唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享美咲 NO.103日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(星田) マジで今度 一緒に行こう。 (桜井 唯) 何? 何? (星田) ライブ。 何の? (星田) いってんじゃん いつも。 (天王寺美咲) おはよ! おはよ。 (長瀬:星田) ういっす。 (湊) おう。 (九条和真) んちゃ。 今日も一日 頑張ろうね! (長瀬) 朝から元気だな。 そうなんだよ ずっと 夜のお仕事だったから 朝の早起きなんか 全然ダメだと思った…。 おい! いいのかよ? え? っていうか 夜の仕事してたこと バレたら マズいんじゃねえの? あっ そうだったわ。 ねぇ どうしたの? (長瀬) 何でもないよな。 (星田)♪~ 何でもないさ~ よかった~。 ったく! (三国) 天王寺先生 おはようございます。 おはようございます 三国先生。 うわ~ あの5人 本当に ちゃんと 学校 来るようになったんですね。 はい。 何か すっかり 先生の顔になってますよ。 え? ホントですか? はい。 先生って 思ってたよりも ずっと大変だけど やっぱり楽しいですね。 はい あ… 僕も最近 毎日 学校に来るのが 楽しくなりました。 『SOUTHERN SEA』の ナンバーワンだった美咲さん…。 あ… 天王寺先生と こうして毎日 会えるなんて… 僕は 幸せです。 (姫島) うわ~ 天王寺先生の コート かわいいですね。 ホントに? 嬉しい! これ お気に入りなんですよ。 っていうか 姫島先生のバッグ これ おnewですか? 聞いてないし。 (鶴橋) 御堂体操 第1 よ~い 始め! おはようございます。 おはようございます。 おはようございます。 (一同) D! (一同) O! (鶴橋) はい! (一同) M I D O! はいはい そこまで~! 皆さん どうされたんですか? (天満) え? 球技大会に向けて 体づくりしてんですよ。 (北浜) 教師がメタボとか いってちゃ示しつかないでしょ。 (川西) 審判やるのも体力いりますしね。 (南方) はい! あの 球技大会って? もしかして 天王寺先生 知らなかったんですか? あれ。 (南方) ドゥハ~! 明後日? (姫島) ずっと そこに張ってありましたよ。 そんな…。 あれ? あの! あの うちのクラス 抜けちゃってる みたいなんですけど。 抜けちゃってるっていうか 抜いたんですよ。 あなた まさか 2-Zが参加するとでも? はい クラスが一つになる 絶好のチャンスなんで もちろん 参加します。 あのコ達が出るわけないでしょ。 いいえ 出ますって。 出ません。 出ます。 出ません。 出ます~。 出ません! 出ますってば! 出ねえよ。 パス。 何で? そういうの苦手。 めんどくせぇ。 (星田) っていうか ダサいじゃん。 (安堂) ホントだよ ダリィし 汗かくのなんか 絶対ヤダ! どうして? クラス全員来るようになって 初めての学校行事だよ? みんなで盛り上がろうよ! フフっ フォ~! ノリ悪っ! う~ん じゃあ…。 そうだ。 ねぇ みんな! 私と勝負しない? 勝負? うん 私 対 みんなの勝負。 で 私が勝ったら 球技大会に出る どう? やるわけねえだろ。 ああ そう ハハっ 残念だ! もし みんなが勝ったら 焼き肉とケーキの食べ放題 おごるんだけどな~。 ≪え!?≫ ≪マジ?≫ な… 何の勝負だよ? ケータイ早打ち対決! (生徒達) はぁ? ケータイで 俺ら高校生に 勝てると思ってんのかよ? 思ってるよ。 よっしゃ~! じゃ やってやろうじゃねえか。 食い放題 絶対だからな。 しゃ~! 焼き肉! ケーキ! はい! (生徒達) 焼き肉! ケーキ! 焼き肉! ケーキ! みんな ガキなんだから。 よ~し ノッて来た! で 何で 私? 2-Zの代表だよ。 頑張れ! ≪ファイト!≫ 代表って…。 へぇ~! 