唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享丧失名字的女神10日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(侑子)えっ? 同い年だったの? (ちひろ)1年A組で 一緒だった 内藤ちひろだよ。 覚えてないの? (真央)旦那が セクハラねぇ。 健太君ママは どう思ったの? 爽君ママに 相談されたとき。 (侑子)待って! 私 何も言ってない! (ちひろ)信じてたのに。 あの人のせいよ。 (侑子)だからって 何で 健太なのよ!? 関係のない子供を 巻き込むなんて ひきょうよ! (英孝)俺は セクハラなんて やってないんだ。 逃げる必要なんて ない。 ちひろ お前もだ。 (レイナ)今まで 何にも お勉強してこなかった 健太君に 追い越されてしまったのよ? よく考えれば できるはずでしょ?こんな簡単な 間違いをしたら また 落ちてしまうのよ。 (真央)健太君ママの 一番 仲良しの 海斗君ママ。 (真央)実は 嫉妬深いらしいですよ。 (侑子)こんなの撮ったの 初めてでさ。 いいよね。 家族写真ってさ。 (拓水)91点!? すごいな 健太。 (健太)おまじない したからだよ。 (拓水)えーっ? (侑子)えっ? おまじない? (健太)お父さんに 教えてもらったの。 (侑子)何 何? (健太)テストで ドキドキするときは。 (拓水)せーの。 (健太・拓水)にぎにぎ にぎにぎ スー ハー。 (健太)ねっ。 (拓水)なあ。 へえー。 フフフ。 (功治)すごいじゃないか 彩香。 (レイナ)フフッ。 今までの頑張りが結果として 出たのよね。 (功治)うん? どうした? 彩香。 うれしくないのか? (彩香)うれしい! (レイナ)山吹の幼稚園に 落ちてしまったときは ショックだったけど 小学校は 明峰に 行けるんですもの。 よかったわ。 (レイナ)フフフ。 山吹なんて 滑り止めよね。 (功治)すげえな 彩香。 (レイナ)でしょう? (圭)海斗。 いい顔 するんだぞ。 (海斗)うん。 (圭)うん。 そうだ その顔。 (カメラマン)はい。 撮りますよ。 (シャッター音) (カメラマン)お母さん。 もう少し リラックスしましょうか。 (利華子)あっ。 はい。 (海斗)お母さん 笑って! (利華子)うん。 (カメラマン)はい。 じゃあ 参ります。 [TEL](操作音) (拓水)お忙しいとこ すいません。 先日 面接に お伺いした 秋山 拓水と申します。 (拓水)あっ。 そうですか。 分かりました。 失礼します。 フゥー。 (ちひろ)主人の あの…。 セクハラのこと。 もう一度 ちゃんと お聞きしたくて。 (山崎)以前から 折り合いの 悪かった 部下の女性に 陥れられたというか…。 (山崎)言葉は 悪いですが はめられたんだと 思います。 ただ こう…。 みんなの 知るところに なってしまうと。 (ちひろ)それは いつごろのことなんですか? (山崎)4月の 初めくらいでしょうか。 (ちひろ)そのころから 主人は 悩んでいたんでしょうか? (山崎)はい。 そんな状況でも いつもと変わらずに 出勤されていたんです。 (爽)お父さん ここ 教えて。 (英孝)どこだ? (爽)これ。 (英孝)これか。 おはじき あるか? (爽)うん。 取ってくる。 (英孝)うん。 (ちひろ)あしたから 私が 爽を 幼稚園へ送ります。 会社でのこと…。 ぬれぎぬって。 それは 信じる。 (英孝)ちひろ。 (ちひろ)でも それだけだから。 (拓水)よし。 凝ってんなぁ。 うん。 前の ハウスメーカーで作ってた 模型とは 違うんだ。 