唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享丧失名字的女神06日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(百合子)明峰学園幼稚舎は どうでしょう? (侑子)明峰学園…。 彩香ちゃんは 山吹女学院が 第一志望なんですか? (レイナ)自分が ちょっと 明峰を薦められたからって 下に見ないでよ! あなた 今に きっと 痛い目に遭うわよ。 (利華子)あんまり 気にしない方が いいよ。 しょせん ママ友なんだから。 (侑子)翔君ママも そんなふうに言ってたなって。 (利華子)フフッ。 わたしのことは そんなふうに思わないでよ。 (真央)「日払い OK」 「週1から…」 (奈津恵)そうやって 彩香のため 功治のためって 言うけれど あなたじゃ 心が休まらないから 功治も帰ってこないんじゃないの。 (ちひろ)主人が セクハラで 訴えられるかもしれないって。 これから どうしたら いいの? (侑子)爽君ママは 悪いことなんて してない。 (ちひろ)侑子ちゃん。 (真央)本当ですか? (ゆかり)間違いない。 ねえ。 (真央)へえー。 (真央)ビッグニュースです! 爽君のパパ 銀行で 若い部下に セクハラしたんですって。 (侑子)そういうことは むやみに 言いふらすもんじゃないと思う。 まだ 何が真実なのかも 分からないんだし。 (真央)「まだ」? ってことは。 健太君ママ 知ってたんだ。 えっ? (真央)相談されてたの? まさか そんなこと。 図星だ。 ≪(ちひろ)おはようございます。 だんなが セクハラね。 で 健太君ママは どう思ったの? 爽君ママに 相談されたとき。 ねえねえ。 健太君ママ。 そういう お父さんの子供って どんなふうに なっちゃうんだろうね? 爽君ママ! 待って! 待って。 わたし 何も言ってない! (ちひろ)いいの。 裏切られることには 慣れてるから。 (ちひろ)信じてたのに。 一度 悪い噂が立つと 終わりなの。 翔君ママみたいに。 (尚樹)《雅美が アップした 女の子の水着姿の写真が 違法サイトに 転載されてしまって》 (ちひろ)《翔君ママが 自殺したって》 (チャイム) ≪(チャイム) (彩香)お母さん。 (レイナ)何? はい。 (レイナ)はい。 ありがとう。 あらー。 遠足。 うん。 ふーん。 (真央)はい 羅羅。 新しい 靴下だよ。 (羅羅)カワイイ! これ 遠足んときに はいていこう。 (真央)うん。 アハハ。 (利華子)おおー! カッコイイじゃない 海斗! (海斗)うん! (利華子)似合うねぇ。 (海斗)お兄ちゃんにも 見せてくる。 おっ。 健太。 遊園地? (健太)うん。 遠足で 行くんだよね? そうだよ。 楽しみだね。 (健太)うん。 おおー。 アハハ。 ≪お母さん…。 (百合子)小学校の お受験は 母親 一人が 頑張っても 無理です。 秋山さん。 (拓水)はい。 (百合子)お宅では 家事を 分担していますか? (拓水)いえ。 特に はっきり 分けてるわけじゃ ありませんけど。 あっ。 ごみ出しをしたり あとは 風呂掃除をしたり してます。 (百合子)学校側は お父さんに 大黒柱として 頑張りながらも 子育てに 参加してほしいんです。 仕事人間だけでは 困るんですね。 (百合子)本宮さん。 (功治)はい。 (百合子)帰宅時間は 何時ですか? 遅いですね。 帰れない日も あります。 (百合子)努力して 時間を つくってください。 沢田さん。 (圭)はい。 ご家族に 喜ばれることを 何か していますか? (圭)たまに 飯を作ります。 