桜井さん 私に勝つ自信 ないんだ~。 は? んなわけないじゃん。 女子高生 ナメんなっつうの! ≪そうだよ≫ ≪そうだ!≫ よし じゃあ ここに書いてある クラス全員の名前を打って 先に相手に送信したほうが 勝ちってことで。 構え! レディー ゴー!(尾崎) すごっ! (天見) 早っ! (こなつ) 何で こんな早いの? 営業メール 毎日 何通 出したと思ってんの? 唯 ヤバいんじゃね? うるさい! すいません。 (星田) よし! あと1人! 行け 行け…。 え? ウソ…。 あ… あ…。マジかよ~。 マジかよ~。 さぁ 2年Z組 初めての球技大会 盛り上がるよ~!では 球技大会のチーム分けを 発表しま~す! ジャ~ン! はぁ!? 何だよ 勝手に決めんなよ! (梨香子) 何で私が卓球!? 塚本さん 卓球教室に 通ってたことあるでしょう? えっ マジで? 卓球教室? うるさい 小学校の時だよ。 田辺君は 中学の時 バレー部だったから バレー。 星田君は 1年の時 バスケ部だったから バスケね。 俺ら バスケかよ~。 はい ってことで みんな 優勝目指して頑張ろうね。 (長居) 優勝? そうだよ。 やるからには 望みは 高く持たなきゃね。 さぁ じゃあ 早速 練習するから みんな着替えて 体育館に集合! よし。 行くぞ~。 (北浜) 2年B組のみんな 球技大会に向けて ラストスパートだぞ! (生徒達) はい! (北浜) よし 校庭10周行って来い! (川西) C組~! ファイト! (生徒達) オ~! よ~し うちのクラスも 負けてらんないぞ。 フフフ… 球技大会~! お待たせ~! あれ? お~い! どういうこと? あぁ! みんな 早く着替えて来なよ。 マジで みんな来ると思ってたのかよ? え? (長瀬) 来るわけねえじゃん。 何で? うちのクラスのみんな 頑張るとか 一生懸命とか 興味ないから。 じゃあ 球技大会 出ないってこと? そういうこと。 出るわけねえだろ。 星田君? あいつ バスケの特待生だったのに ケガで 部活やめてるからな。 もう 今さら やりたくねえんじゃねぇの?(監督)((残念だったな)) ((お世話になりました)) ((中津 ナイス シュート!)) ((中津!))あぁ~! みんなが あんなに やる気ないなんて。 (ママ) 球技大会 楽しいのにね 私も参加したいぐらいだわ。 ですよね! あのコ達 何も分かってないんだよなぁ。 (梅田) ん~ 贅沢ですよねぇ。 僕だったら 美咲さんの笑顔ひとつで 何だって やる気満々になっちゃうのに。 なんちゃって。 痛っ。 聞いてないけど。 え? ハハ…。 よ~し あのコ達の やる気の出ること考えるか。 うん それでこそ 美咲さんです。 (梨奈) 美咲さん 球技大会あるんですか? (レイカ) いいな~。 そうだ みんなで応援に行かない? (まりえ) いいですね! 行きます! みんな… ありがとう。 僕も行きます。 差し入れも必要よね おにぎり100個なんて どう? でも 若いから もっと食べちゃうか。 フフフ… ん? ((行け行け~!)) ((2年Z組 ファイト~!)) ((頑張って~!)) ((超ヤバイ! あのコ 超イケメン!)) ((キャ~!)) あぁ~ ダメダメ… やっぱ 来なくていいです。 えっ どうして? だって 私が ここで 働いてたことが学校にバレたら クビになっちゃうかも しれないんですよ? それに みんなが来たら バレバレじゃないですか。 あぁ…。 さっ お仕事 お仕事。何ですか~ これは! (天満) 天王寺先生の仕業ですね。 まったく 余計なことをして! かわいいですね~。 だよね~。どう? やる気 出るでしょ? どこがだよ。 え? 小学生じゃないんだから。 あれ? ダメだった? あんな かわいい姉ちゃんいて… 俺 紹介してもらおうかな。 でも あいつ自身は嫌いなんだよ。 痛っ。 中津…。 (中津) 星田。 ったく ボケっと歩いてんじゃねえよ! (中津) 最近 見かけないから 学校 辞めたのかと思ってた。 あ? どういう意味だよ? 