模型はね 発注された図面に 忠実に 作るだけなんだけど こっちは 好きなデザイン 起こして 作れるから 楽しいよ。 その インテリアショップって 9店舗 あるんだっけ? そう。 まずは 違うパターンで 幾つか 作ってみることになったんだ。 大変だなぁ。 ううん。 おし。 じゃあ 肩もんであげよう。 えっ? なっ…。 もういいよ。 拓ちゃんこそ 仕事しながら 就職活動で 毎日 大変なんだから。 大丈夫 大丈夫。 (母)爽君ママ おはようございます。 (ちひろ)おはようございます。 (母)よく 来られるわよねぇ。 (母)ホントねぇ。 (母)すごい 噂になってるのに。 雅美さん…。 翔君ママ! (尚樹)《雅美が アップした 女の子の 水着姿の写真が 違法サイトに 転載されてしまって》 (ちひろ)《翔君ママが 自殺したって》 (雅美)結城先生には ホントに お世話になったの。 幼稚園の お母さんたちと 顔を 合わせたくないなら 朝 早く 来て 帰りは 一番 遅く 来てくださいって。 そうだったんですか。 (雅美)だから こうして 元気になったこと 伝えたくて。 でも 辞めちゃったのね。 (雅美)病院 来てくれたんだね。 あっ…。 (雅美)ありがとう。 ううん。 引っ越しして 翔も 新しい幼稚園に 通い始めて。 ここで つらかったことが 嘘みたいに なくなった。 私 今になって 分かる気がするんです。 翔君ママを 追い詰めたのは…。 (真央)《原因って やっぱり…》 (レイナ)《そんなこと 軽々しく 口にしたら 彼女たちが 犯人になってしまうのよ》 特定の誰かではなくて こういう 閉ざされた世界の中で 生まれる 悪意だったんだなって。 軽率なこと してしまったのは 私だから。 私が 責められる分には 仕方ない。 だけど 私だけじゃなくて 子供を通しての 人間関係だから…。 ママ友って 難しいね。 私 翔君ママに もう一度 会いたかったんです。 (雅美)えっ? 引っ越してきたばかりのころ…。 (雅美)《迷わない母親なんて いないわ》 《母親だって 人間よ。 間違えることだってある》 《だって 私たちは 初めて 母親になったんだから》 私は 翔君ママに 救われたんです。 そんなこと…? (雅美)よく覚えてないの。 ごめんね。 ううん。 翔君ママが 覚えてなくても 私が 覚えてます。 助けてもらった。 それが 全てなんです。 ありがとう。 (功治)結城先生って 辞めたんだって? (レイナ)ええ。 (功治)あの いたずらメールが 原因か? うん? あっ。 何か もともと 千葉の幼稚園に 移る予定だったそうよ。 ふーん。 よさそうな先生だったのにな。 しかし あんな いたずら 誰が するんだ? よっぽど 暇なんだな。 はっ! あっ…。 どうしよう…。 どうしよう。 どうしよう。 どうしよう。 どうしよう…。 ≪(ドアの開く音) (真央)あっ。 パパ? (陸)あっ。 起こしちまったかなぁ。 (せき) 熱があるみたいなの。 (陸)えっ? 大丈夫か? (真央)うーん。 (せき) 今日 羅羅の送り迎え お願いしてもいい? ああ。 (真央)ハァー。 あっ。 他の お母さんたちに 会っても 余計なこと言っちゃ 駄目だからね。 [TEL](利華子)朝から ごめんね。 ううん。 どうしたの 利華子さん? (利華子)明峰の願書って 余ってる? 予備で買ったのが 1通 余ってるよ。 (利華子)申し訳ないんだけど 譲ってもらえるかな? ちょっと 失敗しちゃって。 うん。 大丈夫。 今日 持ってくね。 (健太)先生。 (羅羅)あっ。 健太君。 あの子が 健太君が? 羅羅。 どんな自分なら 好きでいられんのか 考えてみろ。 