妻も 子供も 喜んで 食べてくれます。 うん。 安野さん。 (英孝)はい。 (百合子)お子さんと 似ているところは ありますか? (英孝)似ているところ。 常に 母親を 気に掛けているところでしょうか。 わたしの 子供のころに よく 似ています。 分かりました。 もう一つ これは 本当に 大切なことですが お父さんには 子供に対する 過度な 母親の教育から 子供を守る 役割があります。 母親は つい 子供を 自分の分身として 見てしまう。 わたしが できたのだから この子に できないはずはないと 思い込んでしまうのです。 (百合子)安野さん。 (英孝)はい。 (英孝)休んでいる? 爽がですか? (百合子)ええ。 先週からです。 幼稚園も お休みされているとか。 えっ? あっ。 ご存じなかったですか? いい? 健太。 この お帽子のところを持って。 よいしょ。 こうして すーって むくんだよ。 これ 筋だからね。 うん。 分かった。 おっ。 できた。 うまい。 ただいま。 (健太・侑子)おかえりなさい。 健太。 お土産だ。 (健太・侑子)おっ。 やった。 (健太)うわー! 運動靴だ。 ありがとう! 今の靴 ちょっと ちっちゃく なっちゃったって言ってたからな。 よかったね 健太。 それ履いて 遠足 行こうね。 うん! 拓ちゃん。 ありがと。 (拓水)うん。 あっ。 侑ちゃん。 うん? 知らなかったみたいだよ 安野さん。 えっ? 爽君が 幼稚園 休んでること。 [TEL] [TEL](アナウンス)「ただ今 留守にしております」 「ピーッと 鳴りましたら お名前とご用件を お話しください」 「ファクスを 送られる方は スタートボタンを押してください」 [TEL](発信音) [TEL]秋山です。 携帯の電源が 入っていなかったので こちらに かけました。 [TEL]一度 連絡 下さい。 失礼します。 ねえ あなた。 東郷先生も おっしゃってたでしょ? お受験には 父親の協力も 必要だって。 あなたも 実感してくれたでしょう? ああ。 あー よかった! 彩香! 彩香! これからはね お父さんも お受験に もっと もっと 協力してくれるって。 (彩香)うん。 明峰学園幼稚舎 合格できるかな? もちろんよ。 だって 彩香は…。 (彩香)お母さんの娘だもんね。 そう。 彩香。 (彩香)はい。 落ちたって いいんだぞ。 えっ? ちょっと あなた。 頑張ってる子に向かって 何てこと言うの? 学歴だけが 全てじゃないだろ。 俺は 高卒で ここまで来たんだ。 あなたが そうだからって 彩香も そうだとは 限らないでしょう。 それ そのまんま お前に 当てはめてみろ。 ああ。 やだ。 変な お父さんね。 気にしないで 頑張りましょう。 大丈夫。 ほら。 できた? (圭)ごみ出し 空斗とパパな。 (空斗)うん。 (圭)植木の水やりは…。 (海斗)はい! よっしゃ。 海斗な。 海斗と。 あと 食器を片付けるのが…。 (空斗)はい! (圭)おっ。 空斗 やってくれんのか?(空斗)うん。 あっ。 あとな あしたから 朝 起きたら 3人で 散歩 行くぞ。 (空斗)えー。 パパ 起きられんの? (圭)おっ。 当たり前だろ。 (空斗)ホントかな? ≪(野菜を切る音) ≪(ドアの開く音) (爽)おかえりなさい。 爽。 ちょっと 自分の部屋に 行ってなさい。 はい。 どういうつもりだ。 どうして 休ませてる? あしたから ちゃんと 連れていけ。 (ちひろ)嫌です。 はっ? わたしは 幼稚園には 行きたくありません。 何を言ってるんだ? (ちひろ)行きたくない。 行きたくない。 行きたくない。 行きたくない。 