特待生で入ったのに バスケできなくなったんじゃ 学校 いづらいだろう。 俺より下手だった奴に いわれたくねえよ! 負け惜しみか。 (星田) あ? (中津) やめた奴は 何とだっていえるよな。 何だと? (中津) そうだ 何なら 一回 勝負したっていいけど。 明日の球技大会 バスケの1回戦 俺らA組と そっちのZ組だろ? 俺は もう バスケなんかやんねえ。 そっか。 まぁ 今やっても 現役の俺に 勝てるわけねえもんな。 残念だよ。 俺とお前は もう違うってこと 分からせてやれたのに。 てめぇ! 調子 乗ってんじゃねえぞ! (長瀬) ホッシー やめろって やめろ 落ち着けよ ホッシー! 中津 こら!! (鶴橋) どうして2-Zは 次々と問題ばかり 起こすんですか! うちのクラスの中津は 大学や 実業団から注目されている バスケ部のエースなんだぞ。 ケガでもさせたら どうするつもりなんだ! あの 星田君が一方的に 悪いわけではないと…。 この際ですから 2-Z全員に いっておきます。 学校が あなた方に望むことは 2つだけです! 御堂学園の名を汚すような問題を 起こさないこと。 優秀な生徒達の 邪魔をしないこと! そんな! (机を蹴る音) 分かりましたね? うっせぇんだよ。 うっせぇだ? 九条君。 九条! 教頭に向かって その口のきき方は 何だ! (鶴橋) はぁ~。 天王寺先生 本はといえば あなたの責任でしょう? え? あなたが このクラスのコ達を 無理に学校に来させたりするから こんなことになったんでしょう? 2-Zの今後については もう一度 校長と 話し合う必要がありますね。 待ってください 教頭!教頭には 後で ちゃんと話すから。 いいよ! 別に。 こんなん いつものことだし。 いったってムダだよ。 何にも変わんないもんね。 この学校じゃさ 落ちこぼれたら そこで終わりなんだよ。 俺なんか 部活やめた途端 相手にされなくなったかんね。 バスケやめた俺なんて もう 何の価値もねえってことだよ。 そんなことないよ! 俺 ホッシーのいうこと分かるよ。 え? (豊川) 俺も。 (麦) 私も。 ホッシーだけじゃないよ。 私達みんな 勉強とか部活で つまずいてるから。 だから 何? 一回 落ちこぼれたぐらいで 何 人生終わりみたいなこと いってんの? だって そうだろ!! 俺ら 学校から「もう終わりだ」って 切り捨てられたんだぞ。 (加島) そうだよ! 2-Zの俺達に この先 何があるっていうんだよ! ≪そうだよ!≫ ≪ふざけんなよ!≫ 学校が あんた達を そうやって 切り捨てて来たことは ひどいと思う。 でも 今のあんた達は 2-Zだってことを 言い訳にして 頑張ることから 逃げてるだけじゃん! つまずいたまんま そこに 立ち止まってるだけじゃん! 違ぇよ! てめぇに 何が分かんだよ? 分かるよ! 私にだって つまずいたことぐらい あんだから。 このまま 「俺なんか 私なんか どうせ」って 諦めて生きてくのは 簡単だよ。 でも… そんな人生 つまんないじゃん。 あんた達の人生 まだ これからじゃん!みんなは 「たかが 球技大会」って 思ってるかもしれないけど…。 そこで頑張ることだって 小さな一歩なんだよ? 立ち止まってないで 前へ進まなきゃ 何も始まんないじゃん! (星田) 俺は やらない。 星田君…。 もう 部活やめて1年だよ。 今さら やったって カッコ悪い姿 さらすだけだろ。 そんなん 嫌だから。 やらないほうが カッコ悪いよ。 やったって どうせ負けるに 決まってんだろ! やってみなきゃ 分かんないじゃん!放課後体育館で待ってるから。イチ ニ イチ ニ…。 はぁ… 来てないか。 島本君! 野崎さん! 柴原君! (島本) いや やってみようかなと 思って。 (柴原) 俺も。 (愛実) 3人じゃ 練習にならないかな? 全然 大丈夫! 練習しよっか。 (柴原) はい。 はい! 足使って 足。 はい もう一回 行くよ。 (柴原) はい。 はい。 そう そう… 高くね 高く。 (愛実) はい。 