羅羅。 (羅羅)健太君 おはよう! (健太)おはよう。 (羅羅)健太君。 ごめんね。 (健太)えっ? 羅羅 健太君に 悪いことした。 (羅羅)ごめんなさい! うん。 いいよ。 羅羅ちゃん 行こう。 (羅羅)うん。 ≪おはようございます。 (彩香)おはようございます。 (陸)ああ。 あの。 本宮です。 同じ マンションの。 (陸)ああー! おはようございます! 今日は 羅羅ちゃんママは? ああ。 それが 熱 出して 寝てんですよ。 あらー。 雨でも 降んじゃねえかな。 じゃあ もし よろしかったら 私が 羅羅ちゃんの お迎えしましょうか? いや。 でも…。 遠慮なさらないでください。 同じ マンションですし 1人も 2人も 一緒です。 んじゃあ お言葉に 甘えさせてもらいます。 はい。 (利華子)ありがとう。 ホントに 助かる。 うん。 うちは もう 清書 終わったから 後は 郵便局に 出しに行くだけ。 早く 届いた方が 心証がいいって いうもんね。 うん。 [TEL] [TEL] あっ。 ちょっと ごめんね。 (利華子)うん。 はい。 あっ おばさん。 えっ? ハァー。 うん 分かった。 すぐ 行く。 うん。 どうしたの? 実家の父が 倒れたって。 えっ? 救急車で 運ばれたらしいの。 ああー。 侑子さん。 しっかりして。 うん。 ご主人 帰ってくるまで 健太君 預かるよ。 気を付けて 行ってきて。 ああ。 ありがとう。 あっ。 それ 一緒に 出しておこうか? 実家から すぐ 帰ってこられるか 分からないでしょう? うん。 お願いします。 うん。 慌てないで。 きっと 大丈夫だから。 落ち着いてね。 うん。 ありがとう。 うん。 (真央)うーん。 (いびき) (真央)あれ? パパ? ちょっと。 パパ! 羅羅の お迎えは? 本宮さんちに 頼んだ。 (真央)えっ? 何で? うん? いや。 同じ マンションだからよ。 何で そんな 余計なことするの! もう! 羅羅ちゃん。 あれから 夜 さみしい思い してない? (羅羅)大丈夫。 そう。 彩香ちゃんは いいね。 (彩香)何が? いっつも ママがいて おいしい ご飯があって みんなと一緒に お教室にも 行ってて。 羅羅も お受験したかったなぁ。 羅羅! (羅羅)あっ。 ママ。 あの。 羅羅ちゃんママ。 (真央)ありがとうございました! あっ。 あの。 お母さん。 うん? 何? 何でもない。 じゃあ おうちに帰って お母さんと一緒に お勉強しましょう。 はい。 あら。 彩香。 ごめんなさい。 あっ。 どうしたの? おねしょなんて。 ごめんなさい。 (泣き声) ごめんなさい。 ごめんなさい。 ごめんなさい。 (羅羅)ハハハ…! ハァー。 うん。 大したこと ないって。 念のため 今日は 検査入院してるけど。 [TEL](拓水)ハァー。 よかったな。 ホント よかった。 健太は? 寝た? [TEL](拓水)うん。 今日は 一緒に カレー 作った。 おおー。 ウフフ。 [TEL](拓水)じゃあ 気を付けて 帰ってきて。 うん。 ありがとう。 おやすみ。 はーい。 (ちひろ)《伊勢原西中学校の 1年A組で 一緒だった 内藤ちひろだよ》 (ちひろ)「侑子ちゃんへ。 元気ですか?」 「兵庫に来て 1カ月が たちました」 「たくさん 転校したけど 伊勢原西中学校を 一番 覚えています」 「嫌なことも たくさん あった」 「だけど 侑子ちゃんが 優しくしてくれた」 「ありがとう。 もっと 一緒に いたかったです」 「もっと たくさん 話をしたかった」 「昨日 観た テレビの話とか 好きな人の話とか」 「そんな話を いっぱい いっぱい したかった」 「また いつか 絶対に会おうね」 「私も 侑子ちゃんが 困ったときに 力になりたい」 「私のこと 忘れないでね。 