい。 失礼します。 (籐子)何だって? (籐子)はぁ…。 いいよまた 耕平と一緒に就活するから。 誰のせいでもないのよ。 うん分かってる。 (芽衣)分かってる。 (窓を叩く音) (木俣)何かあったんすか? (籐子)フフフ…。 (木俣)外…。 フフっ。 ハハハ…。 ハハハ…。 (木俣)フフフ…。 (籐子)フフフ…。 (木俣)ん? (継美)「鳥」…。 鳥のお店ですか? 中へ入りなさい! (園長)いらっしゃい。 (龍平)ただいま! (夏実)ただいま! おかえりなさい。(藤吉駿輔) 虐待のことは公になってない。 寂しい独身女性が 心のすき間を埋めるために 子供を無理やり連れ出した。 そんな論調ですよ。 (鈴原奈緒)継美は? 道木怜南さんは とりあえず室蘭の児童養護施設に 送られたようです。 元の家には…? 警察も多少は把握してるから すぐに母親の元に戻す処置は 取らなかった。 まぁ今後どうなるかは 分かりませんけどね。 継美がいるのは どんな施設ですか? 民間ですか? 施設によって出る食事に差が…。 この期に及んでまだ 食事の心配をしてるんですか? 職員にもいろんな人がいて 継美の性格を…。 「継美」じゃない。 道木怜南だ。 鈴原継美はもういない 道木怜南に戻った。 何か方法はありませんか? いつかまた もう一度あの子に会って もう一度あの子と…。 鈴原さん。 方法はあるかもしれない。 これからの裁判で無罪になれば もしかしたら もう一度会えるかもしれない。 しかしもう あきらめたらどうなんです? 口止めされてたけどいいますよ。 鈴原籐子さんは 事件の責任を取って 社長を退任する予定です。 妹さんも 就職の内定が取り消しになった。 しかし彼女達は立派だ。 あなたのことを 少しも恨んでない。 ここで気持を切り替えて あの家の人達に 償うことを考えて行くべきだ。 申し訳ありません…。 藤吉と申します。 あぁ。 大丈夫ですか? どうぞ。 (ノック) (検事)どうぞ。 (藤吉の声)間もなく奈緒さんは 起訴されて裁判が始まります。 私にできることは あるんでしょうか? 少なくとも弁護側から 証人申請することはないでしょう。 あなたには前科があります。 30年前夫を殺害してますね? いさかいが絶えずその腹いせに 当時富山県八尾町にあった ご自宅に火を放たれた。 下手に報道されたら 裁判に影響するかもしれません。 あなたは何もしないほうがいい。 はい。 (検事)列車の車内で 道木怜南さんに名前を付けた。 はい。 その名前は? 鈴原継美です。 あなたのことは 何と呼ばせていましたか? 母親として呼ぶように…。 正確に。 「お母さん」です。 あの… 警察の方は継美ちゃんが されていたことは 調べて くださってるんでしょうか? ええ児童相談所も 記録を提出したようです。 でしたらあの子はただ 継美ちゃんの 母親になろうとしただけだと 分かってもらえるんでしょうか? 母親に? ええ母親に。 それが鈴原奈緒さんの罪です。 (検事)東京で小学校に通わせた。 危険だとは思わなかった? そういう場に出ると 発見される可能性も 大きいでしょう。 普通の暮らしを させてあげたかったからです。 母親として? 母親としてです。 奈緒は 継美ちゃんのためを思って…。 それが犯罪なんです。 母親としての意識を持つこと それは虐待からの保護の範囲から 大きく逸脱したことになるんです。 (検事)便宜的に 振る舞っていたのではなく 本気で母親になるつもりでいた? どちらですか? あなたは本気で 母親になるつもりでいた? 鈴原奈緒の罪は道木怜南に 母性を抱いたことです。 あの子の 母になろうとしていました。 今は? 今も変わりません。 質問は以上です。 (裁判長) 次回は9月27日午前10時。 論告と弁論をお聴きして 結審します。 それでは 本日はこれで閉廷します。 弁護士は 無罪はないと見てるようです。 何とか執行猶予が つけばいいんですが…。 (着信音) すいません。 はいお疲れ。 えっ!? あちょっと待って。 浦上真人に 逮捕状が請求されたようです。 浦上だけか? 道木仁美は? (日野)3月29日午後7時 あなたは 長女である道木怜南さんを ごみ回収用のビニール袋に入れ 路上に放置して外出した。 (香田の声) 当時気温はマイナス4℃。 怜南さんの着衣は 薄いワンピースのみでした。 (香田)おかあさん これは立派な犯罪ですよ。 