爽は どうする? (ちひろ)行きたくない! (利華子)うちのパパ ホントに 気合 入っちゃって。 へえー。 (利華子)父親セミナー 行かせて よかった。 うん 分かる。 わたしも 実際 詳しい話を 聞きに行って 変わったところ あるし。 (利華子)でも 受験本番まで 持つかなって。 フフフ…。 フフフ…。 (利華子)あっ。 爽君。 えっ? 爽君。 元気だった? 健太もね 爽君が来るのを ずっと待ってたんだよ。 (爽)うん。 ≪(英孝)秋山さん。 おはようございます。 おはようございます。 あれ 爽君の お父さん? たぶん。 (英孝)女性同士の付き合いも なかなか 難しいようですね。 家内は きっと 嫌われてるんでしょう。 何となく 分かります。 わたしも 夫ということで あんな目で。 ちひろは のろくて 鈍感で ずるいところも あるんでね。 わたしも 何を考えてるんだか 分からないところが ありまして。 そんなこと ありません。 これ以上 彼女を 苦しめないでください。 失礼します。 ≪(女性)怖いわ。 そういう人が 近くに いるなんて。 (女性)それって性犯罪なのかしら?(女性)うん。 (女性)うち 女の子だし 余計 怖いわ。 (女性)爽君ママとは 誰も 付き合わなくなるでしょうね。 ご主人が セクハラだなんて。 (女性)こないだ 聞いたんだけどねまさかとは 思ったわよ。 (女性)いや。 だって 自分の だんなだって考えると 怖い。 (利華子)気にすることないって。 あっちは 勝手に 誤解してんだからさ。 でも どうして こんなことに なっちゃったんだろうって思って。 爽君ママが 幼稚園に 来るようになったらさ そのときに 今までと 変わらない 付き合い方を すれば いいんじゃないかな? うん。 ≪(奈津恵)わたしたちが 行ったときに 転んだじゃない。 ≪(弓恵)そうだった そうだった。 ≪(奈津恵)覚えてる? ≪(弓恵)覚えてる。 (奈津恵)そしたらさ…。 アハハ。 (弓恵)もう あの転び方。 (奈津恵)起き上がってさ…。 (弓恵)そうだったね。 あー おかしかったね。 ああ。 (弓恵)あー おかしかったね。 ああ。 (弓恵)奥さん? (奈津恵)そう。 初めまして。 あのう 加藤 弓恵といいます。 ああ。 (奈津恵)功治の幼なじみ。 あー。 そうなんですか。 (奈津恵)弓恵ちゃんの話 聞いたことなかった? アハハ…。 (奈津恵)弓恵ちゃん。 あんた 功治から お米 もらってくれなかった? (弓恵)もらった もらった。 おばちゃん ありがとね。 そうそう。お礼 言うの忘れちゃった。 (奈津恵)おいしかったでしょ? (弓恵)おいしかったよ。 (陸)そんじゃ 行ってくっからな。 (羅羅・真央)いってらっしゃい。 (陸)いってきます。 ≪(ドアの開閉音) 羅羅。 今日から お留守番 お願いね。 できる? (羅羅)えっ? お留守番? 羅羅 一人で? (真央)そう。 火は 使っちゃ駄目だよ。 ご飯を食べたら ちゃんと 歯磨きして 寝られるね? え…。 これも 羅羅のためなんだからね。 いい子だね 羅羅は。 あっ。 パパには 内緒だからね。 うん。 (真央)うん。 (ちひろ)《一度 悪い噂が立つと 終わりなの。 翔君ママみたいに》 (ちひろ)爽は? (英孝)まだ 幼稚園じゃないか? えっ? だって もう 6時 過ぎてるのよ。 あなたが お迎え 行ってくれるって。 恥かかせやがって。 お前が行け! ≪(戸の開く音) (京香)爽君。 お母さん 来たよ。 爽。 (爽)お母さん! (ちひろ)爽 ごめんね。 ごめんね。 ≪(鍵の開く音) パパ! いや。 財布 忘れちってよ。 えー。 あった あった。 うん? ママは? ママは…。 