ちひろ」 (侑子)《そう。 転校しちゃうんだ》 (ちひろ)《たった 3カ月で 転校》 《でも もう 慣れっこだよ》 《いじめられるのにもね》 (侑子)《そんなことに 慣れちゃ駄目だよ》 《ほら。 笑って 笑って》 (ちひろ)「また いつか 絶対に会おうね」 「私のこと 忘れないでね」 ちひろちゃん。 《翔君ママが 覚えてなくても 私が 覚えてます》 《助けてもらった。 それが 全てなんです》 (圭)起きてたのか。 これ 本気なの? (圭)離婚してほしいんだ。 (利華子)あっ。 海斗の お受験が終わるまで 待ってて。 それだけ? (利華子)フフッ。 だって しょうがないじゃない。 分かった。 (利華子の泣き声) (海斗)ママ。 ママ。 (利華子)あっ。 (海斗)いってきます。 (利華子)いってらっしゃい。 ≪(里子)おはよう。 (利華子)おはよう。 (里子)ねえ? 秋山さんって 海斗君ママの お仕事 お手伝い してるんでしょう? (利華子)ええ。 (里子)それって 彼女じゃなきゃ できない 仕事なの? 主人の会社で 彼女に ドールハウスを 作ってもらおうと思ってるの。 本格的に ビジネスとして。 誰でも いいようなら 彼女に こっちの仕事を させてあげてほしいの。 あんなに 才能がある人が まさか 幼稚園の ママたちの中に いたなんて。 そんな人と ママ友なのね。 ああ。 そうね。 [TEL] (利華子)侑子さん? お父さん どうだった? [TEL]大丈夫だった。 今 帰ってきたの。 ホントに ありがとう。 よかった。 [TEL]うん。 (空斗)ただいま。 (利華子)あっ。 [TEL] あら。 何かしら? [TEL] はい。 本宮でございます。 よし。 うん? ああ。 先月分の入金 終わったよ。 お疲れさま。 あのね…。 新しいアルバイト 見つかったの。 えっ? だから もう こっちは大丈夫。 ドールハウスの方 集中して 頑張って。 利華子さん。 ありがとう。 アルバイトさせてもらって 本当に助かりました。 感謝してます。 やだ もう。 改まっちゃって。 フフフ。 フフフ。 ≪じゃあ 利華子さん またね。 お疲れさま。 ≪(ドアの開閉音) (空斗)すいません! あっ 空斗君。 どうしたの? (空斗)あのう これ。 (空斗)ごめんなさい。 まだ 間に合いますか? どうして? 僕の…。 僕の母が やったんだと思います。 (百合子)願書を出してない!? 明峰幼稚舎にも 電話したんですけど 配布の時期が 過ぎてて。 あしたまでなのに!? (百合子)予備は ないの? ええ…。 どうしよう? どうしたら? 私の方でも 他の お母さんに 当たってみます。 ありがとうございます。 よろしく お願いします。 期待はしないで。 願書を 他の お母さんに 譲ってもらったなんて 今まで 聞いたことないから。 (空斗)《ホントに ごめんなさい》 《空斗君?》 《母は きっと どうかしてたんだと 思うんです》 《母は 僕が。 僕が 何とかします》 《だから どうか。 どうか…》 《母親で いるだけだと 自分の名前って なくなっちゃうような気がする》 《侑子さん。 私 利華子っていうの》 《沢田 利華子》 (利華子)《私のことは そんなふうに 思わないでよ》 《しょせんは ママ友って》 《思ってません》 (利華子)《みんなと一緒に 来られて いい思い出が できた》 《これが ドアの前に 置いてあったの》 《幼稚園の お母さんたちの 個人的な情報が 書かれてるみたい》 「侑子ちゃん。 