将也 大丈夫? はい。 (島本) 痛って。 (柴原) はい。 はい。 (柴原) あぁ~! 優斗! 走って 走って。 パス パス。 (柴原) ごめん ごめん。 はい! 将也 ひざ低く落として。 はい。 うわ! あぁ! 柴原君 大丈夫? (柴原) 大丈夫 大丈夫。 ごめん ごめん。 次 次。 フフっ よ~し 次 行くよ! 行くよ! あいつ マジで信じてんだな。 「やってみなきゃ分かんない」って。 うん。 何か 悔しくね? 言われっ放しじゃさ。 うん。 ああ。 そうだな。はい。 あ! 大丈夫 大丈夫 もう一回やろ。 下手くそ。 俺達も やるよ。 俺も。 (麦) ウチも! ≪私も≫ (安堂) 俺も。 ≪俺も≫ ≪よ~し!≫みんな…。 和真と亮介が みんなを誘ってくれたんだよ。 「やらないか?」って。 勘違いすんなよ。 別に あんたのためじゃねえから。安堂君! 渡辺君!豊川君! シュート シュート!おぉ~! 大和田さん 塚本さん頑張って 頑張って。 (風香) 行け行け!はい~!どう?頑張れ!ナイス シュート。[TEL](メールの受信音)((2-Zだってことを 言い訳にして 頑張ることから 逃げてるだけじゃん!)) ((やったって どうせ負けるに 決まってんだろ!)) ((やってみなきゃ 分かんないじゃん!))お疲れさまです。 (梅田) お疲れさまで~す。 あれ? 美咲さん 何やってるんですか? 球技大会の 鉢巻き作ってるの。 鉢巻き? 美咲さん 1人でやるつもりで いたみたいなんですけど 絶対に 間に合わないと思って。 ふ~ん 先生って大変だね。 ううん 私にできるのは これぐらいだからさ。 よし。 (足音)美咲の思い 伝わるといいわね。 はい。 私も 手伝います。 (レイカ) あっ 私も手伝います。(校内放送:鶴橋) あ あ あ ああっ…。 (校内放送のチャイム) 生徒諸君 今日は 記憶にも 記録にも残る試合を 期待いたします。 それでは 第37回…。 (天満) 教頭! 大変です! 球技大会の開会を…。 2-Zの連中が 球技大会に参加するそうです。 えぇ~? (校内放送:鶴橋) 2-Zのコ達が 参加するなんて あり得ないでしょ! (春木) 出るっつうの。 参加しま~す。 はい これ ジャ~ン。 何? これ。 (湊) 鉢巻き? そう。 ダサいかな? 意外とイケてんじゃない? ホント!? ハハっ。 ≪じゃ 俺 ピンク≫ ≪青がいい!≫ (藤坂) 1試合目は女子バレーだな。 (ゆき) ヤバイ 何か緊張して来た。 (美優) やめてよ 緊張 移んじゃん。 やっぱ ホッシー来ないのかな? 来るよ きっと。 さぁ みんな 行くよ! (生徒達) しゃ~! ドンマイ ドンマイ 次 行こう 次 頑張ろう。 よっしゃ 頑張ろう! 来るよ~。 あ! ≪試合終了 2-Bの勝ち≫ よく頑張った! よかった! ねっ よかったよ! 頑張ったよ! ドンマイ ドンマイ。 ≪いいよ いいよ≫ ≪よく頑張った≫ 行け行け~! (ホイッスル) あぁ~。 いいんです! 頑張ろう! イエ~ス! あぁ~! みんな頑張ったよ 頑張った ねっ みんな 頑張ったよ! あぁ~! 惜しいよ もう~! みんな お疲れさま。 よく頑張ったね。 あとは バスケだけだね。 (村野) でも ホッシーが来ねえと 始まんねえよな。 いや~ Z組 ボロ負けらしいな。 マジで? ダッセェ ハハっ。 (中津) ≪もう ムダムダ≫ Z組は 棄権でいいんじゃない? なぁ。 まだ決まってねえだろ。 星田 来てないんだろ? あいつは 来るよ。 来ないと思うけど。 何でだよ? 俺に負けるのが嫌で 逃げたに決まってんだろ? 何 偉そうなこと いってんだよ。 (中津) ホントのこと いってるだけだろう。 は? 落ちこぼれて Z組に入った時点で あいつは終わってんだよ! あ? 何だと てめぇ! おい! (湊) 和真! ≪終わってないよ!≫終わってないよ。 星田君も ここにいる みんなも。 みんな 今日だって 必死に頑張ってる。 頑張ってる? Z組は 全部 負けてるじゃないですか。 