ママは お買い物。 うん。 そっか。 じゃ 行ってくっからな。 いってらっしゃい。 (陸)よし。 どうして 爽を 一人に? あの子 不安な思いで 一人で お迎え 待ってた。 幼稚園で 噂になってる。 誰が セクハラしたって? バカらしい。 (ちひろ)ホントでしょ。 言い掛かりだ。 俺だって ぬれぎぬ着せられて 迷惑してるんだ。 ねえ? お母さん。 うん? 爽君の お母さんと ケンカしちゃったの? あっ。 誰が そんなこと言ったの? 涼羽君。 そっか。 ケンカなんて してないよ。 爽君の お母さんに 間違って 伝わっちゃっただけだから。 大丈夫。 心配しないで。 大丈夫だよ 健太。 ねっ。 (英孝)秋山さんにも 嫌みを 言われたよ。 えっ? どうして 幼稚園で 噂になってる? あの人が…。 みんなに 言ったから。 信じてたのに。 あの人の。 あの人のせいよ。 (拓水)25・26・27・28・29・30! よくやったな 健太。 30秒 できたじゃん。 (健太)や… やった。 (拓水)よし。 じゃあ ちょっと 休憩だ。 (健太)うん。 すごいだろ 健太。 うん。 30秒 できるようになったね。 鉄棒 縄跳び 駆けっこ。 小さい目標を持って 苦しいことを あきらめずに 頑張れる子供は それ以外のことも 伸びていくんだって。 うん。 (拓水)よし。 目標は お受験までに 60秒だ。 おっ! まあ! おいしそう! (空斗)ママ 最近 うれしそうだよね。 (海斗)何で? (空斗)僕たちが 毎朝 こうやって 散歩してるからじゃないかな? (圭)そうだな 空斗。 みんなが 仲いいから ママも うれしいんだよな。 (海斗)そっか。 (圭)うん。 ずっと 続くといいな。 (圭)うん? (空斗)ううん。 よし いこう。 いこう! (圭)よし いくぞ! 爽。 遠足 行きたいよね? 行けるの? (ちひろ)うん。 後で おやつと お弁当のお買い物 行こう。 うん! はい。 あっ。 ふーん。 もう! どうして こういう 余計なこと 言うのかしら? (彩香)おばあちゃま! (奈津恵)あら! 彩香ちゃん いらっしゃい。 あら。 レイナさんは? (功治)遠足の水筒を 買うついでに 来たんだ。 彩香が 母さんの顔 見たいって 言うから。 (奈津恵)あらー。 うれしい! おばあちゃま お体 大丈夫? (奈津恵)うん。 もう だいぶ 良くなった。 ありがとう。 ≪(弓恵)こんにちは。 あっ! あら。 彩香ちゃん? (彩香)はい。 こんにちは。 こんにちは。 お行儀が いいのね。 フフフ。 うん? あっ。 功ちゃん ちょっと お願い。 美也。(功治)はいはい。 (奈津恵)美也ちゃん よく来たね。 (功治)美也。 美也。 美也…。 (弓恵)ほら。 ジャーン。 (功治)やめろよ! (弓恵)何でよ。 カッコイイじゃない。 (功治)母さん。 (奈津恵)功治も こんな顔するんだ。 へえー。 美也は 功ちゃんに 慣れてるもんね! 功ちゃん? (弓恵)おばちゃんが 好きなやつ 作ってきた。 (奈津恵)弓恵ちゃんの煮物 おいしいんだよ。 (弓恵)そんなこと ないけどね。 (功治)うまそうだ! (真央)羅羅。 遠足のお弁当 何がいい? (羅羅)サンドイッチ。 (真央)そっか。 分かった。 サンドイッチね。 (真央)あっ! (真央)えっ? (真央)高卒? マジ!? ちょっと! ねえ! わたしたち あきらめなくても よかったのかも。 (陸)うん? 羅羅の お受験。 あー もう! 健太。 遠足のお弁当 何がいい? サッカーの おにぎり。 いいよ! じゃあ 中身は 梅干しと シャケにしようか。 うん。 うん。 あっ。 (真央)ねえねえ ねえねえ。 