ママ友は 普通の友達とは違って 付き合い方が 難しいと 思います」 「今度は 私が 侑子ちゃんの力に なりたいです」 「ちひろ」 ちひろちゃんだったんだ。 ≪(チャイム) (ちひろ)これ。 よかったら 使って。 東郷先生から 願書のこと 聞いて。 ありがとう。 あした 直接 自分で持ってく。 うん。 私 ご主人の会社でのこと 誰にも言ってないよ。 誰にも 何にも言ってない。 自分の目で 見たこと 感じたことが 全てだと思う。 だから やっぱり 見なかったよ。 誰かの悪意で 事実を曲げて 捉えてしまうことや 思い込んでしまうこともある。 分かってたのに。 ごめんなさい。 私も。 すぐに 思い出せなくて ごめんなさい。 ちひろちゃん。 私は いつも みんなに 囲まれていた 侑子ちゃんと違って 友達が いなかったから。 侑子ちゃんと 過ごした時間が 私の 一番の思い出だった。 大切な思い出だった。 でも 大切な思い出が 私の中にあれば それだけで よかったのに。 私 間違ってた。 ごめんなさい。 健太君のこと ごめんなさい! 本当に ごめんなさい! ごめんなさい。 お話というのは? (百合子)最近 彩香ちゃんに 変わったことは ありませんか? あっ。 あのう 実は…。 彩香 おねしょ したんです。 そう。 プレッシャーで 追い詰められてるのね。 実は 彩香ちゃん。 (せきばらい) テストで カンニングを しているようなんです。 えっ。 いや まさか。 うちの彩香に限って そんなことは…。 隣の席の健太君と まったく 点数も同じ。 間違えているところもです。 相原先生が 彩香ちゃんの様子が おかしかったところも 見ています。 確かに いけないことです。 でも 怒らないであげてください。 合格しなければ。 いいえ。 その前に お勉強ができなければ 愛される資格がないと 思ってるんですね。 彩香ちゃんは。 そんな。 どんな 彩香ちゃんでも 愛しているということを 伝えてあげてください。 はい。 (功治)彩香が? あの子 今まで 独りで ずっと 苦しんでたんだわ。 私のせい。 (泣き声) ≪(ドアの開く音) (功治)彩香。 (功治)おいで。 彩香。 ごめんね。 よーし。 じゃあ 今日も元気に いってらっしゃい。 いってきます。 健太。 こないだね 爽君の お母さんと お話 したよ。 ちゃんと ごめんなさいって 言ってた。 もう 絶対にしないって。 だから 大丈夫だよ。 うん。 うん。 おはよう 爽君。 (爽)おはようございます。 おはようございます。 健太君。 おはよう。 爽と 仲良くしてくれて ありがとう。 ごめんね。 うん。 (健太)爽君 行こう! (爽)うん。 いってきます。 (ちひろ)いってらっしゃい。 (健太)おはようございます…。 (爽)おはようございます…。 おはよう。 侑子さん。 おはよう。 ちひろさん。 ≪(里子)秋山さん。 あっ。 じゃあね。 うん。 また。 うん。 ≪(里子)おはよう。 おはようございます。 ドールハウス かなり 評判 いいわよ。 そうなんですか? お受験が 終わったら 本格的に お願いね。 はい。 頑張ります。 (里子)じゃあ。 はい。 (空斗)《だから どうか。 どうか…》 《言わないよ。 大丈夫だからね》 《ありがとうございます》 おはよう。 おはよう。 (百合子)こんにちは。 (一同)こんにちは。 (百合子)そろそろ 受験票が 届く時期ですね。 はい。 昨日 届きました。 秋山さん。 無事 届きました? はい。 届きました。 (百合子)皆さんも もう お持ちですね? (一同)はい。 (百合子)それでは 入試直前の注意事項 申し上げます。