分かりますか? (日野)午後5時 保護責任者遺棄罪の容疑で 逮捕します。 (香田)ちょっと…!(道木仁美)怜南…。怜南。私を…。死刑にしてください。(泣き声)(職員)早く早く 遅れちゃう遅れちゃう! お魚の骨取ってあげるね。 怜南ちゃん 靴が小さくなってたでしょ。(夏実)怜南ちゃん早く! うん! サッカーやろうぜ! 漢字テストだよ今日。 緊張する~。 (夏実)大丈夫だよ。 0点だったらどうしよう。入れて入れて! いいよ入って≫ 失敗した人は 猫のモノマネすることね! いいよ~≫ あ~! ミャ~ミャ~! ミャ~ミャ~!(継美の声)お母さん。(裁判長)主文 被告人を懲役1年に処する。 この裁判確定の日から3年間 その刑の執行を猶予する。 望月さん? 執行猶予がついたんですよ。 聞こえてますか?望月さん? 聞こえています。 聞こえています。 ありがとうございました。 ありがとうございました。 ありがとう。 はい。 分かりました。 (珠美)よかったですね。どうしたんですか? 近所の神社にお礼。 今行かなくても。(物音)望月さん。 あ…。 帰って来るわ。 はい。 (籐子) これつまらないものだけど。 ありがとうございます。 どうぞこれ。 (籐子)ありがとう。 何でかしらね。 判決聞いたら初めに あなたの顔が浮かんでね。 ゆっくり謝ったり 話したりしたいこと いっぱいあるんだけど もう面会時間 過ぎてるみたいだから。 ごめんなさい。 ともかく奈緒が帰って来たら 真っ先にここに来るように 伝えるわ。 奈緒さんには… 内緒にしてください。 お願いします。 悪いの? 教えて私の知っている医者 紹介するわ。 もう治療は しないことになりました。 そういうことなんです。 (看護師)あのそろそろ…。 ちょっと…! 午年よね? ええ同じです。 そうよね。 昭和29年よね。 ええ。 月面着陸。 見ました。 見たわよね。 そうよね大体同じなのよね。 大体同じです。 長いような短いような。 いろいろあった。 いろいろありました。 ええ。 ええ。 ダメよ。 絶対ダメ。 娘に知らせずにいくなんて。 (園長)お約束した通り こちらで取材を許可した 児童以外との接触は 避けてください。 はい。 あのさ「だるまさんがころんだ」 あるでしょ。 「ぼうさんがへをこいた」でしょ。 え~何? 「ぼうさんがへをこいた」って。 (園長)どうぞ中へ。 (龍平)怜南ちゃん手伝って! うん!怜南手伝ってあげるね!一生かけて… 償います。 早く入んなさい。 おかえり。 おかえり奈緒ねえ。 フフっ。 ただいま。 (果歩)フフっ。 (芽衣)フフフ。 フフっ! フフフ…!(始動音)私あなたの あなたの おかあさんになろうと思う お母さん お母さ~ん! お母さん お母さん…お母さ~ん! (メールの受信音)(ベル) (発信音) (ノック) 奈緒姉ちゃん 藤吉さんがお姉ちゃんをって。 道木怜南さんのいる 児童養護施設に行って来ました。 継美はどうしてますか? 怜南ちゃんです。 元気でした。 どんなふうに? ご覧になったほうが いいと思います。 (果歩)ここを押したら再生ね。 ありがとう。 奈緒…。 大丈夫辛いのは分かってる。 でも継美が辛いのは 私も受け止めないと。 (ビデオカメラの操作音) [ビデオカメラ]え~何? 「ぼうさんがへをこいた」って。 [ビデオカメラ](園長)どうぞ中へ。 [ビデオカメラ](龍平)怜南ちゃん手伝って! [ビデオカメラ]うん! 怜南手伝ってあげるね! 「怜南」っていった…? [ビデオカメラ](職員)ちょっと 資料取って来る。 [ビデオカメラ](職員)いっぱい食べてね はいどうぞ。 [ビデオカメラ](児童)かしわもち食いてぇな。 [ビデオカメラ]葉っぱで包むやつでしょ? 元気そうだね。 (芽衣)うんよかった。 [ビデオカメラ]怜南おもちつき したことないよ。 [ビデオカメラ](龍平)来年のこどもの日に できるよ。 [ビデオカメラ]来年? [ビデオカメラ](龍平)怜南ちゃん 来年もいるでしょ? [ビデオカメラ]うんいるよ。 [ビデオカメラ]怜南もかしわもち 食べた~い! [ビデオカメラ](職員)だからかしわの葉っぱが ない時期なんだって! (籐子)もうよしにしましょう また今度にして…。 [ビデオカメラ]はじめのいっぽ! [ビデオカメラ]だるまさんがころんだ! [ビデオカメラ]あっおねえちゃん動いた 来てうん。 [ビデオカメラ]だるまさんがころんだ! [ビデオカメラ]龍平くん動いた。 [ビデオカメラ]だるまさんがころんだ! [ビデオカメラ]だるまさんがころんだ! [ビデオカメラ]だるまさんがころんだ! [ビデオカメラ]おねえちゃん動いた。 [ビデオカメラ]だるまさんがころんだ! [ビデオカメラ]12345ストップ! (ビデオカメラの操作音)忘れなきゃ…いけないんだね。 継美も忘れたんだから…。 忘れたわけじゃないと思うよ。 うん頑張ってるんだよ。 いいの。 いいの。 継美… 楽しそうだった。 あんなに笑ってた。 大丈夫お母さん。 私ちゃんと嬉しいから。 ちゃんと喜んでるから。はい。 ちょっといい? 約束したんだけどね。 おかあさん口軽いから やっぱり無理だわ。 望月さん あなた何度も電話してたわね。 今入院してるの。 どうしてか知ってるわよね。 再発…したの? 「内緒にしてて」って いわれたんだけどね。 「ダメよ」っていったんだけどね。 あの人…。 奈緒と継美ちゃんと 観覧車に乗りました 観覧車… 私が「好きだ」といったら 2人が連れてってくれました (籐子)そう… もう悔いはないと思った そんな… 一日あればいいの 人生には 一日あれば… 大事な大事な一日があれば もうそれで十分 奈緒。 おかあさんに 会いに行って来なさい。 おかあさんと 一緒にいてあげなさい。 そして… みとってあげなさい。 怖い…。 怖くても行くの。 怖くても。 そのイスかたいでしょ お尻痛くない? 帰りに食堂に寄って行きなさい。 ここのカレーうどん おいしいのよ。 お母さん…。 鈴原さんに頂いたお菓子が そこにあるの。 お母さん…。 今日はありがとう。 もう帰りなさい。 夜までいる。 あなたもいろいろ しないといけないこと あるでしょ?鈴原さんにも…。 明日も 明後日も来る。 気持だけで十分。 もうやめて。 もう分かってるの。 今までずっと 母でいてくれたこと。 離れてても母でいてくれたこと。 もう分かってるの。 だから今度は… あなたの娘にさせて。 あなたの娘でいさせて。 こっちにおいで。 奈緒。 お母さん…。 ずっと…。 ずっとこうしたかった。 私も。 (泣き声)(着信音) もしもし。 お母さん? お母さんあのさお化けって ホントにいるのかな? 継美。 夏実ちゃんがね 「怜南ちゃんお化けいるよ」 っていうの。 トイレの中から 手が出て来るんだって。 お母さんねぇ 私の話聞いてる? うん。 お化けいる? 怖くて寝れないの。 継美。 今どうしてるの? どうしてこの電話が分かったの? 食堂の所にねお電話があるの。 もうみんな寝たけど 内緒でお電話してるの。 そう。 『白鳥園』っていうの。 うん? ここの名前『白鳥園』っていうの。 ほらお母さんがお勉強してた 白鳥と一緒なんだよ。 そう。 楽しい? あのね冷蔵庫がすごく大きいの。 めっちゃ巨大なの。 めっちゃ巨大? そういう言葉覚えたんだ。 夏実ちゃん。 夏実ちゃん? お友達? うん。 仲いいのね。 下で寝てるの。 下? 二段ベッド。 あぁ上なのね。 はしごで上るの 気をつけないと頭ぶつけるの。 フフフ…。 痛いね。 ご飯ちゃんと食べてる? 今日はトンカツ。 昨日はさばの味噌煮。 おいしい? おいしいよ お手伝いして一緒に作るの。 じゃがいもつぶすのとか とうもろこしの皮むくのとか。 偉いね。 先生方優しい? 優しい。 でも園長先生のおならは すごく臭いの。 だから鼻つまむのフフフ…。 あとねお庭にうさぎ飼ってるの。 かわいい? うんちが丸いの! そう丸いの。 あとねあとね バドミントン上手になったよ。 すごい! あとね…。 うん。 あとね…。 うん。 お母さんいつ迎えに来るの? もう牢屋 出してもらったんでしょ? 継美ね待ってるよ。 何回も電話したよ。 出ないから間違って 覚えてたのかなって思ったけど 合ってたね。 いつ迎えに来る? ちゃんと寝る前に お荷物用意してるの。 靴下とお着替えも 入れてあるの。 お母さん。 お母さん。 お母さん。 早く迎えに来て。 継美待ってるのに。 ずっと待ってるのに。 どうして来てくれないの!? 会いたいよ。 お母さんに会いたいよ! 継美。 お母さん。 ごめんね。 会いたいよ! ごめんね。 お母さん。 もう一回 誘拐して。 もう一回 誘拐して。 継美。 <ハガキに 必要事項をご記入の上 ご覧のあて先まで お送りください>