この フリーペーパーの 彩香ちゃんパパの記事 見た? いえ。 (真央)わたし もう びっくりしちゃった。 彩香ちゃんパパ 大学に 行ってなかったんだって。 普通 お受験 あきらめるじゃないですか。 塾の先生だって そう言ってましたよね? それは…。 関係ないと 思いますけど。 彩香ちゃんの お父さん 成功されてるし。 じゃあ また あした。 ふざけんなよ。 彩香。 おばあちゃま お元気だった? (彩香)うん。 お昼ご飯 おいしいって お代わりしてたよ。 えっ!? ホント? 病院のご飯を? ううん。 お客さんが持ってきたの。お客さん? お父さんのこと 功ちゃんって 呼んでた。 (ちひろ)おいしい? (爽)うん。 (真央)ごぶさたです。 ちょっと待っててね。 (真央)もう 引っ越しちゃったのかと 思っちゃった。 全然 幼稚園 来ないんだもん。 (ちひろ)でも あしたの…。 (真央)遠足 来るんですか? (真央)まあ あんなことが バレちゃったら どの面 下げてって 感じですよね。 塾は どうしてるんですか? (ちひろ)行ってません。 (真央)お受験 あきらめたんですか? (ちひろ)そういうわけじゃ。 (真央)へえー。 でも あのことが バレたら ヤバいですよね? (真央)やだ。 わたしは 言わないですよ。 うちは お受験 関係ないし。 でも あの人は 分からないけど。 セクハラのこと みんなに バラしちゃったぐらいだから。 ここだけの話 すっごい噂に なってますよ。 じゃあ。 (健太)はい お父さん。 (拓水)よし。 それじゃ ここに 付けちゃおうかな。 願いを込めて。 よいしょ。 (健太)あした 天気になりますように。 (拓水・侑子)あした 天気になりますように。 あした 天気になりますように。 わあ! お弁当 おいしそう! 爽。 晴れて よかったな。 (爽)うん! いってきます。 (爽)いってらっしゃい! (健太)見て 見て! (拓水)うん? おお! カッコイイ。 はい。 (ちひろ)爽。 じゃあ 拓ちゃん。 いってきます。 (拓水)いってらっしゃい。 気を付けてね。 はい。 いってきます。 (拓水)いってらっしゃい。 わあ! いっぱい あるね。 健太。 健太。 観覧車 乗ろう。 観覧車。 うん! 頑張って 頑張って。 よーし。 よいしょ よいしょ! 高い! 健太! (利華子)ジャン。 はい。 奇麗! (利華子)パパが作ったの。 張り切ってんのよ 最近。 ねっ。 父親セミナーに 行ってから。 (利華子)そう。 (健太)やった! サッカーボールだ。 (利華子)おお! いいじゃない。 ザ・お弁当って感じ。 爽。 食べようよ。 空揚げ 好きでしょ? (爽)好きじゃない。 やっぱり お父さんが 言ってたとおりだ。 お母さんは…。 嘘つきだ! 爽…。 何で? 何で 僕は お母さんの子供なんだよ! 何で? 何でだよ! (爽の泣き声) ≪(爽の泣き声) (なのは)お弁当 まだ 食べてるの? (涼羽)みんなで あっちで遊ぼうぜ! (海斗)今 行く! 健太 慌てないの。 後で 行けばいいんだから ゆっくり食べな。 もう。 あっ 健太。 水筒。 はい。 いってきます。 気を付けてね。 (健太)うん。 (スタッフ)ごめんね。 大丈夫? ケガ ない? (健太)うん。 (スタッフ)立てる? はい。 (健太)ありがとう。 あっ。 あそこだ。 うん。 ≪(利華子)海斗。 (海斗)マジック やってる。 彩香ちゃん。 健太は? (彩香)健太君? 羅羅ちゃん 見た? (羅羅)ご飯のときから 見てないよ。 えっ? 爽君も 来れたんだ! わたし こっち 行ってみる。 爽君 どこにいるの? (健太)お母さん…。 健太…。