勝ち負けだけが すべてじゃないんだよ? ハハハ…。 いくら頑張ったって 結果出さなきゃ意味ないんですよ。 頑張ってる奴をバカにする権利は 誰にもないんだよ!確かに 2-Zのみんなは 今まで いろんなこと諦めて来た。 でも そこから勇気を出して 前に進み始めた。 だから 終わりなんかじゃないんだよ。 今日が このコ達の始まりなんだよ!(天満) ≪天王寺先生!≫ あの~ 選手 足りないんだったら 2-Z 棄権ということで よろしいですね? あの! もう少しだけ 待ってください。 お願いします! (天満) ん~ そうはいってもね 決められた時間 守って…。 (星田) 出ます! 星田君。 (天満) はい 2-A 準備 はいはい…。 (天満) ≪中津≫やってみなきゃ分かんねえんだろ?はい。遅ぇよ。 もう 心配させないでよね。 みんな ごめん。 ホッシー 待ってたぞ こら! この借りは 試合で返せよ。 おう。 さぁ みんな 最後まで頑張るよ~! (生徒達) しゃ~! (歓声) (川西) フェアプレーでよろしく! ぜってぇ 負けねえかんな。 こっちのセリフだよ。 (ホイッスル) 頑張れ~! 頑張って! ホッシー! あぁ~! いいぞ 中津! (生徒達) いいぞ! いいぞ! 2-A! いいぞ! いいぞ! 2-A! フゥ~! 悪い。 (湊) 次 次。 気にすんな。 行くぞ。 ドンマイ! そうだ! 次 頑張ればいいんだ! 行け! よっしゃ~! (湊) ナイス シュート! 追い上げて来た~! 行ける 行ける! やった~! 頑張れ 頑張れ! どうですか!? 2-Zが善戦してますよ。 よ~し! 頑張れ 天王寺先生! …じゃなくて 2-Z~! 行け行け~! あぁ~! やった~! 足 引っ張ってんじゃねえよ! ごめん…。そういうこと~!(ホイッスル) (湊) ホッシー? ホッシー? 星田君! 星田君 大丈夫!? 前にケガしたとこだろ! こんなん 大したことねえ。 ホッシー…。 立てる? 大丈夫? 最後まで 絶対に諦めないで 頑張ろうぜ。 おお。 おお。 (湊) 俺ら ホッシー フォローすっから。 何やってんだよ! ボール全部 俺に回せよ。 2-Zなんかに負けるな! 負けるな! ≪救急箱!≫ ≪大丈夫?≫ (ホイッスル) よし! ホッシー…。 亮介! よし! よし! ナイス 亮介! よっしゃ~ よし! 1点差! 行けるよ! 行けるよ! でも もう時間がない。 大丈夫! 行け! 頑張れ~! 頑張って~! クソ~!ホッシー! 行け~! 行けるよ! 間に合う! 止めろ~! 最後まで頑張れ! 早く! 長瀬! (ホイッスル) あ! よし! 入った! やった…。 勝った…。 やった! やった~! 長瀬~! やれば できんじゃねえかよ! (星田) 入った! 入った! 2-Zに負けた。 (生徒達) 先生! 2-Zがやりましたね! はい! っていうか 姫島先生って 2-Aの副担任じゃ…? ハッ! 忘れてました フフフ。足 大丈夫か? ああ。 悪かったな。 いいよ 別に。はぁ~ よかった~。 (湊) おい。 え? あ…。 泣いてんのかよ。 泣いてないし 別に フフっ。 よっしゃ~ この調子で行こうぜ! 次も勝つぞ~! (一同) おぉ~! よかった~…。 (鶴橋) はい 2-Aの優勝 おめでとうございます。 ありがとうございます。 ありがとうございます。 (北浜) おめでとうございます。 やっぱり 2-Zは 出た意味がなかったですね~。 天王寺先生 あんなに頑張ってたのにな。 みんな お疲れさま。 どうしたの? 元気ないじゃん。 やっぱ ダメだったからさ~。 結局 バスケの1勝しか できなかったもんな~。 断トツのビリだし。 ≪何か 気分 落ちるわ≫ 何いってんの? 今日一日 点差が離れても 負けても 最後まで 腐らずに頑張れたじゃん。 みんなが頑張ったことに 意味があるんだよ。 今の あんた達は 昨日までとは違う。 だから もっと胸張っていいんだよ! 優勝は できなかったけど 私にとっては 2年Z組27人 みんなが1等賞。 みんな ナンバーワンだよ。